子供

    315 :名無しさん@おーぷん
    夏休みに一週間実家に娘(小学校低学年)を預けて海外旅行に行くことを計画してるのですが
    何人かから「あり得ない、娘が可哀想」みたいなことを言われました。

    娘に内緒で行こうとしてるわけでもなく
    昨年一緒に北海道にいったころ気圧差で耳が痛くなり飛行機を嫌がっていること、
    春休みにも一週間預かってくれたのですがその時かなり楽しかったらしく
    娘も行きたがっており、両親も是非来てと言っており、
    海外旅行も娘も両親も二人で行ってきてという感じなのですが
    それを説明しても
    「あり得ない、一緒に行ったら良い思い出になるはず、
    そんなに子供と離れて平気なんて信じられない、何かあったらどうするの
    どうしても飛行機が嫌なら飛行機を使わない旅行にして一緒に行けばいいじゃないか。
    子供が邪魔だから2人で行きたいだけでしょ」
    としつこく言われました。

    該当期間にある子供の習い事のイベントに休むと言う話からこんな話になったのですが
    こういう考え方の人が一定数いるならあまり話さない方が良いのかな。

    50 :名無しさん@おーぷん
    自分の子育てが失敗していた事。
    身バレが怖いので曖昧に書く。妻とはタヒ別。息子一人。
    息子には色々不自由させたと思う。
    そのたび「すまなかった、母親がいればこんな思いはさせなかった」と謝った。
    別に妻のせいにする気はなく、足りないパーツが在るという事への再確認だった。
    息子は成長し、彼女ができる年齢となった。
    彼女にデートDVをしたと警察から連絡を受け、向こうの御両親とお会いした。
    後日面談をした。
    彼女は年上だった。
    息子は「やってくれるだろうと思っていたことを彼女がやってくれなかったので腹が立って殴った」と説明した。
    息子が彼女を母親の代わりにしているのは明らかだった。
    呼び名も普通ではなく、彼女に対してするようなものでなかった。
    向こうの両親は怒り狂い「御宅の息子は病気だ。通院させるべきだ」と言った。
    俺はカっとなって怒鳴り、息子は彼女に襲いかかった。
    示談は不成立になった。
    俺は息子に「彼女と言うのは何でもしてくれる人ではないんだ。母親もそうだ」と説明したが息子に伝わっていないようだ。
    俺の話し方が悪いのかもしれない。口下手な人間ではある。
    息子をまっとうな人間に戻したいが、多分俺が悪いんだろう。どうしていいかわからない。

    760 :名無しさん@おーぷん
    では私が20年ちょい前の修羅場でも語りますか。
    といっても、修羅場だったと知ったのはこの年末なんですが。

    まず20年前の話↓
    うちの中学はとんでもなく荒れてて、いじめ、暴力、カツアゲは日常。
    その中でひたすら習い事に打ち込むために酒もたばこもせず
    髪も真っ黒な私はかなり浮いた存在。
    ある日の帰り道、小学校では同じクラスだけど
    中学では別のクラスになった女子にコンビニ前で
    「○○(何かは忘れた)を買いたいけどお金が足りないから貸して」
    と言われ翌日返す約束で貸した。
    しかし翌日に彼女に返してもらおうとすると「今日は持ってない」
    じゃあ翌日、さらに翌日。となって一週間。
    その間に夜の帰り道に集団痴漢に遭って撃退したりしてた。
    数日後、いい加減約束破られるのも腹立つし、
    いつなら返せるのかと聞いたら一週間後だというので
    ちょうどテレビで見たドラマでやってたのを真似て
    借用書を作って署名させなぜか彼女が持ってたのではんこも押させた。

    で、一週間目に行くとやっぱりない、と言うので
    借用書の通りに親に電話して
    (小学校の卒アルに各家の電話番号が載ってた時代)
    放課後に学校の側まで来てもらったら、借用書を見たとたん血相変えて
    額面通りに返してもらえた。その時には借用書もちゃんとあちらに渡した。

