学校

    883 :鬼女日記 2016/05/24(火) 15:43:46 ID:EN2
    全然知らない男子に就活の邪魔をされていた
    鞄の中に入れていたエントリーシートを破られる、スーツに飲み物を溢されるのは序の口
    SNSに私の本名を添えて悪口を書かれる、私の志望する業種や会社を友達から聞き出そうとする等々の嫌がらせを受けた
    同じ大学の違う学部の学生だというのは知っていたけど、少なくとも私が覚えている限りでは会話を交わしたことすら一度もない
    私の名前や所属ゼミなど私に関する情報は知人の男子を介して手に入れたらしい
    その知人に絶交を言い渡す際にその男子に関する情報(名前、ツイッターのアカウント、普段の振る舞い等々)を入手した
    セクハラ発言が原因でサークルを辞めさせられたり別れた彼女さんに付き纏ったりと、昔から問題行動の見受けられる学生だったらしい
    この男子のツイッターでの発言も気持ち悪いものだった
    要約すると
    「仕事や文化に興じる女性は不幸」
    「結婚していない女性は本当の幸せを知らない」
    「セ○クスをすれば『セ○クスってなんて楽しいんだろう』と思って仕事や趣味を捨ててくれるはず」
    「今も何人かの女性を説得しているところ」
    この時点で頭おかしいと思うんだけど、どうして面識のない私が狙われたのかは未だにわからない
    ツイッターでの発言を読む限り私の他にも被害者はいたと思われる
    警察や学生相談室やゼミの担当教授に相談すればいいのに、当時の私は「就職に響くかもしれない」という理由で相談を躊躇していた
    鞄を見守ってくれたり私とその男子の間に割って入ってくれたりと友達はそれなりにガードしてくれていたけど、やっぱり就活と卒論の時期で忙しかったので限界があった

    そんなこんなですっかり憔悴してた頃に、私よりずっと賢い妹に相談した
    心理学科に通っていた妹は
    「自分と他人の境界が曖昧で、自分の感情を他人のものだと勘違いしてしまうのは自己愛性人格障害などの人格障害か、自閉症○○(よく覚えていないけどカタカナ言葉だった)などの発達障害の特徴。
    その男は自分が女の子と付き合いたくてたまらない、もっと言っちゃうとセ○クスしたくてたまらないから、きっと女の子もそうに違いない~と思っちゃってるわけよ
    こういうのって接点があるとか恨まれてるとかそういうのは関係ないのよ。要は加害者側が勝手に自分の感情を人に投影して暴走してるだけだから
    発達障害や人格障害のこと教えたら自覚が生まれてカウンセリングにでも行ってちょっとは落ち着くんじゃない?まぁキレて暴れだしたらアレだからあんまりお勧めできないけど
    こういう事例への対処法を私からも先生に聞いてみるわ」
    といった心理学の観点からの考察を私に話してくれた

    妹のおかげで相手の正体が掴めてなんだか強気になってしまった私は、ネット、近所の医療機関、図書館、大学などで発達障害や人格障害に関する資料を片っ端から集めて印刷して、要点に赤線を引いて、無謀にもその男子に
    「今後の貴方のためになると思うことが書いてある。是非とも読んで」
    と押し付けてしまった

    これが正しかったのかはわからない
    ただ、その後この男子が私の就活の邪魔をしてくることはなくなった
    ツイッターのアカウントもその直後ぐらいに消えていたので効果があったんだと信じたい

    301 :鬼女日記 2016/01/11(月) 17:19:31 ID:98H
    中学生のとき、部活の顧問がクズだった。
    自分の好みの生徒だけひいきして、他は
    「ゴミ」だの「役立たず」だの罵ったり、練習
    させずに校庭走らせたり。
    自分がハゲてるからって、髪の毛が長いだの、
    部活に関係のないことでも説教したり。
    そんなこんなで俺は部活やめようと思ったんだ。
    なのである日の昼休み、部活止めますってそいつに言った。

