お見合い

    402 :鬼女日記 2015/05/18(月) 21:30:03 ID:n0iA805a.net
    冷め話。アラサーでお見合いして、相手の男性は口下手な、女性に慣れてないのがわかるタイプだった。
    でも話せないわけじゃ無いし、店や出掛ける所も熱心に調べてるみたいだし、
    何よりお見合い、徐々になんとかなるだろうと思っていた。
    そしてクリスマス。田舎なりに定番のデートスポットをまわり、夜景が綺麗だというビルに向かった。
    でも田舎だから、あれが駅前通りであれが高速道路って感じで正直ショボいし、私自身がそんな乙女チックな人間でもない。
    上から見るとこんななのか~と眺めていると、相手は展望フロアをあっち行ったりこっち行ったり不審な動き。
    何やってるのかと目をやったら、「あっ!」と声を上げてこちらに駆け寄ってきた。「ほら今、サンタクロースが○○さんにプレゼントを持ってきてくれたよ!」と包みを懐から出してきた。
    …もう、あのときの気分をなんと言ったらいいのか。“ドン引き”という言葉意外に言いようが無く…。
    貴方、車下りるときに包みを隠してるのバレバレだったし。
    何そんな少女漫画みたいなアホなこと、30越えた男がするし。
    私が受け取りやすくする演技だとしても、どんだけ乙女チックなんだよ女の私以上だよ。
    色んな考えがグルグルして絶句しているのを、感激のあまりだと勘違いされ、「良かったね、サンタクロースが来て!」と言われて、
    ドン引いただけでなく、これが好きだったら夜景もロマンチックに見えるのか? 好きだったら感涙するようなシーンなのか?と思えてきて…
    結局、ドン引きから回復できずに、ほどなくして別れました。未だ独身。
    せめて嬉しそうな演技だけでも出来れば良かったのかも。でも無理だろうなぁ…

    1 :鬼女日記 2015/04/21(火) 20:24:51 ID:gyU
    35歳高卒年収300万低身長の不細工。
    よくドラクエのくさったタヒ体に似てるって言われる。
    両親既に他界。
    90近いばあちゃんと二人ぐらし。
    親に兄弟はなく、自分にも兄弟はなく、ばあちゃんの孫は俺だけ。

    228 :鬼女日記 2018/02/05(月) 15:24:49 ID:RB6
    個人情報の保護がゆるゆるだった、昔の話。おばちゃんの昔語りだから長いよ。
    私の実家の地元では、お見合いして順調に話が進んだら、結納・婚約の前に互いの戸籍を、相手には知らせずに確認するのが常識だった。
    本人たちがやるんじゃなくて、親たちがやる。
    戸籍謄本は、記載されている誰かの名前を騙って、ハンコがあれば、あっさり出してもらえた。

    そこで、本人だけじゃなくて家族も含めて、戸籍に問題があって破談にする時は、そのことは相手には言わずに、仲人を通して
    「(相手)様のお宅が立派過ぎて、うちには過ぎた御縁ですので」と言うのが決まり文句、
    言われた方の親も「御縁がありませんでした」と引き下がるのがルールだった。
    本人たちも深くは突っ込まず、それに従った。

    もちろん、本人がまっとうな人なら他のことは気にしない、ということもあった。
    例えば本人がよそからもらった養子で、でも本人は知らされてなくて、戸籍に記載はあったが両親がうまく隠し通してきたということで、
    相手の家も納得して、一生そのことは言わないでおこうとなって、幸せに結婚したということはあったが、それはまれなケース。

    283 :鬼女日記 2016/01/13(水) 09:27:21 ID:GSa
    プロポーズ受け入れてもらえて、お互いの両親交えての会食もクリア。
    次のデートで、色々具体的な事を相談しようと話を振ったら、
    「まだ決まったわけじゃないかないですか!!!!」とキレられた。
    「家事をしたくない時はしなくていいですね?」とか無茶な事を言ってきて、
    いかにも「結婚してほしかったら、これだけの条件を飲め」な態度。

    乗り物酔いしやすい体質だったのに「あっちやこっち連れていけ」と言われ、
    そのくせ酔い止めを持ってきたことは一度もなく、
    ほんの10kmほど走っては休憩出来る場所を探したり、
    気分を悪くしては八つ当たりされたりした記憶が蘇り、
    「まだ決まったわけじゃないなら、こっちから振っても構わないよな」と一気に冷めてしまい、
    向こうの親に事情を話して婚約取りやめ。
    彼女から「そんな積りで言ったんじゃない」ときたけど、冷めた心は戻らんよ。

    12 :鬼女日記 2016/11/14(月) 17:28:35 ID:/nTjQzwL0.net
    スレ立て乙です。
    半年前くらいの結婚式。

    友人はずーっと女子校で、男性嫌い。女性好きと間違われたこともある(一応本人は否定)。
    そんな新婦の伯母が「24歳なんて行き遅れ!とっとと見合いで結婚しろ!」と見合いをセッティング。
    でも男性嫌いな友人は複数の男性とお見合いする日常に耐え切れず、
    「この人なら今まで会った人たちよりマシ」という理由で3人目で決定。
    で、そのマシなお相手(新婦よりひとまわり年上)は友人と早くベッドインしたくてたまらない。
    ところが友人は上記の伯母然り、古風な家で育ってきたため婚前交渉は断固拒否。
    なので早くベッドインするために迅速に籍を入れる&結婚式をする計画を立てる新郎。

