しんみり

    702 :鬼女日記 2016/06/25(土) 20:12:58 ID:obw
    すみません、ちょっと長くなりそうです。

    小学生の頃、20歳くらいの男にいたずらされた。
    お使いの通り道の社宅の自転車置き場に引っ張りこまれて体をまさぐられたけど、
    恐怖で舌がもつれて声が出なかった。
    幸い近所に住む女性.がカーテンを開けたとき、たまたま私と男の様子がおかしいのに気づいたらしく
    「そこで何してるの?」と叫んだので、男はさっさと逃げた。
    私はお使いで頼まれた豆腐も買わず、泣きながら家に帰り、拙い言葉で祖父母に説明したら、
    すぐに警察に通報され、パトライトを回していないパトカーで、2人のおまわりさんがかけつけ、事情を聞いてきた。
    音はしなくとも、パトカーが来たというので興味津々で近所の子がうちを覗いていたので、
    「ドロボーが入った」とかごまかした記憶がある。

    そうこうしているうちに、母が仕事が帰ってきたので、祖父母が母に説明。
    うまく伝わっていなかったところは私が補ったが、何となく言いづらい。
    「ちゃんと話さないと、わかんないでしょ!」とキレる母。
    母の提案で、社宅の近所に住む女性.にお礼を言いにいったら、
    「あー…けがとかありませんでしたか?」と、ひたすら気まずそうだったけど、
    優しそうな素敵な女性.だった。

    おまわりさんも「忘れちゃえって言うのは簡単だけど、難しいよな…」と言いつつ、
    慰めてくれた。
    祖父母もしばらくオロオロしつつ、いつもより優しかった。
    母だけが「みっともない」「しばらく出歩くな」とやたら冷たかった。

    今だから「犬にかまれた」程度の嫌な記憶にできているけど、
    私に子供が生まれたとき、自分が定年退職して暇になったとき、
    父を亡くして寂しくなったとき、ねこなで声ですり寄ってくる母を見るたび、
    あのときの冷たい態度を思い出した。
    それ以外では割と優しく、毒親ってわけでもなかったのだが、
    未だにあの冷たさはなぞのまま。

    857 :鬼女日記 2016/06/28(火) 00:48:03 ID:3jm
    いじめられるほうが悪いって理不尽だけど、私の場合はそうかも
    中1のとき、喋るコミュ障なうえにKYだった。
    自分から見ても周りにいたら距離を置きたいな…って思うタイプ、友達がひとりもいなかった。
    でも何年か経っていじめグループだった子と親友になり、一人で帰ることはなくなっていた
    そのときは友達ができて、実はドッキリじゃないのと毎日怯えてたけど
    今はいじめって本当にあったのかな?って記憶が薄れてきた
    私にとって黒歴史だから脳から消したのかも
    正直このまま一生いじめられると思ってたから
    今日その友達と遊んでたときに、ふと世の中どうなるかわからないなあと
    幸せになれてよかった

    487:おさかなくわえた名無しさん2018/04/15(日) 14:13:19 ID:EH29vdTf
    先週は3回目の結婚記念日で、特別な日だしと奮発して
    和牛を1kg買って帰り、嫁のために夕食の準備。

    準備は整ったがまだ17時だったので最終的な調理はせず、
    折角だからとワインとケーキを買いに。
    帰り際に魔が差して花束も買い18時半に帰路に就く。
    うちは子供もいないし、何もなければ夕食は20時から。
    今日は特別だし帰ったらすぐに夕食でも良いな、と考えつつ帰宅すると自宅前にお義母さんの車。

    来るって聞いてないぞ?まぁ今日のメニューなら義両親の分も足りるし大丈夫だけど空気読めよな~と考えながら家に入ると肉を焼く匂い。
    挨拶もそこそこに偵察すると、気を利かせたお義母さんが厚切りステーキの予定を知らずに
    和牛を焦げ焦げサイコロステーキに。
    マジかよ…とショックを受けるも配膳は譲らん!と作業に加わるも、
    野菜サラダはマヨネーズにまみれ、スープには醤油が足され、バケットは薄切りに。
    キレちゃだめだ、たかが夕食だ、と言い聞かせながら食卓に付くと当たり前のように義両親も着席。