    271 :鬼女日記 2016/01/05(火) 09:10:03 ID:???
    昔の教師は傍若無人な人が多かったわ
    兄は物差して叩かれ額裂傷
    自分は朝の会中に私語で4時限正座等々…
    いずれも女性教師

    今なら逮捕か罷免か、もうそういうレベルでしたわ

    374 :鬼女日記 2014/01/26(日) 17:12:32 0
    中学の頃にイジメを受けてました、そのイジメである日、近くの893の事務所に行って来い!と
    言われてそれに関してはかなり抵抗しましたが結局は抵抗空しく突撃する事になりました。

    イジメっ子の出した条件は3個
    1、893の事務所の中に入る事(これができたら殴るの免除)
    2、893と握手してる所の写メ(これができたらパシリの免除)
    3、893の名刺かバッチ (これができたらイジメをしない権利1週間)

    上記の様な事を言われた私は精神的にも参っていて「イジメが一週間もなくなる権利が欲しい!」と
    真面目に考えて狙うは全部クリアでした。

    460 :鬼女日記 2016/09/14(水) 15:18:22 ID:U8+xZ+YG.net
    女児3人(娘、A、B)で下校している。
    1学期初めにハブられ「何でついてくるの?」と逃げられたり体を押されたりということが続いたので、私から先生に伝え間に入ってもらって夏休み前には表面上はおさまっていた。
    最近またハブが始まったようでどうするか悩む。
    Aは姉が居て成長が早い感じ、娘は精神的に幼くクラスは同じだが休み時間などは接点無し。
    Bはクラスは違う。Aと同じマンションでAの子分的立ち位置。

    学校では家の近い友達と一緒に帰りましょうと指導があり同じ方向に帰る友達が他に居ないため一緒に帰っている。
    娘にどうしたいのか聞いたら「意地悪なことされないなら一緒に帰りたい」と言う。
    Aは多分娘のことが嫌いで一緒に帰りたくないのだと思う。
    娘はABのことを嫌っておらず、先生の言うとおり一緒に帰りたいと思っている。

    娘には「ひとりで帰っても良いよ。信号からお母さんと一緒に帰ろう」とABと一緒に帰らないことは悪くないと伝えました。
    (ABと別れてからひとりになる道が少し長いためいつもABと別れる場所まで私が迎えに行っています。)

    前回は入学してすぐで下校以外でも少し暴力があったため先生に相談したけど今回は下校時のみだしなるべく本人で対処できればと思っています。
    ひとりで帰らせることは解決にはなりませんか?(危ないので親としてはできればお友達と一緒に帰ってほしいという気持ちはありますが)
    どういうふうに娘に促せば良いでしょうか?

    453 :鬼女日記 2017/08/10(木) 17:23:49 ID:MJI
    自分語りぽくなっちゃうけどすいません。

    中学の時にいじめられてた。
    小学校のときに空手と野球やってたやつで、中学では野球部だけど空手部より強い!と調子に乗ってるやつだった。
    いじめの内容は一般的なものだったけど、学校へ行くのが本当に嫌になって月並みだけどタヒのうとか考えてたこともあった。
    高校に進学して自分を変えなきゃと思い陸上部に入部。
    はじめは短距離だったんだけど、人が足りないので砲丸と円盤の練習にも参加したらそっちのほうにハマって三年間やった。
    大学では何をしようか悩んでいたら日本拳法部というところに勧誘された。
    やってみると鉄面をつけて全力で殴り合う過激な競技だった。怖かったけど、何か強くなりたい気持ちがあって入部。
    個人戦や団体戦で試合に出たりして、人生で一番濃密な四年間を過ごした。
    自分は大して強くなかったし個人戦でも上位には行けなかったけど、先輩や他校の同期から「お前のパンチは速くないけど硬くて痛い。鉄面なかったらやりたくない」って言われた。たぶん砲丸と円盤の下地があったから。
    そして社会人になって働いて3年目に、取引先の人に日本拳法やってたというと、その人が入っているというキックボクシングジムへ誘われた。上司にも付き合いを大事にしろと言われジムに行くと中学時代のいじめっ子がいた。
    向こうもすぐにわかったらしく、中学のときの関係そのまま小突いてきた。どうやらそのジム所属でアマチュアの試合に何度か出ているらしかった。
    そして「キックの凄さ教えてやるよ」と言われスパーリングすることになった。取引先の人とジムの人も少し止めようとしたけど、自分も希望してスパーリングすることになった。