    ここからが昨年の年末の話↓
    そんなこともすっかり忘れてた私に小学校の同窓会の案内が届き、参加した
    借金の彼女も来てて、同じ卓で話ししてたらあの後頑張って勉強し
    中堅クラスの公立高校から私大、一般職のOLになって、今では専業主婦してるという
    それだけならへーそーかよかったねーふーんだったんだが、
    その後、彼女があのころDQNになりかけてたのを更正できたのは私のおかげだと言われた

    続く

    473 :名無しさん@おーぷん
    口が悪くて申し訳ないと先に謝っておきます

    新担任、ムカつく
    他所の学校から飛ばされてきたクソ野郎め

    クラス替えがあって去年仲の良かったAちゃんと離れた娘
    Aちゃん、新年度の時間割にまだ不慣れだから忘れ物をしたらしく、娘に借りに来た
    娘は快く貸した
    娘は物を大切にするタイプで自分のものを他人に触られるのを極度に嫌うが、Aちゃんは娘とおなじくらい物を大切にする子なので娘も抵抗なく貸せる

    Aちゃんと同じクラスにBちゃん(この子も去年同じクラス)がいる
    この子も教科書を忘れたらしく、Aちゃんが娘に借りたことを小耳に挟んで娘に教科書を貸してと言いに来た
    Bちゃんは娘が言うには、机の中もランドセルもロッカーも汚い子
    プリントもきっちり半分に折らない、ファイルに閉じずにそのまま机の中やランドセルにグシャ、教科書は落書きや表紙紛失、授業中暇だとハサミで教科書を切るなど
    娘が絶対に教科書を貸したくない要因が多数あった
    娘は貸さないの一点張りで、そしたらBちゃんが机の中に手を突っ込み、無理やり娘の教科書を持っていこうとして、新しい教科書で綱引き状態
    見てた子が止めようと何人も手を伸ばして色んな人からもみくちゃにされた教科書は、寄れて歪んで表紙が折れた
    裏表紙は接着部分が剥がれてやぶれてしまっている
    教科書はきれいに使うタイプの娘はそれがショックだったらしく、泣き出してBちゃんを叩こうとした
    でもBちゃんは逃げ、騒ぎを聞きつけた先生が飛んできてそれは未遂に終わった

    担任が娘とBちゃんの話を聞いた結果出した裁判の判決は
    「娘ちゃんが悪い。まず手を出したのは圧倒的に悪いことだ。Aちゃんには貸したのにBちゃんには貸したくないというのは差別。Bちゃんに謝ってBちゃんに貸してあげなさい」
    娘は「先に手を出したのはBちゃんで、差別だと言うならもう誰にも貸さない。だからBちゃんにも貸さない」と答えたらしいが
    今度は「そんな優しくないいじめっ子は先生のクラスにいられたら困る」的なことを言って娘が傷ついて帰ってきた。
    娘が原因の教科書を持ってきて話したのですぐ学校に電話したが、裁判は担任・娘・Bちゃんの三人だけだったので言った言ってないの水掛け論
    しかも子供だから話を歪曲して捉え、保身の為に話を歪めてるようなことを言われ、子供の言うことのほうが信憑性がないと言われた
    教職につく人間の発言とは思えない
    Bちゃんの担任にも話をしたが、娘の話とBちゃんの担任が娘の担任から聞いた話にも齟齬がある
    Bちゃんの担任はまだ二年目の若い先生なので手に余る仕事というのが電話からも伝わってきた
    教頭先生に会って学校全体を巻き込んで問題提起するつもりだが、娘の証言が正しいと言えるものが何もないので困っている
    また娘を馬鹿で嘘つきだと示唆することを言われたら感情的にならない自信がない
    感情を吐き出し頭を整理し冷静になるために書き込んだけど、一人じゃ不安だ
    夫は仕事で海外にいるし、すぐには頼れない
    今日の午後に教頭先生にお時間頂いたけど、娘のために母は強くあらねば

