226 :鬼女日記 2016/07/16(土) 11:17:50 ID:KB5
舅は7年前に病タヒ、その1年後に姑は認知症になり、
現在はおむつ生活で要介護度4
うちは旦那実家の隣のコーポに住んでいて、自営業を営みながら
夫婦交代で通いで介護

昨日、昼に食事を作って持っていったら知らない男が家の中にいた…
「介護関係の方ですか?」と尋ねたら「不動産運用のご案内を…」

その瞬間、カッとなって「義母は認知症です!門に鍵かけてあるの見て
不思議に思わなかったんですか?家の中も全然普通じゃないでしょ!
判断力がない相手とやりとりされても困ります。お帰りください!」
ときつめに言ってしまった

男は「え?あ?あ、すみません」と慌てて帰ってくれて助かったけど

徘徊癖がひどいから、門に自転車のダイヤル式の鍵をかけて、ヘルパー
さんやデイサービスの人が開けやすいようにダイヤルナンバーの札は
取らずにつけたままにしてある

ボケた姑以外は誰でも開けられるけど、それを開けてまで入り込んで
インターホンを鳴らしたわけで(インターホンは玄関横。門にはない)
しかも玄関を開けたらすぐに壁中「→トイレ」「←おふろ」
「←せんめんじょ」と書いた貼り紙だらけ
玄関ドアには「いえからでないでね」とでっかい貼り紙

それを見てもなお、スリッパをはいて上がり込む神経がわからない
あわよくば強引にサインさせて契約させようと思ったんじゃないかとか
猜疑心でいっぱいになってしまった
夫婦で自営業を継いでいるから24時間監視は無理
来週から特養入居が決定しているけど、それまで気が休まらない

認知症や介護関係と一切関わらずに生きてこれた鈍い人、だったのかも
しれないけれど、門に鍵がかかっている家はそっとしておいてほしい