クビ

    454: 名無しさん@HOME 2016/10/10(月) 23:52:48.51 0
    子供がうまれる直前に旦那が仕事をクビに。 

    旦那に理由を聞いても自分の都合の悪い事は言わないので
    旦那が迷惑をかけたことに間違いはないので
    会社に菓子折りを持参し謝罪しに行った。 


    511 :鬼女日記 2015/08/04(火) 14:07:40 ID:xrT
    長文です。表示&文章おかしかったらごめんなさい。長年の友人AをCOした。

    ずっとずっと友やめしたかったのにできなかった。
    共通の友人がいるから切りにくいとか、良い部分もあるとか、理由をつけて切らなかった。

    学生時代 ? と思うことはあっても、そこまでおかしいとは思ってなかった。
    Aのおかしさに気づき始めたのは私が社会人になってからだった。

    Aが通っていたとある職種の学校からの就職を諦めて、医療事務の講座に通い始めた。何でも本気でその職種を好きな人間にはそれを売り物にする職業は無理だと言われたそうな。
    そしてそのころ盲腸で入院したAは、そこで病棟クラークさんの優しさに感動して、自分もああなる!と決意した。Aが入院したのも神様からの導きだそう。

    実は私も医療事務の専門学校に通って、無事資格を取って就職したのだけども、ものすごく大変だったので、Aを本気でとめた。

    給料も安いし、医者にも看護士にも馬鹿にされるし、患者が感謝してくれるなんてありえない。
    患者さんが感謝するのは医者と看護士。受付は八つ当たりされるだけの存在だ。夢を見てるんじゃない、と。

    しかし、入院したことのある自分は患者さんに仕えられる、そのために自分はあの時入院して辛い目にもあったのよ! とまるで天使か聖母のような発言。
    そのころ盛んだったSNSでAとつながっていたのだけど、私がたまに職場の理不尽な愚痴を書いていたら、Aはどこか上から目線なコメントを返すことが多かった。

    その後Aは医療事務の講座を無事終えて資格も取り、就職。

    最初の職場は一週間ほどでくびになる。
    その後別の職場では一年ほど勤めたが、同僚の受付に激昂された。

    話し合いで言われた言葉が
    「ミスをしてしても謝らずに、ふくれる」
    「してほしいことはせずに、してほしくないことばかりする」


    上司(受付ではなく、普段は経理とかやってる。Aを雇った人間らしい)も間にはいって、「これから遠慮せずに、Aさんにびしびし指導してよ」と言うも「もうそんな段階じゃない。続くようならみんなで一緒にやめる」と言われ、ほどなくして自主退職。
    ↑を逐一SNSで報告していたのだけども、コメントはほとんどAをかばうもので(大人気ないとか、最初からできる人はいないんだから~とか)、それもそれで気持ち悪かった。
    その後も別の病院に就職するたび、大体同じ流れで半年とか、早くて研修期間中に切られる。

    しかしそのたびSNSのコメントで励まされる。

    結局盲腸の古傷がどうしたとかで、再び入院。

    そこでようやく三年続けた医療事務が自分に向いてないと分かったといい、別職種の専門学校に通いだした。
    学校に通いながらその職種の仕事もして、自分の天職はこれだ!いろんな経験もしたから人の痛みも分かるし!とうれしそうなA。無事正社員として就職。
    実際、けっこううまくやっているように見えた、が

    ・・・・数年後、やっぱり首になりました。

    ↑と同じことを言われたらしい。

    ぼかすけどもその職種は数人ローテーションで行うのもので、例えばこの仕事は二人、あっちの仕事は三人、とすると、Aは人数に入っていなかったらしい。
    つまりいつまでたっても一人前扱いされず、同僚の不満が続出したのだとか。そりゃそうだ。給料は自分たちと変わらないわけだし、しかも顧客からは評価が高い。ほめられるのはAだが、その尻拭いは同僚に行っていたのだろうし。
    初期のころは確かにうまくいっていた。仕事自体むずかしいものは任されなかったから。
    でもいつまでたってもAは初期の仕事しかこなせない。レベルアップをしていかない。

