パティシエ

    476 :鬼女日記 2019/04/29(月) 01:30:46 ID:c3GgLw0x.net
    GW明けに日本を出るので記念カキコ。
    そしてかなり長くなってしまった…。

    私は中学生の時にいじめられてた。
    いじめられてた原因とかきっかけはもう忘れてしまったけど、小学生の時から仲良くしてた友達からも無視をされるようになったのがきっかけで不登校に。

    不憫に思った祖母が私にお菓子作りを教えてくれた。
    祖母は菓子職人としてフランスで働いてた事があるすごい人で、それを知っていた私はとても嬉しかった。
    「あんたは腕がいいね」といつも褒めてくれたこともあり、私は「大人になったらおばあちゃんのような菓子職人になる!」といつも言っていた。
    勉強は兄や姉が教えてくれていたので学力も落とさずに高校受験を迎えることができ、私は祖母に言ったように製菓系の高校に入学した。

    その後は専門進学→海外で修行→30歳の時に日本に帰ってきて自分の店を開いた。
    どこに店を出すか悩んだけど、2~3年でまた海外に戻り、自分の店を出すつもりでいたので祖母への恩返しも込めて地元の近くに店を出した。

    長くなったけどこれが前提。
    分けます。

    194:おさかなくわえた名無しさん2008/12/15(月) 23:55:32 ID:5EzO0BC9
    私はパティシエをしてるんだけど、ずうずうしい人によく遭遇する。
    「なんか作って」「余ったケーキ持って帰ってちょうだい」なんて日常茶飯事…

    先々週親友の結婚式だったんだけど、「ウエディングケーキを作って欲しい」とお願いをされていて
    新郎新婦どちらとも高校時代からのすごく仲良い友達だったし、快く引き受けた。
    私からの気持ちだからお金はいらないと言ったけど、「それとこれとは別だ」と頑なに断られ、
    結局式場で頼むものよりちょっと多めのお金を包まれた。(多い分で家電を買ってお祝いとして返した)


    そしたら今日、たいして仲良くも無い高校時代の子からいきなり
    「久しぶり☆○○ちゃんにウエディングケーキ作ってあげたんでしょ?
    実は私も2月に結婚式なの。私のも作って♪」というメールが来た。
    なんでアドレス知ってるんだ?と思いながらも「どんなのがいいの?」と聞いたら
    ・高さは1mくらいは欲しい、最低でも5段
    ・飴細工で私と旦那の人形作って飾ってほしい
    ・フルーツは最高級のものしか使うな
    ・誰もがびっくりするような独創的なデザインにしてくれ
    で、最後に「作ってくれるならお祝儀はいらないから☆気遣わなくていいよ、友達だもん♪」と書いてあった。

    つっこみどころが多すぎて返事返してない。放置してていいよね…ヽ(冫、)ノ

    このページのトップヘ