マナー

    820 :鬼女日記 2018/04/04(水) 22:50:33 ID:fvr
    女性で思い出した。先日の帰宅途中の電車にて見た光景。

    帰宅ラッシュを少し外れた時間だったので、ぎゅうぎゅうの満員ではないけど
    座席は全て埋まってて、吊り革につかまってる人もたくさんいるけど、体が触れるレベルでは全くないといった混み具合。
    自分は座ってたんだが、目の前にはリーマンが2人並んでて、一人分空いてアラサーくらいの地味めなOLが立ってた。
    んで途中の人が乗るだけの結構大きな駅で、作業着の職人風な50半ばくらいのおっちゃんが「ちょっとすいませんねー、通りますよー」と言いながら乗ってきて
    空いてたリーマンとOLの間に立った。おっちゃんは恐らく道具の入った大き目なバッグを持ってて、多分それが周りの人にぶつかるから、ああいいながら乗ってきたのだなと思った(そんでも何事かとは思ったが、まぁそういうおっちゃんはいるし)。
    おっちゃんはその大き目バッグを棚の上に置き、そして電車は発車。何てこたない風景だったんだが数分後
    「あのー」と、おっちゃんが横のOLに声を掛けた。ん?この2人他人だよね?とそっちに目をやったら
    「あなたのバッグ、ずっと当たって痛いんだけど」と続けた。
    たしかにOLはおっちゃんの立ってる側の左肩にバッグを掛けてた。するとOL一瞥しただけでスマホに目を戻しおっちゃん無視。
    おいおいそこは一言くらいあってもいいんじゃねーの?と思ったが、おっちゃんとOLの間の隙間は結構あるし
    バッグが当たっても痛いレベルじゃないと思う…なくても電車そこまで混んでないんだから、お互いずれたらいいんじゃね?
    と思ったが、おっちゃんは譲らずOLのほうを向いて
    「ねぇ聞こえてる?あんたのバッグが俺にがんがん当たってんの」
    「荷物が邪魔になってるんだからさ、上に載せたら?」
    と言うも、ムキになってるのか言いがかりだと思ってるのか謝ったら負けと思ってるのか知らんが、OL見事ガン無視でスマホポチポチ。
    さすがに周りも2人に注目しだして、おいおい…って空気になってきたけどOLは平然として無表情でひたすら無視。
    おっちゃんOLのバッグをトントン指で叩きながら「邪魔だっての」「わかってんの?」と言い続けるも、すごい神経の持ち主なのか頑なに無視。ガン無視。
    するとおっちゃん
    「あんたのやってるのはな、こういうことなんだよ!」
    と語気を強めて、自分のバッグを棚から引きずりおろし、OLがよろけるくらいにバッグにがんがん強くぶつけだした。
    周り騒然、さすがのOLも顔が歪んで、どうしよう何か言うべきか?と思った瞬間、OLの真後ろに立ってた中年女性が見かねたのか
    「ちょっとあなたこっち来ましょ」と、OLの袖をつかんで自分の隣に並ばせた。
    OLは自分から見たら後ろを向いてしまったから様子は分からなかったけど
    おっちゃんは何事もなかったかのように、バッグを棚に戻し、ポケットからスマホを出していじりだした。
    その数分後に自分は降りたので、そっからどうなったかは分からない。

    OLのバッグは普通のA4サイズな感じだったし、おっちゃんも明らかにやりすぎだし癇癪ぶりも怖かった(多分病んでる感じ)けど
    OLもすみませんの一言があれば、何かリアクションがあれば違ったのではないだろうかと思った。周りも同じこと思ったっと思う。
    あそこまで意地になって無視する理由が分からん。
    暴行罪でOLが訴えても、同情しきれない自分は冷たいんだろうかなぁ…

    36 :鬼女日記 2016/01/30(土) 11:52:09 ID:vwY
    愚痴です

    昨日、主人の祖父の祥月命日でした
    いつも主人の家族にはよくしてもらってるし、気持ちのつもりでお供え用のお花を手配して、宅配してもらいました

    今朝義母から電話があって、「昨日の夜に着いたよ、ありがとう~」と言ってもらいました
    よかったよかったと思っていたら、義母の口から衝撃的な言葉が。
    「黄色とオレンジのお花が入ってて可愛らしかったわ~お仏壇周りが華やいでる」と。

    黄色とオレンジ!!!????

    花屋には「お供え用で」と伝えたし、向こうも「お供え用ですね」と言ってた
    「アレンジはこちらにお任せいただけますか?」と言われたから「はいお願いします」とは言った…言ったけども!!

