ストーカー

    883 :鬼女日記 2016/05/24(火) 15:43:46 ID:EN2
    全然知らない男子に就活の邪魔をされていた
    鞄の中に入れていたエントリーシートを破られる、スーツに飲み物を溢されるのは序の口
    SNSに私の本名を添えて悪口を書かれる、私の志望する業種や会社を友達から聞き出そうとする等々の嫌がらせを受けた
    同じ大学の違う学部の学生だというのは知っていたけど、少なくとも私が覚えている限りでは会話を交わしたことすら一度もない
    私の名前や所属ゼミなど私に関する情報は知人の男子を介して手に入れたらしい
    その知人に絶交を言い渡す際にその男子に関する情報(名前、ツイッターのアカウント、普段の振る舞い等々)を入手した
    セクハラ発言が原因でサークルを辞めさせられたり別れた彼女さんに付き纏ったりと、昔から問題行動の見受けられる学生だったらしい
    この男子のツイッターでの発言も気持ち悪いものだった
    要約すると
    「仕事や文化に興じる女性は不幸」
    「結婚していない女性は本当の幸せを知らない」
    「セ○クスをすれば『セ○クスってなんて楽しいんだろう』と思って仕事や趣味を捨ててくれるはず」
    「今も何人かの女性を説得しているところ」
    この時点で頭おかしいと思うんだけど、どうして面識のない私が狙われたのかは未だにわからない
    ツイッターでの発言を読む限り私の他にも被害者はいたと思われる
    警察や学生相談室やゼミの担当教授に相談すればいいのに、当時の私は「就職に響くかもしれない」という理由で相談を躊躇していた
    鞄を見守ってくれたり私とその男子の間に割って入ってくれたりと友達はそれなりにガードしてくれていたけど、やっぱり就活と卒論の時期で忙しかったので限界があった

    そんなこんなですっかり憔悴してた頃に、私よりずっと賢い妹に相談した
    心理学科に通っていた妹は
    「自分と他人の境界が曖昧で、自分の感情を他人のものだと勘違いしてしまうのは自己愛性人格障害などの人格障害か、自閉症○○(よく覚えていないけどカタカナ言葉だった)などの発達障害の特徴。
    その男は自分が女の子と付き合いたくてたまらない、もっと言っちゃうとセ○クスしたくてたまらないから、きっと女の子もそうに違いない~と思っちゃってるわけよ
    こういうのって接点があるとか恨まれてるとかそういうのは関係ないのよ。要は加害者側が勝手に自分の感情を人に投影して暴走してるだけだから
    発達障害や人格障害のこと教えたら自覚が生まれてカウンセリングにでも行ってちょっとは落ち着くんじゃない?まぁキレて暴れだしたらアレだからあんまりお勧めできないけど
    こういう事例への対処法を私からも先生に聞いてみるわ」
    といった心理学の観点からの考察を私に話してくれた

    妹のおかげで相手の正体が掴めてなんだか強気になってしまった私は、ネット、近所の医療機関、図書館、大学などで発達障害や人格障害に関する資料を片っ端から集めて印刷して、要点に赤線を引いて、無謀にもその男子に
    「今後の貴方のためになると思うことが書いてある。是非とも読んで」
    と押し付けてしまった

    これが正しかったのかはわからない
    ただ、その後この男子が私の就活の邪魔をしてくることはなくなった
    ツイッターのアカウントもその直後ぐらいに消えていたので効果があったんだと信じたい

    387 :鬼女日記 2016/01/29(金) 14:23:28 ID:inj
    同性にストーカーされて悩んでいたのに、警察どころか夫も真剣に取り合ってくれなかった
    学生時代の友人に愚痴ったら、その友人から「ゲイを紹介してあげるから
    あんたの夫に迫ってもらおう」と悪ふざけを提案されて、こっちも切羽詰まってたから
    ついOKしてしまった
    そのゲイさんに夫の写真を見せたら「好みじゃない」と却下されたが、
    「なんでも食うやつを紹介してやる」とさらにそのゲイさんの友人を紹介された
    ゲテモノ食いらしいその人が夫を気に入ってくれて、しつこくストーカーしてくれた

