ストレス

    885 :鬼女日記 2017/12/28(木) 10:12:16 0.net
    年長の子供がインフルで下の子にうつさないように個室待機させてる
    でも当然ながらさみしいから10~15分に一度は呼ばれる
    その度に感染対策の上着はおって部屋から出る時は手指消毒
    疲れると不眠になる体質で昨日は2時間しか眠れなかった
    熱もだいぶ下がって元気なぶん暇なんだろう
    子供が1番可哀想なんだけどママーーーと呼ばれる声が空耳で聞こえる
    下の子は外に行けないストレスで私に戦いやおんぶに肩車お馬さん要求
    旦那早く帰ってきてくれー

    64 :鬼女日記 2015/08/19(水) 13:48:17 ID:cC0/fWpp.net
    家に来る度に勝手に人の物持って帰ろうとするから、持って帰らないでと注意したら
    「えっ?」
    えっ、じゃないよ、あんたのじゃないんだから。
    ◯◯君の物じゃないから持って帰らないで→「なんで?」or「えっ?」
    それ私のだから→「なんで?」or「えっ?」
    だからあなたの物じゃないでしょ?→「なんで?」or「えっ?」
    延々「なんで?」か「えっ?」で理解出来ないのか何なのかこのやり取り。

    バカなのは分かってるけど、イラッとするわ。

    617 :鬼女日記 2015/12/30(水) 10:41:26 ID:Y4C
    自分は鈴木花子(仮名)で父・太郎と母・春子の間に生まれて姉・夕子との二人姉妹。
    幼稚園の頃に仲良しだったあっちゃんと遊んでた時に2人で階段から落ちて頭を怪我した事がある。
    小学校2年の時に体調悪くて教室で吐いてしまった事があってしばらくは「ゲロハキン」ってあだ名つけられて不登校になった。一か月程度だけど。
    中学校では軽めの厨二病にかかってこっそり自分専用の黒魔術の呪術書を作ってたら姉に見つかりタヒぬほど笑われた。
    好きな人もいたけど告白したりましてや付き合ったりなんて事はなかった。
    高校では初めての彼氏が出来た。けど1年くらいで別れた。相手の浮気が原因。
    それがちょっとトラウマになって高校時代の恋愛はこれで終了。
    大学入学すぐくらいでサークルの先輩に一目惚れ。猛アタックの末交際する事に。
    別れてくっついてを繰り返しつつも卒業と同時に彼と結婚。
    2年後には女の子を出産した。名前は私から一つとって花。
    旦那は絶対女の子がいい!って言ってたからもう大フィーバー。
    仕事帰りに毎日ロンパースだのおもちゃだのと買ってきて私に怒られてた。

    っていうのが全部自分の妄想?の話だと気付いた時が修羅場。
    本当の自分は鈴木花子でもなければ父は太郎でもないし母も春子じゃない。
    姉なんて存在しないし、私の記憶にある思い出は全て起こってない事ばかり。
    そもそも自分は女ではなく男だった。
    だからもちろん花を産んだりなんてしてるわけもない。
    今はもうあれは頭の中で作ってしまっただけの世界の事だったんだと理解してる。
    思い出や親兄弟の事は整理がついた。けど娘の花の事だけが諦められない。
    陣痛に苦しんだけど元気にオギャーと出てきてくれて、夜泣きがしんどかったけど母乳で育てて添い乳しなきゃ全然寝なくて。
    ギャン泣きしたら自分が抱っこしなきゃ泣き止まないあの子が偽物だったなんて、その事だけが信じられない。

    331 :鬼女日記 2014/05/24(土) 23:17:26 ID:lZHTppl4U
    不倫相手の子供のメルアドだと思って、
    ○○ちゃんのお母さんに人の旦那に手を出さないようにふ注意してね?
    旦那と不倫女繋がってるムービ添付してメール送ったつもりだったんだけど、
    (不倫相手の子供に持たせてた携帯を何故だか、私に中古だけど買ってきたよと言って、プレゼントしてきた。旦那の番号登録が新パパと登録されてデータに残ってて不倫がわかった)

    送ったら相手が、不倫女の子供の友達だったみたいで、
    不倫相手の子が自杀殳した。
    そして、め

    313 :鬼女日記 2013/09/08(日) 18:48:39 ID:uYCSght00
    小さい店舗の店員なんだけど、ほーむぺーじを作ろう!ということで
    社長奥のお友達のツテで「イラストレーターを触ったことがあります」という子が入ってきた
    しかし、イラレができる=ほーむぺーじが作れるというわけではなく
    その子もホームページの作り方みたいな本を買ってきて、試行錯誤で制作

