親族

    498 :鬼女日記 2014/01/14(火) 11:25:57 ID:YrKmjN4p
    70過ぎの親が余命宣告された。
    伯母や従姉妹に電話で知らせたら、「ふーん もうあんたらに上げる物は何も無いよ」
    「父や祖父母が亡くなってるんだし、もう一切関わりたくない」
    「タヒんでも連絡無用だよ」と言われて('A`)
    祖父母や伯父さんが生きてた時には、良くしてくれたのにこのギャップに('A`)
    伯母や従姉妹たちのあまりの常識の無さに('A`)

    296 :鬼女日記 2016/12/31(土) 22:10:16 ID:Qm9hvqIt.net
    うちの墓掃除のついでに叔父の墓を掃除した続きで、数年前に亡くなった叔父の思いで話を母親と今日した。
    自営両親が不在がちなのでよく遊んでもらった。外にも遊びに連れて行ってもらっていた。
    そこでとんでもない事を母親から知らされた。
    母親いわく、俺が実家をでたあと叔父は女性.がらみの不祥事で警察沙汰になったらしい。
    なんだかな~という気分でどんよりして、晦日の酒も抜けたころ叔父との記憶をたどって
    ぼんやりしていた。

    そしたらなぜか、この歳になって無かった記憶の断片が頭の中にしゃしゃり出てきた。
    親は何時も家にはいなかった。午後の家、田舎の無駄にでかい総二階の廊下の突き当りの奥座敷。
    そこは普段誰も近づかない。
    その部屋で入学前の俺は叔父によく遊んでもらった。叔父が追っかける、俺が逃げ回る。俺は奇声をあげている。
    叔父の手が俺の足を捕まえて、背後から俺を抱きかかえて、羽交い糸交めにされてジタバタした俺は叫んでいる。
    叔父の無精ひげが俺の頬や首筋に痛くて気持ちが悪くて嫌悪感に囚われたけど叔父と遊んでいる
    甥っ子を演じていたような記憶がある。
    気持ちの悪い頬ずりの後の記憶はまったくない。
    記憶がないんでそれ以上のことはなかったんだろう。

    思い出さなくていいことってあるよな。
    なんだかな、ますますどんよりするよ。憂鬱な年越しの晩だよ。

    368 :鬼女日記 2018/04/23(月) 21:21:53 ID:ZVtMfeZB.net
    スレチだったらすいません
    (妊婦さんに対して胸糞悪い表現があります)

    結婚式の2ヶ月後に妊娠3ヶ月と判明した
    ちょっと計算合わないけど結納も結婚もした後だったので
    周りから少々つつかれても気にしなかった
    ただ、1人だけ突っかかって来たのが旦那の従姉妹
    ずっと私をデキ婚女!と罵ってた
    しかし、その従姉妹本人が30過ぎてから20歳の男の子を捕まえて「デキ婚GET!」と浮かれながら挨拶に来た
    しかしここでも私のことを「デキ婚のくせに!」「アホじゃない?!」「デキ婚が!」を繰り返してた
    当然 頭にきたし笑顔で聞いてる夫にも腹が立ったけど
    一応めでたい話なので黙って飲み込んだ
    でも腹の虫が収まらない私は従姉妹のことを心の中で毎日呪ってた
    数日後 従姉妹が流産したと聞き同情する旦那に
    「私がデキ婚ならアイツは出来損ない婚だ!」と吐き捨て緑の紙を置いて家を出た

    995 :鬼女日記 2018/03/20(火) 04:29:15 0.net
    昨日とうとうぶちギレてきた。
    義弟嫁にくっついてきた義弟嫁の妹。
    こいつがまあ典型的なメンヘラ。
    精神疾患とかじゃなくて、メンヘラ。
    親が猛毒なのは私もそうだから同情するんだけど義弟嫁妹はそれを餌にする感じ。
    初対面でTwitterでフォローしあって後悔した。
    リスカをアップしたり、よくあるピアスの拡張マウンティング、加工写メあげて自分は可愛いアピール(完璧に別人。二次元美少女とそこらへんの岩くらい違う)。
    何が最悪だって、ずけずけものを言える正論()の私酔うところ。
    それがネットの世界だけでやるならいいんだけど
    とにかくリアル世界に持ち込む。

    例えば、私のいとこが彼氏にDVされてつらい、鬱だ、別れたい、でもそんな気力ない、タヒすら考える。っていうときに
    「ほんとはしぬ気なんてないんでしょ?タヒにたいなら誰にも迷惑かけず一人でタヒねよ!ほらタヒんでみろよ!止めてほしいだけのタヒにたいは耳障りなんだよ!」とか言い放つ。
    自分でも毒親に苦しめられてるくせに、他の毒親持ちにはとにかく重箱の隅をつついてほじくりまわして、妄想!妄想!とわめき立てる。
    確かに正論()をいうときもあるんだけど、それ今いうこと?っていうタイミングで言い放ち、どや顔する。皆が言えないことを言う私!みたいな。

