ショック

    152 :鬼女日記 2014/09/15(月) 16:46:16 ID:4YPLpMwlK
    私と姉がまだ小学生の頃、ささいな理由でケンカをした。
    ケンカが発展して、お互いヒートアップしちゃって、以下のやりとり。

    姉「あんたなんかうちの本当の子供でもないくせに!」
    私「そうだけど、それはお姉ちゃんもじゃん!」
    姉「え?」
    私「え?」

    私の実親は、育ての父方の親戚夫婦。
    私がまだ乳児の頃に、実母が亡くなり、実父は長期間家を空けるのが当たり前な仕事だったので
    親戚一同で話し合って、私は現在の両親の養子になった。
    今日からこの子が姉ちゃんの妹よって言われた日の事を、姉が覚えてたんだな。

    で、実父は親戚だし(って言い方もおかしいけど)、二度と会わない間柄ではないので
    私が小学生になった時に、育ての両親・実父・祖父母から事実を教わっていた。
    びっくりはしたけど、私は鈍いのか、それとも子供だったからか
    特別なショックはなく、ソウダッタノカーくらいの気分だったと思う。
    その時に、姉も養子だって話を祖父母から聞いた。多分。
    もうちょっと後だったかもしれない。そのへんは曖昧。

    姉の親はどこの誰なのか全くわからない。育ての両親は知っているかもしれないけど。
    育ての両親は子供が出来なくて、そういう施設から姉を引き取ったんだそうだ。
    姉の場合は実の両親に会う事は出来ないので、養子だという事実は伏せてたみたい。
    私も祖父母から口止めされたのかもしれないけど、そのへんもちょっと記憶が曖昧。

    自分だけが実の娘だと思っていた姉はショックのあまり数時間家出。
    私はとんでもない事を言ってしまったと反省したし、親にも謝ったけど特に叱られはしなかった。
    その後も姉は何度かプチ家出を敢行したけど、DQN化するほどではなかった。
    育ての両親は数年間ハラハラしたと思う。
    私はどうせ帰って来るなら出て行かなくていいのにって思ってた。

    今では姉も落ち着いたし、結婚して子供もいる。
    私もそろそろ子供が生まれるんで、イトコ同士は仲良くさせたいなーと思っている。

    908 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/11(火) 00:57:00.42 ID:h8+a2EaD.net
    この前娘が実家に帰省してきたんだけど、「一緒に住んでる友達を連れて来る」と言ってたから
    てっきり同棲している彼氏か何かでも紹介してくれるのかと思って楽しみにしていたら
    何と連れてきたのは娘より歳下(だと思う)の若い女性と小学生の女の子だった…

    ルームシェアにしてもおかしな組み合わせだし、その上どうも若い女性の言動や態度が、友達同士というよりは
    恋人か夫婦みたいな雰囲気で、小学生の方も若い女性とは血縁関係も無さそうで、その割には娘には妙に懐いており
    思わずぞっとして娘が帰省している間は夜一緒に食事する以外は理由を作って部屋に引きこもってしまいました

    ちょうどゲイのカップルが里子を引き取って養子縁組をしたっていうニュースを聞いて友人らと「正直気持ち悪いよね〜」なんて話してた所だったから
    まさか娘が似たような事をしているとは思わず本当にショックでした
    これから娘にどの様な態度で接していったら良いんでしょうか…?
    少々女らしく無い所はあったけど、普通の人生を送っていたと思っていただけに大変ショックで頭の中の整理が追いつきません…

    712 :名無しさん@おーぷん
    高校の夏休みに、仲良かった子を両親いない日に家に泊めたことがあって、
    なんか深夜映画を観てたらいきなり百合展開の映画で、成り行きで百合な関係
    になったことかな。

    お互い別の大学行ったら、その子にはすぐ彼氏が出来て関係が消滅した。
    ままごとみたいな疑似恋愛だったけど、わりと真剣な付き合いだと(私は)思ってたので、
    それはショックだった。
    手紙だとか、誕生日やクリスマスにせっせと贈り物したのが段ボール詰めでクロネコで
    返されたのも、わりと高価な物のみ返ってこなかったのもショックだった。

    人づてに聞くその後の彼女は、
    ベンチャー社長と結婚→タワマンの高層階に住みセレブ暮らしを毎日自撮りするブロガーに→
    会社倒産・旦那破産逐電→一児を連れて公営団地の実家に戻り両親と同居、育児と介護を
    らしい。

    「ざまあみろ」と全く思わないのは多分私が、過去の恋愛を名前をつけて保存する雄々しいタイプ
    の性格だからだと思う。
    色々あったが(そういうえば彼女からは何も贈り物くれなかった)、あの頃の思い出の中の彼女は、
    本当に若くて何もかも綺麗だった。

    まあ夫には言えない。

    このページのトップヘ