    ここまでが前提です、長くてごめんなさい。

    そんなこんなで新郎新婦がセッティングした結婚式は日取りも悪く、時間も日曜午前と微妙。
    (他の日、他の時間、他の式場は空いていなかったと新婦より聞きました)
    とはいえ、お呼ばれしたのだからと友人一同新婦のドレス姿を楽しみに行きました。
    しかし、この式場しか空いていなかったのは、対応が悪かったからだと徐々に露呈。

    式では案内係がちゃんとしなかったために新婦と父親がバージンロードを歩いた後ろを
    母親がついていく前代未聞の場面に遭遇。トレーン撮りたかったのに新婦母の後姿を激写。

    披露宴でもせっかくのケーキ入刀というシャッターチャンスを逆光という現象で邪魔をされ。
    司会者は想い出のデートの場所の名前を間違えるという酷さ(地元の名前なので誰でも間違いが分かる)。
    デザートビュッフェではスタッフが足の悪いご年配の方々にも取り分けてくれるでもなく
    「あちらにデザートがございますから」と再三声を掛けるだけ。

    書いてたら長くなってしまってごめんなさい、続きます

    473 :鬼女日記 2017/08/24(木) 04:18:06 ID:IMD
    私が最底です

    24歳のとき、親戚に頼み込まれてお見合いをしたことがある
    衣装レンタルも食事代も全部出すから!って言われて
    「まあいいか」と思って行ったらそこにいたのはおっさん(42くらいに見える30歳)
    しかも金持ちの親のすねかじって働いてない
    顔はたれぞうでイメージ検索して出てきた人を数倍油っこくうざったくした感じ
    おっさん開口一番、「24とかババアじゃん!」と言ってゲラゲラ笑った
    そして「こんなお見合いで何がわかるんだ?まずは忄生 交だろw」と言った
    その後もかなりきわどいセクハラ発言をされたけど、脳が不快な記憶をシャットアウトしたためか覚えてない

    そんな散々なお見合いだったのに、
    親戚は「今度またデートしたいって言われたからよろしく」とか言い出し、
    断ったら「取引先社長の息子さんで~」とか泣き真似までされた
    そんな親戚にほだされたのか、
    親も「一回だけならいいんじゃない?」とか言い出した

    それでブチ切れた

    おっさんの会話から
    「自分に自信がないから相手に威圧して安心するタイプ」ってのはわかってたから、まずは立場を逆転させることにした
    デート初日から口臭い、見た目キモいから近くによらないで、デブって生きてて恥ずかしくないの?お前は最底辺の存在でお前以上のゴミはこの街にいない、豚が偉そうに喋るな謙虚になれみたいなことを言いまくった
    泣きそうになったら褒めたり優しくしたりとアメをあげることで、そのおっさんはどんどん私に心酔するようになった

    そこまできたらおっさんはもう言いなりで、
    命令して近所の山に登らせて頂上からお尻叩き用の木の棒を拾ってこさせた
    ちょっとでも身の丈に合わないこと
    (親自慢とか女忄生 を下に見る発言)をしたらその棒でおっさんの尻をスパンスパン叩いた

    会いたいと言われ、
    「3キロ痩せて人間に近づいたらいいよ」と言って減量もさせた

    やめるタイミングがつかめなくて、結局それは私に好きな人ができるまで1年くらい続いた
    最後の日におっさんに
    「今日でおわり。二度と会わないことにする」って言ったら、
    おっさん
    「ありがとうございました。あなたに会えなくなるのは寂しいけど我慢する」って言って泣きじゃくってた
    うっかり私も泣きそうになったけど、お尻叩き棒で最後の一発をおっさんの尻に叩き込んだ
    敬語を使わなかったら叩くって約束破ったしね

    それから11年
    おっさんは素敵なお嬢さんと結婚してパパになったと聞いた
    近所でも評判の優しい旦那さんらしい
    よかったよかったと思ったけど、ちょっとやりすぎたかなーと思ってる


    376名無しさん@HOME2017/05/10(水)08:23:04.00 ID: 0.net

    母の友人の伝手でお見合いをして4月に入籍したのですが
    既にポロポロと嘘が出てきて、その度に哀しい気持ちになって愛情が薄れていき
    夫に「釣書に嘘を書くなんて酷い」と伝えたところ
    「君は私じゃなく経歴と結婚したのか?」と言われてしまいました。
    「嘘をつかれたことが哀しい」と伝えたのですが、伝わらないようで、どういえば良いのかわかりません。


    例えば、釣書は「大阪大学 外国語科卒」(偏差値65くらい)→実際は「大阪学院大学 外国語学部卒」(偏差値35くらい)
    釣書は「株式会社○○(関西では割と有名な会社)勤務」→実際は「有限会社○○勤務」(同じ名前で全然別の小規模の社員10人程度の会社)
    家族構成も「両親・兄・妹」→実際は「両親・姉・妹」
    年収は釣書に書いていなかったのですが、自主申告よりかなり少なく
    また、住んでいる場所も「持家」と言っていましたが、賃貸でした。

    本人は「勘違い」「ちょっと書き間違えた」と言ってますが、株式会社と有限会社をかき間違えるわけない、と思うし
    何度かデートしていて、お兄さんの話をふったときに「ああ。あんまり仲がよくないから」「連絡とってないから」とボカしたのをはっきり覚えています。

    このままこの嘘だらけで信頼できない人と人生やっていけるんだろうか、と思ってしまうくらいなんですが
    夫が言うように私が大げさなんでしょうか……なんだか混乱していてよくわからない文章になっていたらすみません。

    このページのトップヘ