学生

    589 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/02(月) 20:08:19.10 ID:vZulVfUS.net
    この季節に思い出した。
    学生の時、勉強になるからと教授に勧められ、他学科の学会に行ってみた。
    そこは1年生でも来ていい気軽なもので、会場には見るからに偉い感じの教授みたいな人から1年生らしい感じの子まで色々いた。ある院生の発表は他学科故に難しくもあったがなかなか興味深く、面白く聞いていたが質問の時に手を挙げたのが
    「僕は東大の院生で」
    と話し始め、質問が始まった。
    しかし正直カタカナ言葉の羅列で質問の意味が分からない。
    本人だけがずらずら質問し、「お答えを」と半分小馬鹿にしたように笑っていた。
    そこに女の子が手をあげると
    「あの、私、1年生なんですが(講演者)さんの話は正直難しかったけど面白かったです。でもあなたの話は日本語がないから分かりません。日本語で話してください」
    東大院生が「はい?」と言うと「だからエポック何とかとか英語ばかりで、何で日本文学に英語が必要なのか意味が分かりません。日本語で話してくれなきゃ分かりません。東大は頭いいから英語で話すんですか?日本語で話せないんですか?」
    沸き上がる拍手。一緒にいた友人によるとその院生の周りには日大や早稲田、慶應などの院生がいたそうだが、一番手を叩いていたのは彼らだった。
    1年生の女の子は不思議そうに周りを見渡していたが、質問した院生は真っ赤になって絶句。隣にいた教授らしき人に「もう座れ!」と言われていた。
    あの学会は本当に楽しかった。
    その1年生の子はそれから院まで行き、博士号を取ったそうです

    741 :名無しさん@おーぷん
    すごい今更な愚痴なんだけど長年つっかえてたことを吐き出させてほしい

    今から数年前、自分が大学生だった時の話
    元々目標もなく何となく入った大学だったから自分が悪いことが前提だけど人生で一番悲惨な状態だった
    当時家庭内に問題(親が借金してた)を抱え、私生活でも幼馴染と絶交するトラブルがあった
    それに加え大学生活も最悪なもので最初はわからなかったが同級生にいじめられていることに気付き
    教授にまで何故か目をつけられるようになった

    同級生は基本的に「○○日空いてる?遊ぼー」と言われ当日ドタキャン、これを何回も数人から繰り返される
    自分の意見(と言っても○○好きなんだ程度)を否定され、変だと言われる、見た目を馬鹿にされる
    それでも自分は全く気にせずみんなノリ悪いなーくらいにしか思ってなかった
    いじめだと気付いたのは1年の秋になってから
    うちの大学のゼミは3年からなんだけど希望があれば1年からでも入れる
    それを友達(と思ってた人達)は夏休み明けに自分抜きで入っていて以降ゼミがあるからと誘いを全部断られるようになった
    そこで初めて「あ、自分嫌われてたんだ」と気付いた
    その時点でそいつらからは離れたんだけど離れた途端すり寄ってきたから結局何がしたかったのか不明

    教授に目をつけられたのは自分が貧乏学生でGWにバイトをしていたから
    ぶっちゃけ芸術大学だったんだが教授は少しでも時間があれば芸術に触れていろが口癖だった
    GW明けの授業で休みの間どんな芸術に触れたか言えとたまたま自分が当てられた
    休みの間はバイトしかしてなかったので馬鹿正直にそう答えると仰々しく溜息をつかれて「君は何のためにここに来たんだ?」と言われた
    まあこれに関しては本当その通りで自分が悪いんだけど多分これがきっかけでその教授からは目をつけられたんだと思う
    以降、その授業で名指しで当てられるも「あ、君は答えられないよねww」みたいなことをされた

    1年で既にボロボロでネットでずっと自さつの方法について調べまくっていた、2年に上がる頃にはほとんど笑うことはなくなったと思う
    授業中意味もなく涙が流れたり通学中大学が近づくにつれて気持ち悪くなったりしていた
    そんな中英語のテストがあった
    テスト内容は教授と英会話するというシンプルなもので、教室の前の方をパーテーションで区切りそこでテスト、教室の後方で順番待ちという形だった
    テストが終わった学生は前の扉から出て行くので終わるたびに教授が次の学生を呼んでいた
    順番はバラバラだったけど暗黙の了解で教室に来た順だった
    自分は最後の方に入ってきたから前の学生達が終わるまで待っていたんだが、気付くと何の音もしない
    そっとパーテーションの中を見ると誰もおらずテストは終わっていた
    教授は自分のことに気付かず全員回ったと思ったらしい
    学生課に行くなり教授に掛け合うなりすればテストは受けれたとは思うが、ギリギリ繋がっていた最後の糸がぷつんと切れた気分だった
    このことがきっかけで大学を辞めれた
    もしテストを受けれていたら大学は辞めなかったし本気で自さつしてたと思う

