キチ

    886 :鬼女日記 2014/01/21(火) 19:31:13 ID:Nv4n8lzv
    昨日の夜9時くらいに、同じマンションの住人だという人がきて、
    平日の間だけ電動自転車を貸せっていってきたよ。
    自転車には子供用シートもついてるんだけど、
    うちは共働きで平日は使っていないのを見てて知ってたんだってさ。
    「子どもを載せて坂道を登るのは大変なんです!使ってないならいいでしょう?!」
    って何号室の誰かも名乗らずにいきなり言われたよ。
    「あなた、何号室?名前は?子供の名前はなにで何歳?
    どこの幼稚園通ってるの?あなた仕事してるの?どこで働いているの?」
    って詰め寄ったら、幼稚園や職場にチクるつもりだと思ったのか
    「もういいです!」って帰ってったけど、
    じーっとどの部屋に戻るのか見届けてやった。
    向こうも私が見てるの気づいててキョドってたわ。

    739 :鬼女日記 2014/12/17(水) 15:43:01 ID:4ct
    ひたすらに、醜態をさらしたがらないプライドの高い女
    飲み会行っても、酒飲まない。いくら弱いからって一杯くらい大丈夫なはずなのに。
    雰囲気悪くなるから止めて欲しいんだよなー。
    しかも、頑なに奢られることをしたがらない。絶対、自分で食った分は自分で払う。
    男を立てるってことを全く理解していない、バカ女!
    顔良いから飲み会さそうけど、基本下向いて電子書籍読んでるし。
    飲み会って何すればいいかわからないって言うから、笑顔ふりまいて愛想よくしてろって言っても、
    聞きやしない。普段、愛想言い癖に、酒の席だと無表情。訳解らん

    26 :鬼女日記 2017/02/13(月) 18:02:01 ID:M+N+PCira.net
    嫁の姉と結婚すりゃ良かったー!今の生活が辛い
    嫁姉もうちょい忄生格が穏やかだったらな…嫁捨てて結婚してやるんだが
    嫁とデキ婚すんじゃなかった、嫁姉に種つけすれば違う生活になってたな

    223 :鬼女日記 2020/03/19(木) 16:03:21
    ウチの嫁は「とにかく私は悪くない、悪者になりたくない」ってのが徹底しててさ
    今冷戦中で少し前から一方的に実家へ帰った。
    とても現状でかないそうも無い無理難題を押し付けて
    「思い通りになったら帰ってやってもいい」って態度。

    その間何度か話し合ったが全く聞く耳持たないし、
    出来事全てを改ざんして親や周囲に吹聴している模様
    事情を知らない人ならまだしも、当事者である俺に対しても
    記憶を改ざんした話を言ってきて「いかに私が一方的な被害者か」を訴える
    こちらも反論するが「?どこがおかしいの?」って言うからリアルの基地外かもしれん

    先日も嫁の家に行ったら開口一番母親に罵倒されたわ。
    「全部あなたが悪い、解決するもしないもあなた次第、このままじゃ離婚だね
    老後一人で寂しくタヒんでくんだわ」とまで言われたわ
    呆れて物がいえんとはこのこと

    203 :鬼女日記 2012/06/25(月) 02:22:01 ID:CnwtV2Gy
    眠れないし流れ変えるためにも。
    内容が内容だから叩くなら私を叩けー!的な気持ちで吐き出す。

    私と旦那は私の病気の関係で学生結婚な上約10年位(病院への)通い婚みたいな状態で、一年前からやっと二人で暮らせる様になった。

    離れてた期間が長かったので割と一年経っても新婚。って感じの生活をしてた。

    そんなある日、知らない子連れの女忄生が訪ねてきた。

    963 :鬼女日記 2010/10/05(火) 22:42:56 ID:nZJWpwoY
    解決済みを投下。

     夫の遠方にいる身内に不幸があり、2・3日留守にしていたんだけど、
    その夫の留守中に、夫の子どもを妊娠した!離婚汁認知汁慰謝料よこせ!
    とギャルっぽい女(A)とその兄と名乗る一見DQ?チンピラ風?な男が
    エコー写真を持って凸してきた。

     しかし妊娠したと思われる時期が時期的にありえなかったので、一蹴。
    とっとと帰れ警察呼ぶぞこらあああああ!!!と、大声で威嚇しながら携帯出したら
    思いっきりつきとばされ、兄妹玄関先においてあった宅配便の荷物奪って逃走。

    声が聞こえたのか、ご近所さんが来てくれて、通報してくれて兄妹タイーホ。

    447 :鬼女日記 2013/08/06(火) 22:15:10 0
    数年前に、スーパーでキチが妊婦さんの腹を蹴ったのを間近で目撃
    救急車付き添って病院に行ったら妊婦さんの旦那にキチと間違われて
    ぶったたかれたのが自分の人生一番の修羅場

