おじさん

    92 :鬼女日記 2016/09/09(金) 14:34:52 ID:JmE
    電車で痴漢というかヤバイ人に遭遇した
    開く方と反対のドアの近くに立っていて気づいたら近くに小汚いおじさんが立ってた
    混み気味だったので近づいて来られても最初は気にしなかったけど気づいたらじわじわとドアと座席の手すりとの間の狭いスペースに追い詰められてた
    逃げようにも退路を塞がれてできずおじさんは至近距離で「美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい」って連呼してくる
    心臓がぞわぞわして喉から声が出なくなるくらい怖くて近くにいた男性2人組が気付いて助けてくれるまで動けなかった
    私は気の強い方だから痴漢や変態に遭ったら叫ぶくらいできると思ってたけど実際直面すると無理すぎると実感した5分間だったよ

    761 :名無しさん@おーぷん

    妹は昔から勉強が嫌いで両親に無理矢理高校に行かされたが、高校一年ほどで妊娠発覚し、両親が反対するも家出同然で中退し当時39歳になるおじさんと結婚した。
    三人の子を産んで、一切の育児家事せず、義母(70すぎ)に預けて遊びまわる日々。
    もちろんバイトすらやったことがない。
    友達と遊ぶうちに学ぶ気づかいも、10代のうちに身につけておく最低限の教養もなく、彼や孫ほど年の離れた義両親に甘やかされ楽だけを覚えた妹は自制心のない20代に。
    そんな妹にママ友ができるわけもなく、たまに連絡をくれる同級生に可愛いさかりの幼児を義母に預けて単身オール。
    最初は優しかった義両親も息子の給与カットに「妹ちゃんもアルバイトとかしてみたら?」の一言で「働くんならおっさんと結婚した意味ない」で大喧嘩。
    実家に逃げ込むも大っ嫌いな父が「ほれみたことかw」と小馬鹿にしたことが気に入らずとんぼ返り。

    帰るも同級生のみんなが大学いったり就職したりと同世代の彼氏と付き合ってる中で、日々おじさんになる旦那と定年迎えて家にいる義両親に嫌気がさし出会い系で浮気を繰り返してるらしい。泊まりでの外泊もあるようだ。
    20歳近く年上なんだからそりゃそうなるわな。
    しかし妹旦那も「若い嫁」を手放したくないようで目を瞑ってるらしい。
    義両親も「大ごとにしたくない」と口をつぐむ。
    妹は妹で10代20代前半の遊びたい盛りを子供とおじさんに時間とられてることで自分の旦那を恨んでるらしい(元々被害者意識がつよく他力本願)
    現在妹は30前半、妹娘は中学にあがる直前だか「母親」と慕ってる風ではなく「トド」「ババア」と呼ばれても語彙力がないので言い返せず言い負かされる日々。
    「ヤバイとキモい、ムカつくしかいえないの?」っていわれてる妹。
    父親(妹旦那)に対してはお父さんと呼ぶが「お父さんがおじいちゃんみたいで恥ずかしい」と両親のいない時に私や私の母(彼女にとっては母方祖母)ボソリと語る。
    「あんなババアにはなりたくないから絶対大学出て手に職もつ、おじさんとは付き合わない」っていう。
    姪の将来が不安だ….

    439 :鬼女日記 2017/11/11(土) 12:20:39 ID:qbw
    街灯の少ない高齢者ばかりの住宅街で暮らしてた女子中学生の頃
    夜の自宅で勉強してたら「おーい、開けてくれー」と酔ったような声が聞こえてきた
    家から閉め出されたおじさんだろうと思い無視していたけど何度も「誰かー、開けてくれー」と言っている

    しばらくして父が車で帰宅する音がしたがなかなか家に入ってこない
    おじさんは父が説得しただろうと思い自室にいたが、救急車が来て初めて怪我人だと気がついた

    結論としては「泥酔おじさんが自転車で転び側溝に落下、助けてくれ、と言っていた」でした

    家族には怪我人を無視して放っておいた態度を叱られたけど
    「おおーーい、あーーけてーくれーー」と聞き間違えた上に相手が大人の酔った大きな声だったこと
    某国拉致現場に近い地域で女子中学生が真っ暗い夜道に出ようとは思えなかったことを主張して納得してもらった

    助けを求める時は「大きな声」よりも「危機感を高める金切り声」の方が効果があるのではないかと思った平成初期の修羅場でした

    63 :鬼女日記 2015/05/19(火) 14:32:43 ID:BrD
    以前住んでいた都内のマンションに感じの悪い奥様がいた。
    40歳いったかいってないかくらいで、大柄、ヤンキーとギャルが
    まざったような(梨花が失敗したような?)派手な奥様だった。
    見た目はともかく、その奥様がいつも凄く態度が悪かった。
    挨拶も無視、あるいは顎でしゃくって返す、ロビーや屋上庭園でも
    我が物顔ですっごく偉そうだった。ゴミ出しもムチャクチャで、
    管理組合でも必要な書類は無視するのに要求がある時だけ来る。
    騒音でもクレームが来ていたそうだ。

    どれもひとつひとつはそこまでぶち切れる程ではなくて、
    大きな実害は無いんだけど、とにかく感じが悪いことこの上ない。
    私も挨拶したら無視されて、ムカついたのでもう一度挨拶したら
    スマホ弄りながら「あー」だって。
    若いギャルママならまだしも、良い年したおばちゃんなのに。

    で、ある時、見知らぬおじさんと派手奥がロビーで擦れ違った。
    私は宅配ボックスの近くにいた(二人からはタヒ角になる位置)。
    おじさんは派手奥に挨拶したが派手奥はぷいっと無視した。
    すると、後から入ってきた派手奥の子供(園児)を、
    おじさんが思いっきり蹴り上げた。びっくりした。
    子供は入り口方向に飛ばされて、数秒後に大声で泣き出した。
    派手奥は驚いて駆け寄ったが、おじさんはすでにいなかった。

    このページのトップヘ