    お供え用なのに、黄色とオレンジの花入れるっておかしくない?私が細かいのか…!?
    その花屋のHPには色々なアレンジメントの写真も載せてて、「お供え用」のコンテンツにはちゃんと「白・薄緑(黄緑)・青系」で統一されたアレンジメントが載せられてた
    それを確認しての注文だったのに…

    お任せにした私がいけなかったのか、いやでもまさかお供え用に黄色・オレンジが来るとは思いもせず…

    義母は優しい方で、嫌み言ったりはしないけど、「嫁子さん若いからね~お供えのお花を華やかにしちゃったのね~うふふ」くらいは思ってそう…
    ものすごいモヤモヤする

    684 :鬼女日記 2015/03/09(月) 07:11:10 ID:VkI
    色んな人の体験談を読んでて私もまとめてみた。
    一度目の、失敗した結婚生活の話。(グロ注意です)

    夫の実家は車で10分ぐらいの所にあるんだけど、
    休日にはしょっちゅう集合命令があった。
    義祖父母、義父母、義兄夫婦と子供たちが住んでる大きな田舎の家の
    二間続きの部屋に座卓を3卓並べて、
    大きなお皿に盛ったいくつかの料理をそれぞれが取って食べる方式。
    その食べ方が揃いも揃って全員ありえないほど汚い。
    取り箸は使わない家で、どれを食べようか迷ってる間中、お箸を舐ってるのは当たり前。
    お箸の先に食べかすが付いたままで、大皿に突っ込むのも当り前。
    お刺身を食べる時のチューブ入りのわさび、小皿のお醤油に口を付けてるらしく
    チューブの中まで黒くなってる。
    更にお箸で採ったお刺身を自分の小皿のお醤油に付け過ぎたとき、
    大皿に残ってるお刺身に“醤油のお裾分け(と言うらしい)”をするので大皿全体が汚い。
    極め付けは、義祖父母ともに食事が終わるとお茶碗にお茶を入れ
    そこで入れ歯を洗い、洗ったあとのお茶を飲む。
    理屈としては汚くはないのかも知れないが、食事時に目の前で見せられて気持ちのいいものではない。

    初めて夫の実家に帰省した時、それらを見せられて
    気持ち悪くて何も食べられなかった。
    帰宅後、夫に「全然食べてなかったけど、どうしたの?」って聞かれて
    「ごめん、こんなこと言いたくないけどあの人たちと一緒に食事はできない」と言った。
    確かに酷い言い方だったと思うし、他の言い方はなかったかと思うが
    それで夫が怒ってしまった。
    「おまえだって自分の家族のことを悪く言われたら気分良いわけないだろ?少しは考えて物を言えよ」
    って言われて反論できなかった。

    521 :鬼女日記 2011/02/13(日) 02:47:10 0
    近居トメ。
    嫌味とかはまあないが、なんというか、だらしないというか行儀が悪い。
    一例をあげるとスーパーのカートを戻す時に、種類の違う列にその点を無視して突っ込む。
    当然キチンと重ならないし、あとの人にも迷惑だが気にしない。
    一度思いきって言ったことあるんだが、「そのために整理の人がいるんだ」と返してきた。
    あー何言っても無駄だー、と一緒の買い物は極力避けてきた。
    が、そうはいかないこともある。
    先日も近所のスーパーで同じようにカートを変な戻し方をして帰ろうとした。
    と、そこへ入って来た二人連れが言っちゃってくれましたよ。

    ベビーお座り用カートの列から普通のカートを引き出しながら、
    A「こういうことして平気でいられるって、どっか悪いんだと思うんだけど。性格かな頭かな」
    B「育ちじゃない?」
    瞬間、ひきつるトメの顔。

    タイミング的にトメが置いたことはわからなかったと思うし、決して聞えよがしな感じではなかった。
    あくまで友人同士の会話。
    切れ味よかったけど。

    700 :鬼女日記 2016/09/13(火) 12:33:44 ID:zgo
    結婚予定の彼氏の食べ方が汚すぎて悩んでます

    ・食べ物を舌で迎える
    ・三角食べができず一皿ずつ食べる
    ・明らかに一口で食べられないようなサイズの肉や魚を無理矢理口に詰め込んで口膨らませてモグモグ食べる
    ・まだ噛んでる最中なのに次々と口の中に放り込む
    (放り込む度に口の中で噛んでるものが見えて気持ち悪い)
    ・机に肘をついたり、床に手をついたり、手を腰にあてたり、後ろにもたれ掛かって肘ついてたり等、姿勢悪く食べる
    ・食べてる最中に違うことをしだす(携帯、パソコン、雑誌等)

    注意してるけど改善しない…次の日には忘れてる
    私の心が狭いのかもしれないけど、このままだと結婚したくない…
    将来子どもが出来たときに真似されたらと思うと嫌すぎる