    長いので切ります

    631 :鬼女日記 2011/01/12(水) 08:38:50 ID:Nz2BHoOt0
    小学校3年生のとき、女の担任がメチャクチャ怖い奴だった。
    なんのお金か忘れたけど、200円程度の少額の集金があって
    集金袋ではなく、個々に封筒や紙に包んで
    氏名と出席番号を記入し提出しなければならないことがあった。
    絶対に忘れてはいけない集金で、
    忘れたらなんかヒドイ目に合わすと言われてた集金を、私は忘れた。
    集金は、先生の机の上の箱に置いていく形だったので
    休み時間、先生の机に別のプリントを置く用事を作り、
    同時に誰かの紙包みのお金をパクり
    自分でノートを破り氏名と出席番号を記入→お金を包みなおして
    提出しておいた。
    パクられた子が、ひどい目に合わされた。
    「私は置いた」と言い張ったので、更にエライことになってしまった。
    その子と先生が激しく言い争うところをみて
    自分がしたことを反省したが、申し出ることはどうしても出来なかった。

    495 :鬼女日記 2013/10/13(日) 23:28:58 ID:8gHM793o0
    1/3
    流れトン切りごめん。復讐としてはプチだけど。
    中学の時、いじめてくる女子グループがいた。
    無視、陰口、家庭環境を馬鹿にする、教科書隠し、持ち物をゴミ箱に捨てられる、
    壊される、机一面に落書きされ彫刻刀で表面をギザギザにされる、運動靴を水で濡らされる、など。
    生理用ナプキンに名前を書いて落とし物コーナーに飾られたり、嫌われてるちょっと気持ち悪い先輩男に、
    私の名前で告白の手紙を出されたこともある(先輩に呼び出されて発覚)。
    最初の三つ以外は証拠がない。そのグループがやってるというのは、
    トイレの個室に入ってる時に奴らが話してるのを聞いたから確実だったけど、
    私のものを隠したり捨てたりしている現場を押さえたわけでもなんでもない。
    一応奴らは、私に証拠を掴まれないようにやっていたようだ。
    ある日、盗まれて買ったばかりの教科書をまた盗まれた。鞄に入れたはずなのに入っておらず、
    忘れたかと教室に戻ってみたがなくて、また盗まれたんだと知った。
    遅い時間で、体育館はまだ明かりがついてたけど教室のある棟は誰もいなかった。
    ふと、今なら誰もいないからされたことをやり返せることに気づいた。
    目についたのは、美術の時間に描いて貼り出されたばかりの絵。
    教卓から黒マジックを取って、奴らグループの絵にぐちゃぐちゃした線を殴り書き。
    怪しまれるかと思い、奴らグループの他に、ナプキンの時にしつこくあれこれ言ってきたヤンキーDQN男とか、
    何人かの嫌な奴の絵にもマジックでぐちゃぐちゃした線を書いた。
    行きも帰りも、誰にも会わなかった。