    義弟嫁はその度に謝るんだけど本人知らん顔。
    義父母は、最初は同情気味だったけど、最近は苦笑い。

    938 :鬼女日記 2017/09/09(土) 19:10:39 ID:Klo
    明治生まれのうちの祖母は暴君だった
    人のやることなすこと何でも頭から否定して怒鳴りつけ、時には何もしてないのに目がタヒんでるとか言ってまた怒鳴る
    そんな性格のせいか、祖父は俺が生まれるよりずっと前に心を病んで体壊して亡くなって
    その子供である親父や伯父伯母はいつも怯えて顔色窺うような態度で
    婿いびり嫁いびりも日常茶飯事だったけど地元旧家のお嬢様→当主だから誰も逆らえず逃げられず
    それでも勇気を出して逆らったら相手が小学生だろうと本身の薙刀で追い回すキチっぷり
    子供の頃から薙刀を習ってて師範の免状まで持ってるとかで、権力的にも物理的にも誰も止めらることができなかった
    体も丈夫でよく飯を食べて病気もしない最強の存在だった

    そんな生活が何十年も続いた昭和のある日、俺の従姉が結婚することになり本家まで挨拶に来ることになった
    結婚相手は郵便局員で、柔術の先生もやってて公民館なんかで家族教室も開いてる人
    今でこそ公務員は手堅い職業だけど、当時は一般企業に入れない落ちこぼれがやる仕事って認識で
    しかもそんな半端者が武道家を騙るとは何たることかこらしめてやると、祖母いつものように理不尽かつ意味不明にブチ切れ
    挨拶当日、従姉一家と婚約者が本家を訪ねると、庭で薙刀握って仁王立ちしてる祖母と、見せしめに召集された親戚一同(俺含む)
    もうダメだと一気にタヒんだ顔になる従姉一家と、戸惑いつつドン引きしてる婚約者を尻目に、大声で勢いよく悪口をぶつけまくる祖母
    「お前みたいな卑しい貯金局の似非武道家が、分家とはいえうちの娘を婿にとるなど許さん!成敗してくれる!」と薙刀を構える
    婚約者は、いやちょっと待って、なにこれ助けてと口には出さないけど明らかにそう言いたげにキョロキョロ
    みんな目を伏せて何も言わない。逆らったらどうなるかわかってるから何も言えない
    そうしたら婚約者、大きなため息をついていきなり目が据わった

    418 :鬼女日記 2011/02/07(月) 13:14:44 ID:FDq/8yBT0
    山崎パンで思い出したけど、親戚が田舎でお菓子屋さんをやっているのだが、パンも置いて有る。
    そこのお婆ちゃんに、あの白いお皿、同じ物を6枚こっそり貰ったことがある。
    シールは集めてませんでした。

    152 :鬼女日記 2018/03/09(金) 14:49:44 ID:EsM
    百均で買い物していたら、キャラ物コーナーと手芸コーナーに
    若いお母さんが沢山いて思い出したプチな衝撃

    うちの弟嫁は壊滅的に不器用な人で、料理は美味しいけど男の手料理的な感じで
    手芸の類は全くダメな人。
    弟のところは一人目は男の子で二人目が女の子。
    そして三人目妊娠時に長期入院になってしまい、朝、弟が我が家に姪を預け
    私がお弁当と幼稚園送迎をしていた(甥も姪も弟が迎えに来るまで我が家)
    うちはお弁当持ちの娘がいるので、お弁当はそれなりに見た目よく作ってる。
    姪のリクエストで娘たちのよりもかなり可愛らしいお弁当を作っていた。
    ある日参観日みたいなのがあって、弟はいけないので代わりに私が行った。
    お弁当時間の後、初めて会うママに声を掛けられて、
    「姪ちゃんに可愛いお弁当作るの止めた方がいいですよ、
    どうせママが作るようになったら元の茶色い弁当なんだし、
    姪ちゃんが傷つくだけ」と言われたよ・・・。
    いやでも季節はもう春…。卒園間近で弟嫁のお弁当再開はもうないだろうし。
    弟にその話をしたら、どうやらそのママ、弟嫁と同レベルの見た目弁当らしい。
    そういえば男子の見た目より量的な弁当の子がいたなー、と思い当たり
    どうやら今までは同レベル?だった姪の弁当が普通になってしまって
    恥ずかしくなって私にクレーム入れたみたい。
    ああやって面と向かってマシンガンのようにまくしたてられると
    思ったより反論できないもんだね。

    528 :鬼女日記 2009/09/28(月) 22:29:50 ID:J0/mMUM90
    思い出したよ・・・私の黒い過去・・・
    私の弟が昔、覚醒剤やってて、常に家庭内暴力をふるっていた。
    何年だろう、5年も6年も。
    親は馬鹿だから弟と共依存関係になってて、暴れると泣き出して
    一家心中するとかしないとか。馬鹿馬鹿しかった。
    自分はその騒ぎが起こるたびに、どっかホテル取って泊まってた。
    親には「お前は冷たい奴だ」とさんざん罵られたけど
    そのお陰で仕事も手につかず中途半端になって、虐められたりもしたよ。