    182 :名無しさん@おーぷん
    モヤモヤした話し
    スーパーのレジで私の番になったとき、私より先に会計を終えた親子が袋を忘れたことに気づいた
    袋って有料なんだよね
    問題は親子の子の方が障害者だったこと
    店員は私の商品の会計をしてるわけだけど、母親が袋を買い忘れたことに気づいてそれを「袋がついてないわ」と発言してしまった
    それを聞いた子が店員に「袋、袋」と貰おうとした
    でも有料だからすぐ渡すことができないんだよね
    でも子は障害があるからそういう細かいこと理解できないみたい
    それは仕方ない
    それに母親を助けてあげようとするのは立派
    問題はゴミ母
    私の作業を中断して説明しようにも説明が通じない子相手に困ってるバイト店員を見てるのに
    「○○くん、いいのよ、うふふ、袋はいいのよ、店員さん困ってるわよ、うふふ」
    と形の上では止めてますよという体を見せながら、表情は私の優しくて可愛くて母親思いの天使ちゃんをみてる顔
    しかもサッカー台から動かず見てるだけ
    結局ベテランの店員がきて根気強く子に説得してサービスカウンターに誘導してた

    子は近所の公立中学の制服来てたし、暴れるでも声をあげるでもヒステリーを起こすわけでもなく、本当に優しい子なんだと思う
    だからこそそんな子をきちんと誘導してあげない母親に心底腹が立った

    674 :名無しさん@おーぷん
    全然黒くないけど

    5、6歳の頃かな?低学年かな?
    母親に連れられて市民プール遊びに行って
    2、3歳の幼児つねってた
    大事にされてる子供が憎かった
    潜って浮き輪の子供の近くを泳いですれ違いざまにつねってた

    未だに小さな女の子ボコボコにしたい願望がある

    685 :名無しさん@おーぷん
    中学の時、同じクラスに不良の男子がいた。

    一度、ちょっと友達と話して席を離れたすきに財布をカバンから盗まれたことがあって、
    それもその不良から「お前の財布たいした金入ってねーなww」とあとで言われた。
    先生に言ったが、「本人に訊いても、盗んでいないと言ってる」みたいな感じでウヤムヤに
    された。
    多くの生徒が絡まれたり、物盗まれたりしてて、不良仲間以外からはとにかく嫌われてた。

    「あのクソ氏ねや」と思ったのが天に通じたのか、在学中にその不良はバイク事故で氏んだ。
    速度超過で曲がろうとしてスリップして、それは見事なモミジおろしになったらしい。

    クラスみんなで葬式に行った。
    みんなニコニコしてた。一部の不良しか泣いてなかった。
    喪主だったお母さん(シンママ)が「今日はみんな、息子にお別れに来てくれてありがとうね」みたいなこと言ったら、
    数人がプーーッと噴き出してゲラゲラ笑った。
    来たくないけど、来てんだよww少しもご愁傷様なんて思ってないしwww
    お母さんは真っ赤になって目を抑えてうつむいてた。

    私もその噴き出した数人の一人だった。
    むしろ率先して一番に笑ったかもしれない。

    あの時のことを、自分も子供を持つ歳になってからよく思い出す。
    後悔はしてるが、もうどうしようもないし、誰にも言ってない。

    481 :名無しさん@おーぷん
    黒歴史書き逃げします。長文失礼します。

    小学生の頃から妄想をよくしていて、当時読んでいた漫画で気になるキャラがいれば、
    男性なら脳内彼氏にしたり、女性なら理想の女性像として崇めたりしていた。
    そのうち、ある漫画の男キャラをベースに自分の好きな性格やその他要素(職業:魔法使い、など)を詰め込んだ、
    自分の理想の男性像を作り出し、さらに妄想だけじゃ飽き足らずノートに物語を書くようになった。
    その時からイタいことをしてる自覚はなんとなくあったので、周囲には何も言わず表向きは普通に過ごしていた。
    ただ、告白された時は「(脳内彼氏だけど)好きな人がいるから付き合えない」って断ってた。