    が、予想外にも夫が「何のつもりだ」とゲテ食いさんに立ち向かってしまった
    ゲテ食いさんが「友達になりたいから飲みに行こう」と誘ったところ
    なんと夫は了承
    しかもそのままホテルに行ってしまった
    もともと両刀使いだったらしいが、まったく知らんかった

    最終的には、それが原因となって離婚した
    ちょっとしたいたずらのつもりだったのに、まさかそうなるとは思わんかった

    余談だが、ゲテ食いさんは一夜限りのつもりで元夫を捨てたが
    元夫がすがりついているという噂を聞いて、ウヘァとなった

    8 :鬼女日記 2017/05/17(水) 07:40:14 ID:MzdEqX7G.net
    バールを持った自販機強盗を見てしまい追いかけられているところを自称ボディーガードのストーカーが撃退した。
    近くの灯りのついている家に飛び込んで通報してもらい二人まとめてお持ち帰りしてもらった。
    警察がストーカーを彼氏だと思い込んで話が通じないあたりがプチ修羅場でした。

    761 :鬼女日記 2013/07/18(木) 14:44:58 ID:ZhPRgAmD
    怖い人と知り合いになった
    お金ありそうだねとか、一人暮らしなの?とか、家においでとか時々メールが来て怖い
    お金はないって説明して、メールも一ヶ月以上無視しているのに電話まで来た
    電話もかかってきたとたんにぶち切ったのに、遠回しに給料入った?って感じのメールが……。
    一度あっただけなのに、こちらの同情をひこうとするメールばかり寄越すし、もういやだ
    十歳近くも年上の人に寄りかかられてお金を無心されそうで疲れる

    もう電話番号変えた方がいいのかな

    >>624
    遅レスだが本当にお大事に

    249 :鬼女日記 2016/01/25(月) 11:07:57 ID:wJp
    昔婚約者がいたのに勤務先のバイト男にしつこく迫られた
    それでも婚約者が守ってくれたから無事だったけど、「結婚してくれないとタヒんでやる!!」って言われた
    今までの鬱憤がたまりにたまっていたから「タヒねば!」と言った
    そうしたら本当に自杀殳した
    私に弄ばれた、私が二股かけていたとの捏造を書いた丁寧な遺書付きだった
    命がけで逆恨みの復讐と破談を狙ったんだろうけど、警察には前もって相談していたし、私の婚約者には反対する親もなかった
    これで憂いはなくなったと喜んで結婚
    いまでも幸せだけどあの当時は修羅場だった
    そういえばタヒんでくれてよかったな~と昨日ふと思い出したので書き込み

    37 :鬼女日記 2011/10/21(金) 14:44:27 0
    書き逃げ。長いです。

    数年前、A、B、C、D、E、F、私(全員女、元同僚)がA義実家にやったこと。

    Aが会社同期の男(別部署勤務。以下、A旦那)と結婚、義実家で同居が決まった。
    その披露宴の席で私たちのテーブルにA義姉(A旦那姉)が来た。
    「あのバカ女(Aのこと)の友達のツラ、見たくてさ~」
    「Aと同レベル?笑えるんだけどー。ブスとデブばっかり!」
    「Aなんてどこが良いわけ~?義理で披露宴に来てるんでしょー?バカだねー」
    等、言って笑って去った。
    (私はともかく、Aは美人だし、他の子も可愛い。デブ=妊娠していたFのこと。)
    私たちの上司(男性)もいて、全員ドン引き。
    披露宴の後、「絶対にAは苦労する、なにかあったら助けよう」
    とみんなで誓った(上司も)。(Aは結婚後、別部署に異動)
    Aには「いきなり同居より、少し二人の時間作っては?」と、別居を勧めたが、
    「同居はもう決まっているし、義実家はみんないい人」と、譲らなかった。

