265 :名無しさん@おーぷん
眠れないから暇潰しに。

妊婦さんが理不尽な扱いを受ける内容をネットでよく見かけるよね。
まぁネタが8割なんだろうけどwその辺は置いとく。

話変わって最近妙に周りが親切なんだよね。
いつも行くスーパーで知らないおじさんが
「おじさんいっぱい買ってるから先にいいよ」
て言ってレジの順番を譲ってくれたりレジの人がカゴをサッカー台に運んでくれたり。
電車やバスで席を譲ってもらえたり。
(「すぐ降りるので大丈夫です。ご親切にありがとうございます。」て笑顔で断ったよ!)

この優しさの理由はなんとなーっく察してはいたんだけどさw
初めて入ったカフェで店員さんとの話の流れから
「間違っていたら申し訳ないのですが妊婦さんですか?」
て聞かれて
「あぁやっぱりwww」
て妙に納得してしまって
「ただのデブですっ☆」
て答えたら店員さんが気まずそうにしてたw

でもデブったからこそ世間の優しさに気付けた。
私も何回か席を譲ったことあるけどあれ勇気いるよね。
まず知らない人に話し掛けるハードルがある。それから気恥ずかしさがある。
善いことをしているだけなのに何故か恥ずかしい。不思議。

そうそう小学生のとき席を譲ろうとしたら
「おばちゃんはいいから貴女が座ってなさい」
て相手から断られたことがあった。幼い私は
「でも私より年上の人ってコーレイシャ(高齢者)っていうんでしょ?コーレイシャには席を譲らなきゃ!」
なんてナチュラルに失礼なことを言って譲れてたのになー。
いつから善意を恥ずかしく思うようになったのかな?不思議。