子供

    293: 名無しの心子知らず 2016/06/10(金) 14:11:12.56 ID:JWb3wQtM
    たまに公園で会う親子にモヤ 

    母親は若くてでき婚(聞いたので事実)、子供は2歳 
    砂場でもなんでも、ずっと喋ってて「お話が上手ね」って言ったら
    (ちょっとうるさいよって嫌味のつもりなのにw)

    24: 名無しさん@HOME 2016/06/10(金) 21:50:14.83 0
    兄が元兄嫁に問題があって離婚。 
    親権もとったけど、兄は心を病んで休職中。 

    1歳の子供は、母がメインで面倒を見てたけど 
    母の実母の状態が良くなくて実家に帰ることも多くなったから 
    この半年間、近くに住む従兄夫妻に育児を手伝ってもらってた。

    910 :鬼女日記 2016/09/17(土) 19:35:08 ID:OTzJW0hd.net
    5歳の息子が「人がタヒぬところが見たい」と言ったらしい。
    以前も「タヒぬことに興味がある」とか言い出してこれ以上なく叱ったんだけど、また言い出した。
    1回目は周囲で亡くなった人もいないし、5歳になったばかりだったからまだそんなものかな、と自分の気持ちを収めたけどもう無理。
    たった1ヶ月程度でまたタヒに関して面白がっている息子が恐怖対象になった。
    連休明けたら育児相談に連れて行く。
    育児相談で解決する問題なのかな?
    解決したとしても今後はどう対応したらいいんだろう。
    今までのように愛せる自信もない。
    私がしてきたことの何がいけなかったのか、どこで間違ったのか。
    さっきからそんなことばかり考えて何も手につかない。
    叱ったときはギャン泣きだった息子はケロっとした表情でご飯を食べている。
    何がいけなかったのか伝わっていそうもない。
    その姿を見ると余計に不安が膨らむ。

    260 :鬼女日記 2016/01/12(火) 22:50:54 ID:7cD
    スレチかもしれない上にかなり長くなってしまった!
    超長文なので苦手な人はスルーしてください。


    昔、とある小さな町に小さな中学校がありました。

    そこにAという男がいました。
    彼は小学校の頃から野球をしており、中学も野球部に入りました。

    そのAと同じ野球部に入部したBという男がいました。
    Bは小学校でAと同じチームで野球をしており、キャプテンを務めていました。
    Bの野球の実力は県内でも有名。
    それに加え、かなりのイケメンで忽ち学校内の女子の間で噂に。

    Bの他に、県内の他の地域からやって来たCとDも入部。
    彼らもまたイケメンで女子の間で人気となり、学校内ではイケメントリオと呼ばれていました。

    836 :鬼女日記 2017/10/09(月) 16:12:47 ID:5kt
    相談、と言っても悪い内容ではないんだけど。
    中学生の息子がスティーブン・キングの原書を持ってたから「英語の勉強?」と聞いたら「いや普通に読んでるだけ」って。
    英会話なんか習わせたことないし学校の授業しか受けてないはずなのにまさか!と思って追及してみたら独学で覚えたと。
    しかも英語の他にフランス語とドイツ語も読み書きスラスラできるらしい。話すのは無理だと言ってたけど。
    こんなことありえるの?
    息子自慢みたいで申し訳ないけど、もしかして天才?

    615 :鬼女日記 2014/10/16(木) 13:11:46 ID:1UQbEL6xI
    私は一卵性双生児の姉妹なんだけど、父が私達を見分けられないと知った時は修羅場だった。
    一卵性なので確かに妹とはそっくりだから初対面の人はもちろん、よく遊んでくれる伯父夫婦でも間違える程ではあったけど、母や両方の祖父母は「姉ちゃんと妹ちゃんの事が大好きだからちゃーんと分かるよ。」って百発百中で見分けてくれてたから、「もしかしてお父さんは私達の事が好きじゃないのかな…。だから間違うのかな…。」って悩んだw
    母達には相談出来なくて(そうだよ、お父さんは2人の事が好きじゃないんだよと言われるのが怖くて)、2人で仲良くストレス性胃炎になったのはいい思い出w
    胃炎で入院した時に悩んでるのを打ち明けたら父から間違えてごめんね、と謝られたよ。
    まぁ今思えば、父は仕事が忙しくて海外や国内を転々と飛び回ってたから伯父夫婦よりも私達と顔を合わす事が少なかったから仕方なかったんだけどねw
    娘達が身体を悪くする程傷付けてしまうなんてって、しばらく凹んでたなw
    この出来事以降は遠目でもちゃんと見分けられるようになったよ。