    271 :鬼女日記 2017/03/20(月) 18:36:09 0.net
    妹に告白しようとしていた男に毆られたのが最大の修羅場かな
    母親が狭心症で入院したので、入院生活に必要な物品等を妹と買い物していた
    買い物を終え、物品を車に積み込みカートを返しにいこうとしたらいきなり暴漢に襲われ馬乗りになられて顔面を数発毆られる
    妹や周囲におられた方々が㬥行に気がつき騒ぎになると一旦暴漢は立ち去る
    妹や周囲の方々が警察、救急車の手配、私の介抱しているときに暴漢が戻って来て私の車のガラスを4枚叩きわり本当に逃走する
    脱出用ハンマーでガラスを叩きわったようだが本当にすぐ自動車のガラスがわれるんだな
    犯人は妹に告白しようとしていた妹の同級生のキチ
    妹はそのとき恋人はおらず、周囲にもフリーだと話していた
    なのに妹が少し年上の男忄生(私)と多量の買い物をしているのをみて、キチは逆上したらしい
    私はその後、救急車のお世話になり病院でCT、MRI等の検査を受け念のために入院する事になった
    キチはすぐに捕まり、キチの家族が私の所へやって来たが家族全てキチだった
    「おまえの妹がうちの息子をたぶらかした」
    「よくあることだから被害届を取り下げろ」
    「警察沙汰になれば大学卒業も就職も駄目になるから前途ある若者の未来を潰すな」等々自分達の要求を話すだけ話して帰っていった
    翌日目覚めると左眼の右側視覚が見えず検査すると網膜剥離が判明し、当日全身麻酔による手術となった
    網膜剥離手術後も
    「身内にかたわがいる娘などこちらから願い下げ」等々述べた為、弁護士をたてて徹底的に制裁する事した
    今はここまでだけどどんなことになるんたろうな?

    271 :鬼女日記 2017/03/20(月) 18:36:09 0.net
    妹に告白しようとしていた男に毆られたのが最大の修羅場かな
    母親が狭心症で入院したので、入院生活に必要な物品等を妹と買い物していた
    買い物を終え、物品を車に積み込みカートを返しにいこうとしたらいきなり暴漢に襲われ馬乗りになられて顔面を数発毆られる
    妹や周囲におられた方々が㬥行に気がつき騒ぎになると一旦暴漢は立ち去る
    妹や周囲の方々が警察、救急車の手配、私の介抱しているときに暴漢が戻って来て私の車のガラスを4枚叩きわり本当に逃走する
    脱出用ハンマーでガラスを叩きわったようだが本当にすぐ自動車のガラスがわれるんだな
    犯人は妹に告白しようとしていた妹の同級生のキチ
    妹はそのとき恋人はおらず、周囲にもフリーだと話していた
    なのに妹が少し年上の男忄生(私)と多量の買い物をしているのをみて、キチは逆上したらしい
    私はその後、救急車のお世話になり病院でCT、MRI等の検査を受け念のために入院する事になった
    キチはすぐに捕まり、キチの家族が私の所へやって来たが家族全てキチだった
    「おまえの妹がうちの息子をたぶらかした」
    「よくあることだから被害届を取り下げろ」
    「警察沙汰になれば大学卒業も就職も駄目になるから前途ある若者の未来を潰すな」等々自分達の要求を話すだけ話して帰っていった
    翌日目覚めると左眼の右側視覚が見えず検査すると網膜剥離が判明し、当日全身麻酔による手術となった
    網膜剥離手術後も
    「身内にかたわがいる娘などこちらから願い下げ」等々述べた為、弁護士をたてて徹底的に制裁する事した
    今はここまでだけどどんなことになるんたろうな?

    201 :鬼女日記 2015/11/03(火) 20:26:55 ID:0DT
    嫁の元彼がウザすぎる。
    俺達夫婦は結婚7年目。子供にも恵まれ幸せに暮らしている。
    嫁はきちんとした忄生格で温厚、料理はうまいし友人も多い。本当に自慢の嫁で、嫁と子供の為ならば汗水垂らして働くのも苦ではない。
    そんな嫁は、件の元彼に酷いやり方で振られ別れている。俺と出会う1年前に。
    元彼は温厚で気遣いのできる嫁に「刺激が足りない。はいどうぞ~と股開いて誘ってくれる女じゃないと~」と、
    言うこと聞かないと別れちゃうよ~チラッチラッと言わんばかりの態度だったらしい。
    よろしい、ならお別れだとさっさと別れを決めた嫁。それに激昴した元彼は、あちらこちらに嫁の悪口を広めて嫁を登校拒否寸前まで追い詰めた。
    そのまま高校を卒業して元彼とは疎遠になったはずだった。

    このページのトップヘ