サイコパス

    965 :鬼女日記 2018/03/16(金) 18:54:39 0.net
    サイコパス兄をあぼんさせかけたこと。
    ちょっと痛い系かも。

    実家は所謂長男教に近いけど、ちょっと違う感じ。
    兄が優秀で、しかも八方美人で周りに媚びる媚びる。
    私は人見知りで兄にイジメられて育ったもので暗かった
    それが兄妹差別を加速させた感じ。
    完全無欠くらいの祭り上げ方された兄の唯一の発散が、なにも言えない私への暴言暴力嫌がらせだったんだろうし
    家族の誰一人それをとめなかったし、外にももらさなかった。
    兄は外ではめっちゃ優しくて妹思いwのお兄ちゃんだった。

    兄は8つ上で、母に似たゴリラ体型。しかも鍛えてる。
    私は父ににてチビガリで体弱い。
    そんなある日兄が私に、普段無視して悪いな、遊んでやるよとプロレス技かけてきた。
    私はまだ小学校中学年くらいだったけど相手はもう体できかけてる感じ。
    やめてよ、の一言も息苦しくてやめ、や、くらいにしか音が出なくて泣いたら
    遊んでやってるのにうぜーと離れてから蹴られたのでその足を掴んでみた。
    何回もげしげしやって、踏みつけるように蹴ってたから。
    そしたら、驚いたのか転んだんだけど、角度が最悪だった。

    受け身も無しに後頭部テーブルに思い切りぶつけて、良くあるドラマみたいに動かなくなったから
    お腹を思いっきり蹴り倒して罵倒した後に近所のおばちゃん呼んだ。

    一応命は取り留めて数ヶ月入院後助かったけど、その間母親は兄に縋り付くことに必タヒで私の存在なんて目に入ってなくて
    それがものすごく辛かった修羅場。
    そのままタヒんじゃえばよかったのに。

    702 :鬼女日記 2016/04/25(月) 17:57:55 ID:LX3
    大学生の時付き合った彼。
    すごく爽やかな人で、友人時代も長かったし、「この縁が長く続くといいなぁ」なんて思ってた。
    でも、付き合い始めてすぐに「アレ?」と思うようなことが続いた。
    ある日彼と喫茶店で映画談義(お互い映画鑑賞が趣味)に花を咲かせていた時。
    楽しくお喋りしていたら、彼の後ろ側にある席に座っている女性がチラチラ私の方を見てくる。
    不思議に思っていると、テーブルに置いた私の手にポタっと赤い雫が。
    ビックリして手鏡をみたら、鼻血。しかも鏡をのぞき込んだ拍子にタラタラと流れ落ちてきた。
    結構な量だから何滴もテーブルに落ち、思わず鼻を抑えてしまって手も真っ赤。
    驚いて「は、鼻血でた!」と彼に話しかけたら、「うん、さっきからね。それでさ~」
    ええ?気づいてたならいってよ!と思いつつも、普段鼻血なんて出ない私はプチパニックになり、とりあえずテーブルにあった紙ナプキンで鼻を抑え、テーブルの上の血を拭いた。
    でもナプキンじゃうまく拭ききれなくて(ティッシュも持っていたけどバッグの中だったので、取り出せない!と思ってしまった。今思うと彼にお願いすればよかったんだけどね。)、
    ゴシゴシやると余計広がり…と1人でバタバタしてる間中、彼はそれまでと変わらぬテンションでずっと話しかけてくる。
    「そ、そっか」とカラ返事を繰り返しながらもなんとかテーブルの上の綺麗にし、
    次はお手洗いで顔をなんとかしよう!と席を立った瞬間、彼が
    「あ、それで今度の新作は予定通り×日に見るってことでいいのかな?」
    それに対してまだテンパり中の私が「ごめん!今それどころじゃなくて!」と返事をしたら、彼は一瞬ムッとした顔をして 「ふーん…」
    お手洗いで顔も綺麗にして戻ってきたんだけど、お帰りもなしにまた話し出す彼。
    私もなんとなく勢いに飲まれて話に戻り、その日はお開き。
    この時点で若干モヤっとしたものの、「私が大騒ぎし過ぎなのかなぁ」と飲み込んだ。
    友人だった頃は逆に私がちょっと怪我したくらいでも申し訳なるくらい心配してくれる人だったから。
    でも恋人同士になったんだから、彼もある意味気を使わなくなったのかな?とその時は思った。
    でもそれからしばらくして、今度は風邪をひいて高熱を出してしまった。
    その日は午後から彼と会う約束をしていたので、熱でボーッとなりながらも彼に今の状態とキャンセルの旨のメールをいれ、這うように病院へ行きってから薬をのんで寝ていた。
    すると丁度約束していた時間頃に彼から着信。
    出ると、開口一番「ねえ!○店て××の三階だよね!」
    ○店は当日行くはずだった店で、大きいSCに入ってる。
    「そうだけど…」と返すと、「1人で行こうと思ったけど、うろ覚えだったからさぁwそうそう、この前サークルで必要なもんができて、今日それも買おうと思ってて~」と1人でペラペラ。
    わざわざ掛けてきたのだから何かあるのかなとしばらく聞いてたけど、一向に雑談するのみなので、「ごめん、熱で気分が悪いから切っていいかな…」と言ったら一瞬黙った後、あからさまに不機嫌な声で「あーそうだね!じゃ!」
    そしてやはり最後までこちらの体調を伺う言葉は一言もなかった。
    熱が下がった時、「いやこれおかしいだろ」と冷静に思った。
    こちらを気遣わないのはまだともかく、付き合う前と後とのギャップがありすぎて。
    私も悪いんだけど、彼にはすぐに突っ込めなかったかった。なんていうかこちらを気にせず話す彼が本当にテンション高かったから、言ったら結構な問題になりそうで。

