いじめ

    513 :鬼女日記 2016/04/09(土) 02:23:03 ID:nb5Acv4l.net
    新婦が一番不幸だった
    私はスカッとしたけどね

    新郎は女は自分の権力の象徴、アクセサリーと思ってるタイプ
    すっごい性.格が悪くて大嫌いだったけど、私の従兄弟だったせいで強制的に受付と裏方をやらされた
    新郎は昔から女を差別してブスに人権は無いと言ってたんだけど、招待客の中に悪友に混じってさんざん虐めてたA子が含まれてた
    我が目を疑ったが、確認しても確かにA子だった

    式当日、どうなることかとハラハラしたら、かつての悪友の一人と一緒に美女が来た
    昔視力が悪くて目の大きさが変わるくらいのメガネをしていたA子は、成長し、コンタクトをしてお化粧をしたらまごうとなき美女に
    新郎が散々自慢しまくった新婦よりも更に美人
    新婦は雰囲気美人みたいなところがあったけどA子は本物
    新郎が女性.から嫌われまくった結果、招待客の8割が男性.のゲストルームに
    淡いピンクのドレスを着て男性.にエスコートをされてやってきたA子は注目の的
    「A子凄いじゃない、頑張ったねえ、ほんとに頑張ったねえ」と伝えるとにっこり微笑んでくれた
    その後式では新郎に何かやれと強要されていたA子がヴィオラを可憐に演奏
    更にA子を連れてやってきた悪友によって「新郎はかつてこんな素敵なA子さんをイジメまくってたんですよ」と冗談めかして黒歴史を暴露
    昔の悪行を知らない人にまで知れ渡った結果、新郎新婦祝福モードは完璧に消え失せた
    新郎両親は震えており、新婦両親は新郎と新郎両親をギラギラした目で睨みつける
    式後もA子が主役のようになり、ひたすら新婦が可愛そうだった
    式前に新郎が悪友たちに「A子と新婦並べて新婦引き立てようぜ」とか言ってたらしく、悪友に無理やり実行された新婦が可愛そうでならなかった
    幸せそうに笑うA子と口元引きつってる新婦じゃもう絶対に新婦がA子の引き立て役にしかならなかったから

    285 :鬼女日記 2019/11/11(月) 18:14:02 ID:Lx.kk.L1

    去年の同窓会で
    友人が実に数十年の期間を経ていじめっ子に復讐を果たした
    という話題が出た
    俺や同じように苛められた連中はすごいなぁと褒めたが
    他の連中は今頃そんなことするなんて可哀相だと言った
    そこから同窓会が荒れに荒れた。

    自分や自分の子供が同じ目にあっても同じような事をいえるのか?
    時間が経ってから復讐なんて卑怯だ
    などと言い合いが続き事態の収拾がつかなくなって
    店主に追い出される形で解散をした
    結局いじめなんてされた事がないとどれだけ
    辛かったかなんて分からないんだな

    205 :鬼女日記 2010/02/27(土) 09:37:06 0
    ウチの母のエネme話…って言っていいのかな?
    ウチの母は結婚即同居で、私も母がいびられて耐える姿を見ながら育った。
    で、姉が結婚。

    結納でも式でもなんかきな臭い義両親だったので、
    それ以来、夕飯時は姉の話ばかりで「良くしてもらってるか」「大丈夫か」と心配してた。
    とりあえずしばらくは別居と聞いていたのに、突然姉から
    「無理やり同居させられた…」と涙声の電話が来た。
    賃貸の契約更新をせず「ここにはもう住めないよ~ん」と強制引っ越し。
    だまし討ちか!と怒り狂う私と父を尻目に、母は泣きながら
    「我慢してればいつか」「最終的には離婚しなくて良かったって思えるから」と説得。

