450 :鬼女日記 2017/09/07(木) 11:51:09 ID:sHo
    長いけど失礼。

    この間父の誕生日に靴を買ってあげた。
    どうせ毎日履くようではなく、旅行用とか外出用のものなのでおしゃれなお高めのものを。
    ちょっと金額は1万超えして奮発したけれども、本人も喜んでくれたので問題ないんだけど、その話を聞いた母がいちいちと口うるさい。

    「お父さんにそんな高いものを買って!そんなの高いの必要ない!金の無駄!」

    ……ってな感じ。
    プレゼントなんて当人同士が納得していれば、いくらだって良いじゃんって思うんだけど。
    それが何十万とかなら文句を言うのも分かるが、社会人同士で別に1万くらいのやり取り良いでしょ……って思ってしまいます。
    やっぱり互いに良い気分で終わってる所に水を差されるのが面白くなくて、私もついつい強めの言葉で言い返してしまいます……。
    ちょっと「なんでそんなこと、一々お母さんに文句を言われないといけないの?」言い返せば、「そんなつもりで言ったんじゃなかった」「なんでそういう言い方するんだ」とヒートアップする。
    結果として、どうしても自分が悪者になりたくないから「違う、お母さんはお前の財布事情を心配してー」とか「お前が可哀想だと思って……」言うけど、絶対違う。
    基本的に父に良いことをするのが面白くないんだと思う。

    プレゼントで差別したくないから、高めのプレゼントをしたって、「ありがとう」より先に悪態しか出ないような人だから、段々プレゼントする気がなくなって「今年も花で良いかー」ってなってしまう。
    確かに金額で差が出てしまうのも悪いけど、差別したいわけじゃないんだよ。
    でも喜んでくれない人よりも、プレゼントをあげると「俺はこんなに良い娘に恵まれて幸せだ」って言ってくれる父を優遇してしまう。
    それが面白くなくて文句、こちらも良い気がしなくて、父を優遇……の負の連鎖。

    そういうところが悪いから、対応に差が出るんだよって言っても「そんなこと言ってない!」の繰り返し。
    少しは自分の立場に置き換えて物事を喋らないのだろうか……。
    自分の親ながら神経が分からん。

    145 :鬼女日記 2018/03/25(日) 15:51:09 ID:rxVu8mcZ.net
    愚痴です

    仕事のため中古一軒家を購入してから10年
    和室以外はすべて仕事場や資料収納に使っている
    仕事はヒマな時はヒマだけど、忙しい時は本当に寝る間もないという状態

    親がやたら遊びに来たがって本当に困っている
    単に来るだけならいいけど、「ここにソファを置いた方がいい」「ここにカーペットがあった方がいい」
    「食器はもっとある方がいい」とものをやたら置きたがる(私は家具は置きたくない派)
    いらない、というのをもう30回くらい言い続けているが、来るたび言うので鬱陶しい

    また、忙しい時に来ようとするのへ「今忙しいから無理」といっても、単に来てほしくないから
    忙しいと言っていると思い込んでいるようで、「ごはん作ってあげるから」「掃除してあげるから」
    「片付けてあげるから」と世話を焼きたがる
    そうじゃなくて本当に忙しくて相手してられないんだよ
    勝手に掃除はじめて、人の仕事場にも平気で入ってくるから迷惑

    強引にやってきて、こちらが部屋から出もせず、「ごはん勝手に食べて」「こっちかまえないから」と
    言えば「ごはんは皆でそろって食べるのが常識」「いつまで起きてるの。早く寝なさい」とやたら
    管理したがるし、ちょっとコンビニ行こうとするのさえ「一緒に行く」とついてくる

    いい加減子離れしてくれ
    本気で鬱陶しい

    270 :鬼女日記 2016/11/05(土) 21:11:09 ID:Z3p
    私の父は家事育児は母親がやるもの!父親は金を稼いでさえいれば育児に参加したことになると思っている奴だった。
    母はそんな父の意見に飲み込まれている超絶エネミーで、双子である私と兄の育児に追われ、
    父と全く同じ考えである義父母(私の祖父母)に自宅凸されいびられ、身体を壊したりもした。
    私と兄が8歳のとき、父が突然私と兄をどこかに養子に出すと言い出した。理由は私と兄が父に懐かないから。
    育児に手を出さず、祖父母をけしかけていびりに参加してた父に懐くはずはないw
    関わってこない分、叱られるとか厳しく当たられるとかなかったから、兄の方は父をなめきってたよ。

    124 :鬼女日記 2016/03/30(水) 18:02:28 ID:kA4
    昔から2歳上の姉が大嫌いだった。
    私や弟は両親によく似てたけど、姉は全く似てない。
    鼻がペチャっと丸くて耳が変で猫背で、いつもちょこまか動いたり変な事喋ったりして
    落ち着きもなくて勉強もさっぱりで、弟や妹の面倒も見ないし、まるで好きになれなかった。
    両親とも姉を疎んじてたし、私もそれに乗っかって疎んでた。