    大学を辞めてその後やっと自分のやりたいことを見つけて専門学校に通うようになってからやっと大学生活がおかしいものだと気付いた
    今ではそんなことで自さつとかアホらしいと笑えるが、当時は逃げ場がなく何より何で気持ちが落ち込むのか原因がわからず地獄だった
    予断だが数年後手相を見てもらった時に「あなた20歳の時すごいことになってなかった?よく自さつしなかったわね……」と言われたw

    46 :名無しさん@おーぷん
    大学の時の生物学の先生と期末レポートのお題が強烈だった。
    授業はものすごく面白かった。
    面白すぎて、単位を取り終えた人も聴講しにくるほど。
    1回でも欠席・遅刻・早退・居眠りしたら即単位を落とすという今時珍しい厳しさだったが、
    とにかく内容が面白くて。
    その先生が赴任してきて1年目は小教室だったんだけど、
    「生物学がヤバい!」という口コミが学内に広がり、
    2年目は大学で一番大きい講堂+大スクリーンでの講義になっていた。

    そして学期末にテストは無く、ノート提出とレポートのみ。
    テーマは、
    「俺を楽しませてみろ」←これ。
    このテーマを発表した時先生は、
    「生物学のレポートとかいらねえから。
     俺全部知ってんもん。つまんねーもん。
     お前ら一回も欠席遅刻早退居眠りしてないんだろ?じゃあもういいよ。
     お前らの好きなもんをレポートにして俺に教えてよ。
     テストかレポートのどっちかは実施しろって大学がうるさいからさ。
     ウィキペディアとか使ってもいいよ、面白けりゃ。」と言ってた。
    真面目な友人はそれでも生物学関連の事について論じて、優・良・可・不可のうち「可」。
    自分は「初音ミクは何故ブレイクしたか?」というテーマを選び、優をもらったw
    ちなみに先生が優秀作品として授業で取り上げたレポートは、
    「エヴァンゲリオンのオープニングで映る木」について論じた学生がいて、
    レポート用紙40枚ほどあったらしい。(枚数制限はなかった)
    「『エヴァに出てくる木』のレポートは最高にクレイジーで笑ったね。笑った。
     俺の授業をおもしれーってお前ら言ってくれるだろ、それは俺が楽しんで講義してるからだよ。
     おんなじように、お前らが楽しんで一生懸命書いたレポートは面白くって仕方ないね。」
    と言っていた。
    パワフルでめちゃくちゃカリスマ性のある先生だった。
    卒業してからかなり経つけど、またあの先生の授業を受けたいな。

    33 :名無しさん@おーぷん
    全然フェイク入れてないから身バレ覚悟。7〜8年前の話。
    自分はその頃、いじめられていた。
    教師に見つかったら「ゲームです」って言い逃れできるように、ゲームの形式で、
    でも自分全員グルだから、毎回自分が負けるよう仕組まれていた。
    で、罰ゲームという理由でいろんなことをやらされる。
    女の子の前でパンツを脱げとか、物を盗めとか、30秒以内にコーラ5本イッキとか。
    できないと罰ゲームの罰っていうことで、殴られたり、持ち物を壊されたりする。
    殴られたくないからたいていのことは従っていた。
    自分がおとなしく従ってるので向こうはどんどん調子にのっていき
    親の金を持ってこいとか、時計とかを盗んで持ってこいとか言うようになった。
    弱そうな教師を後ろからひっぱたいてこいとかも言われるようになった。
    ある日、副担任の先生が自転車で走ってるところを「蹴ってコカしてこい」
    と命令された。
    副担任の先生は女で、妊娠中でお腹がでかかった。
    自転車で走ってるところを転ばせたらヤバいってことはさすがにわかる。
    いやだと言ったら殴られた。次の日も同じことを命令され、殴られて、行けと言われた。
    「蹴ってコケさせてから、「教師のくせにSEXするのが悪い」と言ってこいと追加の命令も出された。
    実際「教師のくせにSEXするな」とかその先生は妊娠してからよく言われてた(陰で)
    でもやりたくなかったから先生の前に立ちはだかって自転車を止めて、
    「コケたふりしてください」と泣いて頼んだ。
    ヘタレだがそれが精一杯だった。
    副担任の先生はキョトンとしてたが、自分の様子がおかしいので「それをしないとまずいの?」と
    小声で聞いて、自転車を止めて道路にちょっと寝転がるふり?をした。
    そして自分の名札を確認して「あとで話を聞かせて」と自転車で走って行った。