    260 :鬼女日記 2014/01/04(土) 04:21:16 ID:EpHmLSYJ
    衝撃だったと同時に複雑な気持ちになった出来事

    今から10年くらい前、当時まだ20代だった頃。
    バイトしていた本屋の常連客にちょっとやだなっておっさんがいた。
    品出しする女性スタッフに覆いかぶさるようにしてわざと高いところの本を取ったり
    『おつかれさん』って肩に手を置いてきたり、いわゆるセクハラオヤジ。
    ただ、『ちょっとやだな』の域を出ず商品も買ってくれるんで店長も強くは言わなかった。

    ある日、仕事中にそのおっさんから執拗に携帯番号を聞かれ、色々理由をつけて必タヒに断ったんだけど
    『仕事終わったら連絡してよ』と携帯番号とメアド書いた紙を強引に握らされてしまった。
    もちろん連絡するつもりはなく、無視しておこうと思ったけど、終業後に店長と副店長に報告。
    私は閉店まで勤務だったから、精算業務が終わった後、店長たちと事務所でしばらくその話をして
    その時に店長が冗談で『あいつ駐車場で待ってたりしてな~』と笑いながら
    戸締りをしていざ店を出たら、本当にそいつが駐車場に車とめて待ってた。
    店長と副店長は唖然。私は蒼白。

    356 :鬼女日記 2013/11/03(日) 23:46:45 ID:MC4IAzAF0
    勤務先の社長の孫娘さんが数年前ストーカー被害にあっていた。
    当時の孫娘さんは学生。相手(ストーカー)は施設に通う障害者。
    なんでも、学校の道徳の授業(?)で障害者と一緒に活動(ゲームしたりとか)したとき一緒の班になって
    一目惚れされたらしく、しきりに「可愛い」と口説かれ「好き」と告白され、スキあらば手を握ろうとされたとか。
    その後、何故か孫娘さんの住所ほか個人情報をストーカーは入手(理由は解決した現在も未だに不明のまま)
    被害内容をざっと書くと、校門前付近の電柱の影で待ち伏せされたり、自宅に無言電話入れられたり
    家の近所をウロウロされたり、切手も宛名も無い手紙がポストに直截投函されたりしたらしい。
    気持ち悪かったので部屋はいつもカーテンを閉めて真っ暗だったとは孫娘さん本人談。
    親戚が近所を見回ったり、両親が送迎したりと傍から見るには色々大変そうだった。

    そんなある日のこと、そのストーカーが勤務先に現れた。
    客から「なんか変な人が…」みたいなことを言われたんで入り口を見ると
    色とりどりの花束片手に、リクルートスーツに身を包んだ冴えない男が立っていた。
    「何かご用ですか」と聞いてもボソボソ喋りで何言ってるかわからなくて埒が明かない。
    不審者だし、そのまま社長に報告→あ、あいつは例のストーカー!で取り押さえられた。
    別に立ってただけなら注意程度で済んだかもしれんだろうが、スーツのポケットから小ぶりのアウトドア用ナイフ?
    (折りたたみ式で、他にもハサミとか缶きりとかついてるやつ)が出てきてさあ大変、そのまま御用となった。

