ノイローゼ

    582 :鬼女日記 2015/08/22(土) 19:03:11 ID:Oam4HQL1.net
    真面目に仕事してくれてるし、病気してない方の子も
    仕事ないときはちゃんとみてくれてるから、旦那には感謝してるんだけど…

    私が主婦で母ちゃんなんだから当たり前なんだけど…

    子供の看病が続きすぎて疲れる。
    今月W入院10日に前後の看病。
    肉体的にもだけど、精神的にも来る。

    兄は喘息。
    その合間に妹がてんかん疑い。
    いつ発作を起こすかわからないから常に要観察。
    最近まともに寝てない。頼れる親族はいない。

    退院して4日でまた娘発熱。
    旦那は長男をバーベキューに連れて行ってくれた。
    私はお茶漬けかきこんで下の看病。

    また遊びに連れて行ってやれなかった娘に「弱く産んでゴメンね」って詫びながら今日も看病。


    子供だって頑張ってるんだ

    だから頑張るしかない、頑張るしかない、頑張るしかない、頑張るしかない、頑張るしかない…

    300 :鬼女日記 2018/02/09(金) 23:34:50 ID:DrLGDE4b0.net
    機能不全家庭で育ち、自分は30目前でも抜毛癖&毛根を食べる異食症、長兄は生活保護なこと
    それを夫に隠していること

    父母は毎日口論(暴力もあり)からの家庭内別居
    一番被害を受けた長兄が一番の犠牲にあった(彼いわく弟妹を守ったらしい)
    次兄もなんやかんや苦労中
    私は一見とても順風満帆な人生を歩んでる

    幸いだったのは、三兄妹の仲が良いこと(長兄から殴られてたこともあったけど)
    父はギャンブルはせず堅い職だったこともありそこそこ稼いでいたこと
    母がとても真面目だったこと(糞真面目すぎてノイローゼになってた)
    母と私二人で参加していた学校外の活動で、良い友達に出会えたりそれぞれを客観的に見る機会があったこと
    母がそれもあり経済的にも精神的にも強くなったこと
    たまたま受けた素晴らしい中高一貫校に入れたこと
    恩師に出会えたこと

    あんなに地獄のようだった実家が、形は普通とは違っていびつかもしれないけど今とても落ち着いている
    それを少し受け入れがたい気持ちもあって落ち着かない
    大好きな夫の義実家の方々はとても良い人たちで、こんなのが嫁で申し訳なく、罪悪感がある
    私は実家が好きなんだけど、夫を積極的に連れていきたいとは思えず
    夫の子供を見てみたいけど今のようにラブラブじゃなくなったら?と怖い
    こんな感じで、ぐちゃぐちゃっとした気持ちが常にある
    でもこのまま周りの人に打ち明けられず生きていくんだと思う