    あと別問題だけど、
    彼の親に「うちは一流家庭で息子の育ちは良いけど、彼女の家は中流以下の家庭で育ちが悪い」と散々言われてた
    育ち良い彼の食べ方がこれなのかって思ってしまってムカムカしてしまう

    彼の食べ方を改善させる方法もしくは私の考えを変える良い方法があったら教えてほしいです
    お願いします

    231 :鬼女日記 2016/01/28(木) 10:46:41 ID:j9D81HWc.net
    バスでの出来事

    5歳女児、最近本当に口が達者で少しうるさいんだけど、普通に話してた
    しばらくしてあるバス停に止まる少し前にひと列空いて前に座ってた抱っこ紐してる茶髪の若いママに「お姉ちゃん、すごくうるさいよ。みんな静かに乗ってて大きい声でお喋りしてるのお姉ちゃんだけだよ。もうちょっと小さい声でお喋りできると良いね。」と言われた
    はあぁ?って唖然としてたら「あなたも親ならそういうことはちゃんと教えたほうがいいと思いますよ。お子さんが可哀想です。」とわたしにまで文句言ってきた
    まだまだ赤ちゃんしか育てたことないのに4、5歳の女の子の口が達者で言うことませててムカつくことだって本当に多くて、まともにとりあうのも疲れちゃう、みたいなこと経験したことないヒヨッコがなんなんだよ状態で完全にカチーン

    「そっちだって赤ちゃん泣いたり騒いだりしたら迷惑かけるのに、人のこと言えんの?助け合いって言葉知らないの?」ってもっともなこと言っても
    「自分はそうならないように寝かしつけてからバスに乗るようにしてるし、どうしても寝なかったら歩いて帰ったり、乗ってるときにグズったら降りたこともある。工夫してない人に言われる筋合いはない。」と知らんがな
    「この年齢の子寝かしつけてからバスに乗れっつの?」と喧嘩腰になっちゃったのは反省してるけど、それでも淡々と
    「その年齢ならバスの中で静かに出来るまで乗らなきゃいいんじゃないですか。あとお子さん口悪すぎますよ。」って言って降りていった
    偉そうにムカつく、まだ数カ月しか子育てしたことないくせに
    バスの運転手も注意してほしかった
    もうバス乗りたくない!

    826: 名無しの心子知らず 2016/06/14(火) 00:12:19.27 ID:47v09SuK
    義実家との食事のマナーについて悩んでいます。 

    ある程度の基本的な食べ方がやっと身についてきた子供達(低学年&年中)にとって 
    義母や義姉一家達との、左手無し犬喰いクチャラーお茶碗お椀魚の位置ぐちゃぐちゃ
    取り箸何それ?の食事に温度差が生じてきています。

    880 :鬼女日記 2015/09/22(火) 18:03:04 0.net
    義兄嫁と子育てに対する姿勢が違いすぎて辛い。

    義兄嫁はかなり厳しい子育てをしていて、
    子供が約束やマナーを守らない場合、私達がいても、義両親がいても関係なく義兄子を怒る。
    たしかに義兄子はうちの子と比較しても、とても良い子だと思う。
    騒いだり意地悪したりしないし、男児にしては大人しい。
    それでも義兄嫁は細かいことで怒る。お箸やフォークとナイフの持ち方とか、些細なことでも怒る。
    うちの子が怒られることは一切ないんだけど、
    うちは基本的に叱らない子育てをしてるから、ちょっとした義兄嫁の言葉でもうちの子は怖がってしまう。私も怖い。
    先日、義両親が良かれと思って「まぁまぁ、◯くん(うちの子)はそんなことしょっちゅうよー」ってフォローしたら、
    義兄嫁は「他所の子はどうでもいいです。うちはしっかり育てたいだけなので!」って冷たく言い放った。
    義兄は、うんうん頷いてた。
    これって実は義弟子は躾がなってないって思われてるよね。凄いモヤモヤ。

    664 :鬼女日記 2017/06/21(水) 16:51:36 ID:JnWGeC5k.net
    結婚式の招待状の返信マナーがなにもなってなかった時
    小さい「ご」や「ご芳」消し忘れるぐらいならまだいい方
    出席にマルして「慶んで、させていただきます」がないや、自分は一言おめでとうとか楽しみにしてるねとか
    書き加えてハガキ出すんだけどそーゆーのもないとか
    まだいい方
    表の「行」も消さず「様」もなにもなし、ただご出席にマルつけて自分の名前と住所だけ書いて送ってくる人が
    いる事に驚きを隠せない
    出席したくないなら、送る前にお伺いの連絡を
    してるんだから断ってくれればいいと思うし、30を越えた
    大人として冠婚葬祭のマナーがあまりにもひどいと
    今後のお付き合いは控えたいと思ってしまう

    このページのトップヘ