    中学を卒業しても、好みの変化に合わせて多少の設定変更はあったけど、脳内彼氏を妄想してノートに書き込んでた。
    高校入学のタイミングに合わせて携帯を買ってもらってから、ネットで色々なことができるようになりさらに妄想が悪化した。
    中でも一番のきっかけは、友達の勧めでモ◯ゲーに登録したこと。その時は、友達紹介でコインをゲット!みたいなものに協力するためだけに始めただけだったけど、
    小説が書けるシステムがあると発見してから、数年間書き溜めた妄想ストーリーをその都度訂正しながら投稿するのに利用するようになった。
    所詮高校生の自己満小説だったので、観覧数もレビューも少なかった。それでも、読んでいる人がいたので定期的に更新した。
    それが、ある日突然観覧数とレビューが劇的に増えていて、レビューを確認したらすごい勢いで荒らされていた。
    当時新作発表された女性向けのゲームに登場するキャラの一人が、作中で描写した脳内彼氏の見た目、性格、職業と一致、その他の要素もほぼ一緒で
    舞台設定は違うけどこれはパクリだ、盗作だと書き込まれていた。
    自分も馬鹿だったのでスルーができずに、小学生の頃から書いていたこと、ネットで投稿を始めた日付(1年近く更新してた)を見れば、発売予定の告知が出たばかりのゲームから盗作できるはずがないと、
    アカウントの日記機能に書き溜めてたノートの写真も載せて反論した。結果、余計に荒れた。
    最終的には収拾がつかなくなり、小説も削除、モ◯ゲーも退会した。
    退会した時は、自分は盗作してないのに、証明もできてたのに、と悔しくて仕方がなかった。

    でも、その出来事をきっかけに脳内彼氏の妄想もしなくなり、現実の男性に目を向けるようになった。
    あのまま妄想彼氏に取り憑かれて脳内彼氏が脳内旦那になったりしてたらと思うと怖い。
    荒療治だったけど結果オーライと思ってる。

    58 :名無しさん@おーぷん
    姪が生まれたら、その父親である兄がおかしくなった。
    姪が2歳くらいになった時からおかしくなり始めたと思う。
    1歳くらいまでは兄は姪にあまり興味を示さず、お風呂に入れる、抱っこ等はなんやかんや言い訳して避けてた。
    もともと子供嫌いだったし、まーそんなもんかと周囲は思っていた。
    でも姪がしゃべって動き出すようになったら急に父性が湧いたみたいで
    コロっと溺愛モードに切り替わった。
    もう目に入れても痛くないって感じ。それが半年くらい続いてから兄はおかしくなった。
    元カノが今どうしてるか気になる気になるって言い出して
    「復讐されたらどうしよう」とか「娘(姪)に不幸が行ったらどうしよう」って
    お寺や神社に通ったり、家にべたべたお札貼ったりし始めた。
    しまいに何かの宗教の集会に行こうとしてたのが発覚し、家族会議に発展した。
    兄、大学生の時元カノに中絶させたらしい。
    学生だし責任とれないし、シングルマザーになっても絶対認知しない!って言い張って
    強行に堕胎させ、その後すぐ別れたみたい。
    最近までなんとも思ってなくて忘れていたんだけど、姪に愛情が湧いてから
    「あの堕胎した子も産んでいればこんな可愛い子供になったんだ」
    と思うようになり罪悪感がやっと芽生えたと兄は語った。
    それ以来、何かしら償ってないと運命に復讐されて姪に不幸が降りかかる…という強迫観念で
    お寺や神社に通わずにいられなかったらしい。
    兄嫁さんはひたすら戸惑っていた。
    兄嫁両親は渋い顔。うちの両親もどうしていいかわからんって感じ。
    結局兄は精神科に通ってるんだけど、夫婦仲は微妙になり
    それを感じ取ってか姪も不安定。

    私は今年結婚予定なんだけど、兄に「お前に子供が生まれたらあの子の分も可愛がるからな」
    って言われてゾっとした。
    あの子ってやっぱり中絶した子のことだよね。その子に罪はないけどやめて欲しい。
    ていうかもし子供できたら兄と疎遠にしたいわ…

