メール

    657 :鬼女日記 2013/07/17(水) 18:42:18 0
    朝から書き捨てます。

    浮気症なのが発覚して別れた元彼より。
    件名はRe:~

    さっきA(共通の元友人)から聞いたけどいま男いるって
    なんでだよ非道いな
    俺忘れてないよB子のこと
    絶対忘れないし
    B子は俺のこともう忘れたんか
    上書き保存っていうもんな女は
    俺は全部心ん中に楽しい思い出全部保存してる
    いつだって見れる
    だからいつだって戻ってこれる
    こんなことしてくれないだろいまの男
    だからこのメールは消さないで
    いつでも読めるようにして
    いつか戻ってこい

    340 :鬼女日記 2009/10/28(水) 19:39:06 ID:ydLJIdah
    ついさっき、父からメールが来ました。

    件名:来月の連休帰ってくるか?来るなら迎えに行ってやってもいいが。○○と○○が●●に会いたがっているから一緒に迎えに行くかもしれないよ。ところで父さんの携帯電話が壊れたのかメールの改行ができませんなんでだ
    本文:

    ※○○は姪たちの名前、●●は私の名前

    おとんwww
    そりゃ改行できないよ、つーか何年もケータイ使ってるのになぜ今さらそんなボケをかますんだ!
    とりあえずメールに保護かけてから電話して教えてあげました。

    163 :鬼女日記 2017/03/25(土) 14:14:11 ID:bblxTcrM.net
    食べ放題の割引券を貰い、元彼と行った。
    私は種類多く量少なめに取るけど、
    元彼は焼きそば山盛りひと皿、
    肉料理(唐揚げとかステーキとか)ひと皿とか、種類少なめ量多めに持ってくる人だった。
    まぁ、男の人だしとその時は思ったけど、
    ・「料金分は食べないと損」とか「〇〇(私)は野菜ばかりじゃん!金払ってるんだから高いもの取れよ」
    とか何回も言いだす。

    ・値段優先で自分が食べれる量を考えてなかったようで
    半分以上お皿に残ってるのに
    「もう食べれない、残す。金払ってるからいいだろ(勿論食べ残し厳禁としっかり書いてある)」

    ・私が飲み物取りに席外した隙にこちらの皿へ食べ切れなかったものを勝手に全部移動させてた。
    (女が残すなら店員も良いだろ、との事。)
    そんな事されて腹が立ち、
    自分が取ったやつなんだからと
    半ば無理矢理二人で分け何とか食べきったら、「食べすぎてお腹痛い。トイレ行くから会計よろしく」
    とレストラン外のトイレに行ったまま待っても帰ってこないし、トイレの中から

    「腹痛い!
    俺はこれ以上食べれないって言ったのに
    お前が無理矢理食べさせるせいだ!」

    と恨みメールが来た時点で、
    あんなに好きだったのにスーッと冷めて
    これ以上一緒に居るのが馬鹿らしくなり会計を済ませて先に帰る事と別れようとメール送って別れた。
    元を取りたいという気持ちは分かるけど口に出してその場で何度も言う所と挙句支払いさえすれば大量に食べ残しても良いって考えが無理。

    332 :鬼女日記 2019/11/12(火) 21:27:42 ID:np.nx.L2
    愚痴です。

    疎遠のためよっぽどのことがない限りは電話がない母親から着信、入院中の祖母に何かあったのかと慌てて出たら、日々の愚痴を言い始めたので切った。
    すぐに「家にいた頃は私の話聞いてくれるいい子だったのに」とメール。

    一人暮らしするときに言っただろ、俺はあんたの愚痴聞き係じゃない。
    一方的に愚痴るだけじゃなく、あんたを肯定する相槌を打たなきゃ、不機嫌さ丸出しにして話しかけても無視を何時間も続けるから、子供ながらに必タヒに合わせてただけだ。

    話聞いてくれる相手が他にいないって知るか、不平不満を全て俺にぶつけるな。あんたの望むいい子を続けるつもりはない。

    連絡を絶たないのは、お世話してくれた祖父母に何かあった時、何も知らなされないと困るからだけだ

    681 :鬼女日記 2004/08/07(土) 20:21:00 ID:ujBhjf/o
    >679
    仕事おつかれ。

    今日自分は……
    「豆乳はすっごい便秘にイイ(・∀・)!飲むがヨイ!」
    というメールを……
    間違って上司(男性.・56)に送ってしまった……原文ママだ