    522 :鬼女日記 2015/09/24(木) 23:19:49 ID:LSP
    引きこもりの社会復帰をいつの間にか手伝わされていて、いつの間にかストーカーされてた
    当時音大に通いながら一人暮らしをして、夜はコンビニでバイトしてた
    あるとき私と年齢変わらないくらいの上下灰色でスウェット姿の男がピシッとしたスーツ姿の男性に連れられオドオドしながら来店
    目は見開いてキョロキョロしてて怖かった
    スーツの男性につれられ、午後ティーを手にとってレジにきた
    「おっおっおっおっ・・・」
    何かつぶやいてるけどわからなくて、いつも通りレジを通した
    相手は顔が真っ赤になっていて鼻の頭に大粒の汗が見えた
    ポイントカードを持っているか聞いたら、男は大きく見開いた目を泳がせ、スーツ姿の男で視線を固定させた
    スーツ姿の男性は男の背中をさすって何か耳打ちをした
    「なっなっなっなっない」
    そのまま会計をし、袋につめて渡したら、また見開いた目をキョロキョロ泳がせ、そしてまた男性を見た
    男性に促され、やっと袋を受け取って来た時と同じように男性に連れられて帰っていった
    少ししてスーツ姿の男だけが戻ってきて「君はいつもこの時間にバイトしてるの?」と聞いてきた
    困惑してると、店長が間に入ってくれて、そういったことは教えられないと庇ってくれた
    それから何度か、私が店でレジをしているときに限り、スーツ姿の人が店内にきて私を確認後一度店外に出て、数分後にキョド男をつれて来店することを繰り返した
    最初は月数回が最後は週3くらいになった
    名前も知らないキョド男は毎回午後ティーのみを買い、そしてだんだんと私に馴れ馴れしくなっていった
    毎回200円を払うんだけど、お釣りを渡すときに手を握られるまでになった
    ある時バイトからの帰りにふと忘れ物に気づいてコンビニに戻ったことがあった
    さっと振り返り駆け出し曲がったばかりの角を戻ると、曲がり角の先で例の男が電柱に隠れて立っていた
    私を見て「ふっふひっふひっふひひひひ、いひひひひ」と引きつった変な笑い声をあげた
    びっくりして家に帰るために振り返って駆け出したら、相手も追いかけてきた
    時々ふりかえりながら走ったけど、相手はあっという間に息が切れて簡単に逃げ切れた
    店長に電話してバイト先の忘れ物の管理と怖くてバイト行けないことを伝えた
    店長もずっと心配してくれてたので、警察に通報するように言ってくれて、仕事を抜けて店長も家まで来てくれた
    結果相手のことはわかったものの、怖くて住居とバイト先を変えることになった
    当時親には音大行くことに反対されていて、仕送りもなくお金がなくてギリギリの生活だったから、霞を食べて生きるような生活になった
    本当に辛かった

    51 :鬼女日記 2009/12/06(日) 03:31:17 ID:q1CHicioO
    大学生の時、サークルの後輩につきまとってたストーカーがいた。
    後輩は気丈な女の子だったが、ストーカーの過剰な尾行や卑猥なメールで心身共にボロボロになりかけてた。

    後輩からその事実を聞いて、即座にストーカーの身元を確認。そいつは後輩の同期生(当時1年生)で別のサークルに所属していた。

    俺は即日そのサークルの部長(知り合い)に事実確認を依頼。
    後日、「ストーカー行為を本人の口から聞き出した」と報告された。

    そこで本格的に行動開始。
    後輩の帰り道には送りの担当者をつけ、ストーカーの接近をブロック。
    ストーカーと同じ学科の後輩にはその話を(もちろん被害者の名前は伏せて)拡散させ、暇な友人数人とローテーションでほぼ毎日露骨な尾行。ストーキングされる気分を体験していただくことにした。
    オプションとして、大学事務局に報告したり、ストーカーのメールアドレスを入手してガチホモ系の掲示板にアドレス・住所込みで「兄貴募集」の書き込みをしたり、ストーカーとは接点の無い人間に頼んですれ違い様に罵倒してもらったりと、精神的に追い込んだ。
    そいつは結局2ヶ月で大学に顔を出さなくなり、半年もすると消息を知る者はいなくなった。

    聞いた話では講義中に突然怯えたり独り言を呟いたりと、壊れてしまって大学を辞めて実家に帰ったらしい。

    638 :鬼女日記 2014/10/17(金) 14:21:27 ID:TJD7HA6i5
    父ちゃんは、俺が社会人になったら話すつもりだったんだけど
    っと言い、俺と妹は母ちゃんの子じゃないと言われた。
    はぁ?っとなった。頭真っ白になった。
    だけど、ちょっと納得した部分もあった。
    俺長男、下に妹、弟の順だが
    俺は父ちゃんにソックリ、弟は母ちゃんにソックリ
    でも、妹は誰にも似てなかった。
    でも、小さい頃の写真見たら
    俺と妹はソックリ、年離れた弟も3歳くらいまでは
    俺達にソックリだったから。

    867 :鬼女日記 2012/12/29(土) 23:52:53 ID:15BNTzsO0
    私の友達の話で、女の逞しさと恨みを思い知らされた(?)話。
    レィプ事件の為、胸糞悪い話になります。苦手な人スルーしてください。
    フェイク込みです。初めてこういったスレに書き込むので矛盾があったりしてもフェイクだと思ってください。

