知人

    603 :鬼女日記 2004/06/29(火) 04:13:00 ID:IEaqP322
    俺が生まれた時から家の隣がアパートなんだけど、
    どっちも木造の古い建物で家との隙間が少ししかないから、いろんな生活音が聞こえる。
    んである時の夜、隣からテレビの音量がでかかった。
    番組はNHKらしい。もう寝てると内容が分かるくらい音が大きい。
    うるさいけど隣のその部屋は身寄りのないおじいさんだから、耳が遠くなったんだろうなと思っていた。
    その日は我慢して次の日の夜になった。
    相変わらず音がでかい。
    NHKのあの独特のアナウンサーの声というか、低音が響いてる。
    なんでこんなにうるさいんだろ?俺は家の壁を聞き耳を立てていた。
    番組は若者向きの音楽になってもチャンネルを変えない事に気づいた。
    おじちゃんがそんな番組見るのだろうか?
    なんかいやな胸騒ぎがしたんだけど、隣のアパートとは交流も無いし転寝をしているのかもと思って黙っていた。
    そして日曜日の朝になった。誰かが訪ねてきた。
    新聞配達人だ。
    おかんの話によるとなんでも新聞が3日分も郵便受けに溜まっていて、
    配達人が不信に思いアパートの住人に訪ねたんだけど、誰も出てこなくそれで俺の家に来たということらしい。
    それで警察に連絡。
    警察と大家がドアを開けるとそこにはおじいちゃんが倒れていた。
    タヒ後2日・・・脳内出血で倒れた時にはまだ意識があったのか、爪に畳のワラが挟まっていたんだって・・・
    もしかしたら俺があの時気づいて大家に連絡してれば助かったかも知れない。
    そう考えると胸が痛い。
    でもなんで住人が不思議に思わなかったのか・・・

    隣のアパートのその部屋はいまだに空いている。

    355 :鬼女日記 2016/12/20(火) 21:35:45 ID:opq
    先日小学校の同窓会に参加してきたんだけど
    その中で同級生A子に約20年ぶりくらいに会っていろいろ衝撃的だった。

    A子は美少女で成績もよく、男子からの人気も厚かった子だった。
    典型的な優等生タイプだったけど、周りにいる女子は自分と同じような
    レベルの高い子しか許さないような子だった印象がある。
    今でも鮮明に覚えてるのが、低学年の頃お絵かきで可愛い女の子の絵を描いていた時。
    皆幼児の落書きに毛が生えたレベルだったのが、だんだん少女マンガを意識した絵になってきてたと思う。
    目を真っ黒に塗りつぶす→キラキラした可愛い目、みたいな感じ。
    そうやって楽しくお絵かきしていたら、A子が来て
    「キラ目は私が考えた私のものなの!真似っこしないで!」と怒りだした。
    えーA子が考えたわけじゃないですやん…と思ったけど、優等生A子の迫力に言い返すことができず
    そこからクラス替えまでキラキラ目の女の子の絵はA子とその取り巻きしか許されなかった。
    あと、高学年になると学校中の女子が某アイドルにはまって
    私は○○派!私は▲▲派!と大騒ぎしつつも仲良く楽しく応援していたんだけど
    A子が「○○は私が好きなんだから、他の子は▲▲を好きになって」と命があり
    皆しぶしぶ従った。私は○○派だったから、こっそり▲▲派の子とグッズを交換していた。
    なんで皆A子の言うことを聞いていたか分からないけど、なんとなく女王様というか
    モヤモヤはしていたけどワガママとは思わずなんとなく従っていた。

    私は中学は別の学校にいったのでA子の動向は全く分からなくて
    この同窓会ですごく久しぶりに再会したんだけど
    未だにこの女王様感覚で私たちに接してきた。
    ・この大皿の料理は私のものだから。欲しければ店員さんに頼みなさい
    ・××歌ってよ。私が頼んでるのに何で?
    ・私、このお酒好きなんだけど。(皆スルー)誰も注文しないなんて皆おかしくない?
    ・人の考えを汲むって大事よ。そんなんで社会人やっていけないでしょ。

    小学生の時の、凛とした優等生ならまだしも
    アラサーのこのセリフはただの痛いワガママにしか聞こえなかった。
    他の友人たちに続いて私もその席からフェードアウト。
    A子は花嫁修行中だそうだけど、友人いわく修行歴3年以上らしい。

    513 :鬼女日記 2017/12/23(土) 11:16:21 ID:yVm
    人の話を聞かない人ってどうにもならないのかな。
    そう頻繁に会うわけではない&相手が結構歳上、ってので我慢してたけども。
    年齢差はともかく同級生で、会うのは年数回の同窓会(ちゃんとした形式のものではなくてただの飲み会。その人発案&中心になって呼び掛けたりしてる)。

