マザコン

    430 :鬼女日記 2018/03/26(月) 15:02:28 0.net
    長くて申し訳ないんだけど、ちょっと意見を聞かせてください

    私は長男嫁で都内住みで共働き、義両親は隣県に住んでた
    義弟も都内で一人暮らししてたけど、結婚が決まり別の隣県に賃貸マンションを借りた
    で、なぜか義両親を呼び寄せて完全同居で新婚生活スタートということに
    義父は毎日じゃないけど仕事もしてたし義両親とも健康で同居の必要性は全く感じなかったのに、義弟は両親大好きマザコンで一人暮らしの時も休みのたびに帰省してたし、姑も次男くんラブだったから、大喜びでさっさと家引き払って引っ越してた
    義両親は私に対しては過干渉でも距離なしでもない(私がスルーしてるってこともある)けど、義弟嫁に対しては多少評価が厳しい感じで面と向かってはわからないけど裏ではごちゃごちゃ文句言ってる
    義弟嫁は地味で大人しくて自分の意見があるのかないのかわからないようなタイプだから心配ではあったけど、長男嫁としては薮蛇になっても嫌だから自分から接触することはほとんどなかった

    義弟夫婦が結婚して一年が過ぎて、新居を購入しようということになってるみたいなんだけど、その件で姑からしょっちゅう旦那に相談の電話やメールがくる
    嫁は文句も言わないけど意見も言わない、ことが進まない、というのが主題らしいんだけど(インテリアなどで姑と義弟の意見が分かれた時に嫁に味方して欲しいらしい。ローンは義弟夫婦の共同ローンらしいから、嫁にも決定権がある?)
    旦那がいろいろ心配だから嫁同士で話を聞き出してくれないか、と私に言ってくる
    私は正直同居から頭おかしいとしか思えないし、マザコンでモラっぽい義弟があまり好きじゃないし、義弟嫁に会って2人きりで話なんかしたら正直に意見を言ってしまいそうなんだけどどうしたら良いんだろうか
    この立場で義弟嫁の愚痴(があるのかどうかわからない)を聞いてあげたりすることが義弟嫁のためになったりするでしょうか?

    833 :鬼女日記 2018/04/07(土) 01:26:50 ID:QRx
    無自覚のマザコンである兄が女叩きにハマってなんかもうグタグタだった
    外食より母さんの飯がいい、外で交友関係を広げるより母さんといた方が気が楽、~できない女はないなー、母さんだってできるのに。
    って調子でいつも母さん母さんだった兄。
    本人はマザコンの自覚がなく、まとめでも見たのかよく女批判をするように。
    しかし兄が女批判する度に母が反応する。
    女なんて役に立たないしな→えっ!役に立たないのなら、母さんが作ったご飯はどこ消えたの?綺麗にしてる家は誰が使ってるの?母さんが育てた子はどこへ行ったの?
    女なんてすぐ托卵する→母さんを見てそう思っちゃったの?だとしたら、どこがそう思わせたの?
    という感じで、いちいち嘆き悲しむもんだから兄が慌てて否定する。そうは言ってないだろ!とか、そういう意味じゃないよ!とか。
    最初は兄の馬鹿みたいな発言に苛ついたけど、発言→母反応→即否定のグタグタ感がすごすぎてどうでもよくなった。
    マザコンなのに自覚ないのも、女批判を叩きにハマるのも、そのくせ即否定するのも色々と神経わからんかった

    180 :鬼女日記 2015/12/17(木) 12:15:48 ID:hEJ
    Aと俺は家庭環境が似ていて、両方母子家庭、母は看護師(当時はまだ看護婦と言われていた)。
    俺んちは父とタヒ別でAんちは離婚だが、母同士が知り合いなこともあり仲良くしていた。
    ただし住所が少し離れており、学校や塾は別だった。
    そんな俺たちもアラフォーになり遅ればせながら結婚。
    夫婦ぐるみで付き合いするようになった。
    俺嫁とA嫁も二人で遊ぶ等、仲良くしていた。
    ある晩、俺嫁が俺に「A嫁さんに言わないでって言われていたけど、心苦しくなったから聞いて欲しい」
    A嫁がAと離婚したがっているという話だった。俺仰天。
    AはA嫁を事あるごとに母親と比べていたらしい。
    「母さんはもっと頑張ってた」「母さんはもっと働き者だった」ととにかく「A母並みに頑張れ、働け」と無理強いした。
    A母は夜勤込みで働いて、家事して、Aの世話もキッチリして、塾の送迎もして…と確かに働き者だった。
    俺母はヒラだったがA母は婦長だったから稼ぎも相当良かったはず。
    失礼だが見るからに頑丈そうな人で、実際病気してる所なんて見たことなかった。
    A夫婦も俺んちも共働き。A嫁にしちゃ「両方働いてるんだから権利も同等」という考えで結婚したが
    Aは「なんで俺が皿並べなくちゃならない?なんで俺が布団敷かなきゃならない?母さんはやってくれた!
    母さんはもっとハードな仕事して夜勤もして、でも俺に家事させたりしなかった!A嫁は怠け者!」
    とキレてしまって話にならない。

