いじめ

    691 :鬼女日記 2011/11/10(木) 19:33:21 ID:YmxALJDK0
    黒いというか暗い過去かもしれないけど

    中学から高校にかけて新聞に載るほど酷いいじめを受けた。
    (地方紙に小さくだけど)

    暴行されて根性.焼きで体に火傷を残されたし、性.的ないじめを受けた。
    強カンこそされなかったけど、中学では男子含む大勢に体を散々触られ、ネ果も見られ、
    A/Vの真似事をさせられて笑い者になった。ブルセラショップにも連れて行かれた。

    高校でも付きまとわれて、とうとう公共の場で「晒し者」にされて警察沙汰で新聞に載った。

    その後は引き籠りと転校により2年遅れで高校を卒業。
    一応普通の生活に戻れたけど今も当時を鮮明に覚えているし夢に見る。
    当然、夫にも隠してるけど火傷はいつか見咎められないかビクビクしてる。

    黒い話で言えば、事件後に母が少し精神を病んで「いじめっ子を杀殳そうか?」的な発言をするようになり
    実際に主犯の数人が事故タヒしたらしい。
    事故タヒは何年もたってから知ったので少し曖昧だけど、事故の時期と母の言動の変化が一致してる。

    いわゆるレディースの子でバイク事故らしいから偶然だろうけどね。

    767 :鬼女日記 2017/07/05(水) 13:31:06 ID:ULd
    数十年前に勤めていたところの話。
    その会社に入った時に社員いじめがあって、加害者・被害者ともに会社を去ったので部署の半分の人数が
    新人という部署に入った。
    そういったいきさつを聞いていたので、引き継ぎも無いのも同意してたし同僚と乗り越え、問題もなかった。

    半年くらいたってからA先輩が
    「私さんはなんでいじめられてないの?俺の奥さんはいじめられてたのに。いじめられてよ」
    とトチ狂ったことを言いだすまで。
    いじめを受けていたのはA奥さんで、その理由も一番年下だったからという理不尽な原因だったので
    同情はする。
    けど、同じ立場(同期で私が一番年下だった)だからいじめられてってなんだそれ…。

    昼休憩での発言だったので、すぐに他の先輩がA先輩を引きはがしてくれたけど。

    そして神経分からんのは、A先輩の発言を聞いた奥さんが菓子折り持って謝罪に来たときに
    「私がいじめの相談したときには何もしてくれなかったのに…どうして関係の無い御嬢さんに…」
    ってこぼしたこと。

    奥さんいじめられる→A先輩に相談→何もしない→会社が気付き処分(加害者首に)→奥さんも会社にくると思い出して辛いので自主的に退職
    なので、A先輩はいじめ自体に関心がなかったと。
    関心は無かったけど、同じような立場の私がいじめられていないのは自分が納得いかないから、いじめられてよ!らしかった。

    私も吃驚したけど、良好な関係の仕事仲間をいじめろと無茶ぶりされた同僚も吃驚したと思う。

    その後、私を見かけるだびに「なんで君は楽しそうなの?僕の奥さんはいじめられてたのに」と絡むようになったので
    先輩は私をかかわらない部署に異動させられた。

    310 :鬼女日記 2019/11/04(月) 13:33:23 ID:bF.4w.L1
    従兄弟の通う学校でいじめが起きていたことは知っていた
    だけどまさか従兄弟が主犯だとは思わなかった
    同じ市内とはいえそこそこ距離あるから又聞きでしか情報把握できなくて
    ・もう一人の主犯は家族ごと引っ越して転向
    ・何故か被害者の友達の父親が学校に訴えて発覚
    ・加害者男子の一人がこの件を理由に振られた
    こんな下らない情報しか入ってこなかった

    中学にもなっていじめなんかする従兄弟の神経がわからないのは勿論なんだけど、一番理解出来ないのは伯母
    被害者の女子が化粧してないこと(中学生なんだから当たり前では…)や絵画サークルに入ってたことを理由に
    「気持ち悪いオタクだから躾けただけ。社会に出てから苦労するよりいい」
    って開き直ってるらしい

    そんなに頻繁に会う間柄ではないけど、少なくとも息子ベッタリな雰囲気はなかったのになー
    何が伯母を狂わせたのか

    178 :鬼女日記 2010/07/23(金) 02:41:23 ID:HdmFy7Pt
    ある日、妹がランドセルに落書きされて泣きながら帰ってきた
    母と俺で理由を聞くとクラスの女子に虐められているとのこと

    そこで俺ひらめいた、数日後にある授業参観に親父を行かせて見たら?と
    親父はマジで優しいし人を殴ったことなんて無いくらいなんだけど
    髪はパーマがかかり、中肉で色黒でどうみても8○3にしか見えない

    親父が帰宅し事情を説明したら、親父有給を使い授業参観へ
    インパクトが弱いので俺のサングラスとネックレスを貸し授業参観へ
    金のネックレスがよかったけど無いからクロムハーツのを貸したwwww