    それからほんのちょっとしてから姉夫の浮気発覚。
    その時も帰りたいと言う姉に、母は
    「正妻はドンと構えてなさい」「最後に戻ってくるのは姉の所」と説得。
    父は「辛かったら帰ってこい!いつでも迎えに行くから!」と言うが、母は
    「そんな事をしたらあの子の人生が滅茶苦茶になってしまう!!」と号泣。

    それから段々電話も少なくなり、姉携帯も解約、
    「幸せにやってます」と手紙が来たけど、こちらからの連絡もろくに取れなくなった。
    その間母は泣ずっと姉を心配してた。

    そんなある日、姉が突然連絡もなく帰ってきた。
    しかも姉夫の弟さん夫婦と一緒に…
    玄関開けて驚いた私が「お姉ちゃん!」と言うと両親が駆け寄ってきたが、
    姉は母をよけて父に抱きつきわんわん泣いた。
    母はショック受けてた。

    871 :鬼女日記 2013/06/24(月) 09:52:20 ID:VBUeUTaK0
    高校時代いじめに遭ってた
    自分的にはちょっと過激なコミュニケーションだろうと思ってたが、進学先で思い出話として語ったら聞いてたゼミの教授まで真剣な顔で慰謝料を取れるレベルだとか言われてようやく自覚したのは我ながら間抜けだったと思う
    ちょっと青あざになるほど殴られたとかプール授業で溺れさせられて救急車に乗ったとか笑って言えた自分のバカっぷりが恐ろしい
    大学卒業後地元に戻って働いてたら、いじめの首謀者だった奴の親と名のる方から電話があり
    「息子が事故で記憶喪失になった、高校の頃まではぼんやりと思い出せるのでその頃の知人に思い出を語ってもらえれば記憶が鮮明になるかもしれないので会ってやってくれないか」との事
    正直新人でてんてこ舞いしてるしそいつのためとか冗談じゃないとか思ったが、そこで復讐のチャンスだ!とか思いなおして快諾

    当日病室で親御さんに「何を言われても絶対に止めない、ただし俺は暴力を振るわない(振るったら即通報可)」で念書を書かせた
    いぶかる相手を「社会人になったんで、一筆貰うとか憧れてたんですよ(笑)」とか満面の笑みで押し切った
    で、こちらがわからない首謀者に向かって延々といじめをされたことへの恨みつらみを明るい口調で語り続けた
    本人は俺を階段から突き落として今も片足に障/害が残ってる話がいたく琴線に触れたようで、懸命に親に救いを求める視線を投げるがこちらはにっこり笑って話継続
    親御さんも度々止めかけるが、念書をピラピラ振って黙らせた
    会話の感触からして途中から記憶が戻った(もしくは記憶喪失自体が軽度か詐病)ようだったが、延々と続く過去の悪行暴露(こちらが被害意識がなかったから親も学校も知らなかった筈)
    あとで知ったが思い出話の語り合いに応じたのは俺だけという自身のぼっちぶり
    そして親バレ世間バレした悪行の数々から逃げるように、そのままノイローゼか何かを発症して今も病院にいる
    親御さんもいたたまれなくなってか地元から逃走

    結局慰謝料は勿論のこと(これは面会の後で言われたが面倒なので拒否した)その日休んだ分の補償や交通費ももらえなかった(こっちは欲しかったw)けど俺的には長い便秘のクソが出たかのようにスッキリした話
    乱文失礼しました

    840 :鬼女日記 2018/05/04(金) 15:43:14 ID:IoTFS5Qe.net
    連休になるたび思い出す修羅場というか日常

    10歳離れた姉が高校生の時いじめで自杀殳した
    加害者は女だけどいじめと言う可愛いもんじゃなくて犯罪だと思う内容
    その日は保育園で青い顔した叔母(遠方住み)が迎えに来て病院へ
    両親がこどもみたいに声を出して泣いてたのが印象的だった
    葬式はさらに地獄絵図
    棺桶に縋り付いてお教どころじゃなくて姉の担任だった先生や校長に泣いて文句言ってた
    私は姉がタヒんだということがいまいち実感がなく、ただただ人が変わってしまったような両親が怖くて泣いてた
    大人になった今ならまた感じ方も違うんだけどね