    心を落ち着かせて食べるも下味を付けておいた肉に更に塩胡椒したことが判明し撃沈。
    あら~濃かったわ~とブリッコのお義母さんに全然濃くない!むしろベスト!のお義父さん。
    イチャイチャすんな。

    楽しみにしてたのに…こんな仕打ち…顔に出ていたのか空気を読んでケーキを出す嫁。
    こんなケーキだよ~すごいね~とホールのまま食卓に出し、空気を和ませようとする嫁。
    それを直箸で一口食べるお義父さん。
    それを見て私も一口頂くわ~とお義母さん。
    もう…どうにでもなれ…と過ごし、しっかりと食事をした義両親はちゃっかりと残しておいた和牛の半分とワインを持って帰宅。

    タヒにそうな顔で謝る嫁を落ち着かせて経緯を聞くと嫁に一切の非がない様子。
    義両親は昔から二人とも空気を読めず、他人の気持ちもわからず、所謂アスペやらそういう類なのだろう。
    普段色々とお世話になってる上に先の訪問も結婚記念日のプレゼントを持ってきてくれたのが発端だし、絶縁だなんて考えてもないけど、今までこんなにハードなコミュニケーションはなかったな。
    今後の事等を話し合いつつ大変だったなぁ…と笑えたので一応解決か。

    ここに書いたのは義両親に対して神経わからん!と思ったからではあるが、ポジティブな関係を築きたいとも思ったのです。

    31:名無しさん@お腹いっぱい。2007/03/12(月) 03:30:13
    俺のとこさ、男二人女二人の四人なんだが、上三人は嫁の連れ子なんだ。
    でも、俺の事「お父さん、お父さん」って凄く慕ってくれてる。俺もこの子達の本当の父親に少しでも近付けるよう頑張ろうとしてた。そしてみんなの事を愛してる
    だから悪いことしたら当然怒るし、良い事、頑張ってるのみたら、褒めたり、抱きしめたりしてた。
    俺の父親が俺にしてくれたように………。
    今日、怒ったとき一言一番上の子がボソッっと「本当のお父さんじゃない癖に…」
    そういうこと言われる事も全て覚悟の上で嫁と結婚したのに、一瞬で頭のなか真っ白、無意識に涙が零れてきた。人前で泣くの恥ずかしい事だと思ってたけど、デパートで泣いた。
    そういう風にしか子供にとらえてもらえない自分、どんなに頑張っても、どんなに大事にしても、本当の父親にはなれない自分が情けなくて悲しくて…
    俺、結婚するとき父親に猛反対された、一度は家に連れ戻された。でも、嫁の事愛してたから、駆け落ちでもいいから出て行こうとした。
    父親に見つかり、説教され殴られた、でも俺の意志が硬いのわかって、父親は「勝手にしろ!…………ただ俺はお前の父親だから辛くなったらいつでも戻ってこい」って言ってくれた
    その時、この父親を目標に頑張ろうって思った。
    俺は頑張ってるつもりなだけかもしれない、でもやっぱり子供達ともいつまでも一緒に居たいから、父親を越えるためにももっと頑張んなきゃ、そしていつか本当に心から「お父さん」って言われたいな
    駄文でスレ違いだしゴメンナサイ

    12 :鬼女日記 2018/10/29(月) 08:40:31 ID:kx1
    部屋の掃除をしてゴミを捨てた
    その時にボロボロだった布団やカーペットも捨てたんだがそのあと新しいものを購入する気になれない
    もう2カ月布団被らずに床に転がって寝てる、おかげで暖房つけてたけど風邪も引いた
    それでも購入する気になれない
    なんかもう「どれにしようか」と選ぶことそのものが面倒くさすぎてやる気起きない
    髪を切るのも面倒で四カ月くらい切ってないし、服買うのも面倒でコートすら買ってない
    どうしたらやる気が起きるんだろう疲れた

