しんみり

    492 :鬼女日記 2006/02/13(月) 05:50:13 ID:Ksv7Zq5b
    俺には母親がいない。
    俺を産んですぐ事故でタヒんでしまったらしい。
    産まれたときから耳が聞こえなかった俺は
    物心ついた時にはもうすでに簡単な手話を使っていた。

    耳が聞こえない事で俺はずいぶん苦労した。
    普通の学校にはいけず、障/害者用の学校で学童期を過ごしたわけだが、
    片親だったこともあってか、近所の子どもに馬鹿にされた。
    耳が聞こえないから何を言われたか覚えていない(というか知らない)が
    あの見下すような馬鹿にしたような顔は今も忘れられない。

    その時は、自分がなぜこんな目にあうのかわからなかったが、
    やがて障/害者であるということがその理由だとわかると
    俺は塞ぎ込み、思春期の多くを家の中で過ごした。
    自分に何の非もなく、不幸にな目にあうのが悔しくて仕方がなかった。

    だから俺は父親を憎んだ。
    そしてタヒんだ母親すら憎んだ。
    なぜこんな身体に産んだのか。
    なぜ普通の人生を俺にくれなかったのか。

    手話では到底表しきれない想いを、暴力に変えて叫んだ。
    ときおり爆発する俺の気持ちを前に、父は抵抗せず、
    ただただ、涙を流し「すまない」と手話で言い続けていた。

    その時の俺は何もやる気がおきず、荒んだ生活をしていたと思う。

    659 :鬼女日記 2011/08/05(金) 10:01:50 ID:NP1e3Mhe
    来年結婚するんだが、家族や家庭を持ちたくない。
    物心ついてからずっと、NHKのほんわかほのぼのホームドラマ(笑)のような会話や振る舞いや団欒を押し付けられ、家族や家庭が気持ち悪いものでしかない。

    中二病丸出しで誰にも言えない。

    709 :鬼女日記 2014/02/25(火) 23:38:59 .net
    元の妻が酒飲みでな。程度を弁えろと言っていたのに、飲まれて持ち帰られた。質の悪い事に複数人の行為だった。
    元以外でも潰された女性.が居てな。その人が警察に相談して表沙汰になった。言われるまで俺はマヌケな事に理想の家族だと思ってた。
    性.被害者なら支えてやる所なのだけれども、それまでの背景がな。黙って俺が家から居なくなった。別れて子供は向こうに行った。
    縁あって俺は今の家族がある。元は震災のあった年、再婚するからって電話かけてきた。何で一々俺に言うの?ったら、認めて欲しいって。
    認めるも何も、お前もともとそういう人間だろって言った。何にも言葉帰って来なかった。何であんな事言ったんだろ。後悔してる。
    素直におめでとうって言ってやればよかったのに。

    175 :鬼女日記 2019/11/06(水) 19:50:33 ID:0o.om.L2
    あんまりこんな事いいたくないけど、年上シングルマザーと付き合うのに慣れると年下未婚の女性.と付き合うのが難しくなってくる。
    シングルマザーや年上ってどこか後ろめたさがあるのかすごく尽くしてくれるし、割り勘嫌がるどころか材料費取らずに作ってくれたりいたせりつくせりなんだよね。
    デートだって地味でもいいし、とにかく金がかからない。
    年下未婚は華やかで可愛いんだけど、やっぱり料理イマイチだったり、いやそこじゃないんだけどって忖度してくれない所があってシンドイ。

    でもやっぱり結婚するなら若い子がいいし自分の子ほしいし他人の子を育てて家族築くのはしんどい。
    割り勘オッケーで若い子もいたけど偏屈でパッとしないブスな子だけだし。
    若くて可愛げがあって専業主婦にしてあげてもいいけど、付き合うまでに「この子に決めた!」って決定的なものがない。
    つらい。
    このままシンママと3年ぐらい付き合ってサヨナラして人生終わりそう

    670 :鬼女日記 2009/06/02(火) 17:28:13 ID:1a5+xEOq
    俺が結婚したのは子供が欲しかったからであって
    正直な話、妻のことは殆ど愛してない。
    離婚は子供のためにしない。

    369 :鬼女日記 2016/06/22(水) 07:04:51 ID:e2d
    昨日の昼間に色々と嫌なことが重なって心がささくれていた。
    イライラしながら夕飯のおかず7品も作って(料理がストレス解消)
    旦那が帰ってくるの待ってたのに「残業で遅くなる。晩御飯要らない」の電話に
    20〆で毎月この辺りはそうだったのに忘れて沢山作っちゃった自分に更に凹みんぐ。
    保存容器に移し替えていたら回覧板が回ってきて「緊急回覧」とあるから
    読んだらすぐ回さなきゃいけないと思うと、ちっ!面倒くせーなとイラついた。
    しかももう回せる家は割と遠いお宅しかないし。
    仕方なく夜道を回覧板持っていって帰ってくる途中、
    裏のお宅の横を通ったら♪はっぴばーすでーつーゆー・・・とパパママ子供の合唱が聞こえた。
    あー、あの子今日が誕生日なんだーと思ったら、一日の苛立ちが嘘みたいにスッと消えた。
    嬉しそうで楽しそうで幸せそうな子供の歌声っていいなぁ。
    私にもあんな頃があったんだぜぃw