    大人になってから、両親が出来婚で、それを許さなかった両家祖父母が両親を責め立て、精神をやられた母が
    姉を産むまで、産んだ後もしばらく酒浸りだったことを母の口から聞いた。

    自分が妊娠してから色んな育児の本を読んで、胎児性アルコール障害のことを知った。

    色々後悔してるけど、もう何も出来ない。
    姉は若いうちに他界してる。母ももう軽い痴呆が始まってる。

    お酒は怖いんだよね。妊娠前の飲酒歴だって胎児に無縁ではないんだよ。
    父親の飲酒歴だって胎児に無縁ではないんだよ。
    飲み会やろう、飲み会あるから来いよ、って気軽に言う人達は一応知ってほしい。

    昔の自分をタコ殴りにしたい。
    姉に謝りたい。でもタイムマシンはない。






    284 :鬼女日記 2013/12/29(日) 00:39:02 0
    あまりにも仕事が忙しく、1日23時間勤務の17連勤目で肉体的にも精神的にもボロボロだった時に母からの父危篤の連絡にイライラしてたせいで
    くだらんことで電話してくんな!しんでからでええやろが!アホか!タヒんだら欠けてこいボケ!
    って返した時が修羅場だった。
    結局、3日後にタヒんだらしい。
    別に毒親やってわけどもない普通の父親だったし、恨みも何もなかったけど当時はいろいろおかしくなってたせいでひどいことをしたとは思う。

    754 :鬼女日記 2016/01/31(日) 14:41:12 ID:JU4
    うちの父親は浮気性で借金はするはモラハラだわ口は悪いわ
    意地も悪く食い意地もはっててどうしようもないオッサンだった。
    こんなオッサンに持ちかけられてホイホイ付いてくる女なんてよっぽと同年代に相手にされないデブやブスとか問題児だと思ってた。

    年をとっても変わらずでうちら姉妹は男嫌いが加速した。
    ある日私が事故をして偶然電話かかってきた父に事故にあったと話したら飛んできた。
    んでもって被害者の方に私以上に謝ってくれてさらには「××ちゃんは怪我はない?病院は必ずいくんだよ?」みたいな感じですごく落ち着いた話し方で優しくて普段は怒号か
    キンキン声しか聞いたことがないからビックリした。
    もちろんちゃん付けなんて呼ばれてない。
    まぁ、うちにかえったら小突かれて「俺に手間かけさせんなパーヤー!」でいつものジジイだったけど。
    なんとなくひっかかる女の気持ちが分かったよ。

    まぁ二ヶ月後に被害者の女とジジイは不倫してババアに慰謝料請求されてたけど

    815 :鬼女日記 2016/07/12(火) 09:49:02 ID:u08
    修羅場ってわけじゃないかもしれないけれど。もう何年も前の話。

    私が中学生の頃に父が浮気した。
    浮気バレの発端はポストに入ってた手紙。幼児~小学生低学年ぐらいの絵で3人の人が描いてあって、それぞれに「○○(うちの名字)さん」「××(浮気相手の子供の名前)」「お母さん」と書いてあった。
    その時は疑問に思いつつも母や私達兄弟もさほど気にしてはいなかった。私が知らなかっただけで父には話してたのかもしれないけれど。

    本格的にバレたのはそれから数ヵ月後。その頃は祖母(父の実母)がタヒんで一年経つか経たないかだったからか、父が祖母の実家に泊りがけで掃除したり管理したりが多かった。
    私は部活で帰りが夕方というのもあり、何故本格的にバレたのかはわからないのだけれど、ある日、兄(当時大学生)や弟(当時小学校低学年)ではなく、私だけ唐突に母から呼び出された。

    居間に向かってみると父が床に正座、母仁王立ち。そして開口一番「お父さん浮気してたんだよ!」
    どうやら祖母の家に行くと言いながら浮気相手とランデブーしてたらしい。
    その後何事かと部屋を出てきた兄にも説明し、黙り込む父とふじこふじこしながら家を飛び出す母。泣き出す弟と私、呆然とする兄を置いて母の後を追いかける父。

    兄になだめられながら一、二時間ほど。半泣きの母を連れて父帰宅。とりあえず2人に触れないように兄弟そろって部屋に戻り、適当に風呂を済ませてその日は終了。
    結局離婚って話には成らなかったから良かったんだけど暫く母の家飛び出しグセがつくようになった。大抵その日のうちに帰ってきてたんだけどね。あと今では落ち着いてます

