ほのぼの

    805 :鬼女日記 2014/12/18(木) 06:32:51 ID:reFm7JLA.net
    流れ気って長文ごめん

    5年前の帰省でのこと。
    ラッシュとはずらしたものの、新幹線はすごく混雑してた。自由席は満席。
    貧乏学生だった俺は指定席を取っていなかったので、デッキに立つことに。

    デッキの混みようもすごく、人の波に押されて中ほどに到着。
    隣には絵に描いたようなDQNなにいちゃんが・・・ヤンキー座りしてた;
    出張風なスーツの人や、子供連れの母親も、文字通り身動き取れないで立ってるのに!
    DQNはヤンキー座りのまま、なにやらノートをペラペラめくってた。
    「座りたいよ~、疲れたよ~」「ごめんね○○ちゃん、ちょっと我慢してね」
    なんて母子の会話が聞こえるも、DQN動じず。
    母子の隣のスーツの人はDQNを睨んでいるが、なにを言うわけでもない。っていうか今にも目を逸らしそう。
    他の乗客も白い目でDQNを見てる。オバサンもひそひそ話してる。DQN動じず。

    刺されたらやだな、とか考えてたけど勇気を振り絞った。
    「立てませんか?」と声をかけたが、DQN動じず。
    負けじと何度も話しかけるも、ようやく舌打ちされただけ。
    俺もムキになってたようで、
    「あなたに言ってるんです、立てませんか?聞こえない・日本語を理解できない・足腰が悪いなら謝ります、立てませんか?」
    と言った。
    するとDQNは舌打ちとともに立ち上がった。

    その瞬間、周囲の乗客がすかさずDQNにプレスディフェンス!
    スーツの人は母子のスペース確保、笑顔で子供に「広くなったからちょっと座って休むといいよ」と声をかける!
    母親はお礼を、オバサンは賞賛をスーツの人に浴びせた!
    次の駅でDQNはいそいそと下車。子どももスーツの人に「ありがとう!」とお礼。

    スーツの人おいしいとこ取りかー、なんて思ってたら
    「これ、全部あなたへの言葉ですよ!」って言ってくれた。
    だからこの話はやっぱり、スーツの人の武勇伝だ。

    491 :名無しさん@おーぷん
    昨日「この子と結婚しよう」と決めた話

    昨日、彼女が「今月昇給したからお祝いに、ちょっと良いお店の焼肉を食べに行こう」と言ってきた
    いつも通り俺がちょい多く出すか、割り勘くらいに考えてたんだが、彼女が「今日は全部出す」と言っておごってくれた

    自分の方が5つも年上なのに、情けないからやっぱり出そうかなーって思ってたら
    「いつも自分と遊んでくれるお礼だから良いよー。自分と遊んでくれるから仕事頑張れたし、昇給したし」だって
    いつもはどっちかと言うと倹約家でしっかりした子なんだけど、いざっていうときの思い切りの良さでさらに好きになった
    あとは、いつも車出してくれるお礼だって
    恥ずかしい話、デートのときは男が車出して当然って思ってたから、まさかそんなことで礼をされると思わなくて、すごい驚いた
    今まで付き合ってた女で車を出してくれるお礼で飯をおごってくれる女なんていなかった
    決して、焼肉につられたわけじゃないが、こうやって何か違う形で返してくれる彼女に「結婚するなら絶対こいつだ」って思った

    恥ずかしいから焼肉のときに決意したことは黙っておくけど、近々なにか他に理由をつけてプロポーズしようか……

    448 :名無しさん@おーぷん
    先日爺ちゃんが100歳になったので昔話を。
    約20年前、当時幼稚園児だった俺は同級生と「サンタはいるか否か」で口論になった。
    サンタはいないと言われ悔し泣きをしていた俺に爺ちゃんは「絵本のサンタさんはこっちにはいない。でも日本にもサンタはいるぞ!!」と言って町内会のクリスマス会を楽しみにしてろと笑った。
    クリスマス会当日、爺ちゃんは友人数人を引き連れ「トナカイ印のクリスマス宅配便」としてトナカイの角を取り付けたクリスマス仕様のバイク&サンタクロースの格好で駆け付けてくれた。サイドカーには子ども達へのプレゼント。
    俺を含め子ども達は大いに喜んだ。しかも滅多に見れないパンダカラーの車のおまけもついて興奮マックス。後に話を聞いたら、爺ちゃんは反則金を取られたが後悔は無いと胸を張っていた。

    242 :名無しさん@おーぷん
    修羅場ではないんだけど衝撃体験。
    23歳の時心霊写真という物を初めて目にした。
    友達と妹と皆で写真を撮った時、現像してくれた友達が恐い恐いと言いながら皆に見せて回って最後に私に回ってきた。
    見せてくれた写真に写ってたのはなんと、?うちの婆ちゃんだった。
    妹の後ろから伸びる婆ちゃんの顔…(故人)。
    見守ってくれてるんだね、良かったね。ってほっこりしつつも婆ちゃんは妹の後ろについてるんだなとほんのり嫉妬。