    実は私は趣味サイトを持ってて、それの延長上でとある団体のサイトなんかも作ってた
    入ってきた子とはそれなりに仲良くなって、自分が趣味でサイトを作ってることも打ち明け
    判らないことは聞かれるようになったり、ふたりで「ここはこうした方がいいよね」みたいに話し合って、そこそこのサイトが完成した

    しかし、社長はほーむぺーじに全く明るくなく、無理難題を吹っかけてくる
    その子はだんだんストレスが溜まってきてついに退社
    ほーむぺーじ制作は当初社長奥が引き継ぐことになったが、この人はなぜか私がパソコンを触るのを凄く嫌がった
    自分がいないときはマウスを隠したりw いや、そこまでして触らないし
    (辞めた子は私が制作にかかわってることを奥には言ってなかった)
    むかついたので、自分が仕込んだプログラム系は全て削除してやった
    どうせ奥には管理できないだろうし、それがなくてもサイトが表示されないってことはないから
    案の定、奥はパソコンを持て余してるようで、そのストレスを私へぶつけた
    メンド臭くなって退社

    幸運なことに、とある団体経由でサイト管理の仕事を数軒受け持つことができて、当座生活には困らなかった
    それから数年後、フリーで中小企業のサイトを作る仕事にシフト
    ある時、制作を請け負った食品工場に打ち合わせに行ったら、見覚えのある人が作業服来て工場の中に入ってく
    …前の会社の社長奥だった
    えっ?なんで?と思いながら、前の会社の同僚に久しぶりにメール

    私が辞めた後、社長奥は息子の友達にほーむぺーじの作り方を聞くようになったらしい
    そしてあろうことか息子友と不倫wwwwそれがバレて離婚wwww
    小さい会社ながらも社長夫人が、刺身の上に菊を乗せるようなパート職に転落wwww
    その工場へは多分何度か打ち合わせに行く予定なんだが
    そのうちばったり会うかもしれないのが楽しみというか怖いというかww

    936 :鬼女日記 2017/08/12(土) 07:24:40 0.net
    ◆現在の状況
    嫁に離婚を切り出されている
    ◆最終的にどうしたいか
    離婚したくない
    ◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
    33・サービス業・600万
    ◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
    33・技術職・600万?
    ◆家賃・住宅ローンの状況
    俺嫁共同名義の分譲マンション・月8万
    ◆貯金額
    俺300万・嫁?
    ◆借金額と借金の理由
    住宅ローン以外なし
    ◆結婚年数
    7年
    ◆子供の人数・年齢・性別
    なし
    ◆親と同居かどうか
    別居
    俺実家遠距離(飛行機利用)
    嫁実家近距離(電車利用で30分程)
    ◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由
    双方なし
    ◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)
    嫁が先々月体調を崩し入院。それを知った俺母が「心配だからそっちへ行く」と言い出した。
    嫁は固辞、俺からも断ったが、俺母は諦めず入院中の嫁・嫁実家に異常な回数(嫁→30~50回/日、
    嫁実家→働いている嫁母・嫁妹在宅時だけでも5~10回/日)電話していたらしい。
    嫁から「やめさせてくれ」と相談を受けたが、俺は「ほっておけ」と言ったらしい。(正直記憶にない)

    改行大杉と怒られたので続きます。

    920 :鬼女日記 2015/04/27(月) 23:31:39 ID:vMIi1VoT.net
    小1の頃の話なんだけどどうにも納得いかないから、書きます。

    友人家族と家の家族で電車で旅行に行った帰り、何線だか分らないけど四人掛け向い合わせの自由席に座っていた時の事。
    結構混んできて自由席の通路に人が沢山立っていた。
    通路隔てて父とは離れて座っていた。

    外面だけはいい父親がデカイ声で、通路に立っている私と同い位の子が可哀想だから、私の席に半分座らせてやれと言ってきた。
    小1でも、一人で座れると思っていた座席を半分譲り、知らない子と1つの席に二人で座れと言われるのは不快だった。
    母は余計なこと言わなくていいのにと小声で言っていたが、結局知らないその子の母親も頭を下げて、その子と1つの席に座ることになってしまった。

    私は体が小さく細かったがさすがに1つの席に二人はきつかった。
    その後おにぎりのお弁当を食べようとなったが、父親はまたもデカイ声で半分その子に分けてやれと言ってきた。
    声が大きいから周りも注目してくるし、イヤとか言えない家庭だった。
    その子も食べる気満々で選ぼうとしているし、その子の母も頭を下げてきて、泣きたくなるほどイヤだったけど、おにぎりとおかずをあげた。

