ハサミ

    540 :鬼女日記 2013/05/25(土) 00:59:12 0
    流れ切って申し訳ないが、もう時効だろうから昔の話を

    物心ついた頃から、元special祖父と『守りごっこ』という取っ組み合いをしてた
    要するに護身術で、中学になっても70代の祖父に一度も勝てずに祖父は亡くなった
    特に事件や喧嘩に巻き込まれることもなく平和に生きてきた
    結婚して、別居のトメが介護が必要になり
    週に2、3度義実家に一人で通うようになった
    義実家には長年ニートの義姉が同居しており、これがすごい嫌な人だった
    主に雑用と自腹で高級品を買ってくるように命令され、
    無視するとずっと後ろで騒いでる
    けれと害もないので、スルーして旦那に報告して〆てもらうの繰り返しだった(ウト鬼籍)
    それがある日義実家を出て駅まで歩いている時に、
    黒のボックスワゴンと言うのかな、目の前で車が止まった
    中から30代位の小太りDQN風の男性.2名と義姉が降りてきた
    色々省くけど結局は怪我をしたくなければ義姉の命令を聞けと言われた
    断ると男性.2名が両側から二の腕つかんできて後部座席に押し込まれた
    義姉は助手席に座ってそのまま話し合いと言う名の脅しをかけられた
    小突かれたりハサミで髪を切られたので、反撃した
    あんまり命の危険は感じてなかったけど、男性.二人には安全に逃げるための攻撃
    義姉だけはすがる振りして顔に爪立ててわざと跡に残るような傷作った
    その後は義姉と関わりもなくまた平和に暮らしてきたけど
    天国の祖父には申し訳なくて仕方ない

    155名無しの心子知らず2008/06/08(日) 14:17:27 ID:KElpNBa7
    小3の娘が、手首をハサミで切られて帰ってきた。
    初めに手首の絆創膏を見た時は、やんちゃな娘がまた怪我したか~
    程度でしたが、話を聞いてみるど唖然。
    ・A君が娘の道具箱をひっくり返し、娘のハサミを使いながら道具箱の中身を挟んで拾っていた
    ・ハサミで拾っていると傷がつくから止めてと娘は制止しようとした。
    ・A君はその娘をからかうかのようにわざと中身をハサミでつかみ、切り始めた。
    ・娘は切られているものを無理やり取ろうとしたら、
    ハサミを持ったA君も一緒に追いかけてきて、手首をバチンと切った。

    幸い『くの字』に皮膚が切れただけで、筋や血管まで傷は達していなかったが、
    ここから怒りの幕開け

    続きます

    このページのトップヘ