    今から何年も前。私の友人がAという男にレィプされました。
    Aは友人の職場(サービス業)の常連だったらしく、Aに一目ぼれ。友人に交際を申し込むも「彼氏がいるのでお付き合いできません。」
    と断られ、半ばストーカー化し、最終的に友人の帰り道を待ち伏せしレィプした、といった経緯らしいです。
    あまり計画的な犯行ではなかったらしく、即警察に捕まったようです。

    当時友人は彼氏と結婚も考えている程の関係だったのですが、事件後、関係がギクシャクしてしまい、別れてしまいました。
    心にも傷を負った友人はしばらく自宅から出られないようになってしまい、何ヶ月も職場を休みましたが、
    職場は長期休んだにも関わらず彼女は復帰する事ができたようです。(職場はレィプ云々については知らないはずとのこと。)
    ですが職場の人も「レィプされた」ことは知らなくとも、警察沙汰の事件に巻き込まれた事は知っているはずなので、
    友人はきっと戻った後も辛い事がたくさんあったと思います。(←なにがあったの?とかおそらく同僚に質問されまくったはず)

    仕事に復帰した後、友人は少しずつ回復していきましたがどこか人が変わったようになりました。
    事件前の頃と同じように笑って話す事もできるほどになったのですが、どこか愛想笑い以上に笑えていないと言うか、
    心に影がかかっているような状態というか・・・。
    正直彼女にもっと元気になって欲しかったと思っていましたが、
    私には彼女の苦悩やトラウマを推し量る事などできず、思い出したくも無い記憶を刺激しないように、自然な友人関係を意識して付き合っていました。
    ですが、どうしても事件に関わる話題、単語などを意識的に避けて付き合うとギクシャクしてしまうというか・・・。
    彼女も私が気を使っていることはわかっていたのでしょうが、だんだんと距離ができていってしまいました。私は友人として力不足でした・・・。

    続きます。

    608 :鬼女日記 2013/10/19(土) 01:45:02 0
    ガチで義兄が母を杀殳しかけたっていう修羅場。

    事件の原因は母の強すぎる管理願望。
    部屋の中を毎日チェックするのは当たり前。
    義兄の友人宅に頻繁に電話をかけて普段の様子を調べたり、車のメーター見てどこに行ったか見当つけたりしたらしい。
    出したゴミも漁るし洗濯籠から服を取って「香水の匂いだ!」とかもやってた、というか俺が見た、っつーか俺もされてた。
    結婚を考えてるって彼女さん(現義兄嫁)を連れてきた後は彼女さんの半ストーカーにもなったりして完全に頭おかしかったわ。
    彼女さんが職場の友人さんと食事してる写真を撮ってきてキーキー喚いたりが当時の日常。

    当然義兄はカンカンに怒って毎日母と喧嘩、ときおり灰皿が宙を舞ったりした(俺の顔面から数センチを掠めた事があり、以来でかい灰皿が怖い)
    俺は必タヒになって母を止めようとしたけど当時中学生。
    出来る事にも限りがあったし、昼間は母完全フリー。
    しかも何故か義兄に怒られれば怒られる程行動がエスカレート。
    ついには義兄をノイローゼに追い込んで寝込みを包丁で切りつけられるに至った。
    物音に気付いて駆けつけた俺が止めなかったら本当にタヒんでたと思う。

    後これは義兄ではなく俺に対する追い打ちになるけど、
    母の一連の行動の根本は俺の幼少期にあった、と後日判明。

    俺が小学校前の時、両親は忙しくて育児を祖父母に丸投げしてたらしい。
    その結果俺が寂しさから失語症になり、回復後も長期間どもりが残ってたそうな、俺自身には全く記憶無いけど。
    で、母の中では「子供は私自身が守らないといけない!」となり、その後父が事故で亡くなって猛加速しちゃった、と。
    間に入ってもらった祖父母からそう聞かされて「原因の一端俺かよ…」と。
    しばらく義兄に合わせる顔なかったわ。

