843 :鬼女日記 2015/03/27(金) 15:29:15 ID:fe5
    朝ドラの録画観てたら、母のタヒに際を思い出した。
    40代でガンになって2年ぐらいで他界した。
    いつも父を尻に敷くような、頭の回転早くて気丈な母だったけど、
    最期は「タヒぬのが怖い、一人にしないで」とすすり泣いて、家族に交代で付き添われながら、
    眠ったり起きたりの時間を繰り返してた。

    父親はずっと母の肩を叩いて子守唄を歌って、母は気持ち良さそうに目を閉じて亡くなった。

    父には孫2人見せたけど、そういえば子守唄は歌ってくれなかった。
    散々何日も母に歌ったから、もうお腹いっぱいなんだろうか。

    69:名無しさん@HOME2017/09/20(水) 15:09:23.89 0.net
    うちは実父がDV野郎で、殴られても耐えてる母が可哀想だった
    私が何度も離婚してと頼んでも耐えてるだけだった母が
    職場の上司(女忄生)が動いてくれて離婚したのが私が小学5年の時


    ようやく平和な日が来る、これから私と弟が母を守らなきゃ!と思ってたのに
    離婚後半年もたたないうちに男を連れてきて「今日からあんたたちのお父さんよ」
    これに怒った女忄生上司ににらまれて居づらくなって会社を辞めて
    その後母は再婚妊娠出産
    育児は放棄気味で新しい男と出掛けてばかり、私と弟で赤ん坊(妹)の面倒を見た
    見かねたご近所さんが児相に連絡してくれたら
    新しい男が私だけ残して2人は施設に預けると言いだした
    これは犯されるか杀殳されるかのどちらかだと思って実父の所に逃げた
    それから25年
    母がタヒんだと今朝連絡が来た
    顔を見に行くべきか行かざるべきかそれが問題だ

    339 :鬼女日記 2018/04/05(木) 21:45:17 ID:PvF/k8yB.net
    取り敢えず吐き出したい。

    両親の介護をして十年。
    去年父が他界して今は母のみ。
    その母に乳癌が見つかり、昨日手術して切除した。
    今日、様子を見に行ったら丁度下の交換に行き当たり、すぐ終わりそうだったので窓の外を見ながら終わるのを待った。
    するとどんなやり取りでそうなったのかはよく知らないが、「この子は風呂の介護や下の世話はイヤがるんですよね~」と吐かす。
    ……………腹具合がおかしくて、トイレまで点々と続く落し物の処理をしてたのは誰でしたっけ?
    間に合わなくて風呂場で洗ってやったの誰でしたっけ?
    パンツの染みを綺麗に落として洗濯しているのは誰ですかね?
    親のそんな姿が、しかもWでインターバルなしで十年間。見続けてきたその苦痛がお前には分からんのかと。
    汚い気持ち悪いなぞとっくに超越しとるわ。
    そういう失敗で落ち込まないように気を使い続けてきたわ。
    此の期に及んで他所様の前で、よくそういう事を言ってくれたと。

    もうボロボロで自分の人生を立て直す気にもなれないよ。
    お前のことなんざどうでもいいからタヒんじまったら楽になるかしらねえお互いに。

    35 :鬼女日記 2018/01/04(木) 11:23:03 ID:HnX
    私の実家は自営。父はワンマン糞親父。暴言と鉄拳で我が家を支配していた。
    家族構成は父・母・長兄(県外で就職)・次兄(父の会社に就職)・私(県外)・弟(父の会社)
    一昨年、母が病気をした。
    そしたら父が母に離婚を宣言した。
    使えない奴はイラン、俺の金を医療費なんかに使わせないが理由。もともと経済DVのひどい父だった。
    それを知って長兄が激怒。
    さっさと母を引き取って自分の住む町の病院に入院させ、離婚に強い弁護士を探して雇った。
    父にしたら、家族が自分にはむかうなんて青天の霹靂だったようだ。
    父は最初「あいつらごときに何ができる」と強気だったが
    DV、暴言、経済DVの証拠が揃っていて、弁護士に恫喝が効かないと気づきやっとオタつきはじめた。
    父が弁護士に対応している間に、次兄と弟が会社を立ち上げ
    従業員の3/4を引き連れて独立。
    今までは母を人質に取られてるようなもんだったけど、母が兄に保護されたのであっさり独立した。
    父はストレスで血圧が急上昇し、ぶっ倒れた。
    病院に搬送されて検査したら、動脈瘤だの肝硬変だの病気のデパート状態だった。
    母に看病しに来いと電話したけど、母の携帯は解約されていて、
    兄に電話したら「俺の金と労力はおまえの医療なんかに使わせない」と切られた。

