ワロタ

    454 :鬼女日記 2013/04/30(火) 19:09:18 ID:P/bfAIgP
    今思い出すと若干笑える話だけど

    彼女と彼女の地元にある山に登山に行った時の事。
    誰もいない山道を二人でどうでもいい話をしながら歩いていた。
    さっきから道中でチラチラと狸を見かけていたので動物の話をしていたら彼女が熊も出ると言い出して
    地元で昔キャンプ中の人達が熊に襲われた事件があったのを思い出してその話をしだしていたところ、
    突然数メートル先で横の斜面から土や落ち葉と共に何かが滑り落ちてきた。

    二人でびっくりして瞬間的にダッシュで逃げようとしたけど、落ち着いて見てみると
    落ちてきたのは何故かズボンがほとんど脱げてる40代くらいの女性だった。
    女性はピクリともしなくて、山中で襲われて逃げてきたのではないかとか別の恐さを感じながら彼女とゆっくり近づくと「プスーーー」と女性がオナラ(多分)をした。
    突然のオナラで笑いそうになったが、地面をよく見ると失禁しているのにも気づいてこれは非常事態だと確信した。
    とりあえず脱げかかっていたズボンを上げて仰向けに寝かせたが、全身傷だらけというか落ち葉だらけで気を失っているみたいだった。
    電話(共にvo○afone)が圏外で助けも呼べなくて困っていると、山道の先の方から男性が「無事ですかー!!」と叫びながら走ってきた。
    話を聞くと男性と女性は夫婦で俺らと同じく山登りに来ていたのだが奥さんが用を足しに道の端っこで座りこんだ瞬間に足元が崩れて下に転がっていったらしかった。

    旦那さんの方も数百メートルとはいえ山道を必タヒで駆け下りてきたので息が上がって座り込んで真っ青な顔で苦しいとか言い出したので、
    俺は助けを呼ぶために走って山道を引き返してたら途中で他の登山者に偶然会って、その人に事情を説明してその人の電話でレスキュー隊を呼んでもらった。
    幸い夫婦はどちらも命に別状はなかった(奥さんは数箇所の軽症の打撲、旦那さんは貧血)。その後お礼の手紙を頂いたり披露宴の時には電報まで頂いたりしたが
    奥さんが尻丸出しで俺らの前に現れた事は未だに秘密にしている。

    195 :鬼女日記 2014/09/15(月) 09:21:00 ID:ae2E92zs.net
    雷に驚いた犬が逃走、一ヶ月後に痩せこけて困った顔しながら
    小熊3頭を従えて帰ってきた時かな。
    「何か付いてきちゃったんだけど( ´・・)みたいな顔してた。

    775 :鬼女日記 2015/04/16(木) 11:08:02 ID:dATVoCvE.net
    かつてコンビニバイトをしていたときの話。

    たまにいる、添加物保存料クレーマー。
    「あんたが薦めてきた新商品のこの●●って材料は発ガン性でフンガフンガ!!賠償ふじこ!!」みたいなやつ。
    ぶっちゃけ、末端のバイトに言われてもそんなこと何も分からないし、売れっていわれるから販促するもんなので、
    キチにはキチで対抗した。

    私「申し訳ありませんお客様」
    キチ「謝って私の食べた●●はフジコフジコ!!上を出せフジコ!!」
    私「わたくしめはしがないバイト、社会の最底辺・・・企業に生かされるだけの豚です!」
    キチ「」
    私「ただ売れといわれれば売り、食べろと言われたら食べ、生かしていただいている身、お客様のような高潔な人間様の食べるものでなくて申し訳ございません!!」
    キチ「なにもそこまで」
    私「人間同士話せる電話番号がございますのでこちらへ相談なさってくださいませ、お客様(商品開発部問い合わせTelを渡す)」
    キチ「・・・(無言で去る」

    このとき控え室で休憩していた上長は修行の意味を含めてよく対応を観察してくる。
    今回のキチは地区内での要注意リストに載っていたヤツだったから余計に。
    上長は「まあ、演じる豚乙」とBMI33の私の肩をポンと叩いて休憩を交代してくれた。

