こだわり

    512 :鬼女日記 2017/10/15(日) 20:59:45 ID:98wCKhqb0.net
    彼氏がカップ焼そばのお湯捨てたあと
    豚肉とキャベツと一緒に麺をフライパンで炒めて
    ソース絡めてからカップに戻して食べてた
    それなら蒸し麺買ってきた方が安上がりで美味しいのになに考えてるの

    17 :鬼女日記 2016/01/01(金) 23:05:48 ID:1OT
    あけおめ。
    大晦日に煮物を作って、これで正月3が日は食うに困らないだろうと、おせちも用意して(買って来たのつめただけだけど)、
    義実家詣でもし、さらに義実家作の重箱おせちとたっぷり煮物のお裾分けをいただいて帰ってきた今日の夕時。
    当然それらをいただくつもりだったが、旦那がすき焼きがいい、と買い出しに行った。
    私は大量の煮物が気になっていたので、すき焼きはまぁ食べたい旦那と子供が食べればよいと思っていた。

    旦那がすき焼きの準備に取りかかりはじめ、煮物をすき焼きにいれようか?と言ってきた。
    旦那としても煮物が残ってるのが気になり、一緒にたべればよいだろうと考えたのだろう。
    わたしは入れなくていいよ、別々に食べれば、と答えた。だって、なんで煮物をすき焼きに入れるのか。
    既に煮えている煮物を一体どの段階ですき焼きにぶっこむつもりなのか、旦那の算段もさっぱり想像できなかった。
    ちなみに旦那は土日などよく夕飯も作ってくれるひとで、ここにある煮物を作ってくれたのも旦那だ。

    そろそろすき焼き準備が出来た頃、私が煮物を温めようと冷蔵庫から取り出そうとしたら、旦那がキレた。
    煮物なんか食べられるわけないだろう、すき焼きがあるんだぞ!さっきすき焼きに入れないといったじゃないか!と。
    いや、すき焼きと別に食べるんだと言っても、食べきれるのか、絶対か!食べきれる訳がない!食べられるっていうなら、食べてみろ!
    もうね、わけわからん。
    じゃあ食べない!と冷蔵庫に戻した。すると、逆ギレした!と火に油。
    食べるつもりならすき焼きに入れればよかったのにと、また言い出す。

    ムカついてきた私は煮物を温め直してテーブルに置いた。
    子供たちはすき焼きを食べ始めていたが、旦那曰く煮物はすき焼きに入れてもいいらしいので、卵の入った器に煮物を少し取り分けてやった。
    一応、食べる?ここにいれていい?と聞いてから。
    したら、やっぱり入れるんじゃないか!とまた怒る怒る。

    結局すき焼きもたっぷり余り、旦那はふて寝した。
    子供たちは私が取り分けた分の煮物もちゃんと食べた。それで十分だ。
    旦那、マジ頭大丈夫?と思う時がある。そういう時に限って一向に聞き入れてくれない。
    煮物余ってもいいじゃん。明日また食べれば。でもちょっとは今日のうちに食べれば消費できるじゃん?それでいいじゃん?

    おせちを用意する時もそう。
    今年始めて自宅でおせちを用意したんだけど、理由は子供たちに日本の文化を教える必要があるから。
    だから、重箱じゃないとだめ(正月以外にほとんど使い道ないのに無視、ちいさめでかわいいお弁当にも使えそうなやつをなんとか選んだ)、
    おせちは全種入ってないとダメ(旦那=数の子以外ほとんど興味なしで食べない。あとは私と子ががんばってたべきってね。私だって栗きんとん以外興味ない)
    というか、むしろ子供に実際の物を見せるのが目的だから、食べ切る必要がない=廃棄。とまで言い出す。廃棄するために買う?!
    思考の基準がマジわからん。

    814 :鬼女日記 2017/10/26(木) 01:06:10 ID:Uy2UTItK.net
    妊娠してから自然派になった友人の家に遊びに行った
    子供には砂糖を使ったものは一切与えない方針で、おやつは食用の炭?とナツメを混ぜて固めたケーキにしているらしい
    おやつの時間になって友人がケーキを出してくれたのだけど、勿論友人の子の分は無し
    私達親子だけで食べるのは気まずいし、友人の子も可哀想なので、私が手土産として持って行った果物(果物は少しならOKと聞いていた)をみんなで食べようと提案した
    でも友人は「いいのいいの気にしないで食べて~」と言う
    友人の子は泣きながら自分も食べたい!と訴える
    すると友人は「○○君はケーキは食べられないよ。いつも言ってるように、ケーキにはお砂糖っていう毒が入ってるの。ケーキみたいな甘いものを食べると病気になるよ。賢くなれないかもしれないよ。そんなの嫌でしょ?」と言った
    目の前でそんなことを言われた娘は「ママ、このケーキ毒入ってるの?食べたら病気になるの?」って不安になってるし、他人の家の方針にとやかく言うつもりはないけど、もうちょっと言い方ってもんがあるだろう、とモヤモヤした