    小学生のときに見た、普段飲まない酒を飲んで号泣してみんなに謝る母の姿をたまに思い出して辛くなる

    499 :鬼女日記 2016/02/22(月) 00:52:52 ID:a3c
    長いわりにあまり黒くないかも
    前の職場で酷いいじめにあっていた
    主犯はAっていう主婦
    私は営業事務でAは派遣だったんだけど、正社員になれなかった腹いせを私で晴らしているようだった
    職場ハブはどうでもよかったけど、重要書類を捨てられたりと業務に支障の出る嫌がらせもありノイローゼ寸前だった
    派遣には秘密だが、私は同じ課の派遣社員のPC履歴を見る権限がある
    ある日、Aが会社のPCでツイッターをしている履歴があった
    アカウント情報も残っていたので自宅で開くと、「キラキラ輝く兼業主婦 年収1000万」みたいな嘘ばかりの反吐が出るアカウントだった
    ネットのAはたくさんのフォロワーに囲まれ憧れられる存在だった
    そこで私は「田中文子」みたいな全くの偽名アカウントを作成、Aにリプライを送った
    「こんにちはA(本名)さん」
    「Aさんの職場の○○はいい会社ですね」
    「Aさんの派遣会社△△にいきました」
    「Aさんの夫のアルバイト先のコンビニに行きました」
    などなど
    二日でブロックされたけど、同じ名前で別アカウントを作って、私が知りえるAの情報を吐き出しまくった
    Aの動揺ぶりは面白かった
    職場でイライラしながら画面をにらみ、手下をくだらないことで怒鳴り散らすAを見ているのは面白かった
    一週間ほどでツイッターを消してしまったのでがっかりしたが、AのPC履歴を見たら2ちゃんの家庭板に書き込みをしていた
    終業後にAのPCを起動したらクッキーが残っていて、コテを付けて相談スレで相談をしていた
    なんと自分が男で妻に浮気をされているという創作だった
    こいつアホか~!とゲラゲラ笑いながらツイッターの時と同じ名前のコテで同じような内容のことを書きこんだ
    Aの憔悴っぷりは本当に面白かった
    もうめぼしい履歴は無かったので、とどめにAの子が通う保育園に「田中文子ですけど、A子ちゃんのことでお話があるとAさんにお伝えいただけますか?」と公衆電話から電話した
    ついでに会社で「Aさん、田中文子って人からお電話です」と電話もかかっていない受話器を渡してみた
    Aは一気に老け込み精神を病んで退職した
    同じようにAの取り巻き達も会社から追い出した
    そのあとすぐに結婚し会社も辞めたけど、派遣の人数は半分以下になったのに効率よく業務が回るようになっていた
    皆幸せになったから黒くないかも


    257: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/05/08(金) 08:11:35.19
    相談です。

    2歳の娘があまりにパパっ子で、妻がおかしくなりかけてます。

    トイレに行かせたり、オムツを交換したり、
    お風呂に入れたり、ご飯を食べさせたり、歯を磨かせたり、一緒に寝たり、
    とほぼ何もかも「パパにやってほしい」「パパと一緒がいい」状態で、

    1 :鬼女日記 2017/06/23(金) 17:24:23 ID:9adb8Eg/.net
    文章下手ですがすみません。思い立ったので書きます。
    私は結婚5年目で2歳の子供がいるのですが、結婚当初から旦那の親族からの悪口や嫌がらせに本当に参っていました。
    中々子供ができなかった事もあって年に数度ある親族との集まりでは私は標的になり、子供ができないのはどういうワケか、できなかったら結婚させた意味もない、ちゃんと妊活してる?など言われたい放題。

    608 :鬼女日記 2013/10/19(土) 01:45:02 0
    ガチで義兄が母を杀殳しかけたっていう修羅場。

    事件の原因は母の強すぎる管理願望。
    部屋の中を毎日チェックするのは当たり前。
    義兄の友人宅に頻繁に電話をかけて普段の様子を調べたり、車のメーター見てどこに行ったか見当つけたりしたらしい。
    出したゴミも漁るし洗濯籠から服を取って「香水の匂いだ!」とかもやってた、というか俺が見た、っつーか俺もされてた。
    結婚を考えてるって彼女さん(現義兄嫁)を連れてきた後は彼女さんの半ストーカーにもなったりして完全に頭おかしかったわ。
    彼女さんが職場の友人さんと食事してる写真を撮ってきてキーキー喚いたりが当時の日常。

    当然義兄はカンカンに怒って毎日母と喧嘩、ときおり灰皿が宙を舞ったりした(俺の顔面から数センチを掠めた事があり、以来でかい灰皿が怖い)
    俺は必タヒになって母を止めようとしたけど当時中学生。
    出来る事にも限りがあったし、昼間は母完全フリー。
    しかも何故か義兄に怒られれば怒られる程行動がエスカレート。
    ついには義兄をノイローゼに追い込んで寝込みを包丁で切りつけられるに至った。
    物音に気付いて駆けつけた俺が止めなかったら本当にタヒんでたと思う。

    後これは義兄ではなく俺に対する追い打ちになるけど、
    母の一連の行動の根本は俺の幼少期にあった、と後日判明。

    俺が小学校前の時、両親は忙しくて育児を祖父母に丸投げしてたらしい。
    その結果俺が寂しさから失語症になり、回復後も長期間どもりが残ってたそうな、俺自身には全く記憶無いけど。
    で、母の中では「子供は私自身が守らないといけない!」となり、その後父が事故で亡くなって猛加速しちゃった、と。
    間に入ってもらった祖父母からそう聞かされて「原因の一端俺かよ…」と。
    しばらく義兄に合わせる顔なかったわ。

