みんなの馴れ初め話

    505 :鬼女日記 2019/01/13(日) 20:01:50 ID:wIF/MNwC0.net
    いきなりぶっちゃけるけど、俺はお胸様大好きなお〇ぱい星人。
    ある日会社で辞令が出て、野郎だけの色気の無い部署から全体の三割強が女性.の華やかな部署に異動になった。
    そこの女性.陣の中で大きさも形も一番のお胸様の持ち主だったのが嫁。
    その見事なお胸様についつい視線を奪われつつ過ごしていたら、半年ぐらい後に職場の自動販売機コーナーで嫁に

    「俺さん、私のことよく見てますよね」

    と自分の胸元を指差しつつ苦笑ぎみに言われた。気づかれていたのかとびっくりして

    「ごめん、野郎にじろじろ見られたら気持ち悪いよね」

    と謝ったら、

    「俺さんの視線は気持ち悪くないですよ」

    と言われたので、これは脈ありなのかと告白してみたら即OKが出た。
    つきあってみると、お胸様の他にも素直な性.格とか家事が得意だったりとかめしうまだったりとか、
    いくつも惹かれるところがあって、そのまま結婚。
    二児の母となった今でもその見事なお胸様を含めたプロポーションの維持に気を使っていて、俺の自慢の嫁です。
    お〇ぱい星人の宿命故、ついつい他のお胸様にも目が行ってしまうのですが、
    日頃から嫁のお胸様が一番と公言しているので、大目に見てもらっています。

    657 :鬼女日記 2019/02/06(水) 02:58:05 ID:NwaR+4p60.net
    10年ほど前、焼き鳥屋のカウンターで一人で飲んでたら、近くのテーブル席の人が吐いてしまった。
    そのグループはすぐに帰って店員さんが掃除をしていて、視線を戻すと、同じく見ていた隣の女の子と目があった。
    北川景子みたいな可愛い子で、「大変ですね」と言うと「そうですね」と言われた。
    それからは一度も話さずお互い黙って食べながら終わった。

    何日か後、会社帰りのスーパーで前の人が小銭を落として私の足元に転がってきたので拾って渡すとその子だった。
    お互い「あ、どうも」みたいな感じでその日も終わった。

    765 :鬼女日記 2011/10/30(日) 23:10:56
    実家で飼ってた猫が、外から友達を連れてくる様になった
    真っ黒いうちのヤツと真っ白な友達がじゃれたり、遊んだり、
    並んでご飯食べたりしてる光景はなかなか和めた

    でもその白いの、なにげに毛並みもいい感じだし、そもそも
    首輪付けてるしってんで、これは野良では無いと思った俺は、
    白猫の飼主に届く様にその首輪に手紙をくくりつけた
    文章はどう書いたか忘れたけど、まあこんな感じの内容

    「可愛い白猫が遊びに来てくれて家の者が癒されてます」
    「うちで○○というエサを食べて帰りました」
    「うちのが遊びにいって粗相をしてたらゴメンナサイ」

    しばらくして、今度は外から帰ってきたうちのヤツの首輪に、
    こんな感じの手紙がくくりつけられていた

    「素敵な黒猫さん、お行儀がよいので大丈夫です」
    「うちであげてるご飯と好みが一緒ですね」

    オマエ外ではお行儀良いの?借りてきた猫とはまさにこの事?
    とか、猫と遊びながら読んだ手紙が俺と嫁さんの最初の会話

    その後、動物病院で初対面して一目惚れ

    494 :鬼女日記 2012/05/09(水) 22:32:05
    メモ帳に書き出したので投下してみる

    俺と嫁の出会いは俺18歳、嫁8歳。
    俺が高校3年のとき、当時26歳の兄貴が、28歳シンママの彼女と結婚した。
    兄貴の結婚相手を紹介してもらったとき、義理の姉さんになる人の隣に小学生くらいの女の子がいた。

    嫁 「は、はじめまして、嫁です。なかよくしてください。」
    俺 「はじめまして。嫁ちゃんのお父さんになる人の弟です。僕のことは“おじちゃん”じゃなくて“お兄ちゃん”て呼んでな。」

    このときは、まさかこの子が12年後の俺の嫁になるとは思いもしなかった。

    314 :鬼女日記 2008/10/25(土) 13:09:25
    俺「あのー、嫁さんって彼氏いるんですか?」
    嫁(ポカーン)
    俺「…もし居ないのなら、今度どっか二人で遊びに行きません?」
    嫁「あのー、俺さん、私が来春に結婚するって話、知りませんでしたか?」

    大卒新人社員の俺、部の忘年会で隣の課の美人のOL(=嫁、2歳上)に
    近付いて始めて声を掛けた時の事、

    その後嫁は結婚退社した。が、旦那の精/子が少ないので妊娠しなかったのに
    同居の舅、姑に責められる。旦那一緒になって責める。
    これに小姑が加わり、日常生活全般でいびられる毎日。旦那浮気。
    ついに切れた嫁は手間はかかったが慰謝料もらって離婚、実家に戻る。
    その3ヵ月後、まだ独身だった俺と運命の再会(?)、
    嫁から猛アタック、男女の関係になり、知らぬ間に妊娠、責任とって出既婚。

    まぁ、良い嫁さんであるが釈然としないものはあるwww

    506 :鬼女日記 2016/06/23(木) 15:00:33 ID:vhm
    旦那の書斎漁ってたら古い日記が出てきた
    悪いとは思ったけど中身を見てしまった
    私と初対面の日の日記を見つけて読んだけど
    私とんでもないことしてたのに、勝手に脳内変換してた
    今日の晩御飯は旦那の好物一杯にしよう
    穴があったら入りたいと言うか閉じ込めて

    このページのトップヘ