鬼女日記 -鬼女・修羅場・キチママ系まとめ-

当ブログは主に既婚女性・男性板、 生活板、家庭板などから管理人が気になった話をまとめたサイトです。

    ロミオメール

    334 :鬼女日記 2010/07/14(水) 14:27:39 0
    ネトゲにはまって勝手に会社を辞めて「専業主夫になる」と言いだし
    いざ家事を任せたらネトゲに明け暮れて
    娘の世話以外はろくに家事しやしなかった元旦那から。
    多分貯金がなくなったからロミってきた。

    件名:シンデレラ姫
    本文:
    ガラスの靴をなくしてしまったシンデレラ。
    行き場もなく涙にくれるだけのシンデレラ。
    姫と王子は一緒にいなくちゃ幸せにはなれないよ。
    僕たちはもう一度、惹かれあい、出会う運命だよ。
    君のもとにあるガラスの靴。
    ガラスの靴も僕を恋しがって泣いてるんじゃないかな?
    ガラスの靴ももう7年…きっと綺麗に磨かれて、
    素晴らしく美しくなってるんだろうね。
    僕たちを取り持つガラスの靴は、僕たちの愛に
    きっと泣いて喜ぶだろう。
    シンデレラの足元にはガラスの靴、隣には王子様。
    美しい光景は、きっと僕たちを幸せにするよ。
    いつまでも待ってます。
    早く迎えに来てね、王子さま。

    お前がシンデレラかよ!
    あと離婚して4年なのになぜ7年?と思ったら娘が7歳だった。
    娘を靴扱いすんなよ…と思ったけど家事放棄してても娘の世話だけはしてたし
    毎年娘の誕生日にプリキュア送ってきてるから単に脳味噌足りないだけかも。

    541 :鬼女日記 2010/09/28(火) 20:05:46 O
    件名 今夜は少し遅くなる。
    本文
    11時をまわると思う。早く帰ってやれなくてごめんな。
    あと、もののついでにちょっと聞いてほしい。
    【縁】なんて、古い言い方に捕らわれたくはないんだけど。
    でも、やっぱり出会いには意味があると思う。

    出会えたって、こと。
    なにより素晴らしい、こと。

    魂っていうのかな、そういうものが、ひきあってさ。
    すれ違うこと。そんなことからしか、愚かな僕たちは気付けない。
    だから、すれ違えて良かったんだよ。
    愚かもいいもんだね。すれ違えて分かり合える。
    何度でも惹かれあう。そう、何度でも、何度でも。
    それが、縁、出会いなんだ。

    …少しはわかってもらえたかな?
    噛み砕いて言ったつもりなんだけど。

    まぁ、わからなかった箇所は帰ってからね。
    二人で新しく歩き出そう、な?






    昨日離婚したんですけどw
    あの家に私いませんけどw
    何時になろうが知らんわw

    109 :鬼女日記 2010/03/03(水) 23:36:35 0
    3年前に「お前とは結婚は考えられない、それでもいいならこのまま付き合い続けよう。
    でも、後で文句を言うなら今すぐ別れよう」と当時の彼に言われました。
    もちろん速攻でお別れ。
    そして現在、昨年暮れに付き合い始めた彼がいます。
    彼とは結婚の話も出ているし、年内にお互いの両親に紹介しようか・・・と打ち合わせ中に
    上記の元彼からロミオメール。

    「今になってお前という女の価値に気がついた。
     今すぐにでも迎えに行くよ。
     直ぐにでも一緒に暮らそう」

    元彼の家、お父さんが脳梗塞で倒れてから大変なことになっていると
    先月共通の友人から聞きました。
    ああそうですか、私の価値って介護奴隷としての価値ですね。
    なんか、限りなく人を馬鹿にした男です。

    466 :鬼女日記 2011/04/23(土) 17:03:11 0
    結婚直前で破談になった相手から来たロミオメール晒します。

    「常識やしきたり、
    そんなもので俺達は惑わされてしまった。
    規則やルールは破るためにある。
    そんな簡単なことに気がつかなかった俺を許してくれ。
    今夜俺はすべてをぶっちぎる。
    ついてきてくれ」

    502 :鬼女日記 2011/02/10(木) 13:17:45 0
    ごめん。
    びっくりさせて
    ホントごめん。
    でも嘘とかじゃないんだ。
    本当かって言われると
    ちょっと困るけど
    でもぜったい嘘とか
    言ってない。
    聞かれなかったから
    言わなかったけど
    あれば僕が本当に
    そうだったらいいなと
    思った真心だったんだ。
    事実とはちょっと違ったけど
    事実をちょっとアレンジしただけで
    本当にそうだったらいいなって
    本気で思ってた。
    本当にホントなんだ。