    なぜこれで撃退できたのかは分からないが、後日もっと上の上司に呼び出されたときが最大の修羅場。

    733 :鬼女日記 2012/05/18(金) 00:05:53 O
    今日の朝、下着姿でキャミソールを振り回してウルトラソウルを歌いながら着替えていた
    「そしてー!かーがやーくウルトラソゥッ!」

    「ハァイ!!」のところでジャンプしながら廊下に出たら全く知らないおじいちゃんが立っていた

    どうやらトメが鍵を閉め忘れて出かけて、その間にボケたおじいちゃんが入ってきてしまったらしい
    休みだった旦那は煙草吸いに行って呼んでも戻ってこないし、赤さんは大泣きするし、おじいちゃんは部屋を物色しようとするし大変だった

    しかし初めに下着姿とウルトラソウルを見られたことを思い出し、急にどうでも良くなった自分は支離滅裂なことを言うおじいちゃんを宥めながらなんとか追い返した
    (名前を聞いて、後から報告したらトメの知り合いのボケたおじいちゃんだった)

    旦那もトメも爆笑してたけど本当に怖かったんだよ!!

    172 :鬼女日記 2011/10/04(火) 09:37:58 ID:vZnZ3zLv
    場所は伏せるけど…

    ウチの近所で老夫婦惨杀殳事件が起きて、部落じゃ大騒ぎになった事。
    県警のパトカーがほぼ毎日、川崎の周りや田んぼを巡回してる。
    勿論聞き込みで警察が自宅にも職場にも来て私も職務質問された。
    やたらと乗っている車の事に聞かれた。
    いつガソリン入れただの、6月終わりから車で他の町に行ったかだの、高速に乗ったかだの。
    9月に入って県警のパトカーも見かけなくなり落ち着きを取り戻せた矢先に…

    今度は警察だけじゃなくたくさんのマスコミが取材に来て町は大迷惑。
    事件が事件だけにインタビューを受けても普通の常識を持った人ならまず答えない。
    答える人間は大概大分市内やテキサス、キャノン勤めの地元の人間じゃない人が誰からも信用されてないお喋りな老人ばかり。
    そんなインタビューが普通の町民の意見とばかりに報道するので困る。
    でも一番困るのがマスコミ車両が至る所に路駐される事。
    勤務先の店の駐車場入り口でもお構いなしに車を停める無神経さ。

    早く事件が解決しないかなぁ…

    182 :鬼女日記 2011/10/04(火) 14:18:11 ID:yAOSDM5s
    まさに昨日、チ〇コ見せられた。
    美男子じゃなくて近所の知的障害のある小学5年生に。
    「見て見てーチンチン!」
    と満面の笑みで言ってきたので
    「それは本当は魚肉ソーセージ。食糧がなくなったら自分で食べることができる。
    普段からやたら出して歩いてると犬やカラスがソーセージの匂いを嗅ぎつけて
    食いちぎりにくるから外では出しちゃ駄目。絶対。」
    って言ったら
    「わ、わかった!」
    って慌ててしまってた。
    ホウ◯イだった。

    233 :名無しさん@おーぷん
    実家に帰省した時の夏の夜なにやらリビングで母の叫び声が聞こえたんで
    行ってみるとGが出たらしく母が何故かテーブルに乗ってシコ踏むみたいな形で
    立ち叫びながら床に向かって無差別にGジェット噴射しまくってて部屋が白くなってた。
    なんか面白くて兄ちゃんとげらげら笑いながら観戦してたら
    『あんたらみてるだけかぁ!G探してや!げほげほ』言われて
    息苦しい中床探してたらGが父の寝てる辺に(夏は時々父は本を枕にしてフローリングに直に寝る習性がある)
    ササーーっと逃げ込んだ時躊躇なく
    『おとーさぁん!!!おきてぇぇえ!!!』
    言いながら父に噴射してた事


    このページのトップヘ