ひき逃げ

    538 :鬼女日記 2010/06/07(月) 17:14:41 ID:qJB6h4eB
    もう随分前の話だけど。
    私は仕事柄警察とか弁護士とかに知り合いが多い。
    それを何処かで聞いたらしい近所のママAに相談された。
    「○日に×の道で車で自転車にぶつけちゃって…警察の人に言って見逃してもらえるように頼んでくれない?」
    との事。
    調べてみると確かにAの言った日言った場所で轢き逃げが有った、被害者は農作業帰りのお爺さんで足を骨折。
    「私も何処迄協力出来るか分からないけど、管轄署に知り合いがいるから話してみるね☆」
    と言ったらAはとても喜んでいた。
    旦那はお堅い職業のとても真面目な人だし、子供も小さいから警察沙汰は困る、ありがとうとか。

    知り合いに電話して、犯人がいますよと通報しておいた。
    その日の夜に覆面パトらしき車がAの家に来て、それからAを見ていない。

    411: 本当にあった怖い名無し 2011/11/10(木) 20:45:55.80 ID:uNcH5mNg0
    狙って、というか偶然やってきた機会を復讐に使った話 
    身元バレ防止の為一部フェイク入れています。 
    またグロい表現が多少あり長文になります。読みにくかったらすいません。 

    自分の母親は10年ほど前の春の夜に父親と一緒散歩途中、
    飲酒運転のオッサンにひき逃げされて杀殳された。
    家で留守番していた私は父親の「母さんが目の前で轢かれた!」
    っていう絶叫にも近い電話で現場にかけつけた。 
    道路にブレーキ痕は全くなく車の進行方向とは逆のところに
    血痕と細かい無数のガラスの破片が散らばっていた。
    父と一緒に母を探した。

    このページのトップヘ