    275 :名無しさん@おーぷん
    虫の話なので苦手な人はスルーして
    去年の話


    私は毛虫が嫌い
    見かけただけで1日食欲がなくなる程度に嫌い
    校門の前が毛虫出現スポットという最悪な状況で毎回心を無にして通りすぎていた
    ある日を境に、Aが校内で私を見かけると指さして「毛虫!」と言うようになった
    もしかして服や鞄に付いてるのかと驚いて慌てる様子が面白かったらしい
    1日嫌な気分になるからやめて欲しいと頼み込んでも、Aは執拗にイタズラをくりかえしてきた
    おかげで私は2?減った
    なんて嬉しくないダイエット

    その日、登校時間にAを見つけた
    Aは鞄を植え込みの側に置いて誰かと話しているようだった

    毛虫がポトポト落ちてくるような木の下で
    植え込みの真横に鞄を置きっぱなしにして
    長々立ち話

    小さくて真っ黒な毛虫がAの鞄を這っていた
    同時に、背中に黄色と黒の大きめのが張り付いていた

    私は黙っていることにした
    手短に挨拶をして校門を素早く走り抜けた

    その後一週間Aを学校で見ることはなかった
    実際に被害にあってから毛虫が怖くて仕方なくて登校できなかったんだそうな
    あの時せめて教えてあげれば棒で払うなり何なりして取ることもできたんだろうけどね
    嫌がらせなんかしてくる人には教えてあげない

    4 :名無しさん@おーぷん
    フェイクあり
    小学生の時。卒業式について学年主任から連絡があった。
    「今まで卒業の歌は卒業生が決めてたが今年度からこちらから指定する」
    みたいな内容だった。
    しかももう曲決まってて練習してるのに。
    勿論みんな大反対。
    これだけの為に学級会開いて討論したが、やはり納得が行かない。
    学年主任は「決まったことだから〜」しか言わない。
    (今思うと校長とか教頭は何も言わないのがおかしい)
    しぶしぶ学校側から指定されてる曲を練習していたある日、
    突然担任から「皆さん、曲は皆さんの決めた曲になります。」
    と言われた。
    喜び半分なにかあったか…と思ってしまった。
    PTAだった母から聞いたのだが、PTA会長のその件で激怒。
    「何故子供達が決めことを、しかも練習始めてるのに途中で変更するのか。
    しかも子供達が学級会開いてまで抗議しているんだ!!」
    と怒鳴り込んだらしい。
    それであっさりと元に戻ったとのことだった。
    あんまり良い評判でない学年主 だったが卒業式間際でやらかすとは…。

    11 :名無しさん@おーぷん
    高校2年のとき、同じクラスの地味グループがふたつあった
    私がいたのは日本のロックと読書好きな地味グループで、
    もうひとつはラノベと漫画好きな地味グループだった
    積極的な交流はないが端数が出たときにここと組むか・・・くらいな仲で
    話も合いそうで全く合わない

    もうひとつのグループは6人いて、うち2人が自称霊感持ち
    それが「スーツを来た細身眼鏡の男性の守護霊」とか
    「ふんわりした銀髪で碧眼の少年」というような
    本人の嗜好にちょっと合わせた守護霊が見えるという
    小学生かよ!!な都合のいい霊感だそうで
    「あー、○ちゃんがそんなこと言うから
    君の守護霊ががっかりした顔してるよ」などやって
    みんなキャアキャアと騒いでいた

    私にも当時好きだった俳優似の守護霊を設定してくれて
    そういうコンセプトで遊んでいるんだなーと思っていたので
    あー超タイプだ、うれしいなーとか言って相手したりした

    しかし2学期の期末テスト明け、グループが2つに分かれていた
    というのも霊感コンビと他4人がそれぞれ別々にやたらと
    私のいたグループにすり寄ってきたから超わかりやすかった
    雰囲気的に4人がコンビを切った感じであった