    86 :鬼女日記 2015/04/19(日) 22:48:07 ID:rUK
    311のときのお話です。
    モロに見た話なのでご注意ください。


    311の直後、避難所になった近所の学校にお手伝いに行きました。
    夫は教員で、自分の学校の避難所運営で帰宅できないので、
    ひとりでいるより集団でいるほうが安心だったので、単純にお手伝いに行った次第。

    当時はまだ高速も閉鎖されており、遠方から身柄引受に来る人が真夜中に来たりするので
    運営スタッフも24時間体制で対応してました。
    震災2日目の夜、たまたま夜番の人が1人足りなかったので、いい経験かと私は朝まで
    避難所のお手伝いをすることにしました。
    停電している上、灯油もないため、わずかな灯りを囲んで皆毛布に包まって起きて
    あれこれ喋ってました。

    時間ははっきり覚えてないけど、真夜中、昇降口の外に人影が見えたので
    あ、誰か来た!と昇降口の扉に向かいました。
    親子3人が手荷物もなく、薄汚れた格好で昇降口の外に佇んでます。
    扉を開けて「こんばんは、寒いから中へどうぞ(当時、雪が積もってました)」と声をかけました。
    しかし応答がありません。というより反応がないの。
    あれ?と思って、どうされました?中に入れますよ。食べ物もお分けできますから、というけど
    全く反応がない。

    すると後ろから、どうしたの?とスタッフの声が。
    いや、この方々がね…と改めて見ると…。誰もいませんでした。
    スタッフの方いわく「突然、あなたが昇降口に行くからトイレかと思ったんだけど
    何か喋ってるから、あれ?と出てみたら、あなた闇に向かって話してたよ…」

    冷静に考えると、当時は停電、街灯もなし、昇降口の足元だけ小型のランタンがあっただけです。
    外に立ってる人が薄汚れた格好なんて、わかるはずもないんですよね。

    平時なら怖い!と騒動になるんだけど、当時、ああいう状況だったから
    私を含め、みなさん冷静に手を合わせることができました。

    以上です。

    702 :鬼女日記 2016/06/25(土) 20:12:58 ID:obw
    すみません、ちょっと長くなりそうです。

    小学生の頃、20歳くらいの男にいたずらされた。
    お使いの通り道の社宅の自転車置き場に引っ張りこまれて体をまさぐられたけど、
    恐怖で舌がもつれて声が出なかった。
    幸い近所に住む女性.がカーテンを開けたとき、たまたま私と男の様子がおかしいのに気づいたらしく
    「そこで何してるの?」と叫んだので、男はさっさと逃げた。
    私はお使いで頼まれた豆腐も買わず、泣きながら家に帰り、拙い言葉で祖父母に説明したら、
    すぐに警察に通報され、パトライトを回していないパトカーで、2人のおまわりさんがかけつけ、事情を聞いてきた。
    音はしなくとも、パトカーが来たというので興味津々で近所の子がうちを覗いていたので、
    「ドロボーが入った」とかごまかした記憶がある。

    そうこうしているうちに、母が仕事が帰ってきたので、祖父母が母に説明。
    うまく伝わっていなかったところは私が補ったが、何となく言いづらい。
    「ちゃんと話さないと、わかんないでしょ!」とキレる母。
    母の提案で、社宅の近所に住む女性.にお礼を言いにいったら、
    「あー…けがとかありませんでしたか?」と、ひたすら気まずそうだったけど、
    優しそうな素敵な女性.だった。

    おまわりさんも「忘れちゃえって言うのは簡単だけど、難しいよな…」と言いつつ、
    慰めてくれた。
    祖父母もしばらくオロオロしつつ、いつもより優しかった。
    母だけが「みっともない」「しばらく出歩くな」とやたら冷たかった。

    今だから「犬にかまれた」程度の嫌な記憶にできているけど、
    私に子供が生まれたとき、自分が定年退職して暇になったとき、
    父を亡くして寂しくなったとき、ねこなで声ですり寄ってくる母を見るたび、
    あのときの冷たい態度を思い出した。
    それ以外では割と優しく、毒親ってわけでもなかったのだが、
    未だにあの冷たさはなぞのまま。

    857 :鬼女日記 2016/06/28(火) 00:48:03 ID:3jm
    いじめられるほうが悪いって理不尽だけど、私の場合はそうかも
    中1のとき、喋るコミュ障なうえにKYだった。
    自分から見ても周りにいたら距離を置きたいな…って思うタイプ、友達がひとりもいなかった。
    でも何年か経っていじめグループだった子と親友になり、一人で帰ることはなくなっていた
    そのときは友達ができて、実はドッキリじゃないのと毎日怯えてたけど
    今はいじめって本当にあったのかな?って記憶が薄れてきた
    私にとって黒歴史だから脳から消したのかも
    正直このまま一生いじめられると思ってたから
    今日その友達と遊んでたときに、ふと世の中どうなるかわからないなあと
    幸せになれてよかった

    このページのトップヘ