    ある日、そんな生活が耐えられなくなって、
    ひときわ弟が暴れていたときに、家の外から携帯で警察に通報したんだ。
    警察はかなりゆっくりやってきて、そのときは弟もだいぶ落ち着いちゃってて
    逮捕してくれないって寸前で、弟を煽って警察に殴りかかったところを身柄拘束。
    尿検査の結果、なんと薬物反応はなかったらしく、それはそれで困ったのだが
    いろいろあって、精神科の先生の判定の結果、逮捕ではなく
    精神科への措置入院(医療保護とかじゃなくて措置)となった。
    その後、ずいぶん恨まれて、自宅に戻ってきた後に復讐されるのを恐れて、
    しばらく弟に住んでいる場所を教えないで一人暮らしをしていた。

    弟が退院したら退院したで、今度は母親が犬の散歩で陸橋を渡っている目の前で
    そこから飛び降り自杀殳を図って(でもなぜかかすり傷で済んじゃったらしい)、
    そのショックで、母はその3ヶ月後に癌を発症して、4年後にタヒんだよ。
    タヒぬ直前も、弟が母親の病室(4人部屋)に行って、
    金を貸せ、出せないならカードローンで払えとかいって暴れたらしく
    タヒんだ後、預金等の精算をしたときに、タヒぬ2週間前に
    病院のATMから20万借金してるのがわかった。

    母は生前ずっと、弟を残してタヒねないと言っていたけど
    母がタヒんだら弟は割と落ち着いたみたい。共依存って怖いね。

    556 :鬼女日記 2016/03/09(水) 03:54:54 ID:Icj
    まっっっっったく意図せず復讐してた話

    叔母は同性に厳しい女性だった
    プレゼント、お年玉、喋り方、色んなことで男の子と女の子で差別してくる人だったから小さい時から変な人だとは思ってた
    雨の日に母が傘を持ってきてくれたことを話した時に「女の子は不幸に慣れていないといけないのに…」って言われて、あっこいつ頭おかしい…と確信した
    思い返せば本当に頭おかしい人だった
    生理痛が重くて病院に行った姉に
    「昔の女性は我慢していた。今の女の子は堪え性がない」
    弟と差別されて苦しんでた従妹に
    「我儘だね。昔は男の子だけが進学を許されてたのに。時代が変わったのかしら」
    一番タヒんでほしいと思ったのはうちの妹が痴漢にあって警察に駆け込んだ時のセリフ
    「昔の女の子は自衛してない自分が悪かったって思って乱暴されても誰にも言わなかったんだよ。今の子は恥じらいがないね」
    今のセリフ書き込むだけで憤タヒしそうになったわ
    この件で親と私に文字通り叩き出されてから我が家には寄り付かなくなった

    この叔母が祖父母(この叔母にとっての両親ね)の家から同居してた旦那さんを連れて出て行ったことを最近になって知った
    その理由がどうも私らしいんだけど当の私は全っっっく意図してなかったのでかなり反応に困った
    私は大学進学を期に上京したんだけど母とは仲良かったから一人暮らしを始めた後も文通したり写真を送ったりしてた
    まあ平凡な大学生だから手紙の内容はバイトとか学業とかサークル活動とか飲んだ食べた旅行に行ったとかそんな程度だけど
    それが叔母の切れるきっかけになったらしい
    私ぐらいの歳の頃の自分と私を比べて惨めな気持ちになって、侘しい青春を遅らせた祖父母のことが憎くてたまらなくなったんだと

    今頃どうしてるか知らないけど、もう二度と我が家には関わってほしくないと思う

    13 :鬼女日記 2017/12/27(水) 14:13:34 ID:lhz
    日曜日に有馬記念を見に中山競馬場まで行ってきた。
    どうせ見るからには1Rから見たいので朝っぱらから行ったら、いきなり叔父と遭遇。聞けばまつりを聞きに来たということで、初めての競馬場。
    その後別れて、12時前ぐらいにトイレに行ったらいとこと遭遇。地元浦和や大井には年に五度ぐらい言ってるけど中央競馬は初とのことだった。
    そして二時ごろに有馬記念の馬券を買いに行ったら今度は父と遭遇。「お前はいつもオークスの日しか行かねえだろ!何で居るんだよ!」と聞かれたので「そういう親父こそいつもジャパンカップの日しか行かねえじゃねえかよw」と。
    私はオークスの日に休日出勤、父はジャパンカップの日に知り合いの葬儀に参列する関係で来られなかったので、最後の有馬に乗り込んできたことが分かった。
    まさか正月前に親戚とこんなに顔を合わせるとは思わなかったし、それがよりによって競馬場だったのが衝撃的だった。
    どうせだから当たった馬券でみんなで食事でもしようという話になったけど、全員の当たった馬券を合わせても800円で、全員マイナス収支だったのでなかったことになった。

    このページのトップヘ