    1 :鬼女日記 2016/05/10(火) 09:58:43 ID:MPl
    1年半ずっと18万って嘘ついてたけど本当は36万
    最初は驚いて嬉しそうだったのに1週間ぐらい経ったら別れたいって言い出した

    28 :鬼女日記 2018/02/07(水) 23:27:36 ID:qio
    東京からの転校生により人生が少し変わった。
    思い出すと恥ずかしいが幼稚園の時代から孤高を気取っていて自分の時間をすべて時間の為に作っていた。友達なんか必要ないと思っていたので誰にも話しかけなかった。
    お人好な兄も甘えん坊な妹のことも気に入らなくて家の中でも避けていた程だ。親からは散々心配されたがうっとうしかった。
    放課後か休日は塾で学力向上、もしくは町内を何周もマラソンして足腰を鍛える。
    マラソンは雨が降っていようが雪が降っていようが慣行した。空いた時間は読書か空想、映画鑑賞に充てていた。
    この性.格のまま中学校に入学した。成績は常に学年トップだし、陸上部では主力選手だったからかいじめられるということもなくクラスメートとはあたりさわりのない普通の関係だった。
    中二の2月後半に東京から転校生がやってきた。新潟市の一番賑やかな地域が学区の中学だったがそれでも東京都は比べるべくもない。
    その子は都内でも指折りの名門お嬢様学校から転校してきたため、頭も桁外れに良く、スポーツ万能。
    地元にはいない、まつ毛が長くてカールした西洋人形のような彫りの深い顔立ちだった凄い美少女だった。颯爽とした立ち振る舞いや垢抜けた爽やかな雰囲気がいかにも都会人という印象だった。

    75 :鬼女日記 2018/08/02(木) 21:17:47 ID:yDxcyLaw.net
    海外航空会社の海外便に乗った時の事、機内に日本人スチュワーデスは不在

    食事サービスで
    「飲み物は何にしますか?」
    「ホットコーヒー」
    「え~~っと 今無いから後でもいい?」
    「OK」
    ってな感じでメシだけもらい食べていたら
    チーフクラスの人が見回りと言うか点検に来て
    「あら、飲み物が無いわね。何呑む」
    「さっき コーヒーを頼んであるよ」
    「 ? ? ?」 (通じない)
    「では、コーラ下さい」
    「OK」
    って感じでコーラが来て、少し後にホットコーヒーを貰い満足満足

    下膳が終わり一休み。。。と思ったら
    最初のスチュワーデスがやってきて
    「飲み物のサービスで…」って謝罪に来たのだが
    完全に涙顔

    チーフに思いっきり怒られたんだなぁ と
    罪悪感と同時に、そこまで怒るのか!! と衝撃を受けた

    181 :鬼女日記 2017/04/26(水) 16:44:49 ID:sBTHr4cg.net
    酒強い人でも緊張から酔うこともあるからなー

    新郎側関係者の男性(既婚者)のスピーチが暗かった式があった
    <私には本当に心から愛している女性がいます…
    <でもその人と…結ばれることは…出来ません…
    <せめて…せめて新郎君は…好きな女性を…幸せに…して下さい…
    みたいな内容
    泣ける話ではあるけど重い失恋話は結婚式ではどうかな?
    でも新婦も感動して泣いてるし、まぁいいか…
    いや、よくないよね
    既婚者なのに愛している人とは結ばれなかったって今言ったよね?
    じゃあ隣にいる奥さんの立場は?
    ざわ…ざわ…からどんどんざわざわざわざわと会場に動揺が走り、奥さんは子供を連れて退場していった
    号泣していた新婦もようやく「アレ?」と思ったのか泣き止み
    奥さんと子供を心配して探しに行く人もいた
    後日スピーチの男性は奥さんと別れたと聞いたが
    それ以上に「本当に好きな女性」からストーカーで訴えられそうになって、そっちの方が大変だったらしい

    このページのトップヘ