    授業参観中はポケットに手を入れ妹観察。
    授業参観後の親同士の話し合いは
    「僕の娘を虐めてるのはどいつですか?虐めなんてくだらないですよ」と言ったらしいwwww
    翌日から虐めが無くなったwwwww

    あれから4年、妹はいまだに親父が大好きで仕方ない
    けど14にもなって一緒に風呂入ろうと強請るのは流石に親父が困ってるwwww

    513 :鬼女日記 2016/04/09(土) 02:23:03 ID:nb5Acv4l.net
    新婦が一番不幸だった
    私はスカッとしたけどね

    新郎は女は自分の権力の象徴、アクセサリーと思ってるタイプ
    すっごい性.格が悪くて大嫌いだったけど、私の従兄弟だったせいで強制的に受付と裏方をやらされた
    新郎は昔から女を差別してブスに人権は無いと言ってたんだけど、招待客の中に悪友に混じってさんざん虐めてたA子が含まれてた
    我が目を疑ったが、確認しても確かにA子だった

    式当日、どうなることかとハラハラしたら、かつての悪友の一人と一緒に美女が来た
    昔視力が悪くて目の大きさが変わるくらいのメガネをしていたA子は、成長し、コンタクトをしてお化粧をしたらまごうとなき美女に
    新郎が散々自慢しまくった新婦よりも更に美人
    新婦は雰囲気美人みたいなところがあったけどA子は本物
    新郎が女性.から嫌われまくった結果、招待客の8割が男性.のゲストルームに
    淡いピンクのドレスを着て男性.にエスコートをされてやってきたA子は注目の的
    「A子凄いじゃない、頑張ったねえ、ほんとに頑張ったねえ」と伝えるとにっこり微笑んでくれた
    その後式では新郎に何かやれと強要されていたA子がヴィオラを可憐に演奏
    更にA子を連れてやってきた悪友によって「新郎はかつてこんな素敵なA子さんをイジメまくってたんですよ」と冗談めかして黒歴史を暴露
    昔の悪行を知らない人にまで知れ渡った結果、新郎新婦祝福モードは完璧に消え失せた
    新郎両親は震えており、新婦両親は新郎と新郎両親をギラギラした目で睨みつける
    式後もA子が主役のようになり、ひたすら新婦が可愛そうだった
    式前に新郎が悪友たちに「A子と新婦並べて新婦引き立てようぜ」とか言ってたらしく、悪友に無理やり実行された新婦が可愛そうでならなかった
    幸せそうに笑うA子と口元引きつってる新婦じゃもう絶対に新婦がA子の引き立て役にしかならなかったから

    285 :鬼女日記 2019/11/11(月) 18:14:02 ID:Lx.kk.L1

    去年の同窓会で
    友人が実に数十年の期間を経ていじめっ子に復讐を果たした
    という話題が出た
    俺や同じように苛められた連中はすごいなぁと褒めたが
    他の連中は今頃そんなことするなんて可哀相だと言った
    そこから同窓会が荒れに荒れた。

    自分や自分の子供が同じ目にあっても同じような事をいえるのか?
    時間が経ってから復讐なんて卑怯だ
    などと言い合いが続き事態の収拾がつかなくなって
    店主に追い出される形で解散をした
    結局いじめなんてされた事がないとどれだけ
    辛かったかなんて分からないんだな

    205 :鬼女日記 2010/02/27(土) 09:37:06 0
    ウチの母のエネme話…って言っていいのかな?
    ウチの母は結婚即同居で、私も母がいびられて耐える姿を見ながら育った。
    で、姉が結婚。

    結納でも式でもなんかきな臭い義両親だったので、
    それ以来、夕飯時は姉の話ばかりで「良くしてもらってるか」「大丈夫か」と心配してた。
    とりあえずしばらくは別居と聞いていたのに、突然姉から
    「無理やり同居させられた…」と涙声の電話が来た。
    賃貸の契約更新をせず「ここにはもう住めないよ~ん」と強制引っ越し。
    だまし討ちか!と怒り狂う私と父を尻目に、母は泣きながら
    「我慢してればいつか」「最終的には離婚しなくて良かったって思えるから」と説得。

    それからほんのちょっとしてから姉夫の浮気発覚。
    その時も帰りたいと言う姉に、母は
    「正妻はドンと構えてなさい」「最後に戻ってくるのは姉の所」と説得。
    父は「辛かったら帰ってこい!いつでも迎えに行くから!」と言うが、母は
    「そんな事をしたらあの子の人生が滅茶苦茶になってしまう!!」と号泣。

    それから段々電話も少なくなり、姉携帯も解約、
    「幸せにやってます」と手紙が来たけど、こちらからの連絡もろくに取れなくなった。
    その間母は泣ずっと姉を心配してた。

