デブ

    373 :鬼女日記 2012/08/01(水) 22:00:03 ID:AvByciJP0
    職場の合コンクラッシャーのキモメンデブ(以下キモデブ)に復讐

    ウチの業界は全国に支社(支局)があり、私がいたのはかなり大きい地方支局。キモデブはその衛星として田舎に駐在してた
    そいつはうちの支局幹部にウケがよかったから、まずそれを切り離す。本社のお客様センターに客のふりをして名指しでクレーム入れた。
    管理職は自分の管内でのクレームを恐れ、早速キモデブを切り捨てた

    92 :鬼女日記 2016/03/06(日) 22:58:51 ID:L5qOA+jo.net
    全然かっこよくない話 しかも少し長い。ごめん。

    それなりに混んでるバスで、ちょっと太ってる親子が二人掛けの座席をそれぞれ1人で占領してた。
    停留所に止まるたびにお客さんは乗ってくるから、車内はドンドン混んでいって、その度に運転手さんが「中程までおつめ下さい。お席を譲り合って下さい。」ってアナウンスしてた。

    いくつかそんな感じで停留所過ぎたあたりで、その親子の母親の方がいきなりキレだして「ちょっと!運転手さん!疲れて寝てる人も居るんだからそんな何回もアナウンスしないでくれます?迷惑です!」みたいなことを叫んだ。
    車内はシーンとして、誰も直接は何も言えなくてヒソヒソって空気になった。
    その親子の子供の方が「しょうがないよ、運転手やってるような人間なんて…」とバカにしたように大声で言ってた。

    その後もその母親は「私はこの会社の株主なんですのよ!!」「あなたみたいに乗客のことを思いやれない運転手なんて!」と騒ぐ騒ぐ。(その間も混んでる車内で2人とも座席占領したまま)
    結局降りるときにわざわざ運転席に歩いてって「あなたの名前覚えました。会社に報告しますから覚えてらっしゃい」みたいなこと言って降りて行きました。(子どももニヤニヤしながらついていってた)

    すごく悔しかったのは何にも出来なかったこと。
    運転手さんは乗客の為に当たり前のことをアナウンスしただけなのに…。

    終点まで乗ってた自分はせめて…と思って、降りるときにメモに名前と電話番号を書いたものを運転手さんに渡しながら
    「自分は運転手さんが正しい事をしてくれたと思います。あの方に何か言われたら、自分が証言します。」と言いました。

    56 :鬼女日記 2016/01/14(木) 16:04:48 ID:4hM
    デブ過ぎて娘に怪我をさせてしまったことがある
    とても不甲斐ない話なんだが娘が小さい頃は身長173センチで100キロ以上あるデブだった
    会社の健康診断でちくちく注意されていたがあんまり気に留めてなかった
    娘がプーさんみたいって喜んでくれてたから調子に乗ってデブのままだった
    だがある日俺が帰ってきた時に「おとーさーん」と娘が飛びついてきた
    受け止めてやろうとしたんだが反応が遅れて娘を腹肉で弾いてしまった
    弾かれた娘は運悪く後ろにあったテーブルに頭打ち付けて流血沙汰
    びっくりするくらい出てきた血に一瞬で血の気が引いた
    嫁に泣きながら怒られ泣き喚く娘を背負って病院へ駆け込んだのが本当に修羅場だった
    本気で痩せなければとその時遅まきながら決意して数年がかりの地獄の減量生活送ったのも修羅場だった

    894 :鬼女日記 2013/11/12(火) 01:13:16 ID:41xFjBQN0
    ささやかな復讐ですが、投下します。

    私は小学生の頃、太っていて運動神経も悪く、どんくさかった。
    案の定、いじめの対象になり、「デブ」「ブス」とさんざん言われた。
    靴や私物を隠されたり、無視されたり、テンプレ的なことはだいたいやられた。
    一回親に相談したら、やたら興奮していじめっこの親に文句を言いに行き、それが原因でますますいじめられた。
    なので、親や先生には相談しないことにした。

    中学校に入っても、公立だったのでほぼメンバー変わらず、相変わらずの日々。
    そこで決心した。すごい勉強して一番頭いい高校に行って、こんなやつらとはおさらばしようと。
    そこから猛勉強して、中3の時には成績は学年トップクラス。その地区では一番偏差値の高い高校に余裕で合格した。

    そしたら世界が変わった。学生生活が楽しくなった。
    楽しく3年過ごし、進学校だったので勉強も頑張って、大学受験では誰もが知ってる有名大に合格できた。
    で、地元を離れて大学生活を送るうちに、ストレスがなくなったからか、だんだん痩せてきた。
    おしゃれも覚えて、初めての彼氏もできた

    260 :鬼女日記 2016/11/21(月) 21:59:15 ID:VfWgehM90.net
    彼女がすごいデブなんだけど俺デブ専じゃないんだよね。
    胸はあるけど腹見ると萎えるレベルのデブ。
    痩せろって三ヶ月前に付き合ってからずっと言ってるけどたまーにウォーキングするくらいで、相変わらず男並みに食うし、ありのままの私とかほんとにきつくなってきた。

    可愛いとおだてたら調子乗らせちまったみたいだ。
    結局舐められてんだよな?
    お前ごときありのままの私で充分だってこと?
    マジタヒねやクソデブ。きめーんだよ!