    452 :鬼女日記 2015/10/27(火) 08:38:11 ID:HnV
    昨年の暮れに同居していた義母がタヒんだ。(義父は結婚前に他界していた)
    義母は良トメと言うほどでもないが悪い人でもなく
    付かず離れずお互い我慢しながらも言いたい事もある程度言える関係だったが
    ひとつだけ受け入れ難いことがあった。
    それがお正月のお節。
    形式にこだわる人で、毎年きちんとお重にびっちり詰められるぶん作って
    絵に描いたような元旦の食卓だった。
    でも子供は夫ひとりだったし、うちは子供が出来なかったから3人しかいない家族。
    しかも夫はお節みたいなお上品な食べ物(←夫談)は口に合わないらしく
    切ったハムや出汁巻き卵しか食べない。あとはお雑煮だけ。
    義母も歯が悪くなってたからあまり食べない。
    なのにいつどんなお客さんがくるか分からないからと一杯作る。誰も来ないのに。
    結果毎年私に「腐る前に食え」と。
    もうお節とか作るのやめて2人前ぐらいの小さいお節を注文しようぜぃと何度提案しても
    「あんなもん買うもんじゃない」と却下。
    まぁ張り切って作るのは義母で手伝えと言われるわけじゃないんだけど
    正直私もあまり好きじゃない食材もあって(クワイとかw)
    それをひとりで食べる苦痛と言ったら。

    今年初めてお節のパンフレット貰ってきてどれにするか吟味中。
    すごい楽しい。

    963 :鬼女日記 2010/12/11(土) 13:26:52 ID:w+kJSIz3
    流れを読まずに書き込み


    趣味繋がりで付き合い出した彼
    趣味が合うので、会話や生活面でストレスを感じることもなかった

    そんなある日、雑談の流れで私の服のサイズを彼に教えることに
    恥ずかしかったけど、Lサイズだと正直に答えた

    さっきまで笑ってた彼が「Lサイズってデブのサイズじゃないか。お前痩せてるように見えてデブだったんだな」と、軽蔑した感じに言った

    答えに詰まる私に彼は、「元彼女はSサイズを着ていた」と追い撃ち
    それを聞いてなんか冷めてしまった

    そんなSサイズにこだわるならば、自分が着られるように痩せればいいのに
    165の女がSサイズ着たら袖から何から足りないんだよ……

    912 :鬼女日記 2016/06/20(月) 14:38:57 ID:WRp
    兄嫁が、兄の婚前の貯金を使いこんでたことが発覚して
    離婚するしないの騒ぎになった時が衝撃の連続だった
    一番衝撃だったのは、その散財の理由が化粧品や服ってこと

    だって兄嫁、ルックスは肉付きのいいヤワラちゃんで
    いつもジーパンとTシャツ、変な写真のバッグっていう恰好しかしてない。
    男の俺から見たらちゃんと化粧をしてる風にも見えない
    でも俺従妹は、法事で兄嫁化粧品の話をした時に兄嫁から
    「化粧品は伊勢丹の某店で買うに限る。
    店員のレベルが高いから色々教えてもらえてメイクのクオリティがあがる」と
    力説されたことがあるらしい
    クオリティを語る以前にそんなに化粧してたってことにびっくりしたけど
    従妹がその時に聞いた義兄嫁の愛用化粧品は高価なものが多かったし
    俺にはただのおかっぱにしか見えない髪も表参道の有名なお店に通って手入れをし、
    下着も、名前を聞いて思わず笑ったけど修行ブラという
    オーダーメードで揃えてると言ってたらしい
    後から兄が調べたら、その修行ブラっていうのが1枚1万円以上して
    年に3回は新しいのを作ってたから軽く10万
    色違いで沢山揃えてた靴は
    バレーシューズの有名店のオーダー品で1足5万以上
    俺から見れば変な、動物の写真がどーんとのってる変なバッグも
    女には有名なブランドのらしくて兄嫁は10個以上所有してた

    でも真実が明らかになる度に俺含めた身内みんな
    「そんなに金かけても容姿があれってどれだけ費用対効果が悪いんだ」と
    怒るのを通りこして呆れるようになってしまった
    結局兄夫婦は離婚したけど、
    「離婚原因は兄嫁の浪費。浪費の内容は服や化粧品」って説明すると
    兄嫁知ってる人は誰も信じてくれなくて
    実は兄に非があるのを嫁のせいにしてるんじゃ、と
    疑われてたらしいのも衝撃だった

    711 :鬼女日記 2016/04/13(水) 14:09:43 ID:y5S
    数年前に勤めてた会社のアラフォーの女性社員の子育てが衝撃的だった
    バリキャリタイプで子供は息子さんが1人
    「子供に飲ませるジュースは果汁100%のものを水で半分に薄めて飲ませてる」
    って雑談で言ってた事があった
    まあ幼児だったら100%はきついかもね~って心の中で受け流してて、
    その年の夏に会社のBBQがありその息子さんとご対面
    小学5年生だったwww
    彼女が見てないときにこっそり紙コップでペットボトルのジュースを飲んだ息子さんは
    目を潤ませて「美味しい…!」とすっごい顔を輝かせてた
    アレルギーや病気はないの?って聞いたら、一個も無いと返答
    家で出るジュースは美味しくない、ママが作るお菓子も味が無くて美味しくないと言って
    置いてあるポテチとかガツガツ食べてた
    あれから6年、大人になった息子さんは反動でジャンクフードをがっついてそうだわ

    このページのトップヘ