    282 :名無しさん@おーぷん
    子供の頃、家庭環境があまりよろしくなくていつも一人で食事をしていた。
    朝はカーテンを閉めた暗い汚い部屋で、立ったまま冷めて固いご飯をかっ込んで学校に行っていた。
    本やテレビで出てくる家庭料理に憧れていて、チラシの裏に『理想のご飯』の絵を描いていた。
    絵心が無さすぎたせいか、よく分からない物体に矢印を付けて解説が入っていた。
    「たきたてのご飯」、「とれたてのお野菜」、「焼きたてのお肉」、
    「つけたてのおつけもの」、「できたてのみそ汁」等々。
    出来立ての温かい手料理に飢えていたんだろうな。

    20年経った今、当時の私に教えてあげたい。
    親から逃げるように家を出て頼れる人はいないけど、自分で稼いでちゃんとした生活ができている。
    自分で料理を作って、栄養バランスの取れた温かい物を食べられる。
    朝はカーテンを開けて座ってご飯を食べられる。
    毎日お風呂に入られるし、清潔な服を着ている。
    仕事は忙しいけど、休みの日には遊びに行ったりも出来る。
    お菓子もケーキも好きな時に食べていい。
    家の中で自分に嫌な事をする人は誰もいない。
    ただ漬けたての漬け物は止めた方がいい。

    28 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/12/11(木) 20:13:50.28 ID:tIPNb9IC.net
    「サンタさんには何お願いしたの」
    って言う質問をされて、子供がくちごもってしまった。
    うちは、サンタさんがリクエストに答えてくれるわけではないので、どう答えていいか一瞬止まってしまった。
    (生まれたときから、子供は、両親、両祖父母、伯父からプレゼントをもらってる状態。
    両親、両祖父母にはリクエストできる状況。
    伯父はおもちゃ券をくれる。
    子供は、サンタさんは枕元にお菓子や小物をおいてくれると思ってる。)
    「おじいちゃんたちもくれるから、サンタさんは毎年お菓子をくれるの」
    って答えたけど、これで通じてるのか、とモヤモヤ。

    151 :名無しさん@おーぷん
    昔小学校高学年の時の給食の時の話。
    私は恥ずかしながらカレーはご飯とグチャグチャにしてから食べる物だと思っていた。
    低学年の時はみんなそうやって食べていた(と思う…)からそのままグチャグチャに
    したカレーを食べていた。
    でも、みんな高学年になるとテレビとか雑誌とかで見たり、親に教わったりしてカレー
    はグチャグチャにしないで食べる。カレーはご飯の量を少しずつカレーに混ぜながら食
    べるって学ぶんだろうね。これは言い訳だけど、私は当時テレビはアニメしか見ない。
    漫画しか読まない。親は共働きでじいちゃんとばあちゃんと夕飯を食べていたからまっ
    たく知らなかった。
    で、カレーが出た給食の時間。私はいつもどうりカレーをグチャグチャにしていた。
    それを見た男子が大声で「そんな汚ねー食べ方すんのかよwww」と言われた。
    『え?汚い?』と思い周りの人のカレーを見るとグチャグチャにして食べている人は誰
    もいない。私だけだ…と思った瞬間すごく自分が恥ずかしくなった。でも混ぜてしまっ
    たカレーは戻らない…。周りの人は私のグチャグチャカレーを見ている…。恥ずかしく
    て頭が真っ白になった。
    その私の様子を見ていたクラスで人気者のA君が大声で「みんな知らないの!?今の流行
    はこうやって混ぜて食べるんだぜー!」と自分のカレーをグチャグチャにして食べ始めた。
    クラスのみんなも「A君が言うなら…」とグチャグチャにして食べ始めた人もいた。
    A君のおかげでわたしのグチャグチャカレーはその給食の時間に目立つ事無く終わった。
    本当にA君に救われた。その後お礼もできずに終わってしまった事を後悔している。

    今私はアラサーだけどカレーを食べると毎回この出来事を思い出す。
    ありがとうA君

    965 :名無しさん@おーぷん
    娘が彼氏と一緒にタトゥーを入れるらしい
    何気なく夫に話したら大激怒
    私はあまり良い気はしないけど成人してるし自己責任でーと思ってる
    直接会ってでも止めるらしいけど何を言っても聞かない子だったじゃん

    744 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/03(月) 08:53:55.85 ID:ITyDT1/A.net
    短大を卒業して就職したばかりの娘に
    「高校時代LINEを禁止されたから」という、
    くだらない理由で縁を切られた。
    娘の中でLINE禁止されたから
    友達できなかったって思考みたい…。

    536 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 15:06:06.14 ID:DtxnBWHH.net
    うちの息子の漢字テストが70点台で、隣の席の女の子が100点だったらしい。
    それでその子に「ダッサ、バカじゃん!」など言われて泣いちゃった、と言ってた。
    これからもこういう事あるんだろうなと思う。意地悪言う子ってどういう思考回路してんだろ?

