鬼女日記 -鬼女・修羅場・キチママ系まとめ-

当ブログは主に既婚女性・男性板、 生活板、家庭板などから管理人が気になった話をまとめたサイトです。

    みんなの馴れ初め話

    920 :鬼女日記 2009/08/01(土) 06:29:15
    気が付いたら知らない部屋の布団の中に居た。見知らぬパジャマを着ていた。
    頭がガンガンしていた。二日酔いだった。枕元にはタオルと洗面器。
    記憶を辿ると職場の忘年会、大卒新人だった俺はかなり飲まされていた。
    途中から自棄になり自分から浴びるように飲んだ筈、その後が不明。

    静かに戸が開き、見知らぬ女が入ってきた。
    よく言えば端正で清楚な容姿、悪く言えば特徴のない地味女、それが嫁だった。
    厚手のトレーナーにジーパン、上からエプロンを着ていた。

    嫁「あ、ごめんなさい、起こしちゃいました?」
    何となく自信なさ気の声色、不安そうな笑顔。
    誰だ、この女は?状況からすればこの女の部屋に転がり込んだのだろう。
    俺は昨夜この女に何をしたんだ?俺の趣味じゃないだろ?
    誤魔化して逃げた方がよくねぇ?待て、やったのならもう一度やろうぜ?
    脳内会議が紛糾した。

    嫁「朝食、作りましたけれど?…まだ気持ち悪いですか?」
    俺「…ええ、申し訳御座いませんが、食欲がありませんので」
    嫁「お水?要ります?」
    俺「…あ?、ああ、お願いできますか?」
    嫁「待ってて下さいね」

    安心したのか、無邪気な子供のような笑顔だった。
    っていうか高校生ぐらいじゃねぇ?まさか中学生じゃないよな?
    俺は酔って口リコンの道を歩み出したのか?そうなのか?

    理忄生では否定していても、部屋を出て行く嫁の後姿、
    そのジーパン包まれた顔とミスマッチナな肉付きの良い尻を凝視した後、
    このチャンスを生かして「やる」事が脳内会議で決定した。
    自然と右手がセンターポールを握っていた。

    閉じられたふすま越しの嫁親子の会話を聞くまで、
    ガラに合わない肉食野獣になりきっていた俺だった。

    27 :鬼女日記 2014/02/05(水) 15:50:21
    嫁と俺は幼馴染で、途中俺が引っ越して4年位間が開いたり、俺母が亡くなったり
    それが原因で嫁が病んだりしたけど、大学卒業と同時に結婚して幸せだよ。

    1 :鬼女日記 2017/05/21(日) 01:18:25 ID:EnicL7J3.net
    ちょっと俺の気持ちの整理も兼ねて買いていくわ

    576 :鬼女日記 2011/02/06(日) 16:46:36
    仕事が忙しく、成人式をするため約一年ぶりに帰った地元で3歳年上の嫁と出会い結婚。
    嫁の初めての言葉は「コラーー!!」でしたw
     
    希望があったら詳しく書くぜ( ̄∀ ̄)

    335 :鬼女日記 2012/02/03(金) 01:51:04
    うちの嫁は火傷の痕が右大腿にあってそれがコンプなんだが、優しい忄生格がにじみ出てるほんわか系
    昔は人間嫌いの暗い忄生格ブスだったっていうけどちょっと信じられない

    俺が25の時、同じ会社に新卒22歳で入社してきた
    部署は違ったが仕事で一緒になることも多く、他の女子社員とも仲良しみたいで(俺の中では)すごく目立った
    会社で談笑することも多くなってどんどん好きでたまらなくなり「たぶん大丈夫だろう」と思って、その年の11月に告白した

    「よかったらつきあってください。きっと仲良く過ごせると思うし大事にします」
    「・・・嬉しいです。わたしも俺さんのこと大好きです」
    「おお!じゃあ」
    「ちょっと待ってください」
    「うん?」

    使ってない会議室に俺を誘う嫁。「鍵閉めてください。人が来たら困るので」
    「ああ・・・?」
    「驚かないでくださいね。すごく大事なことなんです」

    嫁は制服のタイトスカートをずりあげてパンストを膝近くまでおろしはじめた
    あら、なんか俺、変熊痴女さんにでも告白してしまったんかな
    ここでしましょうとかお断りなんですけど
    もちろんそうではなくて、右ひざをぐっと突き出して太ももを俺に見せてくる
    微妙にパソツもちらついてるけど今はそっちじゃないね

    435 :鬼女日記 2017/03/09(木) 20:20:15 ID:2QEVhE440.net
    たまたまこの板を見つけたので、気持ちを忘れないように書き留めておく。
    色々違うところがあるかもしれないが、すぐ消えるので許してくれ。

