258 :鬼女日記 2012/05/21(月) 15:12:41 ID:rQ2LzvN10
お中元の季節になると毎年思いだしてムカムカすること。
くだらないことですが長いです。

数年前、夫の転勤で果物県に住んでた時に、お中元バイトで果物発送受付事務をした。
その年はそこから義理親宛てにお中元を送って、義理親は大変喜んでくれた。

翌年の夏、また転勤で別な県に住んでたんだけど、
義理親から「去年貰った果物の発送を頼みたい」と我が家に電話があった。
公衆電話からで、宛先を数件を書いたFAXを今から私宛てに送ると。
私は「電話もFAXも私じゃなくて、果物屋に直接送って欲しい、確認事項も色々あるし」
と言ったんだけど、なんと「今から十日間海外旅行に行く。今、空港で間もなく飛行機に乗る」
とテンパリながら言われた。(知らなかったけど空港からFAXが送れるんだってね)

当時のバイト先では生ものの贈答品ということで、果物のグレード、数量、支払方法、
相手先の電話番号、着日時、その着日時に先方は受け取り可能か了解済みか、
更には収穫量によっては指定日に発送できない場合もあるが了承できるか、
その際に必ず連絡がつく電話番号は…
などなどチェック項目が多く、全てのチェック欄を埋めるまで受付完了できなかった。
義理親が決まったフォーマットの申込用紙も持たずにこれらをもれなく記入したFAXを
送ってくるはずがないと思い、「私にFAXしても無理だ」と伝えたんだけど
とにかく向こうは焦ってて電話をガチャ切り。
そして、FAXがジュシンチュウと表示された途端にまた義理親から「FAXは届いたか?」と確認電話。
FAXジュシンチュウはそれで途絶えた。
ウチのFAXはジュシンチュウに電話がかかってくるとFAX回線?が切れるらしい。
まだだと答えるとガチャ切りされ、同じことを二度三度…
何度めかの電話で「ただ単に宛先を知らされたってそれだけでは発送は無理!
お断りします!帰国したらご自分で申し込んでください!!」とこちらがガチャ切りして放置した。
その数分後、十件以上の住所、名前が書かれたFAXが送られてきたけど、
案の定住所氏名だけだし(しかも不備だらけ)転送もせず放置。夫も放っておけ、とあきれ顔。