いびり

    865 :鬼女日記 2008/02/21(木) 14:41:20 0
    義兄妻はブラコンで、弟嫁が大っ嫌い。
    それで一生懸命弟嫁いびりしてる所、弟はそれをスルー。
    ちなみに義兄妻実家は私の家のそば、義兄妻は車で1時間かけて家に帰り、
    同居の弟嫁をはいびって帰る。
    まあそんな縁で私と弟嫁は茶飲み友達に。
    義兄妻は弟嫁いびりで自分の親とも険悪になっており、
    弟嫁さんの冠婚葬祭用ドレスとアクセ一式をネコババした事を責められ、
    「借りただけなのにばっかじゃないの!」、
    「こんな服借りて着てやったんだから感謝しろ」など暴言を吐き
    それを怒られると「なによこんな服!弟嫁さんなんかにはもったいないわよ!」
    と食卓に投げつけ醤油まみれ、
    本格的に「もう来るな!」と親に言われたそうだ。
    そして数日後、真冬のさなかに弟嫁に水をぶっかけて逃げた。
    さすがに目が覚めた弟も義兄嫁を遠ざけるようになり、
    義兄嫁は会うたびに弟嫁の悪口を言いまくってた。
    ある日、義兄嫁実家でおじいさんが亡くなり、お葬式の手伝いで私も行った。
    相変わらず弟嫁を「のろま」「グズ」「嫁としてなってない」「うちのやり方を知らない」と
    さんざん貶し、虐める義兄嫁。
    「あなたは座ってて、弟嫁さんがするから」と言う義兄嫁を押しのけて手伝い。
    集まった人の前で煮しめを食べ
    「これ弟嫁ちゃんが作ったの?」私明後日の方向見て頷く。
    何か勘違いしたのか
    「ああーやっぱり!だしは効いてないし味は薄いし…
    これ○○家の味って前に人様に食べさせられる味じゃないわね…
    困ったわねぇまったく…どうしましょう…(ボソボソ、でも聞こえる声)
    弟嫁ちゃん、もうちょっとがんばってね^^応援してるからねw」
    すかさず「あら、これトメさんが作ってくださったのに!やだ義兄嫁さんったら!」
    苦虫を噛み潰したような義兄、そしてトメは動じず涼しい顔、
    義兄嫁父は怒りそうになるのを母が止め、弟は姉をにらむ。

    10 :鬼女日記 2016/03/06(日) 09:54:07 ID:RNa
    物静かでいつもニコニコしていたわが母が
    元夫に「こ○してやる!」と飛びかかった時が衝撃というか修羅場というか。

    夫が元夫になったのは、嫁いびり放置で私が病んだから。
    姑にやられた事は大したことないんだけど、アポなし訪問、作ったごはん強奪、
    元夫から合鍵もらって家探し(私の物だけ。夫の物はしない)
    嫌味、罵倒、携帯に罵倒満載の留守電を一日に何件も残す等々。
    元夫に訴えたが「それくらいいいじゃんw」で全部スルー。
    約一年で病んだ。
    今思い返すと当時は自分を病んでると思ってなかった。
    ある日、元夫が何かこっちに言った時「それくらいいいじゃんw」て言葉がスラっと出てきた。
    そしたら元夫が凄くビックリした顔をしたので面白くなって、以後ずっと
    元夫が何を言っても「それくらいいいじゃん、それくらいいいじゃん」て繰り返し続けた。
    ふざけてんのか!と怒鳴られても、ニヤニヤしながら「それくらいいいじゃんw」
    と言い続けた。
    元夫は最終的に気味悪がって近寄らなくなったけど
    元夫に対してはもうその言葉しか出てこなかったから言い続けた。
    姑は「キチ外、出て行け、ヱッタ!」と留守電わんさか。
    でも私が病んでたから同じく気味悪がってアポなし訪問は減った。
    その代わり窓の外から泥投げられたりした。
    私は泥掃除しながら「効いてる効いてるw」とか思ってた。病んでる自覚は全くなかった。
    不思議なんだけど、元夫と元姑以外には普通に対応できて
    仕事も特に問題なくこなせていた(事務で6割ルーティンなせいもある)。
    当時の同僚いわく「テンションが高くておかしかったけど、すごく上機嫌なんだと思ってた」だそう。
    一カ月くらいその状態が続いて、ある日親戚が果物を届けに来てくれた。
    親戚は私を見てギョっとした顔して、「何か辛い事があった?」と聞いてきた。
    覚えてないけど、私はすごくテンション高く返事をしたらしい。
    親戚から親に連絡がいって、翌日の夜、アポなしで両親が来た。

    693 :鬼女日記 2013/07/30(火) 10:38:49 O
    スカッともしないしDQでもない気がするけど結果的にはOKだった話。
    トメコトメにテンプレいびりされてた私。私は背が高くきつい顔だからツンとしてると迫力がある。それが余計に気に入らなかったトメコトメ。
    迫力があるのは見た目だけで中身は天然というか子供っぽい。
    ある日私は義実家で料理をしていた。義実家ではいつもキリッとしてたのにその日は気が緩んでて自宅にいるつもりで料理してた。
    片足立ちして自分作曲の歌を歌っていたw
    歌詞は「アーウーアキャキャキャニョホホホホピー」とか、もはや奇声に近かったw
    乗ってくるとたまに包丁で空を切るように腕を振ったりしてたw
    私は歌って踊ってるつもりでとてもご機嫌だったw
    それを見たトメコトメが何かの儀式かと思ったらしく私の作った食事を食べるのを拒否した。
    旦那とウトは「嫁子の料理を拒否するという嫁いびり」だと思ったようでトメコトメをしめてくれた。
    私は見られてたなんて知らなかったからいつも通りキリッとしてた。そのギャップが余計に怖かったようだ。
    トメコトメは私をチラチラ見ながらそのうち涙声になって「嫁子をそこまで追い詰める気はなかったのよぉ~!旦那くんの嫁が精神障害者なんて~!」と騒ぎだした。
    意味のわからない旦那ウトは「さすがに障害者呼ばわりはひどい!」と絶縁になった。
    見られてたのがめちゃくちゃ恥ずかしくてスカッとしないけど結果オーライ。

    このページのトップヘ