    143 :鬼女日記 2011/11/07(月) 07:04:12
    もう10年前の話。
    私と同じ職場の、社内恋愛カップルが結婚することになり、結婚披露宴に招待された。
    披露宴は夏ごろだったけれど、新婦は年度の変わる春に寿退社で専業主婦に。
    新郎は周りからからかわれながら嬉しそうにしていた。
    が、結婚式まであと半月という頃、仕事していたら机に人事部からのお知らせの紙が回ってきて
    「△△課○田○男さんは×日付けで退職になりました」とか書かれていて驚いた。
    周りもびっくりしていたけれど、その日のお昼に新郎と同じ部署の人に聞いてみたら
    会社の商品をくすねて自分の物にしたり、横流しして他人に売ったりしていたらしくそれがバレての
    事実上のクビらしかった。

    結婚式中止かな、どうするのかな、とみんな言っていたけれど強行された。
    職場関係の人のテーブル、社長や部長は席はあったけれど欠席していた。
    参加したのは役職についていない新郎や新婦と親しかった同僚7人。
    私たちのテーブルに回ってきたとき、新婦はひたすらごめんね、ごめんね、と
    申し訳ない顔で謝ってた。
    新婦が悪いわけではないので、いやいやいいの、ドレスきれいだよ、がんばってね、とか
    なんかもうみんなで必タヒになぐさめたというか気を使いまくった。
    新郎は居心地悪そうに、いやーまいったわ、ごめんね、と気まずそうだった。
    私たちも新郎に直接迷惑をかけられたわけじゃないから怒るのもおかしいし
    でも自分たちの会社をクビになった相手にどう接していいかわからずでもごもごした。

    クビの事実は親族や友人までは伝わっていないようで、
    新婦の親戚という年配の男性はスピーチで
    「新郎くんは○○の会社にお勤めとのこと、うちもお世話になるかもしれません!そのときはよろしく!」と言っちゃうし
    新郎の学生時代の先輩という人も
    「俺が××のときは新郎に頼むからな!」と言っちゃうし、高砂の新郎新婦はぎこちない微笑みだしで
    なんともいえない空気だった。
    高さのあるケーキカットとかお色直し2回とか、豪華な印象の式だったので
    支払い大丈夫なのかなぁ、とか既婚の人は心配してた。

    その後新郎新婦は違う市へ引っ越して行ったけれど2年くらいで離婚した。
    あんな気まずい結婚式は他に経験したことない。

    5 :名無しさん@おーぷん
    一昨年今の地に赴任してきてから色々あって
    夫が鬱になってしまった。
    今休職中で、9月までは会社に居られるけど
    それ以上休むのなら自分で進退考えろと暗にクビを仄めかされている。
    最近、それもいいかなと思い始めた。
    夫には9月まで十分時間があるからじっくり考えて
    どうしても辞めたいならそれでいいよ、
    そうなったら一緒に某市(今までの転勤で一番気に入って
    定年後はここで相撲と言ってた土地)に行こうかと言ったら
    気のせいかもだけど、顔色良くなったっぽい。
    幸い子供もいないし、二人とも身体だけは丈夫だし、
    お互い面倒みなきゃいけない親ももう居ないし
    ふたりでパートでもして、あとは貯蓄でなんとかなるさ。
    本当は不安で一杯なんだけど、今みたいな状態が続くより
    そっちのほうがいいかなって思ってる。

    という様な今の状況なんだけど、
    同じマンションのスピーカー奥が毎日夫が家にいるのを目ざとく見つけたらしく
    この間から何か言いたげに私を見てるのに気付いてた。
    声を掛けられそうに口を開きかけるのに気付いたら
    さっと時計をみて「あー間に合わないかもー」とか言って走り出したり
    バッグの中を見て「忘れ物、忘れ物〜」とか言って戻ったり
    とにかくその事抜きにしても話したくない相手なのでやり過ごしてた。
    が、昨日郵便ポストを見ていたら後から肩を叩かれて
    振り向いたらスピーカー奥。
    「おたくのご主人もうずっと家にいるけど仕事どうしたの?」って。
    ほっとけよ、と思ったけど一応想定していたので
    「今リフレッシュ休暇中なんです」って言ったら
    「それにしては長いわね」だって。
    「そうですか?勤続30年ですし、こんなもんじゃないですか?」って言ったら
    「いい会社ねぇ、どこにお勤めなの?」としつこい。
    「普通の会社ですよ。あ、ごめんなさい急いでるんで」って去ろうとしたら
    腕を掴まれて「ねえ、どこの会社?」って。
    なんかムカッとして反射的に「鬱陶しい」って言ってしまった。
    きっとこれから有る事無い事言いふらされるんだろうな。
    ずっとここに住むわけじゃないから別にいいけどね。
    でも永住することにした家の近所にこんな奥さんが住んでたらどうしよう。
    怖い〜。

    このページのトップヘ