お留守番

    951 :鬼女日記 2011/02/22(火) 04:17:21 0
    出会った人をしょっちゅう怒らせて大勢に嫌われてるAさん。
    今年子ども会役員が一緒になったせいで最近私も胃が痛い。

    例えば私・Aさん・役員Bさんが3人で子ども会の会議の予定が入った。
    Bさんの子はとってもシツコクって(これは本当)、Aさんの子は絡まれた事もあって苦手だと以前に言っていた。
    「うちの子、Bさんの子と会って遊んだら爆発しないかな・・」とAさんが言うので
    「じゃぁ私からBさんに子供たちは今回お留守番にしようかって言ってみようか??」と言ったら、
    私がBさんの子はしつこいと指摘すると何故か勘違いしたAさん
    「えぇぇぇ!!!Bさんにそれを私さんが言うの??
     そんなんイキナリ言われてBさんどう思う???
     余計なことせんといて、って言うか私さん人として最低よ!!!」
    Orz・・・大人になって身内以外に最低って初めて言われたよ。

    夜に会議で会ったAさんは私が言った事の意味に気付いててアチラから謝罪して来た。
    「ごめんねぇ~。でも最低ってそんなに悪い意味じゃぁ無いのよ~。
     私さんは上品な地区に住んでたからそう感じるかも、だけど
     私の実家では挨拶と同じレベルで皆使ってるから~~~」
    と、言って来たが、Bさん含め周囲に『根回し』を完了してた。

    思いつくままに暴言吐いて、簡単に謝罪して来るが周囲に「私さんを怒らせた~」と泣きついて根回し済みなAさん。
    マジでイライラする。

    子ども会役員4人でスイーツをお取り寄せした時、200円と安いので送料を請求しなかった。
    Aさんが気付いて
    「私さんが送料負担してくれたんだよね。幾らだった??」と聞かれたので
    「別に良いよ。私一人でも同じ額だし何時も買ってるから」と答えると
    「あかんよ!!ちゃんと皆で割り勘にして!!」と言ってくれ、他の役員も「そうだよ!!」と言ってくれたので
    「じゃぁ200円だから、一人50円お願い」って言ったら
    「えぇぇぇぇ!!!そこで請求する???!!こっちは社交辞令で言っただけやのに!!!」
    と怒り出し結局支払わず皆どん引きだし。
    普通体型の4年生の子を「幼稚園児です!!」と言い張ってバイキングに参加しようとするし、色々と仕出かしてくれた。

    203 :鬼女日記 2015/05/12(火) 01:29:19 0.net
    私、中学2年、甥小学5年、姪小学2年。
    兄夫婦と両親がでかけなければいけない用事があったが
    姪がみずぼうそうかおたふく風邪か何かだったので、私と甥と姪の三人で留守番をしていた。

    兄は年が離れていて、ずっと遠方で暮らしていたのであまり会う機会はなかったけど
    礼儀正しい子たちだったし
    アレルギーとかもなく、姪の病気もほぼ完治状態だったので困った事はなかった。

    昼ごはんに、甥と姪といっしょにハンバーガーを作った。
    野菜とテリヤキソースとマヨのテリヤキバーガーとか、チーズバーガーとか月見にしたりとか簡単なもんだけど
    親が帰ってきたときに、葬式で何か貰うだろうけど
    すぐ食べれる物があったほうがいいかもと思って5個ほど余分に作ってラップして皿につんでおいた。

    親たちが帰ってきた時に、姪が迎えに行ってハンバーガーがあるから食べてと言っていた。
    この時はぜんぜん普通に会話をしていたのだけど
    みんなが食べ始めるのを見ていたら、急に喪服姿の兄嫁さんがハンバーガー手に持っったまま「ウゴォォォォ」って吠えてた。
    叫ぶのではなくて 吠えてて、 ウゴォォォォの後が ガォーーーゴッホゴッホみたいな大声で
    そして、ハンドバックをひっつかんで、食卓の上に振りおろした。吹き飛ぶハンバーガーと皿
    何度かハンドバックを降りおろしたあと、床に膝まづいて、ちらばったハンバーガーをかきよせて、泣きながら吠えながら食ってた。

    その間、母だけが「どうしたの?なにか入ってたの?どうしちゃったの」って一生懸命話しかけてた。
    私と甥姪は固まっていたのだけど、父に2階に行っていろと言われて3人で2Fにあがり
    TVつけて、漫画をよんだりしながら待った。
    兄と父で兄嫁を布団と毛布でくるんで、兄嫁はその状態で救急車で連れて行かれた。

    約30年前の話なのだけど、いまだに何があったのか謎のまま
    大人になった甥姪とはつきあいは多少あるけどなんとなく兄嫁の話をした事がない。
    兄とも兄嫁の話をした事がない。

    このページのトップヘ