    で、趣味が合わないのにすり寄ってくるのが不審すぎるので
    なんで解散したのかを人づてに探ると

    霊感コンビの霊感は嘘だったから らしい

    いやいやいや、遊びじゃなくてマジで自分にそんな都合のいい
    守護霊がついてたと信じてたの!?うちらもう17だよ!?
    4人いて4人とも、嘘だったら関係切るくらいに信じてたの!?と衝撃
    しかもそれが4人のうち2人が学校近くのショッピングモールで
    占ってもらい、
    守護霊の話を占い師に一蹴されて問い詰めてボロが出たからというのも衝撃
    さらにボロがでても霊感コンビがこちらにすり寄ってくるネタが
    「君の守護霊が私の守護霊と話をしたがってるんだ」系だったのも衝撃

    普通に馬鹿でもなんでもない高校だったんだけどね・・・
    勉強とそういうのは同じ頭でも違うもんなのかね・・・

    542 :名無しさん@おーぷん
    朝のホームルームで、
    担任が「×組の○○くんと連絡がつかなくなった」と小声で言った
    誰か○○くん本人か連絡先を知らないかという話だが
    入学1ヶ月少しなので別のクラスにまで知りあいはいない
    「どんな人なんですか」とクラス委員が尋ねたところ
    ・入試の成績は下の上か下の中くらい
    ・部活には仮入部もしておらず、授業が終わると独りでさっさと帰る
    ・基本的に、誰かと話している姿は目撃されていない
    ・強いて挙げれば小柄というくらいで、外見的な特徴もない
    教卓の前の席の男子が
    「連絡がつかなくて、誰か困るんですか?」と
    心配とか嘲笑とかはなく、本心から不思議そうなだけの声で聞いたら
    「いや、オレも困んないけどさァ・・」と担任は二の句が継げない様子だった

    結局、もう何日かしてから
    ○○くんちとやっと連絡が取れたそうだが
    連休で北海道へ行ったきた親戚にもらった土産のカニにあたって
    家族全員で入院していただけだったらしい

    183 :名無しさん@おーぷん
    あんまり大した話じゃないけど…
    公立の小中学校って試験とかで振り分けられないから知的障害児が何人かいるよね
    誰にでも学ぶ権利はあるからそれは別に構わないと思う。知的障害児がいることで多少の迷惑を被ったとしても、足の不自由な人に席を譲るとか、杖を付いて歩いてる人に道を譲るとか、そういう行動と同じだと思えば私は問題ないと思う
    ただ、知的障害児の行動によってこっちが先生に理不尽に怒られたのは本当に苦しかった
    小五〜小六の時のクラスでは、朝のホームルームの時間に一分間目を閉じて今日の目標を考えるっていうよく分からない時間があった
    その日の日直の人が前に立って、目を開けてる人がいたら注意するという決まりになっていた
    私の日直の日、私のクラスにいた知的障害児がその日に限ってやたら元気で、朝のホームルームの儀式の時間も目を閉じずに手足をバタバタさせていた
    それで三回ぐらい注意したところで「しつこい」って先生に叱られた
    こっちは先生に言われたことを遂行しただけだったのに…この知的障害児のせいで…って怒りで顔が熱くなった
    この知的障害児とは通学路が同じで、普段はこいつが車道に出ていたら引っ張って歩道に戻してたんだけど
    (しつこいって叱られちゃったからもう注意しなくていいよね!)
    って注意を放棄することにした
    案の定、数日後に知的障害児は車に跳ねられた
    跳ねられても外傷もなくピンピンしてたし車もすぐに走り去っちゃったし(轢き逃げ…)、後から怪我や障害が発覚することもなかったから、私も特に大人への報告はしなかった
    とりあえずスカッとした

    685 :名無しさん@おーぷん
    中学の時、同じクラスに不良の男子がいた。

    一度、ちょっと友達と話して席を離れたすきに財布をカバンから盗まれたことがあって、
    それもその不良から「お前の財布たいした金入ってねーなww」とあとで言われた。
    先生に言ったが、「本人に訊いても、盗んでいないと言ってる」みたいな感じでウヤムヤに
    された。
    多くの生徒が絡まれたり、物盗まれたりしてて、不良仲間以外からはとにかく嫌われてた。