    とにかく狭いし、その後の水面下での肘バトルもストレスで、姉も友人もみんな寝始めていて、私もそんな事になる前は疲れていたのだが、とても寝るような状態ではなくなってしまった。

    その後我慢したが耐えきれず私は半泣きで母に助けを求めたら、母がトイレに連れ出してくれた。その子がイヤでたまらないと言ったら母は理解を示してくれたが、今さらどうしようもないし、我慢してくれと言われた。
    席に戻ると、私の席にはその子を膝に乗せたその子の母親が座っていた。
    「私の席は?」と声に出して言ったが、知らんふりされ仕方なく何故か父親の膝に乗って帰った記憶。

    その親子の図々しさはもちろんだが、いつも自分は席を譲るでもないええかっこしの父親がスレタイ。

    348 :鬼女日記 2009/04/26(日) 08:59:24 O
    自分に自信がなくなってしまったのでアドバイスお願いします。

    旦那:農家の末っ子長男。会社員。姉二人は県内に嫁いでる。
    私:サラリーマンの長女。会社員。旦那と付き合ってる時に難病を発病。

    経緯:難病があるので農家は手伝えないし、家事などもままならなくなるかもしれないから‥
    と結婚を辞退しようとしたが、ウトメたちがそれでもいいからと結婚する。
    同居。
    子供も何とか出来る。
    同居して間もなくから、農家を手伝わないから『役立たず』と罵られ始める。
    ストレスで持病(難病の)悪化や過呼吸不眠症、欝になる。
    これが10年続く。
    2年前に、決定的な一言を言われ絶縁。
    『役立たずなんだから早くタヒね』
    旦那と子供と私の実家近くに引っ越す。
    それから、私はウトメたちと会ってもないし、声も聞いてない。
    旦那は、たまに農家の手伝いに行ったり、盆暮れ正月等に行く。
    子供もたまについて行く(5年生)
    旦那と子供がウトメたちと会うのは構わない(必要最低限なので)と思ってる。


    今朝、ウトメたちの親(大ウトメ)が亡くなっりました。
    私は葬式等に出るべきでしょうか?

    皆さんはどうしましたか?

    896 :鬼女日記 2016/03/21(月) 18:58:58 ID:yjA
    夫の両親の遺産をほとんど放棄した。
    舅と姑はバツイチ子持ちの義妹(無職)、義妹の娘と4人で同居していた。
    義両親が交通事故でタヒ亡し、義妹に「寂しい」と泣き付かれた夫に強引に説得されて夫の実家に引っ越しした。
    3歳の息子は保育園を辞めて義妹が面倒を見る、家事は私と義妹の分担という約束になった。
    夫曰く「姪と息子は同い年だからすぐ仲良くなれるよ」とのこと。
    夫の職場からは近くなったけど私の職場からは1時間近く遠くなった。
    朝6時前に起きて家族全員分の朝食を用意して出勤するのに義妹は朝起きられずベッドの中でむにゃむにゃ。
    今まで何時に起きていたのと聞くと「9時か10時」とのこと。姪も同じ生活リズムだとのこと。初日の朝から唖然として出勤した。
    仕事場から帰れば約束通りに義妹が夕飯用意してくれた。しかしオールレトルト。カレーすらレトルト。
    インスタントの味噌汁はカップのまま、お湯すら入れてない状態でおいてあった。

    395 :鬼女日記 2018/03/22(木) 00:32:56 ID:???
    職場でとあるポジションが呪われてて、半年経たずで7人くらい(辞めすぎて追えない)入っては辞めてる
    原因はその事務所にいるある社員さん
    役職とか、仕事でペアを組んでるとかの関係で、その社員さんと問題のポジションに入る人が隣同士で座るんだけど
    外線が鳴ると社員さんは横目で電話を早く取れと言わんばかりにじーっと見てたり
    暇な時は書類をチェックしてミスがあったら上司経由で伝えたりチクチクとした行動が多くてみんな耐えられないんだと
    辞めてく人がほぼみんな、仕事は問題ないけどあの人が怖いって言ってた
    それを上司は「仕事なんだから嫌いな人がいるだけで辞めるとかわがまますぎ、慣れればいい」って怒ってたけど
    入って数ヶ月でそれって、自分でも辞めるレベルで嫌だわ
    しかも、正社員でこないから最後の5人くらいは派遣で繋いでたんだけど、そりゃ同じ給料もらえるなら
    こう言う人がいないところ行くでしょう
    今人手不足って言われてるし、こんだけ辞めさせてる会社の方が異常なのに気づかないものなのかな

    このページのトップヘ