テンション

    30 :鬼女日記 2009/01/05(月) 08:52:37 ID:poB7ZUwL
    空気を読まずに投下します。長文注意です。
    大したことは言えませんでしたが、一人目を生んできました。

    なんだか陣痛らしき物が始まってもよくわからずに普通にしていたら、痛みになれたのかマヒしたのか痛いのかなんなのか分からなくなりとりあえず横になり、そんな感じで丸二日。
    三日目になり、近くに住む母に電話。駆け付けた母が「こんな時にそばにいないなんてっ!」と旦那に怒るので、
    「海外にお嫁に行ったお姉さんが久しぶりに帰るので、私の分も挨拶してきてほしいと半ば無理矢理私が追い出した」
    と伝えようにも、ろくに寝てないし痛みもあって微妙なテンションでうまく説明できず、とりあえず病院につれていかれました。
    病院に着くと今度は看護婦さんに「何でもっと早く電話しなかったの?旦那さんは?」ときかれ、
    「マタニティースクールの時に陣痛が15分感覚になったら来てって言われたから」
    ってことと旦那の事を言おうとして、やっぱり変なテンションでうまく説明できず、そのまま分娩室へ。
    何故か上記のことを説明しなきゃ!と思っていたのですがうまく話せず、変な笑いも出てきて、さらに訳が分からない状態に。涙目で
    「へへ…えへへ…っ旦那君は……お姉さんに会いに…マタニティースクールで…いや、違うんです……へへ……あれ?おかしーなー……ふへっ…」
    みたいな感じでおかしくなってました。看護婦さんは「大丈夫よ。大丈夫だからね!」と励ましてくれたのですが、後で聞いてみると、よっぽどショックなことがあったのかと思われていたそうです。外で待っていた母いわく「なんか時々高笑いが聞こえて怖かった」。

    ここを見ながら、「自分は静かなお産をするだろうな」と、思っていたのでショックでした。
    分かりにくい話ですみません。

    351 :鬼女日記 2018/04/27(金) 23:44:52 ID:4l4kFvvA0.net
    4月になって思い出したので投下。

    大学3年生の時一つ上の先輩と付き合い始めた。順調に交際を重ねお互い就職。
    私が1年社会人をした後、いよいよ結婚に向けて同棲をしようという話になった。
    キリよく新年度の4月から同棲しようとなり、両家に結婚前提での同棲の許可を得て、部屋も決め、引越しもして、一緒に暮らしはじめた。

    同棲したては彼もテンションがあがったのか、仕事が何時に終わるか毎日聞かれて、必ず一緒に帰った。
    また、お風呂も必ず一緒に入ろうと言われ、忙しかったりなんだりで拒否すると、用事が終わるまで待ってたり。
    朝は彼が早く起きて朝ごはんを作ると言ってくれ、毎朝用意してくれた。
    一緒に帰るとか同棲ならでは!とか、そんなに一緒にお風呂に入りたいのかーwとか、朝から好きな人が作ったごはんなんて幸せ!と、ラブラブ同棲生活を満喫していた。

    237 :鬼女日記 2015/03/16(月) 04:19:29 ID:KtS
    この前、某中華屋に旦那と入った時、隣に座った四人連れの男性が
    すでに出来上がってて声がデカく、旦那と全然会話にならなかった。
    それは良いんだ。こちらも大きい声で話せばいいんだし。

    でも、シモネタ話を始めちゃってから、雲行きが怪しくなってきた。
    正常位だの、保健体育好きだからさー、だの言ってる内にテンションも声も大きくなってきて
    しまいにゃ、妊娠の話からレバー(胎盤の事を指してる)とか言い出した。
    さすがに気持ち悪くて食欲減退。『席替えて欲しいなー』と思ってたら
    旦那が「兄さんたちさ!公共の場でしていい話か考えろよ」とか説教し始めた。
    仕方ないから私も「レバーとか聞こえたから。楽しんでるところ、ごめんね」ってフォローして
    食べようと思ってたものも食べずにそのまま会計して帰宅。

    願わくば、あの時の兄ちゃんたちが、セ○クスしたり、レバーを食べたり、妊婦をみるたびに
    いき過ぎたシモネタで他人にガチ切れされるという、情けない出来事を思い出してくれるのを祈るばかり。
    どうせ反省してないだろうし、ならば、脳裏にがっつり焼き付いてて欲しいなぁw

    23 :鬼女日記 2012/04/10(火) 18:17:32 ID:d03bYL1s
    多分お互い冷めた話
    俺は彼女の事は好きだったけど、彼女の友達たちはどうしても好きになれなかった
    あんま話したことはないんだけど、テンション高くて騒がしいタイプで、笑い方も下品で、受け付けられないタイプだった
    彼女はそんな友達…特にAって子が
    「可愛くて明るくて面白いから大好き!」らしく
    しょっちゅう「Aちゃんがね」「Aちゃんがね」って感じで、正直不快だった
    イラッとして「はぁ?wどこが?w」と返してみたら、不貞腐れて面倒だった

    普段からそれとなく苦手って事は伝えてるんだけど
    「今度Aちゃん達と、ディズニーランドにいくんだー」という話を遠慮なくしてくる彼女にイラッ
    しかも、俺とのやりとりとか、喧嘩した時の内容とか、全てA達に相談・報告してるらしく、それが嫌で嫌でしょうがなかった
    ついに我慢できなくなって「やめろ」と言ったら
    「(俺)君だって、友達に私の事話してるじゃん!」と
    ムカついて、「俺は心から信用してるから話してるけど、お前は明らかに相談する相手間違ってる」と言ったら泣き出して
    そこからまた大喧嘩になった

    彼女は、馬鹿な事に俺が言ってた悪口全てを、友人たちに伝えたらしく、それをきっかけにいろいろトラブルがあり
    友人関係崩壊w
    「(俺)くんのせいでこんなことになった」と泣きながら責められたけど、知るかwって感じw
    結局は彼女の馬鹿さ加減とか、責任転嫁とかに嫌気がさして別れたんだけど
    A達さえいなければ、俺たちの関係は続いてたんだろうなと思うと少し残念ではある

    このページのトップヘ