    数年後、その妹が出産。
    爺ちゃんの命日に甥が産まれた。
    爺ちゃん(故人)そっくり…w
    赤ちゃんなんだけど顔が爺ちゃんw
    今甥は2歳になるんだけど、好きなものはあんこ、ジャガイモの煮物。
    爺ちゃんの好きだった物をドンピシャで好んで食べる。
    きっと甥は爺ちゃんの産まれ変わりなんだね。とほっこりしつつも爺ちゃんも妹かよ!と嫉妬。

    守護霊とか信じてなかったけど、本当にあるんだなって思った。
    でも私の後ろはスカスカなのかな?とちょっと心配。

    480 :名無しさん@おーぷん
    ヒマな時にコツコツ推敲してチラ裏か相談に投下しようと思ってたんだけど解決しちゃった。せっかく書いたんだから投下しとく。


    質問。好きな食べ物について
    「好きだねー」
    って言われて、ムカつくものかな?
    うちの旦那が餃子好きでね、ちょっと前、昼に中華(もちろん餃子も)食べた日に私が
    「夕飯何がいい?」
    って聞いたら旦那が
    「餃子」
    って答えるから
    「好きだねー」
    って笑ったらいきなりヘソ曲げて
    「そういう風に言われると食べたくなくなる。もう餃子食べたいなんて言わない!」
    って言い出して、その場の空気めっちゃ悪くなってから餃子作れないでいるんだよね。
    一度レバニラで喧嘩したことあって、それからレバニラ封印してるんだけど、餃子も封印になりそう。

    私、洋菓子のカヌレが好きで、家族からは
    「あんた、またそのコゲたケーキ食ってんの?好きだねー」
    なんて言われてたけど、それに対して
    「いいじゃん、好きなんだもんw」
    って笑って返してたのね。
    だから
    「好きだねー」
    って言われても、そのメニューをよっぽどdisるような事を言われない限りは
    「おいしいんだもん」
    とかなんとか返しようがあるもんだと思ってたし、それが人を不快にさせるなんて思いもしなかった。

    不器用な私が作った餃子をウマイウマイって食べてくれて、それが嬉しかったから、
    「いっちょやるか!しょお〜がねえ〜なあ〜、愛する旦那の為やでぇw」
    くらいの気持ちでいたのさ。
    たしかに面倒くさかったけどさ、餃子を作れない事がこんなに寂しいなんて思いもしなかった。
    「好きだねー!そんなんだから痩せないんだわぁw」
    とか言われたらね、私も流石にキレるけど。もし
    「好きだねー」
    がイヤな人いたら、イヤな理由を教えてほしい。


    これがね、今日の昼間、スーパーの食品売り場で解決した。
    旦那「そういえば餃子最近食べてないなぁ」
    私「えっ!?この前の『好きだねー事件』から、なんか出しにくくて封印してるだけだよ?」
    旦那「えっ」
    私「『もう餃子食べたいなんて言わない』って言うから」
    旦那「そんな…(絶句)」
    気まぐれで人を困らせておいて、あとは覚えてないだけでした。
    今夜は餃子。ニラざっくざくでいく。

    320 :名無しさん@おーぷん
    うちは兄私妹の3兄妹。
    そして全員年子。
    兄、申年(以下猿)
    私、酉年(以下鳥)
    妹、戌年(以下犬)
    近所や同級生からは桃太郎兄妹って呼ばれてた。
    でもって、この猿と犬が幼い頃からめちゃくちゃ仲悪かった。
    リアル犬猿の仲。

    猿は双子座で、犬は射手座。
    聖闘士星矢じゃ双子座と射手座は因縁の仲。
    (牡羊座の私、高みの見物w)
    マリオカートやれば、必ず猿はマリオで犬はクッパ選んでお互いに亀とばしまくり。
    (私はキノピオ派)
    青春時代は、猿はガノタで犬はゴングロギャル。
    (私はシノラー)
    今、猿と犬はお互いに「埼玉と千葉」「鳥取と島根」
    みたいな対抗しあうような土地柄に在住。
    兄妹なのに、まさに宿敵同士。

    鳥の自分は、さながらコウモリのように、猿と犬の間でフラフラしてた。
    犬が何かと猿に対して口撃的なのをたしなめたり、
    猿がマジギレして犬に手を上げそうになった時には、
    犬の腕にしがみついて止めたり、仲裁役ばっかしてた。
    親は兄妹ゲンカにほぼノータッチだったから、
    この長年の仲裁役は結構しんどかった。

    全員結婚して、全員子供にも恵まれた。
    今月末に、自分は猿と犬の居住地からも、
    実家からも遠い場所に引っ越す。
    今年の正月、夫が実家で猿と犬に冗談交じりに
    「猿さんと犬ちゃんが心配すぎて、鳥ちゃんが残るって言い出しそう」
    って笑ったら、2人して私に
    「今までごめん。頑張って犬と(猿と)喧嘩しないようにする」
    ってLINEしてきた。
    2人して文面同じでワロタw
    知らない土地での新生活のこととか、子供のケアとか
    色々不安はあったけど、とりあえず1つの大きめな
    不安が解決するかも?

