サプライズ

    365 :鬼女日記 2015/12/25(金) 10:00:15 0.net
    ケリはついたけど、義弟嫁が阿呆すぎてあきれ果てたた話を投下します。
    うちはUSJに電車で半時間ぐらいで行ける立地。
    義弟家は隣県でうちまで車で最短で2時間程の距離に在住。
    うちの子小学生、義弟子幼稚園児と未満児。

    ことの発端。
    義弟嫁が電話してきて、旦那君とサプライズでクリスマスにデートがしたいので子供預かってと言ってきた。
    デートの日付は24日、行きたい先はUSJ。
    うちの子は25日が終業式だから平日で、旦那も仕事があるからとあっさり却下した。

    しかしめげないで再度連絡してくる。
    しかもうちのパスポートを借りて入場する気だったのが判明。
    うちのは通常パスポートなんで、イブは除外日で入れない可能性大なの知らんかったみたいでタダ入りする気満々。
    義弟嫁に「貸す気はない」とつたえたら「サプライズに協力してくれないなんて!」と涙声。

    ここにきて旦那が怒り、義弟に直電して「お前の嫁を何とかしろ」と通達。
    義弟はまともだったらしく謝罪があったそうだけど、義弟嫁からは「サプライズをぶちまけるなんて何するんですか」と激オコ電話。
    それをまた旦那が義弟に「お前の嫁を(以下略)」と連絡して数回のやりとりの後沈黙した。

    子供達は幼稚園を休ませるんだとしても、義弟だって25日は普通に出社だろうに何考えてたんだろあのアホ。

    380 :鬼女日記 2015/01/06(火) 10:01:23 ID:Q3y
    年末に高校の時のメンバーで忘年会みたいなのやった
    当時のクラスのほとんどが集まっていて、数年ぶりの再会に喜びあった。
    盛り上がっている忘年会終盤、A太にサプライズがあるよ!と幹事が言い出した。
    いそいそとB子が出てきてなにやら語り出す。
    そう言えばA太とB子は高校から付き合っていた。逆プロポーズか?と思ってB子をwktk気分で見てた。
    B子は高校の時の交際の想い出、別れてから付き合った男がいかに最低な男だったかを涙ぐみながら語っていた。
    別れてたのか・・・と思いつつwktkが止まらない。

    1: :2014/08/31(日) 01:33:10.39 ID: 
    唖然として何度も聞き返しきたから
    今日はもう遅いから明日話すと言って寝た 
    んで、俺は早朝に嫁が寝てるの確認してから
    離婚届を書いてテーブルに置いて娘と家を出て来たんだが 
    やばい事になった 

    9月1日に嫁が誕生日だからサプライズするつもりだったんだが 
    やり過ぎた



    905 :鬼女日記 2016/08/30(火) 22:57:35 ID:mwL
    半年くらい前かな??
    当時婚約者の今旦那と、
    「ヨンドシーの婚約指輪が気に入らない」ってまとめを一緒に読んだ。

    で、

    私「私もアラサーだし、さすがにヨンドシーは無いかなー
    大事なものだからこそ、中途半端なもの貰うよりは貰わない方が良い。
    それか指輪じゃなくて実用的な時計をお揃いとか!
    ってかブランドがどーのより、そんな大事なものサプライズで買う事が理解出来ないなぁ」

    彼「そうだよね。大事なものは、ちゃんと相談して決めたいよね!」

    という会話をしていた。

    その一週間後、仲間たちの集まるパーティでサプライズプロポーズをされた。

    指輪は見事にヨンドシーだった。

    あれだけサプライズは嫌いだと伝えてたのに…
    しかもなぜヨンドシーだよ…
    あの会話はなんだったんだよ…
    と、心の中が修羅場。

    さらに指輪は仲間のリーダーとその奥さんと買いに行ったと聞いてさらに修羅場。
    旦那君が一生懸命考えて選んだならまだしも、既婚者とはいえ他の女性と選んだと聞いたら余計にムカつき&悲しくなった。

    そんな心の葛藤をその場では押さえこみ、
    「気持ちは嬉しいです」となんとか穏やかに受けとった。

    次の日は皿が飛び合う大喧嘩。というか私が一方的にきれまくってたw



    その後しばらく何かある度にこのことが思い出されては辛かったけど、

    今週末前撮りをしに行くためにその指輪を久しぶりにつけてみたら、それを思い出して一人で笑った。

    「指輪の事で悲しませた分、これからいっぱいコミュニケーションを取っていこう」
    と言ってくれて仲直りした事も思い出され、
    自分の中で笑い話に昇華できたので記念に書き込み。

    このページのトップヘ