    結局それがきっかけでいじめが終わった。
    向こうは「ゲームだ」って言い張ったけどこっちの腹の痣とか、
    ちまちまノートに書いてた「今日はいくら取られた」とかいう日記?メモ?が証拠になって信じてもらえた。
    副担任をコカせようとしたのが一番悪質だと問題視されて、なんでそんなこと考えたのかと聞かれ
    ほんとに「教師のくせにSEXするのが悪い」と答えたらしい。バカだなと思った。
    あとで知ったけどいじめっ子のリーダー格の母親もちょうどその時妊娠中だったそうで
    リーダーは母親に怖がられて田舎の親戚の家にやられてしまった。
    リーダーがいなくなったらいじめグループは解散し、卒業まで問題児扱いにされていた。
    確かみんないい高校は行けなかったはず。

    542 :名無しさん@おーぷん
    買い物の帰りに歩道橋を渡ったんだけど、下りの階段のあと5段ぐらいのところで
    後ろから駆け降りてきたおばさんが「邪魔!」って言いながらぶつかって
    そのまま謝りもせずに走って行ってしまった。
    私、そのせいで転げ落ちて肘を思いっきり擦りむいて腰もしこたま打った。
    買ってきた卵は割れちゃってるし、お豆腐はパックが崩れて水が出てた。
    通りすがりの3人の女子高生が手を貸してくれて、私の代わりに「くそばばーーーーー!」って叫んでくれた。
    たまたま調理実習で使って残ったっていうジップロックを持ってて
    お豆腐をそこに入れて渡してくれた。
    女子高生の優しさにおばちゃん涙がちょちょ切れたよ。
    私も同じようなくそばばあの年なんだけど、あんなばばあにはなりたくないわ。
    痛いよぅ。

    280 :彼氏いない歴774年@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 15:01:57.76 ID:gGJMasCR.net
    高校生のときにレストランのバイト面接を受けた際に店長さんから
    「ホールとキッチン、どちらを希望しますか?」と聞かれて
    「私は接客ができる自信もないので、キッチンを希望します!お皿洗い頑張ります!」と答えた。
    そしたら店長さんが「何その言い方?接客できそうにないからキッチンて・・・
    仕事を何だと思ってんの?社会に出たら「苦手」や「出来ません」なんて言ってられないんだよ!」と
    キレられたこと。馬鹿すぎて辛い。

    941 :名無しさん@おーぷん
    サークルの飲み会で後輩に性的な質問を繰り返す男子がいた
    おかげでサークルを抜ける後輩が続出
    後輩数人と部長からの要請を受けてこいつを呼び出して説教した。なぜか後輩二人(男の子と女の子)も同行してくれた
    「●●ちゃんは俺のセクハラ嫌がるけどさぁ、そうやって性的なこと避けてたら欲望上手く隠してる奴に食べられちゃうよ〜俺は純粋だから隠せてないだけなのに」
    って言われたから
    「ほんとに純粋な人はそもそも自分の欲望を満たすために人を傷付けたりなんてしませんよ〜」
    「最初から男と深く関わらないようにしてれば解決する話じゃないですか」
    と返した後輩に続いて
    「要するに強姦魔を見分けられるようになるために痴漢で慣れとけっけこと?」
    って言ったら
    「えっ、俺のそういう発言って、痴漢ぐらい嫌なの…?」
    って聞かれたから
    「うん!」
    って三人で声を合わせて答えたら私とその場にいた後輩二人のところには近寄らなくなった

    こいつは後に社会福祉関連の講義の先生に
    「とあるアメリカの学校では若い女の子が『No!』を言うことが出来るように自尊心を培い自分の権利を自覚できるように教育したところ、10代の妊娠と中絶が減った。
    ○○君の発言を退けられる女の子こそ、そういった悪意から身を守れるんじゃないかな」
    って叱られてから飲み会でも大人しくなってくれた

    182 :名無しさん@おーぷん
    「名乗るほどの者ではありません」
    という台詞を言われる状況に遭遇したこと
    端から見たら大したことない出来事かも知れないけど、本当にキュンっとなった