    455 :名無しさん@おーぷん
    毒かもしれないし普通なのかもしれない母と父の話
    父の話は、母から聞かされたものなので伝聞多いし、母目線入ってる。

    母は3人兄妹末っ子。東京生まれ東京育ち。
    美術短大。学生運動でちゃんとは卒業できなかったが、ともかく一流企業に受かって少しデザインもしていた。

    父は2人兄妹の長男。関西生まれ関西育ち。
    電子系の学校を卒業後、東京の母と同じ会社に就職した。
    二人は会社の部活で出会った。
    母は、父が部のリーダーシップ取ってる所が「頼りになって優しい」んで惹かれたんだ。
    父が母を気にいったのは、怪我したときずっと側にいたからかなって言ってた。

    母はぼんやり横浜あたりに家庭が持てたらいいな、なんて考えてた。
    だけど、父からプロポーズと共に「関西に戻る」「妹は障害を持ってる」と初めて聞いた。
    今まで考えたことなかった選択肢に、障害持ちの家族にヒビった。
    けど、ここで断ったら女が廃ると父と一緒になることを決めた。

    740 :名無しさん@おーぷん
    私(女)が小学5年生のときの話を少し。

    夏休みは、スタンプ目当てでよく学校のプールに行っていた。
    一応プールには監視員がいるじゃないですか。
    その監視員が、今思えば危険な男性だった。

    大学生のお兄さんで、アルバイトだった。
    子どもに何かあったらすぐ助けれるように、もちろん海パン。
    私は結構ヤンチャだったので、すぐに目をつけられた。
    けど叱られるとかじゃなく、主に遊んでもらってた(と当時は思ってた)。

    後ろから抱きつかれるのは行くたび毎回あった。
    そのとき下半身をお尻に押し付けられていた。
    その人がヘリを背にし、私が対面した状態で海パンを掴まされたたこともあった。
    けどどれも水の中だから他の人には分かりづらい。
    俺のお姫さま〜といつも言われていた。

    2回目だけど、私はまだ小学生。
    その遊びが何なのか、何を意味するものなのか、そのときはわからなかった。
    「お姫さま」と言われて、素直に嬉しかった。

    そのことを父母に話すと、今年はもうプールに行かないこと!と強く言われたのを覚えている。

    言いつけを守り、それ以上何事もなく夏が終わって秋になり、しばらく経った頃。
    小学校から家まで1.5kmくらい距離があり、毎日歩いて登下校していた。
    私の家の近くに同級生は住んでおらず、残り200mくらいはいつも1人で帰っていた。
    その日はたまたま妹(後出しですみません。小学1年生)と一緒に下校していた。

    家まであと100mくらいのところで、後ろから来た車が横に止まった。
    車通りが少ない道なので止まれた。
    運転席の窓が開き、顔を出したのはあのプールのお兄さんだった。
    「これ、読んで」
    と言われて封筒を手渡され、すぐに走り去ってしまった。
    妹は私のランドセルをぎゅっと掴んでいた。
    後から聞いたら、お姉ちゃんがどこかに行っちゃうかと思った、って。
    妹よ〜!