    154 :鬼女日記 2012/11/22(木) 09:24:48 0
    自分が高校生の頃両親が離婚。
    理由は相当ともに忙しくてすれ違い。両親は遠い友達、みたいな
    つかずはなれずの人間関係で、やりやすかった。
    自分は母とともに暮らし、月1回ぐらい父と会っていた。
    大学に入ってからはこちらがサークル活動とバイトに
    忙しくなったこともあり年に一度、自分の誕生日前後に
    会う程度となり、やがて就職。ここで壮絶ないじめにあった。
    お局A子は自分だけをタゲり、周囲から孤立させた。
    A子は人格障/害なんじゃないかと今思う。当時は周囲に理解も
    されず、うつになり、やむなく退職。A子というストレス因子が
    なくなって、無事復活でき、現会社に就職して、頑張っている。
    父が再婚を決め、相手に会わせたいという。
    会ってみたら、A子だった。A子も転職していたみたいで
    自分をいじめていた頃の会社とは違う会社に勤めていた。
    A子は自分に気づいたのかどうか、分からない。
    全然表情に出なかったから。うわべだけの会話を取り繕って
    食事して帰った。内心では「もう父とも会えない・・・。」と思ってた。

    476 :鬼女日記 2019/04/29(月) 01:30:46 ID:c3GgLw0x.net
    GW明けに日本を出るので記念カキコ。
    そしてかなり長くなってしまった…。

    私は中学生の時にいじめられてた。
    いじめられてた原因とかきっかけはもう忘れてしまったけど、小学生の時から仲良くしてた友達からも無視をされるようになったのがきっかけで不登校に。

    不憫に思った祖母が私にお菓子作りを教えてくれた。
    祖母は菓子職人としてフランスで働いてた事があるすごい人で、それを知っていた私はとても嬉しかった。
    「あんたは腕がいいね」といつも褒めてくれたこともあり、私は「大人になったらおばあちゃんのような菓子職人になる!」といつも言っていた。
    勉強は兄や姉が教えてくれていたので学力も落とさずに高校受験を迎えることができ、私は祖母に言ったように製菓系の高校に入学した。

    その後は専門進学→海外で修行→30歳の時に日本に帰ってきて自分の店を開いた。
    どこに店を出すか悩んだけど、2~3年でまた海外に戻り、自分の店を出すつもりでいたので祖母への恩返しも込めて地元の近くに店を出した。

    長くなったけどこれが前提。
    分けます。

    234 :鬼女日記 2014/11/25(火) 15:27:51 ID:1tn
    個人的にスカッとした復讐。

    昔いじめてきたやつが、そのことを謝りたいと言ってきた。
    選挙に出るとかで、昔議員をやってたうちの親から悪評が伝わるとマズイと思ったんだろう。

    許す気なんかこれっぽっちも無かったが、日時を指定して、こっちから出向くという条件でその話を受けることにした。

    当日、玄関から出てきたそいつは俺を見て血の気が引いた顔をしてたよ。
    俺が小学校から帰ってきたそいつの子供と一緒にいたんだから。
    日時を指定して向こうの家に出向いたのはそのため。
    偶然子供と会ったという形にしたかった。

    その場で、子供の前で自分が何をやって何を謝るのかを全部説明させた。

    「ここで、子供の目の前で自分のやったことを言えるなら許してやる」
    と言うと、向こうは最初は言葉に詰まっていたが、無言で睨む俺に根負けして子供の目の前で自分のやったことを語り、俺に謝罪して頭を下げた。
    「こんな大人になるなよ」
    と、呆然とした子供に言って、俺はすぐに帰った。