    こんなのとしか付き合えないと思うとタヒにたくなってくる。

    858 :鬼女日記 2014/05/06(火) 14:31:53 ID:scQah5yra
    数年前に兄に起きた修羅場。
    当時兄は大学生で私は高校生。兄は中学の頃怪我でスポーツを辞めてから太りだし、身長185cm115kgという巨漢だった。
    そんな兄のことをずっとデブだのキモいだのと馬鹿にしてきたA子という奴が近所にいた。年齢は兄>A子<私の順。
    ただ、A子自身も小学生の頃から既に太っていて私としては「お前の方が太ってるだろ!」と思っていたが兄から「言いたい奴には言わせとけ」と言われていたのでグッと我慢していた。

    635 :鬼女日記 2015/12/15(火) 14:54:03 ID:rEE
    別に非常識なまでに太ってるわけではない私(154cm43kg)に対してデブデブうるさい
    確かにピークで痩せてた頃に比べれば体重は増えた、でもそれは5年も前の23歳の頃の話
    もともと47kgだったのがメンタル病んで40kgまで落ちたときのことを「一番綺麗だった」とか言われてもさ、またあの苦痛しかない毎日を思い出して鬱々と生きろと言うのか
    つーかあの頃はあの頃で「病みすぎて頭おかしかった」と揶揄するくせに体型だけ褒めるとかふざけたこと言うな
    将来太ってしまうのが嫌だから今のうちに言ってるだけ、とかやかましいわ
    そんなに女が太るのが怖いなら、美しくあることが仕事である女優かモデルとでも付き合えばいいだろーが!

    844 :鬼女日記 2017/12/14(木) 17:05:45 ID:cSt
    同僚Aさんは学生時代の初彼に酷い振られ方をしたそうだ。
    「もうあなたに付き合うのは限界です、顔も見たくない」と
    ある日突然言われて音信不通に。喧嘩も浮気も金銭問題もなし。
    意味不明なので彼の自宅に電話したら彼母が出て、
    「もう息子に関わらないで、あなたは独善的過ぎる」と
    ガチャ切りされたんだって。
    でもAさんは外見も内面もごく常識的な良い人なんだよね。
    変な親子に関わっちゃったんだなーって思ってた。

    ある日、私がAさんの歯並びを褒めた。綺麗で羨ましいって。
    するとAさん「あ、これ実はほとんど差し歯なのーw」と。
    そこからわかったAさんの衝撃の過去

    513 :鬼女日記 2015/03/25(水) 18:35:35 ID:puIguD5k.net
    下品な話です

    一人旅をした後の帰り道、腹が空いたのでとあるカレー屋さんに入った
    んで15分以内に食べられたら無料、食べられなかったら3000円という大食い早食いチャレンジをやっていたのでそれに挑戦した
    何しろこっちはデブでカレーは飲み物と思っていたし、失敗しても金払えば良いだけだしと軽く見ていた

    んで注文した後に残金1000円しかねぇってことに気づいた
    当時ATMは24時間やっていない上に、カードも使えない店だった
    気づいた時には大盛りカレーは出来上がり寸前だった

    上等だコラ食ってやんよぅと思ってモチベマックスで一口
    熱いのよ、これが
    しかも激辛なんよ、これが
    んで貼り紙見直してみたら
    大盛り早食いチャレンジの横に小さく激辛って書いてあったのよ
    それに気づかなかった

    それでも必タヒに食べた。滝のような汗をかき、辛くてむせまくりでさぞ見苦しかったと思う
    途中もよおしてきてしまい、下からもカレーが出そうになり本当にヤバかった
    結果、時間内に完食することは出来なかった
    店長さんには素直に謝った
    免許証と電話番号を渡して後日必ず支払いに伺いますと言ったら
    いいよいいよ
    と許してくれた

    ただその時の店長さんの勝ち誇ったような不敵な笑みに軽くイラっときた
    後日金を払うついでに、万全の体調で再挑戦してリベンジは果たさせてもらった
    デブ舐めんなよぅとは思ったが、それ以来ドカ食いはやめるようになり
    結果的にデブから脱却するターニングポイントになったのでありがたかった

    このページのトップヘ