    「あのクソ氏ねや」と思ったのが天に通じたのか、在学中にその不良はバイク事故で氏んだ。
    速度超過で曲がろうとしてスリップして、それは見事なモミジおろしになったらしい。

    クラスみんなで葬式に行った。
    みんなニコニコしてた。一部の不良しか泣いてなかった。
    喪主だったお母さん(シンママ)が「今日はみんな、息子にお別れに来てくれてありがとうね」みたいなこと言ったら、
    数人がプーーッと噴き出してゲラゲラ笑った。
    来たくないけど、来てんだよww少しもご愁傷様なんて思ってないしwww
    お母さんは真っ赤になって目を抑えてうつむいてた。

    私もその噴き出した数人の一人だった。
    むしろ率先して一番に笑ったかもしれない。

    あの時のことを、自分も子供を持つ歳になってからよく思い出す。
    後悔はしてるが、もうどうしようもないし、誰にも言ってない。

    27 :名無しさん@おーぷん
    他愛ないイタズラで大惨事を起こしたことがあります

    中学生の時、廊下にワイヤーを張り、人を転ばせるイタズラを仕掛けました
    掛かったのはクラス・学年でも一番美人で成績も良く気取らない性質で人気者だったAさん
    完全無防備で顔から廊下の床へダイビング
    前歯が折れ、鼻が潰れ、大量出血

    私はすぐさまワイヤーを回収し、叫び声をあげ、偶然通りかかったように見せかけました
    Aさんは救急車で運ばれる事態になり、校内は阿鼻叫喚の坩堝に陥りました
    当時流行ってたイタズラでもあったことで、犯人捜しが始まり、生きた心地がしませんでした
    率先して犯人捜しのリーダー格を務めなければ第一発見者たる私は真っ先に疑われてたでしょう
    あのイタズラを始め流行らせた数人を吊るし上げ、冤罪を押しつけて謝りに行かせました
    「自分たちではないけれど、自分たちが「やらせたようなもの」だから〜」って感じで

    Aさんは少しブッチャになりましたが元気に復帰し、同窓を過ごしました
    Aさんは今年結婚されるそうです
    おめでとうカキコ

    151 :名無しさん@おーぷん
    昔小学校高学年の時の給食の時の話。
    私は恥ずかしながらカレーはご飯とグチャグチャにしてから食べる物だと思っていた。
    低学年の時はみんなそうやって食べていた(と思う…)からそのままグチャグチャに
    したカレーを食べていた。
    でも、みんな高学年になるとテレビとか雑誌とかで見たり、親に教わったりしてカレー
    はグチャグチャにしないで食べる。カレーはご飯の量を少しずつカレーに混ぜながら食
    べるって学ぶんだろうね。これは言い訳だけど、私は当時テレビはアニメしか見ない。
    漫画しか読まない。親は共働きでじいちゃんとばあちゃんと夕飯を食べていたからまっ
    たく知らなかった。
    で、カレーが出た給食の時間。私はいつもどうりカレーをグチャグチャにしていた。
    それを見た男子が大声で「そんな汚ねー食べ方すんのかよwww」と言われた。
    『え?汚い?』と思い周りの人のカレーを見るとグチャグチャにして食べている人は誰
    もいない。私だけだ…と思った瞬間すごく自分が恥ずかしくなった。でも混ぜてしまっ
    たカレーは戻らない…。周りの人は私のグチャグチャカレーを見ている…。恥ずかしく
    て頭が真っ白になった。
    その私の様子を見ていたクラスで人気者のA君が大声で「みんな知らないの!?今の流行
    はこうやって混ぜて食べるんだぜー!」と自分のカレーをグチャグチャにして食べ始めた。
    クラスのみんなも「A君が言うなら…」とグチャグチャにして食べ始めた人もいた。
    A君のおかげでわたしのグチャグチャカレーはその給食の時間に目立つ事無く終わった。
    本当にA君に救われた。その後お礼もできずに終わってしまった事を後悔している。