    誰かが話してる最中でもお構い無く、目についたもの・食べてるものの感想とかを大声で訴えてきたり、
    場の話題に全く関係ないことを「あ、そういえば!」と被せてきたり。
    わざとやってるのか、場の空気が読めないor興味ないから自分の思い付くまま好きなようにやってるのか…。
    ちなみに話題は愚痴と悪口のみ。
    学生の頃は毒気のない話し好きという感じだったので、卒業してから仕事のストレスが半端なかったのかもしれない。

    その人以外にも話好きの人は結構いたけど、熾烈な話の被せ合いの末に敗れて今ではその人だけ。
    他の話好きは早々に不参加になってる。

    最初こそ同級生達と話せるのが楽しみで行ってたけど、段々嫌になってきて私もずっと不参加。
    ここ数年声もかかってなかったのに、昨日そのおしゃべりさんから電話があって
    「新年会の参加者が三人しかいなくて皆に電話してるんだけどどう?」って言われたよ。
    前に比べたら落ち着いたかな?と思ってたら、こっちが返事をする前に仕事の愚痴を延々と話し始めたので断って切った。

    また環境が変われば戻るものなのか、誰かが注意すれば治るものなのか…

    814 :鬼女日記 2016/06/16(木) 23:15:44 ID:HST
    長期観察の結果、衝撃を受けたこと。
    大学生時代からの友人Y(男)は家柄と顔は良いが中身が小学生のようだった。
    某有名私立大にエスカレーター式で進学し金払いと顔が良いのでそこそこモテて楽しそうだった。
    そんなYに奇跡が起きて容姿端麗、才色兼備なMという彼女が出来た。
    今までの彼女は頭悪いギャルみたいなのばかりだったのにMは清楚で美人で性格も良かった。
    しかも真面目な学生だったのでYもMと一緒にいるようになって授業も真面目に出るようになり言葉使いもキチンとしてYの親はこれも全てMのお蔭と泣いて喜ばんばかりだった。

    243 :鬼女日記 2013/01/01(火) 23:57:51 ID:hmYHwhvX0
    今年もそれほど親密ではないわたしの友人から、わたしと夫連名の宛先で年賀状届いた。
    そして今年も夫の名前の漢字間違ってた。
    たとえば「裕」を「祐」と間違うような感じ。
    リアルでほとんど会わないので、訂正するタイミングがわからんのだよなあ。

    558 :鬼女日記 2016/03/04(金) 23:35:46 ID:b8b
    寝る前にSNSを見てイライラしたので愚痴。

    私たち夫婦はタワーマンションの上の階に住んでいるんですが 先月マンションのラウンジで同級生とばったり会いました。

    ラウンジで沢山の方が寛いでらっしゃるにも関わらず、同級生は私を見ると
    「はぁ~?なんでオマエがここにいんの?」
    と、大きな声で騒ぎました。
    その日は他の部屋がオープンルーム?になっていたそうで、不動産屋のイベントか何かで彼女が来ていたようです。

    ここに住んでいるからと伝え、席に座ろうとしたら、
    「あ?なんでオマエなんかがこんなとこに住めんだよ。もしかして下の方のやっすい賃貸?相変わらずだな~」
    と、また絡んできました。
    無視して雑誌を広げ読んでいましたが、不動産屋さんに、「アレが住んでんなら余裕っすよね」
    みたいなことを話し、ゲラゲラ笑いながら帰っていきました。

    449 :鬼女日記 2017/10/05(木) 17:42:56 ID:ZrZ
    何かにつけてマウンティングしてきていた同い年の奥がいる。
    最初は普通の奥だったんだけど、奥は所謂インスタ映えを重要視するタイプ。
    私は自虐を重要視するタイプで、SNSへ投稿する画像は真逆だった。

    例えば、奥は自宅カフェ画像をよく投稿していて、ワンプレートや酵素水とかお洒落な画像が盛り沢山。
    私は寝坊して旦那(当時は彼氏)のお弁当作れなくて、ミニトマト1パック詰めやブロッコリーだらけで誤魔化したこと書いたり
    2年くらい前に流行ったおにぎらずも、切る方向間違って断面が残念な感じになってるのを投稿したり(成功したのは載せない)
    とかなり残念な画像が盛り沢山。

    当然、奥と会ったら奥age自分sageで
    「いつも綺麗にご飯作ってるよねー!私には無理ー!センスないもーん!」
    とかやっていたせいなのか、奥から徐々に徐々に見下され始めた。
    でもそれはそれでなんか愉快で、敢えて自分から見下されていくスタイルを取っていた。
    すると常に上から目線になった奥は
    「男の人はこうやって立ててあげないと!もうちょっと料理勉強したら?」
    みたいなお説教?を始めるようになった。でもその説教内容は奴隷乙でしかなかったから
    「こんなんだから結婚してくれないのかな?家事スキル低いのがネックなのかもー!」
    とか結婚準備をしている間も、徹底的に見下されることを楽しんでいた。