    まだ離婚は成立していないけど、慰謝料の話がついたら判を押すだけって状態。
    会社は倒産寸前というか最早会社として機能してない。
    取引先も八割強次兄と弟の会社に取られた。
    父はまだなんで自分が今一人なのか理解できていなくて、全部「家族が恩知らずだから」と思ってる。
    自分のどこに非があったのか素で全然わからないらしい。
    あんなに絶対強者として君臨していた父が、今は汚部屋で背中丸めてブツブツ言うだけの老人と化している。
    兄弟の中で一番性格が悪い私は、父の惨めさを確認したいがために
    たまに父の様子を見に行っている。
    別に何もしてやらない。ただ見に行くだけ。
    父はいよいよとなったら私が引き取ると思ってるようだけど、そんなわけない。
    たった2年足らずで全部ひっくり返ったことが、必然なんだけど
    父にしてみたら衝撃だっただろう

    630 :鬼女日記 2015/09/21(月) 14:30:12 ID:???
    自分語りをダラダラ書いていく。

    先日遅めの夏休みをとったのだが、旦那仕事で娘は学校。折角なので墓参りついでに長距離ドライブを一人で楽しむことにした。
    幼い頃はとにかく三半規管が貧弱で、車に乗れば5分後には車酔い。常に酔い止め薬必須だった。窓から緑を見るとか、視点を動かさずに前だけを見るとか、乗り物酔いに効果あると言われるものは必ず試したが、治らなかった。
    中学の修学旅行がバス移動で、楽しむことよりも酔って迷惑をかけてしまった思い出を一番鮮明に覚えている。

    高校生になり、恐怖のバス遠足があった。酔い止めもしっかり飲んだが、結局帰りのバスで酔ってしまった。
    田舎通りで簡単にバスを停めれるような場所がない。
    吐かないように目を閉じて、ひたすら眠る事に集中した。
    込み上げる吐気との戦いのなか、何気なく試みた息を止める行為が意外に酔いを和らげる効果があった。(個人差あります)
    以来、乗り物酔いしたら息を止めるを繰り返していくうちに、いつの間にか酔わなくなった。

    乗り物酔いが治って、絶望的と思っていた車の免許を取得した時、父に車を貸してくれるよう頼んだ。
    父は免許取得を反対しており、車を貸し出す時にも「タイヤ交換できるようになれば貸す」と条件を出してきた。
    父の頭の中では、私が山奥でタイヤがパンクして遭難するという物語ができあがっていた。
    最終的に、整備士の兄からレクチャーを受けて交換できるようになったが、それでも渋々貸し出す感じだった。

    後に母から、父が「娘とドライブデート」をしたかった事を聞いた。確かに小さい頃は酔うので車を極端に嫌がり、治るとすぐに免許を取ってしまったため、父と二人でドライブに行くことが余りなかったと後悔している。

    父の墓前に手を合わせ、ふと思い出したので書き込んでみた。

    長文駄文失礼致しました。

    188 :鬼女日記 2015/02/10(火) 14:25:14 ID:EjN
    皆様に比べたらたいしたことないのですが…
    子どもながらに、恐怖を感じた出来事です。

    中学生の頃、母の送り迎えで塾に通っていました。
    ある日の帰り、22時頃。
    母の車で帰宅中、母が突然いつもと違う方向にハンドルを切り、どんどん車を走らせ始めました。
    私は驚きましたが、コンビニでも寄るのかな?と思い、
    「どうしたの?どこか行くの?」
    と聞くと母は顔をこちらに向けず、
    「海。」
    とだけ言いました。
    海は私の住んでいる地域からは程遠く、一番近くても1時間以上かかります。
    いつでもニコニコしていた母は無表情で、私はそれ以上なにも聞けず、背中がひやりとするのを感じました。
    瞬間的に、なぜか、「私はタヒぬのかもしれない。」と思いました。