    そのあとそいつの後援会に全部ぶちまけて、地元で評判を落としたそいつは選挙に見事落選し、子供もそいつを嫌って言うことを聞かなくなって手が付けられない状態だそうだ。

    長い間苦しめといて、謝罪一回で済まそうなんて虫がよすぎる。

    583 :鬼女日記 2015/07/26(日) 02:10:12 ID:rQL
    先日、自分の娘が知らん間に達観してて驚いた
    今高校生の娘は入学した春先から様子がおかしくてうちから相談したのと、娘友人からの訴えで学校側も気付いて調査してくれた
    結果、同級生の一人に虐められていたとわかった
    虐めた理由は娘の方が成績がいいとか少し感性.が変わっていたからとか物凄くくだらないもの
    バレてすぐにその同級生が直接的に娘に危害を加えようとしたので、娘たちと親と教師で和解ではないけれど話し合いになった
    まあ向こうが完全に悪いんだから親は平謝り、同級生の方もおずおず謝っていた
    それから教師が俺と娘に必ず夏休み明けまでにクラス編成とか今後の配慮とかすると説明
    一旦謝罪を受けてくれないかと娘に提案したら娘が真顔で言った
    「嫌です。謝らなくて結構、許しません」
    向こうの親ぽかーん、同級生もぽかーん
    教師と俺は娘の気持ちがわかっていたが、まさかはっきり言うとは思わなかったのでぽかーん
    同級生が心底訳がわからない顔で「謝ったのになんで許さないのよ…」って呟いたら娘はため息吐いて
    「謝ってお終いなことばかりじゃないんだよ。どうしたらいいか自分で考えなよ」
    って吐き捨てて鞄持って出て行った
    本人がいなきゃどうしようもないんで教師に後を任せて追っかけて帰ることになった
    帰り道に娘にアイス与えて何故ああ言ったのか?と聞いてみた
    「口先で謝って許してもらえたら、あの子またやると思ったからね」
    とのことだった
    ことと次第じゃ寛容さ云々を教えなきゃと思ったが、こっちがなるほど確かにって感心させられた
    子供だと思ってた娘が大人以上に人間観察を冷静に出来ていたのが衝撃だったが、これって素直に成長を喜んでいいんだろうか

    675 :鬼女日記 2010/02/25(木) 10:43:01 ID:Fmka9YV3
    ちょっとスレチになるかもだけど、小学校5-6年の2年間醜いいじめに遭いました。
    生ゴミが机に入っていたり、画鋲を椅子にはりつけられたり、体操着や靴を燃やされ先生には「忘れました」と言い訳、怒られる日々。
    机ごとどこかになくなっていたり。中心は4年生のときにすごく仲良かった子達。
    私が塾に行き始めて中学受験をすることが気に食わなかったらしい。
    中でもボスは同じマンションのすぐ上の階。毎日迎えに来ては、道中私がいかないダメな人間で、彼女がいかにすばらしいかを聞かされた。
    逃げ場もなく、親にも言えず(言ったら学校や本人に言われ、ますますいじめがひどくなると思って)。
    毎日タヒにたいと思い続けたある日、「タヒんだり不登校になったら負けだ。あの子たちは精神的にかわいそうな子達だ」と思うことにして、勉強に没頭。
    ひたすら落ちずに同じ中学校行かないで済むことに注力。
    結果、受験合格したと知ったとたんいじめはなくなった。

    2年後ばったりその中の一人と道ばたでばったり。
    ボスは逆にいじめられるようになり、その子は「私の親は仕事ばかりでかまってくれない。学校での成績も気にしてくれない。
    塾に行かせてもらえて、あなたのことを考えてくれたり、毎日おやつを作ってくれる親がいてうらやましかった。ごめんね。」と。
    そのときやはり因果応報というか、自分のしたことは返ってくるものなんだ、といじめに遭っているボスの話を聞いて思った。

    このページのトップヘ