    家に帰り、夕ご飯のとき、父母妹の前で封筒を開けた。
    中にはテレホンカードが入っていて、紙には電話番号が書かれていた。
    父母の顔色が変わり、父はどこかに電話を、母は優しい顔に戻り、テレホンカードを預かっておくねと紙といっしょに持って行った。

    それ以降あのお兄さんを見かけることはなかった。
    もちろん電話もしなかった。

    今思えば、あの日下校時に妹が一緒にいなかったら、もしかしたら車に乗せられていたかもしれない。
    無理やりではないとしても、顔見知りだから乗っていたかも。
    テレホンカードということは、家の電話からではなく公衆電話からかけてということ。
    先のことをいろいろ考えてゾッとした。

    無知でバカな私を、家族みんなで守ってくれたお話しでした。

    247 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 21:49:15.58 ID:2JQE7aVd0.net
    今春から社会人の息子の大学の友達が某うまみ調味料の会社に就職するって話を聞いてるとき、
    「へ〜大学の割にはイマイチだね」って言ったら「本当にお母さんって何も知らないんだね」って言われてしまった
    自分が全然働いたことないから、今調べるまでうまみ調味料の会社が難関で大手で優良な人気企業だと知らなかった
    最近うまみ調味料を使うご家庭なんて減ってるだろうから落ち目だよなぁ…って思ったんだけど、物凄い勘違い?

    419 :名無しさん@おーぷん
    息子の幼稚園の卒園式があった。
    式自体は普通に終わったのだが、息子とお友達で写真を撮っていたら、
    乱暴で横暴で狂暴で嫌われ者のA子ちゃんが他の女の子たちを引き連れて寄ってきて、
    息子に「アタシ、アンタのこと嫌いだから」と言いだした。
    夫に似て素直で正直な(皮肉)息子は、生んだ私も今まで見たことのないくらいの笑顔で
    「嬉しいなぁ!ボクもだよ!」と即答。
    A子ちゃん、口を半開きにして愕然としたが、
    息子の側にいたお友達が「ボクも、A子のことが嫌いです!」と挙手して発言。
    以下「ボクだってA子のことが嫌い!」「A子をいちばん嫌いなのはオレだ!」と
    その辺にいた他所の男の子たちも口々にA子ちゃんを罵りはじめた。
    空気読んだのか本心なのか、A子ちゃんのうしろにいた女の子たちからも
    「わたしもA子ちゃん、嫌ーい」「わたしもわたしもー」と声が上がり始め、
    先生まで「A子ちゃん、大丈夫よ。仏様だけはA子ちゃんを見守っているわ」とトドメ。
    ※仏教系の幼稚園
    一度、親の顔も見たかったのだが、保護者が誰も来ていなかったA子ちゃんは、
    独りで泣きながら逃げ出した。

    その後、A子ちゃんがどうなったのかは関係がないので知らない。
    何がしたかったのかも不明だが、小学校は別なので気にしないことにする。

    976 :名無しさん@おーぷん
    この時期になると思い出す俺の息子の卒園式。
    息子が通ってた幼稚園では毎年、メモリアルムービーと題された入園したての時に撮った写真と卒園直前に撮られた園児一人一人の写真を並べて流される。
    成長した子供たちの姿を見て今年もこのシーンは大盛り上がり。
    他にも行事ごとの思い出のシーンが流されるんだけど、運動会のシーンでリレーのアンカーになった息子が映し出された。
    赤組のアンカーだった息子は半周近くリードを保った前走者からバトンを受け取って走り出す。
    白組のアンカーは負けを悟ってバトンを貰う前から泣いてる。
    次にもうすぐゴールテープを切るところまで走って来た息子が写し出される。
    司会をしていた先生も「赤組が優勝でーー」まで喋ったところで息子が走るのをやめた。
    保護者も先生もシーーーーン。
    そして逆走。
    次はなんだなんだとどよめきが起こる。
    息子は敵チームである白組のアンカーと手を繋ぐと、二人は手を繋ぎながら同時にゴールテープを切った。
    その場にいた全員の大歓声が聞こえたところからあまり記憶がない。
    運動会のことを思い出してまた泣いちまったから。
    そんな息子は来月から小学校四年生になる。
    年の離れた妹を可愛がってくれるいい兄ちゃんしてる。
    生まれたばかりの娘も可愛いが、俺は息子がいとおしくて仕方ない。
    俺にはもったいないくらいの自慢の息子。
    産まれてきてくれて、いい子に育ってくれてありがとな。
    お前がいてくれるから父ちゃん頑張れるんだぞ。

    このページのトップヘ