    俺としてはいくら親しくても夫婦の事に口出ししたくなかった。
    だから嫁から話を聞くだけに留め、Aには何も言わなかった。俺嫁もそれでいいと言った。
    しかし結局巻き込まれた。

    737 :鬼女日記 2016/02/18(木) 12:06:37 ID:JAs
    元姑の訃報を知り、葬儀に出席してきた。
    元姑は私にとっては良姑だったから。
    数年ぶりに元夫を見た。夫は親族席でずっと泣き通しだった。喪主の挨拶も途中で泣き崩れてしまって出来なかった。
    母親大好きのままだったんだな、これからもそうだろうなと思った。

    元夫は母親のことが大好きだったけど、片思いで、
    元姑は仕事に生きた人だった。会社勤めではなく自営の社長をしていた。
    元夫は結婚すると人が変わったように「母さんを見習え!」と言うようになった。
    そのたび元姑は「私が母として妻として誉められたもんじゃないのは子供のあんたが一番知ってるでしょ。
    私の何を見習えって言うの。それに(私)さんは私の若い頃そっくりだよ」
    と呆れて諌めてくれた。
    元夫が「これは母の味じゃない!」と私の料理に怒るたび
    「私の味はこれよ」と丸美屋の釜飯の素をドンとテーブルに置いてくれたり
    「文句があるなら私の味を一番知ってるあんたが作るべきでしょ」
    「あんたの言うことは一々理屈に合わないね」
    と〆てくれた。
    でも元夫は逆ギレするだけだった。

    152 :鬼女日記 2016/06/02(木) 01:34:03 ID:mvg
    今日、彼女がカレー作ったって言うから食べたいって言ったら持ってきてくれたんだけど
    彼女が「少し辛いかも」って言って、実際食べたら俺が普段食べてるカレーより辛かった
    彼女が「味はどう?」って聞いてくるから普通に「うん、辛いね」って答えた
    彼女が「○○(カレールーのメーカー)の甘口と◎◎(別メーカー)の中辛を合わせたんだよねー」って言うから
    「だからかー俺の母ちゃんは○○の甘口と○○の中辛混ぜるよ」って言ったら彼女が拗ねた
    いや、辛かったけど味は美味しかったしすぐに「でも美味しかったよ」とは言ったんだけど
    「あなたはこの間も牛丼作ってって言うから作ったら味が薄いとか文句言った」
    「今度から料理作ってあげたくない」と彼女が怒った
    牛丼のときも彼女が「味薄いかも」って言って本当にその通りだから言ったまでで
    何でそんな怒られるのか不思議
    あげくには「あなたがこの間ジャム作ってって言うから仕事後に頑張って作ったのにまだ食べてないでしょ?」とか
    あらぬ方向に怒りだした
    ジャム食べてないのは俺も実家暮らしだし母親が三食作るから
    食べるタイミングがなかっただけなのに
    食に関して彼女が怒りすぎな気がする

    957 :鬼女日記 2018/03/08(木) 08:26:36 ID:CAzeY/4k0.net
    マザコンというか家族コン? ファミリーコンプレックス? だった元彼。歳より幼かったなぁ、今思うと。

    まず母親(仮名 悦子)を『えっちゃん』と呼び、祖母を『お母さん』と呼ぶ。
    デートの三回に一回はえっちゃんの勤める飲食店に誘われる。

    そして彼はえっちゃんかお母さんに起こしてもらわないと起きられなかった。
    一人暮らしの私の家に泊まりにきて、私は早めに8時出勤→彼は11時出勤(10時くらいに電車に乗れればOK)なので起こさずに出た時。
    10時になっても彼と連絡がつかない。他の用事もあったので心配して電話をかけまくったけど音沙汰なし。
    結局11時過ぎに半泣きで「今起きた」と電話がかかってきて呆れる。
    …ということが、5回くらい起きた。

