137 :鬼女日記 2014/06/03(火) 19:20:15 ID:CoNm1o7oQ
小学校の時、近所にお金持ちでキレイなものばかり持っているAちゃんって子がいた。
顔は正直言ってよーく見るとそれほど可愛くもないんだけど
持ってるものが常に最先端の新しいものだったから、みんなにチヤホヤされてた。
Aちゃんは別に私と仲がいいってわけでもないのに、何故が同じ方向だというだけで一緒に帰りたがった。
子供心にその理由はわかってた。
私は4人姉妹の3番目で、あまり裕福じゃなかったからお姉ちゃんのお下がりを身に付けてることが多く
はっきり言って引き立て役だった。
それでも心のどこかで、私と友達になりたくて一緒に帰りたがってるって思いたかった。
だけどある日、父が会社でなんか表彰されたらしくて金一封が出たんだ。
大した額ではなかったと思うけど、それで子供たちひとりひとりに欲しいものをひとつ買ってやるって言われた。
それで前から欲しかったレースの綺麗なシュシュを買ってもらったんだ。
私、髪が長かったから。
それでそのシュシュをつけて登校したら、同級生の女の子たちがすごく褒めてくれて
それが面白くなかったらしいAちゃんは、下校中に突然「明日からそれつけてくるの禁止!」って言いだした。
どうして?って聞いたら「どうしても!絶対ダメ!つけてきたら叩くからね!!」って言われた。
でもせっかく父に買って貰ってお気に入りだし、みんなの褒めてくれたのにって思って
次の日もそれを付けて学校に行ったら、後ろから無理矢理取り上げてハサミで切られちゃった。
Aちゃんは「約束やぶった私子が悪い!」って言った。