    今私はアラサーだけどカレーを食べると毎回この出来事を思い出す。
    ありがとうA君

    744 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/03(月) 08:53:55.85 ID:ITyDT1/A.net
    短大を卒業して就職したばかりの娘に
    「高校時代LINEを禁止されたから」という、
    くだらない理由で縁を切られた。
    娘の中でLINE禁止されたから
    友達できなかったって思考みたい…。

    23 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 23:50:46.30 ID:O6Tvm3Xo.net
    子供が中学生の時、お弁当を持っていくのを忘れたので昼前に届けに行ったんだけど、授業中だったので職員室にいた担任の先生に預けて帰った
    子供が帰って来て「弁当忘れたから友達にちょっと分けてもらった」と言うので「昼前に持って行ったよ」と言うと帰りに渡されたと言う

    すぐ学校に電話して聞いたら「昼に渡すの忘れてたのでさっき渡しました」と言われた

    いやいや、謝れよ

    45 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 01:14:38.61 ID:25bxNc/r.net
    高校野球やってた頃、入部した時に三年で投手やってた先輩が、
    他校との練習試合があるとやる気のない打者(結構いる)に対しては真っ直ぐしか投げない人だった。
    配分とかコースとか無視した全力投球。打順が回ってもその相手に対しては全球それ。
    すると次第にやる気のない打者がバットを出すようになってきて、人によっては気持ち良いくらいのフルスイングまでする。
    その時、先輩は打者に対してウンウンって頷いて、すごく嬉しそうな笑顔を見せて、以降は変化球も絡めて普通に投げる。打たれても嬉しそう。
    そういうことが半年間で何度もあった。

    何故?と直接聞ける機会があったので質問すると「振ってほしい」と一言。

    その手法というか姿勢は先輩とキャッチャー(キャプテン)が勝手に始めたことらしく、
    監督も最初は先輩達を叱ったそうで、監督として「どんどんやれ」とは言えないと。
    でも「不真面目やってる目の前であんなことされたら、野球やりたくなるよ」ってニコニコしながら先輩達を褒めてた。

    ああいうことは、真似しようとして出来るものではないんだろうなと今でも思う。
    三年だからあっという間に引退で、見てた時間は短いけれどあんなにカッコよくて素敵な投手は他に知らない。

    20 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 11:22:56.95 ID:GpvUyQ9l.net
    相談させてください。

    小5の娘のことで相談です。
    娘が料理を覚えたいと言い始めたのが小4の頃、土日などに私も料理を娘に教え、私も主人も仕事で遅い時は娘が作ってくれることもありました。
    娘はすごく覚えるのも上手く、料理もレパートリーは少ないですが美味しいです。友達が家に遊びに来て一緒にお菓子を作ったりもして、友達からも褒められているようでした。

    ここからが本題なのですが
    先日、調理実習で豚汁を作ることがあったようで、娘は私に教わった、「アルミホイルで皮を剥く」ということをしたようです。
    しかし、家庭科の先生がその事に対して「資源を無駄遣いした」と激しく怒ったようです。
    周りにいたクラスメイト達も、娘のことを責め、「ババアみたい」と馬鹿にしたようです。
    泣きながら帰宅した娘と娘を慰める娘友達にそのことを聞き、学校に連絡すると
    担任の先生が「調理の指導は家庭科の先生に任せてる〜」「皮を剥くのは普通はピーラーですので…」「もう少し娘さんに常識を教えてあげるのはどうですか?」と言われ、私も反論しましたが、会議があるのでと電話を切られてしまいました。

    先生の対応は正しいことなのでしょうか?
    主人は出張のため、まだ相談できておりません。
    周りの友人に相談すると、担任の先生のように、普通や常識を教えてあげるべきと言われました。

    このページのトップヘ