    もちろん携帯のアラームはかけてるし、目覚まし時計も買ったし、私も電話をかけた。前日も0時には寝る。でも起きられない。
    話を聞くと、いつもえっちゃんかお母さんが何度も何度も起こしに来てくれて、やっと起きられるとのことだった。
    彼も遅刻しまくるのが嫌らしく、うちに泊まることもほとんどなくなった。どれだけ遅くても、楽しくても、盛り上がっても帰る。
    そんな人初めてだったので、あーハイハイ今日もえっちゃんとお母さんとこ帰るのねーと冷めていった。

    それだけじゃないんだけど、色んなことが子どもすぎて別れ話をした。
    多少ゴネたけど了承してくれた…と思ったら、私の手を握ってひとこと「…さらってもいい?」
    どこに? お前の家に?? それとも愛の逃避行のつもり? 二人きりの世界でお前朝起きられるの??? と氷点下まで冷めて苦笑いして別れた。

    438 :鬼女日記 2017/05/22(月) 09:03:58 0.net
    元旦那からのロミオメール晒します。

    元気していますか?
    〇〇(子供)は順調に育っていますか?
    まだ半年しか経ってないのに俺には100年の歳月が流れたように感じています。
    本当に申し訳ありませんでした。
    お母さんもお父さんも私も本当に反省しています。
    言い訳ではないのですが聞いてください。
    私はあなたが遺産等を相続していることや復帰する意志があったこと育児休暇の手当てが多いこと等何も知りませんでした。
    教えて欲しかったです。
    あなたを責めるつもりはないですが夫婦ならそれは共有すべき情報だったのでは?
    それを知っていたら同居しなくて済んだし、マイホームを買うことだって出来ました。
    それさえ知っていればと悔やんでも悔やみきれません。
    あなたさえ働いてくれたら実家に同居しなくて済むので働き始めたらまた一緒に暮らしませんか?
    一生許せることではないかもしれませんが、私はあなたのそばで罪を償っていこうと思います。
    やはり子供には父親が必要です。
    返信頂けると嬉しいです。

    続きます。

    420: 1/2 2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN 0
    先人たちの知恵を思いっきり拝借してやってきた! 
    アイデア沢山いただきました。ありがとうございます。 

    天麩羅イビリを一通りやられてきた。 
    石女、三年子無きは云々、我が家の味が云々。 
    あそこへ連れていけそれが食べたい、
    挙げ句の果てに息子チャンとハワイいきたいと。 
    そしてそれにウンウンと頷く元エネ夫。 

    それが義実家でだけならなんとか我慢したかもしれないけど、
    だんだんと元エネがエネエネしてきて、 
    「ママの味と違う(私が味の素使ってないから)」 
    「ママはもっと掃除してた(元トメは専業で私は正社員)」 
    「ママが嫁子の歳にはもうお兄ちゃん産んでたよ」 
    「ママとハワイいきたいなー」 
    ママママママ。マザコンか。

    341 :鬼女日記 2011/07/20(水) 15:25:55 0
    うちは、旦那に愚痴っても虚しくなるだけで私の存在ってなんだろ…と思う毎日。

    夫はアトピーもちなので食費かけて年月もかけて食事療法でほとんど完治。
    姑はそれが気にくわなかったらしくて
    舌打ちされ睨まれてしまい怖かった。
    そのことを、愚痴ったら
    息子にこんな嫁(私のような)がきたら嫌だなーと反対に嫌味を言われて終わりました。

    私は嫌味にただひたすら耐えれば良いらしく
    自分の母親は一切悪くないらしいです。

    ただ今妊娠7ヶ月。
    生まれたら、100日祝いを私たちの住む神奈川でやりたいらしい。
    九州から義母を呼ぶらしい。
    当然、家に止める気で。

    一人目の100日祝いでも嫌いなメロンが出たから文句タラタラ言われたし
    お祝いの席なのに、幼児虐待の話しをされてそんなわざわざする嫌がらせから逃れたい。
    気力が弱ってしまって、どう夫に伝えれば良いのか悩む日々です。