    しかし上司(男性.・56)から返事か来た!
    「飲んでみますね。暑いから健康には気をつけて」

    あんたいい人だ……

    523 :鬼女日記 2013/09/06(金) 21:45:52 0
    流れを切るかも知れませんが…。

    元カレからのメール。

    ---
    連絡する=自己本位ということに悩みながらも
    自分を省みた心境を伝えたく、メールしました。

    最後のメールを貰い、改めて自分を省みた。
    君とのやり取りも振り返り、私の欠点について
    幾人かの人に意見も求めた。

    独善・自己本位・裁量…

    相手を想う気持ちに酔って自分の都合を混同してない?
    相手がしてくれる気持ちに感謝した?など…
    指摘を受けて自分でも痛感したよ。

    わたしはやはり、君が好きです。
    君と出会って、世界が変わった。
    こんな気持ちになる相手、やっぱり他にいないよ。

    自分の全てを尽くしたい。
    心の扉をノックします。

    君はどうしようもなく僕のディーヴァです。

    どうか扉を開けて下さい。

    602:◆GqCIj3fhEM2011/11/23(水) 17:55:13.63 0
    昼過ぎに↓のメール。
    「薄情者」
    「僕は今日も出勤してる。
    今日が何の日か分かってる?

    あなたの幸せのために必タヒに働いてる僕に何もないのですか?
    晩飯、一緒に食おう。
    ○○駅西口改札で待ちあわせで。
    時間はあなたにまかせます。」

    返信もせずに無視してたら、ちょっと前に留守電が入ってた。
    「もしもーし!
    昼にメールしたの、見てくれてる?
    返事早くして欲しいんやけど。
    6時半でいい?」

    そして今さっき着電。
    「なあ、ずっと連絡してたんだけど、気づかなかったの?」
    と言われたので、
    「離婚の意味知ってる?
    なんで離婚した男に稼いでもらわなあかんわけ?
    なんで一緒に食事せなあかんわけ?
    もうこんなくだらん連絡してくんな!」
    と返したら、
    「え、そやけど夫婦やったんやから・・・」
    とか言いかけたので
    「離婚したんじゃアホンダラ!」
    と叫んで電話を切った。

    まだ静か。

    440 :鬼女日記 2017/10/20(金) 18:18:13 ID:P5LnB01H.net
    先日母から聞いた話

    Aさんの長男のお嫁さんは、Aさん宅に遊びに来た時必ず冷蔵庫を開けて、未開封の食材や果物、肉類など欲しいものをどんどんバッグに詰めて帰って行くそうだ。
    勿論断りも無し。
    何度目かの時にAさんがそれとなくやめて欲しいと注意したら、
    「やだお母さん!私たち家族じゃないのー!これくらい当たり前でしょ?」
    と言われ、まさか開き直られると思わずAさんは固まってしまった。

    長男一家が帰ってしばらくして怒りがこみ上げて来たAさんは、
    「友人に嫁子さんにこんなこと言われた!いくら家族でも限度がある!冷蔵庫漁るなんて泥棒みたいで嫌だ!」と友人にメールで愚痴った、つもりだった。
    メールは誤って嫁子さんに送信されて、嫁子さんからは逆ギレのメールが。

    嫁子「私は家族だと思ってたのに、お母さんは泥棒だと思ってたのね!酷すぎる!」

    そんな事があってから、嫁子さんはAさんを着拒して連絡がつかず、2度と遊びに来なくなってしまった。
    どれくらいの期間かは知らないけど、それ以来孫にも会わせてもらえていないらしい。

    672:名無しさん@おーぷん2018/07/13(金)11:08:43ID:f4N
    嫁に深刻な顔で「ちょっと話がある」と言われ、オレ何かした?とビクビクしつつ行くとスマホを差し出され…なんと男の局部画像。
    なんじゃこりゃあ?と嫁を見ると「これ娘のスマホ。甥くんが娘にメールで送りつけてきた」と言う。

    甥はオレの兄の息子。今、中3。オレの娘は中1。
    クッソ腹が立って即兄貴に電話し、「二度とふざけたマネをさせるな」と怒鳴った。
    その後、兄家で家族会議がもうけられ、甥は「受験のストレスでやった。アソコ送るぞと(オレ娘)ちゃんに送ったけど返事がなかったから、了承したとみなして送った」などとふざけた供述をしたらしい。
    甥も神経わからんがそれを正直にそのまま伝えて「ストレスだから許してやってくれ。はっきり拒否しなかった(オレ娘)ちゃんもよくないぞ」
    とほざく兄貴の神経がもっとわからない。
    いとこ同士だから年2~3回会わせてたが二度と会わせん。頭おかしいんじゃないか。

    このページのトップヘ