    当然、結婚報告をしても
    「結婚出来てよかったね!でも結婚はスタートラインでしかないから今まで以上に頑張らないと!云々」
    とやはり説教モード。
    結婚できたのは奇跡だの、結婚してくれた旦那にもっと感謝しろだの
    流石にお前何様だよ!?って物言いをされて、何か機会はないかなー?と思っていた。

    機会を窺いつつも、この機会にFOするのも良いかと距離を取り始めて半年。
    奥から久々に連絡が入った。
    安定期に入ったから、私にも妊娠したことを報告していただけたらしい。
    ただ旦那さんが起業したばかりで、毎日朝から深夜まで働き詰めで孤独らしく、要は暇潰しの相手をしろっていう連絡だったみたい。
    最初は相手をしていたけど、流石に0時近くなったから寝るように伝えると
    「悪阻で迷惑かけちゃったからこれ以上は~」
    とか旦那さんが帰宅するまで相手をしろと言う奥。それを無視して寝る私。

    その日をきっかけに、暇潰しの相手要請が毎日のように入るようになった。
    私は奥の相手をしながら、妊娠出産子育てについて調べて妊娠中は奥の気が楽になるような返事をした。
    相手をすればするほど奥が私に依存してくるのが分かった。

    そして遂に奥から出産報告が届いた。
    最初は普通に祝福していたけど、徐々に
    「新生児にはやっぱり母乳が1番だよね!粉ミルクなんて有り得ない!奥もそう思うでしょ?」
    「子供に愛情があれば母乳って出るよね!母乳が出ないのは愛情不足!」
    「最初は母乳出にくいことあるけど、マッサージしたら誰でも母乳出るしね!粉ミルクは甘え」
    とか根拠のないプレッシャーをかけまくり。
    「産後を理由に親に寄生するってちょっとねぇ」
    「ベビーカーなんて親が楽するためのもの!愛情があれば抱っこするのが当たり前だよね!」
    とかかなり無茶苦茶なことも言った。

    改行多すぎたらしいので切ります。

    787 :鬼女日記 2017/12/06(水) 21:44:46 ID:XhO
    ムカつく奴によくやるのは、鏡のなんちゃらってやつ。
    昔から自然にやってたら学校の授業で出てきて驚いた。

    「すごい可愛い!」「○○さんくらいになるとその仕事も簡単にできるんですね~」とか、胡散臭いほどとにかく褒める。
    初めは相手も『何こいつバカにしてる?』って反応だけど、会うたびにこれやってると信じ始めるんだよね。
    そんで、先に褒められただけ、相応のことをしようとするから物くれたり優しくしてくれたりする(らしい)。
    ここでも気を抜かずに「ありがとうございます~」って笑顔で素直に受け取る。

    元々気に食わないやつだし、思ってもないこと言ってるだけ。
    心の中では「んなわけねー(プギャー」してるし、変な勘違いして自爆するの見るのも楽しい。
    もらえるもんはもらうし、いらんもんは捨てるし、「ありがとう」なんてタダなんだから反射的に言うだけ。
    使われてることに気づいて離れても痛くもかゆくもない。文句言われたら「ごめんなさ~い(プライスレス)」。

    相手も気づかない時あるから、こっちが満足するだけだけどね。

    570 :名無しさん@おーぷん
    同僚が明日彼女とホワイトデーのプレゼントを買いに行くとかで
    昼休みにスマホで色々調べていた。
    それを見て、先輩が後輩に「そうやってなんでも買ってやると、それが当たり前だと思われるぞ。
    あんまり調子にのらせるな」とからかった。
    同僚「バレンタインにもらったお返しだから、一方的に買ってるわけじゃないです。
    彼女の喜ぶ顔が見たいんです」
    なぜか場がシーンとなって、皆ポカーンとなってしまった。
    先輩が空気をどうにかしようと
    「最初が肝心ってことだよ。最初にガツンとやっておけって意味だよ」
    と言ったのだが
    同僚は「なんで好きな人にガツンとやらなきゃいけないんですか。好きな人は喜ばせたいです」
    というようなことをモゴモゴ言って席を立ってどこかへ行った。
    あんなクサいことよく言うなーと衝撃だったし
    先輩に口ごたえしたのも衝撃だったし
    先輩の言うことも後輩の言うこともそれなりにわかるって思った自分も衝撃で
    「女の喜ぶ顔が見たい」ってよっぽど好きなんだなと思い
    色々と衝撃だった。

    このページのトップヘ