    数年を経て管理再発した母から、義兄の支援の下逃げ出せた記念に。
    お粗末様でした。

    あ、上で入れ忘れたけど両親は再婚同士で俺と義兄は血がつながってません。
    干支一回り離れてたせいか可愛がって貰えた+対母同盟で物凄く仲は良いけど。

    626 :鬼女日記 2012/04/08(日) 11:31:30 0
    会社の先輩(女性)が珍しく落ち込んでいたので
    気になって声をかけたら、元ダンナさんから手紙が届いたとのこと。
    あーそれ、ロミオメールって言うんですよと、歴代の傑作をいくつか紹介したら、
    「そうかぁ、笑い飛ばせばいいのね!」と、スッキリしてくれた。
    で、先輩のところに来た手紙の一部を、ご本人の許可をもらって晒します。

    『桜の季節が廻って来たね。街にはピカピカの1年生が溢れています
    僕たちの子供も、生きていれば今年小学校入学だったんだね
    思えば、赤子が小学生に成長する長い年月を
    君は後悔と反省に費やしたのでしょう。僕もそれを受け止めるべきでした
    あの子は生まれ変わる日を待っているはずです。また1から始めましょう』
    (一部省略・改変あり)

    987 :名無しさん@おーぷん
    嫁(当時は婚約者)にストーカーしてたのが知人とわかった時が衝撃。

    嫁を親兄弟に紹介するため、夏に実家へ帰った。
    ついでに家族と嫁と皆一緒に地元の夏祭りを見に行った。
    俺と嫁は実家と同じ県の県庁所在地に勤務しており、会社の近くに住んでいた。
    その直後から嫁がストーカーされ始めた。
    最初は会社近くの電柱に、怪文書のようなビラが貼られた。
    内容は完全な誹謗中傷。しかし嫁のフルネームと会社名あり。
    同じことが二度あって、会社側が
    「嫁が被害者なのはわかっているが、トラブルを起こす社員は有難くない」という態度。
    しかし労組があるので解雇はできず、嫁は周囲の目もあり休職に追いこまれた。
    さらに嫁の実名とアパートが、まったく関係ない事件のニュース関連で
    晒されるように書きこまれる一件が起きた。
    イタズラ等があったため嫁にアパートを引き払わせ、俺のアパートへ来させた。
    半年ほどこんなことの連続だったが、ある日ピタっと止まった。
    嫁はノイローゼになりかけていて破談寸前だったが
    なんとか結婚までこぎつけ、休職していた会社は正社員としては続行無理→パート勤務
    になったもののうまくいっていた。

    しかし結婚2年目にしてストーカーが自首して来た。
    相手は弟の友達。俺も良く知らない奴。
    夏祭りの時に嫁を見かけただけの何の接点もない奴だった。
    そのバカは当時会社を辞めたばかりでムシャクシャしていて当たる対象が欲しかっただけらしい。
    なんで嫁に目をつけたかは「幸せそうだった」「弱そうだった」だけ。
    嫁の情報は弟から得たらしい。
    でも弟は社名とフルネームしかわからなかったからアパートは自分で調べたそうだ。
    半年嫁に粘着したが、自分の再就職がうまくいったから止めたらしい。
    「最近自分に好きな女性ができて、結婚を意識するようになって
    悪いことをしたなと思うようになった」
    と頬を染めて恥ずかしそうに語るバカ。
    そして「謝ったんだから許してあげて」とバカの横で微笑む弟。
    バカを二発くらい殴って弟に蹴りを入れて追い出した。
    灰皿などでなく素手で我慢してやったんだから誉めてほしいくらいだ。
    長年夢だった仕事を、意味不明ないやがらせで正社員からパートに降格された嫁は虚脱状態。
    俺と弟は顔が似ているので、一時期は俺まで拒否され離婚騒動に発展した。
    今は俺が婿入りして弟と弟一派から完全に縁を切っているが
    あんな理不尽な思いをしたのは初めてだ。

    このページのトップヘ