    60 :鬼女日記 2014/09/30(火) 09:06:38 ID:gThWb3VeI
    携帯からで失礼、改行変だったら申し訳ないです。

    俺の従姉妹のGJ話。
    俺の叔母(父の妹)は、旦那の不倫で娘(俺の従姉妹)たちが10歳と6歳の時に離婚して母子3人で実家(俺の祖父母の家)に戻り、
    家族のために働きながら、苦労はしていたようだが祖父が財産持ちだったこともあり、それなりに幸せに暮らしていた。
    従姉妹の上の子(A)と下の子(B)は二人とも母に似てとても優しい良い子で、
    Aと俺と俺の妹は年が近かったこともあり夏休みなんかにはよく遊んだし、
    みんなで小さかったBの面倒をみたりなんかもして、4人仲の良いいとこ同士だった。

    ABの住んでいた町は、夏になると三日間のわりと大きな祭りがある。
    普段は寂れた町だけど、その三日間は都会に出ていった人もたくさん帰ってきて、
    町全体が活気づいて本当に盛り上がるんだ。

    けど、毎年その祭りの期間を狙って招かれざる客がABの家に襲来する。
    それはもう他に身寄りがなくなった、祖母の叔母(90近く。ババァとする)とその息子(つまり祖母のイトコ、60過ぎ。マザコン)。
    毎年毎年、ババァの突然の思いつきに逆らわない独身のマザコンの運転で3時間以上かけてやってきて、
    AB家に到着する数十分前に「今から行くから」と連絡を寄こし、夕食の時間まで居座る。
    祖母がいくら事前に連絡をしてほしいと言っても聞かない。
    ババァの「今年が最後かもしれないから」という言葉を聞くと、祖母も強くは言えないらしい。
    せめて当日の朝にでも連絡があったなら調整もできそうなものだが、
    この非常識親子のせいで祖母は毎年楽しみにしている御神輿の行列を見られなくてしょんぼりしていることも何度かあったし、
    祭日でせっかく仕事が休みなのに客人のもてなしで忙しくしていてかわいそうだと、
    家族想いのAは小学生の時から腹を立てていた。

    ババァがちょっとおかしいのはおボケになっているせいだと、
    家族みんなまあしょうがないかくらいに考えていたが、このマザコン息子は本当におかしかった。
    挨拶はまともにできないし、ババァを連れてきておいて自分はろくに話もせず態度も悪く、
    出されたお茶菓子を貪り食う、突然姿を消したかと思えばパチ〇コへ行っていた…など。
    それでも自分のイトコの旦那(俺の祖父ね)のことは怖いらしく、祖父の前ではおかしな言動も半分くらいになった。
    さらにAが中学生になると、トイレに行くふりをしてAの部屋に入ろうとすることが何度かあった(毎回家族の誰かが気が付いて阻止、厳重注意)。
    そんなことがあったもんだからAはマザコン息子のことが大嫌いだった。
    ちなみにBは、Aが「わたしの影響で嫌いになったりしたら良くない」と言って気をつけていたようだが、
    幼いながらにマザコンの異常性を察知して見事にアンチマザコンだった。笑

    Aが高校2年の夏休み、祭りがあるので俺一家がAB家に招かれた。
    都合がついた俺と俺の父でAB家に行くと、申し訳なさそうな顔の叔母が出迎えてくれて、
    「あの人たちが来ることになっちゃって、ちょっとバタバタしてるけど…」
    ということだったので、もてなしを手伝うということでお邪魔した。
    まもなくして到着した非常識親子。
    AB姉妹は揃って仏頂面だったが一応挨拶をするため居間に出てきていた。
    今回もやはりろくに挨拶をしないマザコンに、二人して顔をしかめていたのを見て笑いそうになったw
    祖父は祭りの実行委員みたいなのの仕事があって、この日は家にいなかった。
    それでマザコンは調子に乗ったんだろうな、祖母がキッチンに引っ込んだ隙に、
    お菓子を準備してる叔母に向かって暴言を吐いた。
    「あんた、まだここに厄介になってるのか。仕事はどうした、あんたみたいなにバツが付いた女に売れるものなんてひとつだろう」
    というふうに、耳を塞ぎたくなるような内容で、俺も俺の父も呆気にとられてしまった。

    このページのトップヘ