    そんなある日、姉が突然連絡もなく帰ってきた。
    しかも姉夫の弟さん夫婦と一緒に…
    玄関開けて驚いた私が「お姉ちゃん!」と言うと両親が駆け寄ってきたが、
    姉は母をよけて父に抱きつきわんわん泣いた。
    母はショック受けてた。

    871 :鬼女日記 2013/06/24(月) 09:52:20 ID:VBUeUTaK0
    高校時代いじめに遭ってた
    自分的にはちょっと過激なコミュニケーションだろうと思ってたが、進学先で思い出話として語ったら聞いてたゼミの教授まで真剣な顔で慰謝料を取れるレベルだとか言われてようやく自覚したのは我ながら間抜けだったと思う
    ちょっと青あざになるほど殴られたとかプール授業で溺れさせられて救急車に乗ったとか笑って言えた自分のバカっぷりが恐ろしい
    大学卒業後地元に戻って働いてたら、いじめの首謀者だった奴の親と名のる方から電話があり
    「息子が事故で記憶喪失になった、高校の頃まではぼんやりと思い出せるのでその頃の知人に思い出を語ってもらえれば記憶が鮮明になるかもしれないので会ってやってくれないか」との事
    正直新人でてんてこ舞いしてるしそいつのためとか冗談じゃないとか思ったが、そこで復讐のチャンスだ!とか思いなおして快諾

    当日病室で親御さんに「何を言われても絶対に止めない、ただし俺は暴力を振るわない(振るったら即通報可)」で念書を書かせた
    いぶかる相手を「社会人になったんで、一筆貰うとか憧れてたんですよ(笑)」とか満面の笑みで押し切った
    で、こちらがわからない首謀者に向かって延々といじめをされたことへの恨みつらみを明るい口調で語り続けた
    本人は俺を階段から突き落として今も片足に障/害が残ってる話がいたく琴線に触れたようで、懸命に親に救いを求める視線を投げるがこちらはにっこり笑って話継続
    親御さんも度々止めかけるが、念書をピラピラ振って黙らせた
    会話の感触からして途中から記憶が戻った(もしくは記憶喪失自体が軽度か詐病)ようだったが、延々と続く過去の悪行暴露(こちらが被害意識がなかったから親も学校も知らなかった筈)
    あとで知ったが思い出話の語り合いに応じたのは俺だけという自身のぼっちぶり
    そして親バレ世間バレした悪行の数々から逃げるように、そのままノイローゼか何かを発症して今も病院にいる
    親御さんもいたたまれなくなってか地元から逃走

    結局慰謝料は勿論のこと(これは面会の後で言われたが面倒なので拒否した)その日休んだ分の補償や交通費ももらえなかった(こっちは欲しかったw)けど俺的には長い便秘のクソが出たかのようにスッキリした話
    乱文失礼しました

    840 :鬼女日記 2018/05/04(金) 15:43:14 ID:IoTFS5Qe.net
    連休になるたび思い出す修羅場というか日常

    10歳離れた姉が高校生の時いじめで自杀殳した
    加害者は女だけどいじめと言う可愛いもんじゃなくて犯罪だと思う内容
    その日は保育園で青い顔した叔母(遠方住み)が迎えに来て病院へ
    両親がこどもみたいに声を出して泣いてたのが印象的だった
    葬式はさらに地獄絵図
    棺桶に縋り付いてお教どころじゃなくて姉の担任だった先生や校長に泣いて文句言ってた
    私は姉がタヒんだということがいまいち実感がなく、ただただ人が変わってしまったような両親が怖くて泣いてた
    大人になった今ならまた感じ方も違うんだけどね

    154 :鬼女日記 2012/11/22(木) 09:24:48 0
    自分が高校生の頃両親が離婚。
    理由は相当ともに忙しくてすれ違い。両親は遠い友達、みたいな
    つかずはなれずの人間関係で、やりやすかった。
    自分は母とともに暮らし、月1回ぐらい父と会っていた。
    大学に入ってからはこちらがサークル活動とバイトに
    忙しくなったこともあり年に一度、自分の誕生日前後に
    会う程度となり、やがて就職。ここで壮絶ないじめにあった。
    お局A子は自分だけをタゲり、周囲から孤立させた。
    A子は人格障/害なんじゃないかと今思う。当時は周囲に理解も
    されず、うつになり、やむなく退職。A子というストレス因子が
    なくなって、無事復活でき、現会社に就職して、頑張っている。
    父が再婚を決め、相手に会わせたいという。
    会ってみたら、A子だった。A子も転職していたみたいで
    自分をいじめていた頃の会社とは違う会社に勤めていた。
    A子は自分に気づいたのかどうか、分からない。
    全然表情に出なかったから。うわべだけの会話を取り繕って
    食事して帰った。内心では「もう父とも会えない・・・。」と思ってた。

    このページのトップヘ