    数年を経て管理再発した母から、義兄の支援の下逃げ出せた記念に。
    お粗末様でした。

    あ、上で入れ忘れたけど両親は再婚同士で俺と義兄は血がつながってません。
    干支一回り離れてたせいか可愛がって貰えた+対母同盟で物凄く仲は良いけど。

    69 :鬼女日記 2009/01/08(木) 17:24:10 0
    毒の地雷から俺の人生狂った。
    地雷の話みるとマジで鳥肌たつ、おぞましくて。
    自分に不利な恋愛したのも鬼に有利な恋愛したのも自分だろ。
    地雷で離婚までいっちまって、親は孫みたさに元嫁の家のまわりうろうろして
    ストーカー被害で厳重注意、その後痴呆はじまって、介護疲れで親父がタヒんだ、
    妹が元嫁をうらんでイタ電してこっちも厳重注意、近所にも知れ渡って
    夜中にならないと家から出られない、元嫁は来春再婚する、しかもすげえ遠くに引っ越す。
    ああわかってるよ、地雷するようなキチガイと遊んだ俺が悪いよ、でもよ、
    嫁がら毒に心変わりしたんだから、毒から嫁に気持ち戻ることだってあるだろうがよ、
    それを何でうらむんだよ?自分もしたことだろ?

    987 :名無しさん@おーぷん
    嫁(当時は婚約者)にストーカーしてたのが知人とわかった時が衝撃。

    嫁を親兄弟に紹介するため、夏に実家へ帰った。
    ついでに家族と嫁と皆一緒に地元の夏祭りを見に行った。
    俺と嫁は実家と同じ県の県庁所在地に勤務しており、会社の近くに住んでいた。
    その直後から嫁がストーカーされ始めた。
    最初は会社近くの電柱に、怪文書のようなビラが貼られた。
    内容は完全な誹謗中傷。しかし嫁のフルネームと会社名あり。
    同じことが二度あって、会社側が
    「嫁が被害者なのはわかっているが、トラブルを起こす社員は有難くない」という態度。
    しかし労組があるので解雇はできず、嫁は周囲の目もあり休職に追いこまれた。
    さらに嫁の実名とアパートが、まったく関係ない事件のニュース関連で
    晒されるように書きこまれる一件が起きた。
    イタズラ等があったため嫁にアパートを引き払わせ、俺のアパートへ来させた。
    半年ほどこんなことの連続だったが、ある日ピタっと止まった。
    嫁はノイローゼになりかけていて破談寸前だったが
    なんとか結婚までこぎつけ、休職していた会社は正社員としては続行無理→パート勤務
    になったもののうまくいっていた。

    しかし結婚2年目にしてストーカーが自首して来た。
    相手は弟の友達。俺も良く知らない奴。
    夏祭りの時に嫁を見かけただけの何の接点もない奴だった。
    そのバカは当時会社を辞めたばかりでムシャクシャしていて当たる対象が欲しかっただけらしい。
    なんで嫁に目をつけたかは「幸せそうだった」「弱そうだった」だけ。
    嫁の情報は弟から得たらしい。
    でも弟は社名とフルネームしかわからなかったからアパートは自分で調べたそうだ。
    半年嫁に粘着したが、自分の再就職がうまくいったから止めたらしい。
    「最近自分に好きな女性ができて、結婚を意識するようになって
    悪いことをしたなと思うようになった」
    と頬を染めて恥ずかしそうに語るバカ。
    そして「謝ったんだから許してあげて」とバカの横で微笑む弟。
    バカを二発くらい殴って弟に蹴りを入れて追い出した。
    灰皿などでなく素手で我慢してやったんだから誉めてほしいくらいだ。
    長年夢だった仕事を、意味不明ないやがらせで正社員からパートに降格された嫁は虚脱状態。
    俺と弟は顔が似ているので、一時期は俺まで拒否され離婚騒動に発展した。
    今は俺が婿入りして弟と弟一派から完全に縁を切っているが
    あんな理不尽な思いをしたのは初めてだ。

    このページのトップヘ