    納戸を整理してたら幼少期のアルバムがあったので、
    当時を思い出しつつカキコ。

    58 :名無しさん@おーぷん
    流れを切ってしまってごめんなさい
    お付き合いのことで教えてください。

    きっかけはお見合いなんですが、初めて恋人ができました。
    交際が始まって2日目で、lineで連絡をやり取りしています。
    どの程度の頻度で連絡をしていいのかわかりません。
    あまり頻度が高いと嫌われそうで、間隔が開きすぎると心が離れていきそうで。
    今のところ二日連続でやり取りしています。

    787 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/09(火) 19:58:20.10 .net
    嫁とは、20年かけて二度の恋愛期間を経て結婚した。

    一度めは、俺が20歳、嫁が22歳の頃。付き合い始めそのまま同棲へ。そして妊娠。俺は結婚して出産を懇願したが、
    嫁は頑なにノー。結局、中絶したのだが、それで関係がギクシャクし別れた。俺も若かったね。嫁の気持ちを
    受容できなかった。それでも嫁のことは大好きだった。嫁は、2年後に他の男と結婚した。俺も何人かの女性と
    付き合ったが結婚には至らず。相変わらず心の真ん中には嫁。とはいってももう人妻。現実的には興味なし。
    どこで何してるのかも不明。俺は独身のまま、30代半ばに。

    大手企業勤務だったので、収入はいい方かと。趣味のクルマとバイクに没頭。趣味の為に凝ったガレージを持つ南欧風の
    小洒落た戸建を建てた。ガレージには、スポーツカーとSSバイク、ツーリングバイクが鎮座。リビングと寝室から、
    ガレージがショウルームのように見える。気楽な独身貴族の生活を謳歌していた。

    ある日、facebookに友達申請が。嫁からだった。躊躇したが連絡をとってみた。嫁は、結婚して10年ちょいで離婚。
    当時は関東地方のとある街で派遣労働で独り住まい。離婚の仔細は詳しく聞いていない。関係ないし。
    嫁にこっちに遊びに来ないかと誘ってみたらOKの返事。空港で久しぶりの再会。ガレージや家を見て、「生活感が
    まったくない、気ままな暮らしをしてるのね(笑)」。嫁は数日滞在、もう若くないので男女の関係は無し。
    昔のように家事に勤しむ嫁を見て、「よりを戻すのもいいかな」と思った。

    3カ月に一回くらいの頻度で嫁に遊びに来てもらう生活。「なんか家政婦みたいね」って言われたが、家事もそつなくこなすし、
    嫁にも不満はなさそうだ。しばらくして、嫁に一緒に住まないかと提案。「結婚までは・・・考えさせて」と言われたが
    派遣契約が切れるタイミングで同居。この年齢になると老後も考えないといけないので入籍し、10年くらいで今に至る。
    郊外の森林に囲まれた南欧風の家でオヤジとオバンのスローライフな生活。週末は、スポーツカーに嫁を乗せてぶっ飛ばし
    ストレス発散。若いころのような仲とはいかないが、年を取ってからの恋愛ってこんな感じなのかな。

    951 :名無しさん@おーぷん
    和むというか感心した話。

    友人の旦那である英国紳士に地元を案内中
    私「そういえば、お昼ご飯は何を食べます?」
    英「おソバ……いや……う〜ん……」
    私「じゃあ、適当に回っていくんで気が向いた店があったら言って下さい」
    英「ハイ……」
    グルリと一周した後、結局最初に案内したそば屋に入ることに。
    私「なかなか御眼鏡にかなう店を紹介できなくてすいません……」
    英「……? アーッ。違うんです。最初からここのおソバに決めてました」

    お昼のピークを過ぎた頃に、いい蕎麦湯が出ると思って少し散策してから入るつもりだったとのこと。
    蕎麦通ぶりに驚かされた。

    11 :名無しさん@おーぷん
    結婚半年。
    合コンでびっくりするほど話の合う旦那と出会い、トントン拍子で結婚した。
    旦那とは5つ違いで、とても可愛がられている。
    義実家との関係も良好。

    だけど、自分が元々人にあまり執着しないタイプなので、旦那の愛情表現が日々重い。
    日本人には珍しく一日に何度も愛してるという人で、起きたらハグ、帰ってきたらハグやキス、おやすみもキス。
    正直重い…
    疲れてる時など軽く振り払ってしまう時もある。
    ディズニーの王子のように、手の甲にキスされる時もある。
    友人らに愚痴っても、「すごい愛されてるじゃん〜何が不満?」とイマイチ分かってもらえない。
    旦那の事は大好きなんだけど、四六時中ベタベタされるとうんざりする。
    愛されすぎて逃げたくなるってこういうことかと思う…

    このページのトップヘ