    13歳で両親に捨てられて14から働き出して学校にも通わずに16でそろそろタヒのうかという時に出会ったのが今の妻
    人の家の前に勝手に花なんか植えるもんだから荒みに荒んでたこともあって、せっせと植えた種を土ごとその子に蹴浴びせたのが始まりだった
    俺は昼も夜も働いてて、朝方家に帰ると家の扉の前にちょこんと座ってんだよ
    学校行ってねえのかと思ったけどその日も話しかけすらしないで押しのけて部屋に入った。
    それが2、3日続いて流石にしびれを切らしてなんなんだと話しかけてみたらニッッコニコでご飯作ろっか?と聞いてきた

    903 :鬼女日記 2012/09/22(土) 21:51:35
    俺「今日はおじさんといっぱい遊ぼうね!」
    嫁「嫁ちゃん、ママに捨てられたの?( ;∀;)」

    当時、俺27歳、嫁5歳。
    俺に預けられる前日、嫁母に怒られて、言う事を聞かない自分は、俺にもらわれたと勘違いしたらしい。
    嫁母は当時離婚したばかりで就活中。面接行くのに、どうしても嫁を預ける人がいなくて、ばったり会った同級生の俺に嫁を預けた。
    嫁母とは同じ地元だったので、それまでもちょくちょく話したりしてた。
    そして、当時の俺は新婚だったし、嫁母に職場もしられていたので、安心して預けれたらしい。

    294 :鬼女日記 2015/11/29(日) 13:35:23 .net
    皆さんの馴れ初め、羨ましですわ
    うちなんて「お父さんのチャーハン」っす

    435 :鬼女日記 2017/03/09(木) 20:20:15 ID:2QEVhE440.net
    たまたまこの板を見つけたので、気持ちを忘れないように書き留めておく。
    色々違うところがあるかもしれないが、すぐ消えるので許してくれ。

    13歳で両親に捨てられて14から働き出して学校にも通わずに16でそろそろタヒのうかという時に出会ったのが今の妻
    人の家の前に勝手に花なんか植えるもんだから荒みに荒んでたこともあって、せっせと植えた種を土ごとその子に蹴浴びせたのが始まりだった
    俺は昼も夜も働いてて、朝方家に帰ると家の扉の前にちょこんと座ってんだよ
    学校行ってねえのかと思ったけどその日も話しかけすらしないで押しのけて部屋に入った。
    それが2、3日続いて流石にしびれを切らしてなんなんだと話しかけてみたらニッッコニコでご飯作ろっか?と聞いてきた

    481 :鬼女日記 2013/12/22(日) 16:17:33
    嫁が25の時、自分の働いてた会社の面接に来た。
    黒いパソツスーツにひっつめ髪で。
    嫁はまだ若いし、パートのオバちゃんにキツイのが多いし、すぐやめてしまいそうだなって思ったけど、
    まあ一応採用して見た。
    嫁は空気も読めるし物覚えもいいしでオバちゃん達からすぐ可愛がられるようになった。

    ある日嫁から会社に連絡があった。
    泥棒にタイヤを取られて警察が来るから仕事に遅れてしまうとのこと。
    嫁は祖母の持ち家に1人で暮らしてた。
    心配するパートのオバちゃん。俺は嫁の家の近くに行く用事があったから、それを済ませてから様子を見に行った。
    嫁は外で近所の人(地主の山田さん)と話していた。
    俺が車から降りて行くとキョドってた。

    なんでも庭に置いておいた冬タイヤを盗まれたそうで、
    なんで物置があるのにしまわないの?って聞いたら重かったんだそう。
    仕方なく物置をあけて他にあったとられて困るようなものをしまってあげた。

    年末に忘年会があって、嫁は酒を飲まないから、パートのオバちゃん数人と俺を拾ってくれるとなった。
    その流れでタイヤは買ったけどまだ交換してないとなった。
    もう降るかもしれないよ!とビビるおばちゃん。
    週末に俺もタイヤを履き替えるなら、ついでに嫁のも変えてあげてください!
    とおばちゃんに言われ、しぶしぶかえにいった。

    その時近所にある実家の母からリンゴをたくさん渡されて、それを嫁にあげた。
    週明け母宛にケーキをもらった。また母から野菜を渡された。
    嫁からまた甘いもの→母から野菜!と続いて、母が手紙つきの果物で嫁を家に招待した。
    そこから俺の知らないあいだに母と嫁の交流が続いて、
    正月俺が実家に帰ったら、先に嫁がくつろいでいた。
    嫁ちゃんを竹駒に連れて行ってやれ!と母から言われ、初詣に出かけたところをパートのおばちゃんに見られた。
    俺と嫁より母やおばちゃんらがわいわい騒いで、先走って、気づいたら結婚してた。
    今は嫁の祖母の家をリフォームしてそこに住んでる。
    たまにパートのおばちゃんが遊びに来る。
    嫁がこれでよかったのかは分からない。

    このページのトップヘ