    664 :鬼女日記 2008/09/07(日) 18:52:58 ID:Tqd+qzbh
    数年前TV局が家に来て「行き別れのお母さんが捜してます」とか言ってきた。
    生き別れ違うww捨てられたのwww
    男作って3回家出して、3回目で帰ってこなかったのwwww
    その後親父に施設に入れられてたんだよwww
    暴力は振るうわ、家事は全くやらないわ、近所中の笑い物だわ、
    暗黙の了解で家が綺麗になってる=男が来る、だから夜中まで家に入れないわで
    (親父は長距離運転手)
    結局妹と二人で親父の姉の家で大事に大事に育ててもらってきたって話。
    飯は食える、家は綺麗、風呂には入れる、清潔な服も着れる、
    子供のいなかった姉夫婦のとこで生活させてもらって事なきを得た感じ。
    「誰も知らない」なんて人事じゃ無かったし、マジで。
    でもTVの人「お母さんはあなたたちの事忘れた事はありませんでしたよ」とか
    何かお前ホント必タヒだなwww
    「せめて妹さんだけでも」とか言ってきたけど、当たり前だけど妹も拒否。
    ネチネチ説得されて、しかもそれ大嘘だし、何とか帰ってもらったわけさ。
    で、どんな美しい話が待ってるのかと思ったら
    「夫との不仲と暴力、姑(俺らが生まれる前にタヒ亡)のいびりに耐え、
    身を粉にして働き、借金を返す日々、
    でも子供寝顔を見ると、何でも頑張れました。
    ある日、祖母が子供を置いて出て行けと言い、子供と一緒に逃げようとしたが阻止され
    泣く泣く一人で家を出た。再婚したが離婚、子供に会いたい」
    「お子さんたちは今親類に預けられ、育ての親の気持ちも考え、今回は会えないと言われました」
    ババァ号泣w素人、しかも探す気なんてろくに無かった俺ですら
    近所の人の話だけでお前の居場所分かったよ。探す気無かっただろ。
    で、最近生活保護申請したらしく、その前にお前が援助しろって役所から手紙来た。
    しwwるwwかwwwww
    相変わらず直接言ってくるだけの度胸は無いんだなw

    881 :鬼女日記 2018/02/02(金) 16:57:49 ID:urc
    母がタヒんだことを感謝してることだな
    過保護と言うか、身支度や学校の課題やら何一つ私にやらせてくれなかった
    いつも焦ってるような顔して、紙粘土工作の課題やっても、
    お母さんやるから、あんた不器用だからで取り上げられた
    不器用でも無様でも自分でやりたかった

    成人する前に母は病気で他界した
    タヒんだ時はしばらく辛かったけど、今となっては、
    あの時タヒんでくれて良かったなあとすごい思ってる

    タヒんでなかったら、今ごろ実家住まいの引きこもりニートだと思う

    171 :鬼女日記 2017/10/10(火) 12:05:50 ID:jEe
    「DQNが高速で路上に車止めさせて難癖つけて一家の両親が事故タヒ」
    ってネットの話題を見て思い出した修羅場

    かなり昔似たような事件がうちにもあった。
    大阪へ高速で一家旅行へ行った帰り、
    割り込まれてクラクション鳴らしたら相手のDQN車
    (車高が低くてファーをいっぱい敷き詰めてる典型的なの)の気に障ったらしく、
    こっちの前に出て蛇行したりして煽る煽る

    父もかなりイライラしだして、母が横にいて私と弟が後ろに乗ってるのに
    「あのガキが」「杀殳す」と物騒な言葉を連発

    顔つきも最初は真っ赤になって激怒してたのに、途中から血の気が引いて無表情になってた
    そのうちDQN車がスピード出して遠ざかっていつたと思ったら、いきなりブレーキかけて急停止
    父はブレーキかけつつギリギリでハンドル切ってなんとか難を逃れた
    止まった車の中から相手の方を見ると、ニヤニヤしながら小走りでこっちにかけてくる
    難癖つけて何かする気なのは見ててすぐにわかった

    当時うちの父は、
    「事故で車内に閉じ込められた時のため」と言ってダッシュボードにハンマーを常備して
    何かあったらこれで窓を壊して外へ出ろと事有る毎に家族に教育してた
    互いに停車すると父は、相手がこっちに向かってくるのを確認もしないでハンマーを持って車外に飛び出し
    そのままDQNへ向かっていってハンマーで思い切り殴りつけてしまった

    私たちは車内にいたから詳しいことはわからないけど、DQNは地面に倒れたまま動かなくなって
    父は向こうの車内にいたDQNの彼女を呼び出し、
    そのままDQN車の後部座席にDQNを積み込ませて彼女が運転して一気に走り去ってしまった

    その後警察が来ることもなく事件は終わったけど、
    一歩間違えたら杀殳人事件か大交通事故になってたと後に気付いて修羅場

    でも当時は
    「父の機嫌が直ってよかった」としか思ってなかった

    このページのトップヘ