    963 :鬼女日記 2012/05/21(月) 09:11:23 0
    キャラ弁なるものが人間関係を破壊するほどの
    悪魔の魅力があるということを、最近知った。

    今年から長女を幼稚園の二年保育に通わせている。
    娘が同じクラスのAちゃんのお弁当がすごい、と言っていて、
    それがキャラ弁だった。
    Aちゃんママはキャラ弁をブログにアップしていると娘から聞いて、
    ある日、送りの時に一緒になったママさんにそのことを聞くと
    サササーと引かれてしまった。
    その時はそのまま別れたんだけど、お迎えの時にまたそのママさんと一緒になって
    普通に挨拶したら無視された。
    その日の夜、娘と仲良しの子のママから連絡がきた。

    昨年、Aママのキャラ弁ブログがきっかけで地元テレビに出演することになり、
    園の先生が気を使って、メール連絡網でそのことを流したらしい。
    Aちゃんもお友達にいろいろ話していたら、一部の保護者から
    「私的なことをメールで回すな」「テレビで園の事を話すとは何事か」
    「子供がうらやましがるからキャラ弁禁止しろ」と大騒ぎになったらしい。
    その騒ぎの中心が、私が声をかけた人だったってさorz
    電話をくれたママがとりなしてくれて、ちゃんと教えなくてごめんとも謝られたけど、
    キャラ弁にそんな威力があったとは本当に知らなかった。

    メール連絡網については、別の子がCMに出るとか、家族の人がテレビで取材されたとか
    そういうことは時々回ってくるし、
    園の事を話したというのも「市内の幼稚園」と紹介されただけらしいです。
    もともとAさんと声かけたママのソリが合わなかっただけなのかもしれません。

    65 :鬼女日記 2014/09/11(木) 22:58:05 ID:gYvt99EVy
    私の亡き父親が猛毒親だった。
    それについていた母も父より幾分かマイルドだが毒親だった。
    父は仕事で障害者になり、生活保護を受給しながら私は子供時代を過ごした。
    四人兄妹の末に生まれた私。
    小さい頃は何にも解ってなかった。
    大人になるにつれ、親の素行の悪さが目につく。
    兄貴達が学校卒業して就職すると、家に給料の半額ずつ入れさせた。
    その頃には父の障害がだいぶ改善され働けるようになってた。
    長男は工業高校卒業後就職。
    次男は定時制高校に行きながらコツコツ働く。
    三男は中卒で大工。
    私が厨房の頃はこんなだった。
    兄貴達から色々聞いたら、長男・次男の名義を借りて街金から金を借りてた。
    母はアホみたいにリボ払いで買い物をしてはローンを返す毎日。
    父は仕事で工具がいるからと湯水のように金を使って工具を買い漁る。
    次男が私に「オカンから名義貸せって言われても絶対に貸すな。この地獄は俺らだけで充分。」と言った。
    当時の親父や兄貴達の給料は合算しても結構な額だった。
    親父は月30~60万
    長男は約25万
    次男は約20万
    三男は約18万
    兄貴達のを半額ずつ貰っても充分生活やっていけて、貯蓄する位の金があった筈だったのに、うちには借金しかなかった。

    理由は両親ともパチンカスに成り下がったからだ。
    次男は大人しい性格だった。故に毎日のように父から言葉の暴力を受けていた。
    「お前の髪型が気に食わん。坊主にしろ。」
    「いっつもぼーっとして、人の話聞いてんのか」
    「お前は出来損ないの愚図だ」
    食事の席で毎回毎回そんな言葉を次男に浴びせていた。
    次男は黙って耐えている。
    一度、勇気を振り糸交って父に注意をした。
    「毎日クタクタになるまで仕事頑張って帰って来てるのに、ご飯くらい落ち着いて食べたいと思う。だから父さん、少し静かにしていてもらえませんか。」と。
    父は烈火の如く怒り出し、私に口撃の先をシフト。
    口汚く「女は黙って男の言う事をハイハイ聞いてればいい。」
    「横から口を挟みやがってこのバカが」
    「お前が庇うからこいつは成長せんのだ」
    「見てみろ、こいつは人の話なんか聞いてない」
    この時、生まれて初めて父に抵抗をした。
    「父さんの言い分もあるだろうけど、毎回毎回ご飯の時間帯に言う事じゃないでしょ。ご飯終わって一息ついた時にでも言える事を何でご飯の時を狙って言うのか。折角出されたご馳走でも叱られて食べてたら味もしないし美味しく感じれない」

    このページのトップヘ