    黙ったまま、母の横顔を見ていました。
    すると母がパッとこちらを向き、
    「なんちゃって!」
    と言いました。
    明るくて可愛い、いつもの母の顔でした。
    「ちょっと遠回りしてみただけ~!」
    そう言って笑い、家に向かって走り始めました。

    結局無事に帰宅しましたが、その日のことはなんとなく母には聞けず、10年以上経った今も特に触れていません。
    (中学生の目から見て、ですが)家族の仲はとてもよく、母の仕事も順調そうでしたが、きっと何かあったのでしょう。
    母が何を思ってあそこでハンドルを切ったのか、今もわからないままです。

    1 :鬼女日記 2017/10/13(金) 18:22:36 ID:3qn
    離婚するらしくて弁護士雇ったって
    親父の行動力の早さどないなってんねん

    42 :鬼女日記 2015/06/05(金) 20:57:15 ID:y2l
    両親が熟年離婚寸前で揉めていて修羅場。

    うちの両親は、末弟が大学卒業したら離婚すると12年前から決まっていた。
    間に弁護士通して、行政書士に書類も作ってもらって完全に決まっていた。
    親父は中小企業の営業。おかん県職員。
    どっちもまあまあ高給取り。

    夫婦仲に亀裂が入った原因は叔母。親父の妹。
    この人が曲者で、親父が甘いのを知ってて我が家に入りびたりだった。
    金借りて踏み倒したり、おかん所有の金目の物を盗んだり
    おれら兄弟の部屋からおもちゃやカードやゲームを従兄のため盗む等々、無茶をやってくれた。
    おかんとおれらが怒っても親父は叔母をかばい
    最終的にみんな親父を見はなした。

    166 :鬼女日記 2016/10/25(火) 01:42:54 ID:Q8H
    昔、これから大雨が来るかもということで学校から早めに帰宅したことがあった。
    家に帰り、リビングに入ろうとすると、ドアのすりガラスの向こうで、人影が二つ、変な動きをしていた。
    さらにそこから母の苦しそうな声が聞こえる。

    当時小学3年生、暇なときには「授業中に悪い人が入ってきたら…」の妄想をしていた私は、
    足音を忍ばせて、庭のホースを持って静かにリビング前に戻った。
    そして一気にドアを開け、「はなれろおおおお」と叫びながら放水。
    ちなみにこの時、ホースのヘッドで一番勢いの強いものを選んでて、水源は最大開放。
    ものすごい勢いの水で、母からもうひとつの人影を引き離すことに成功した。
    私は心の中で、「今の私…すごくかっこいい!!!」と自分に酔いしれていた。

    結論から言うと、私が撃退したのは父だった。
    父からは「家に変な人がいると思ったら撃退する前に警察に電話しなさい」と怒られ、
    母からは「助けようとしてくれたのは嬉しいけど、部屋水浸し…」と言われた。
    その後父の体にはあざが出来始めるし、一番放水の被害が激しかったソファは粗大ゴミとなった。
    こうして私は「何事も行動する前に、どういう結果になるか考える」ことを学んだ。

    でも今思うと両親は…うん、当時の私が気づかなくてよかった。

    767 :鬼女日記 2015/01/21(水) 20:57:58 ID:fcG
    俺が去年結婚したら母が豹変した。
    ちょっと前までごく普通のやさしい母親だったのに
    正月に嫁連れて帰省するって電話したら
    「ホテルとって、うちには泊まらないで」。
    嫁が嫌いなのか?と言うとそうじゃないと言う
    じゃあなんでだよ?実家に帰ることのなにがおかしいんだと言うと
    「歳だし体がしんどい」
    「客が来ると料理だの布団だの用意しなきゃいけないのがイヤ」とごねる。
    要するに嫁が嫌いなんだろ?ハッキリ言えと問い詰めたら
    「しつこい!おまえみたいなのにグダグダ言われるからイヤなんだ!
    来るなと言ったら来るな!!!」
    と逆ギレ・ガチャ切りされた。
    もう呆然だよ。
    気が狂ったのかと思った。
    俺が結婚したのが気に食わないのか、嫁が嫌いなのか、更年期なのか…
    ムカついたんで結局帰省はナシにした。
    嫁には正直に「ババアに来るなって言われたからイカネ」と報告。
    案の定嫁に嫌われたようだが知らん。
    向こうから謝罪もないし、俺も機嫌とってやる気はない。
    このまま縁切りかもな。

    このページのトップヘ