    当時中学生だった私は、下校中にチェック柄のシャツを着たおじさんに道を尋ねられた
    ちょうど「道を尋ねられる→道案内→強制わいせつ」という事件が近所であったばっかりだったので
    「すみません。私もこの辺は詳しくなくて…」
    と言って逃げようとした
    そしたら肩を掴まれた。
    全身から血の気が引いて、だけど咄嗟に身体も動かなくて立ち尽くしていたら、短い黒髪にメガネ、温和な顔立ちの大学生っぽい男性が駆け寄ってきた
    「どうしたのですか?」
    とこの男性が尋ねると、おっさんは私の肩から手を放して後ずさりして
    「いや、道を…」
    とモゴモゴ
    「俺はこの辺詳しいんで俺が教えますよ」
    「いや…俺はこの女に聞いてた…」
    「わざわざこの方に尋ねる意味はないでしょう?俺が教えますよ」
    としばらくやり取りした後、おっさんは俯いてた顔を上げて
    「お前がレイプされても助けてやんねーぞ!」
    と怒鳴った

    私は恐怖で吐きそうになって震えるしかなかった
    でもこの男性は、詳しくは覚えてないけど
    「道を尋ねることが犯罪の手口として用いられた事例が実際にあった以上、拒むことは正当な自衛です」
    「自衛と犯罪被害者を見捨てることが同列に扱われることだと思っているのですか?」
    「無理して貴方が助けに入らなくても、通報すれば貴方の身を守りつつ被害者を助けることができるでしょう」
    「そもそも貴方のような人間は、どんなに優しくされたところで人に優しくできるとは思えません」
    と冷静に言い返してくれた
    おっさんは舌打ちして「ブス!」と叫んで逃げていった

    男性は私の震えが収まるまで側にいてくれた
    「今度ちゃんとお礼がしたいので宜しければお名前を…」
    と私が言ったら
    「名乗るほどの者ではありません」
    と言って男性は立ち去っていった

    母に事情を話したら、とりあえず近所の大学にお礼の電話をしようと言われたので電話でお礼を言った
    今思えばあれが初恋だったかもしれない

    286 :名無しさん@おーぷん
    散々大学生の不祥事がニュースになってるのに、なんで大学デビューしてないと見下してくる奴がいるんだ

    はっきり言って私は電車が一時間に一本あるかないかのど田舎出身だ
    ゲームセンターとかカラオケすら身近にない、カラオケ店に行くまで車で20分電車で60分かかるような場所で育ったど田舎娘
    だから大学行くためだけに初めて都会に出たワタ日はチャラチャラした世界に耐性が無いし
    そもそも危険なチャラ男とそうでないチャラ男の見分けがつかなかった
    更に酒がまーったく飲めない
    大学に入学してからいろんなサークルに声をかけられたが、どこも歓迎会で飲み会とかやるらしい
    そういう席に無縁だった私は何かあっても見の守り方もわからない
    考えた結果、特定のサークルには入らないことにした
    両親の趣味の影響と他に娯楽がなかったため、ギターと釣りの腕はよかったので、時々大学でできた友達と都会の釣り場を教えてもらったり、頼まれてギター弾いたりはしてた
    それだけで十分私にとっては充実してた
    釣もギターも一人でもやっていけたし、それの何がいけないのかわからなかった
    そのうちSNSに誘われて始めたりして、釣りやさばいた魚の画像載せたりしてた
    そしたら同じ大学のつながりで見た人たち、主に女性から馬鹿にされたよ
    「ダッサイ」って
    仕方ないじゃん、魚釣りに行くのにちゃんとフル装備じゃなきゃ全身虫にくわれるんだぞ
    さばいた魚見て「超臭そう」って、ちゃんと釣ったその場で血抜きしてるからそんな臭くないし
    挙句に大学構内にまで「魚女」と呼ばれるようになった
    さかなクンが理想の男性なんでしょ?ってさ
    何でそんなこと言われなきゃならんのって愚痴ってたら、「オタクが叩かれるのと同じでしょ?サークルとか入って合コンしたり飲み会したりでリア充しなよ、大学デビューできないと見下されるよ」と言われたよ
    私は今でも楽しいし、お酒とか飲めないし、サークルってデビューするために入るもんじゃないでしょ?と質問し返したら「あんたやっぱバカだねぇ〜」だってさ(´・ω・)
    今では他大学や社会人の同じく釣りやギターが趣味の友達の方が多いよ
    中には見た目DQNっぽいなーって人や、フットサルのサークルで華々しく大学で活躍してる人もいるけど、私の事バカにしたりしてこないんだよね
    楽しみなんか人それぞれなんだから、余計なこと言わずにそっとしておいてほしいのに見下してくるのはなんなんだー!

    このページのトップヘ