    109 :鬼女日記 2010/03/03(水) 23:36:35 0
    3年前に「お前とは結婚は考えられない、それでもいいならこのまま付き合い続けよう。
    でも、後で文句を言うなら今すぐ別れよう」と当時の彼に言われました。
    もちろん速攻でお別れ。
    そして現在、昨年暮れに付き合い始めた彼がいます。
    彼とは結婚の話も出ているし、年内にお互いの両親に紹介しようか・・・と打ち合わせ中に
    上記の元彼からロミオメール。

    「今になってお前という女の価値に気がついた。
     今すぐにでも迎えに行くよ。
     直ぐにでも一緒に暮らそう」

    元彼の家、お父さんが脳梗塞で倒れてから大変なことになっていると
    先月共通の友人から聞きました。
    ああそうですか、私の価値って介護奴隷としての価値ですね。
    なんか、限りなく人を馬鹿にした男です。

    433 :鬼女日記 2010/06/06(日) 00:58:56 O
    周りには愚痴れないので、投下。


    お久しぶりです。
    あの頃の貴方は若すぎて、何が本当の幸せかわからないまま、私のたった一言の過ちに惑わされ、二人の運命は複雑になってしまった。
    十年経って、ようやく貴方を奪った彼女に因果応報が巡りましたね。
    私なら貴方を幸せに出来るのです。いまなら私を選ぶべきとわかるはずです。

    いまなら別れを告げても貴方を責める人間はいません。(差別用語等、彼女を蔑む言葉なので後略)

    415 :鬼女日記 2019/01/05(土) 09:47:07 0.net
    1ヶ月くらい前に別れた元旦那から来たLINE。

    年明ける前
    1通目
    久しぶり!
    旅行の手配どーなってる?

    2通目
    え?無視?
    俺の両親楽しみにしてるしパスポート取ったんだけど…
    来年は妹達も連れて行きたいね!

    3通目
    明日からの予定だったよね?
    この旅行次第では離婚取り消してもいいんだよ?
    チャンスだよね?

    返信
    離婚してまだ1ヶ月ですが早速養育費の支払いは無視ですか?

    4通目
    養育費より旅行は?
    俺の両親楽しみにしてるんだけど?
    自分にとって都合の悪いことを無視するのはお前の悪い癖だな。

    5通目
    このままだとよりは戻す気になれんよ。
    よりを戻したいのなら貴方が母親にしたように俺の両親にもきちんと親孝行して。

    306 :鬼女日記 2010/02/22(月) 19:28:10 0
    昔話なんだけど。

    結婚して毎月2,3回は儀実家参りだった。車で3時間の距離。
    行けばウトメも夫も満足で疲れて嫌なのは私だけ。
    そんな生活が3年続いて、私の父が癌になった。
    父の看病、見舞いに行きたいと言う私と、義実家に行かなきゃウトメががっかりするだろと言う夫で大バトル。
    ある日夫が夕食のときに緑の紙(記入済み)をペローンと出してきたよ。
    「お前さ、俺の言うこと聞けないんだったらもう離婚な」って、ニヤニヤしながら言われた。
    私、呆然。何もいえなかった。

    次の日離婚届出して会社の有給とって荷物まとめて実家に帰った。
    父の病室で「離婚した」っていったら父呆然。
    「お父さん、離婚した娘が心配だよね?心配ならタヒぬ気で癌に勝て!」と母が激を飛ばしてた。

    で、離婚届は脅しだったらしく元夫はロミオったりふぁびょったりしてた。
    共通の友人で法学部卒(だが会社員)に相談を持ちかけて、
    「脅しのつもりだったって・・・そんなの裁判しても勝てるわけないでしょ?」と言われて撃沈。
    離婚無効の裁判を起こしたかったらしい。

    元夫からは今でもたまにロミオレターが来る。受け取り拒否と朱書きして返してる。
    なんか離婚の顛末を会社で愚痴ったら「嫁の親が癌なのに見捨てる冷血漢!」と総スカンくらって
    居辛くなって退職して、今はフリーターらしい。
    で、余命3ヶ月とか言われた父はなぜか持ち直し5年たった今でも元気www
    今は出戻り娘がまた出て行くまで心配でタヒねないってさ。

    574 :鬼女日記 2013/09/22(日) 05:36:25 0
    今届きたてほやほや。

    文中のロミオ=ロミオの名前、○○=私の名前

    件名:無題

    (ロミオ)「胸が…、キミへの想いではちきれそうで!
    こんなにも苦しくて…、こんなにも切なくて…、
    こんなにもキミのことが愛おしいのに
    僕はキミに触れることさえも許されないんだ…。」
    (○○)「ロミオ…。」

    (中略)

    相当ひどい顔をしていたのだろう。
    ロミオは私の顔を見ると、優しく声を洩らした。
    (ロミオ)「…大丈夫だよ。……大丈夫。」
    自分に言い聞かせるかのように紡がれた言葉は、どこか寂しさを孕んでいて。
    それなのに胸の中にスッと入ってくる優しさにほっとしてしまう自分がすごく嫌だった。

    ↑メール本文ここまで

    このページのトップヘ