    800 :鬼女日記 2017/10/12(木) 15:46:31 ID:Bzd
    文才無いので箇条書きで…

    高校デビューで夜遊びに目覚めた
    友達が年上の男と知り合い一緒にドライブし、馬鹿な自分達はそいつの家に行く
    7人ほどの男が居てみんなで飲み会
    今なら分かる男の下心
    酒に強い自分は冷静にヤバいと思い、酔ったふり
    へらへら笑いながら空になった酒瓶を片っ端から割る
    迫ってきた男に突きつけ、「触ったら刺すよー」と脅す
    人数で勝てると思った1人が胸を触った瞬間、顔面に突き刺した
    真っ青になる男達を放置し、片手に瓶、片手に酔った友達を連れて脱出
    そいつの家の前に合った原付で逃走

    始終へらへら笑っていたのでサイコ的な不気味さを感じたらしく、追われることはなかったのが幸い
    刺された方は鼻を中心に丸く傷跡が残ってると聞いた
    目じゃなかったのが残念だと思っているとは誰にも言えない
    と思う自分はやはりサイコなのかな

    410 :名無しさん@おーぷん
    ×1の既女なんだけど、先日私が商売やってる店に老夫婦が訪れて、
    「娘が今度○○さん(私の前夫)と婚約することになった。あなたの存在を知り、一応あなたの口から
    ○○さんの話、離婚した経緯など聞きたい」と言われた。

    聞きたい、というから、
    「結婚してすぐ婚前の約束を全て反故にした。新居をキャンセルして義実家同居になった。
    給料も貯金も巻き上げられそうになった。私の親や兄弟、親友の悪口を言うよう強制された。
    転職して夫の知り合いの会社で社長秘書(という名目の愛人)になるよう強要され、ノイローゼになった。
    忄生 行為も結婚後は異常なことばかり強要された。
    明るく口は達者で、私も含めみんな騙されるけど、中身はサイコパスの悪魔だ。
    調停で離婚したが慰謝料の払いが滞ってて、近く法的措置を取る。あと舅は借金癖がある。姑は窃盗癖がある」
    ということを、かいつまんで話した。

    老夫婦は「ありがとう。あなたから話を聞いたことは必ず内緒にします」と言い、店のかなり高い商品を買って帰ってくれた。

    前夫と共通の知人から、前夫の再婚が決まりかけてたのが急にダメになったらしい、と聞いた。
    嘘は言ってないので特に呵責もないけど。まあ現夫にはこのことは言ってない。

    このページのトップヘ