上司

    310 :鬼女日記 2012/02/17(金) 18:57:55 0
    10年位前のこと。
    バレンタイン前夜に本命彼氏にフラれ、せっかくの手作りチョコがもったいなくて
    既婚上司にあげたら、ホワイトデーに奥様手作りの超激ウマかつ豪華なケーキが返って来た。
    プロ顔負けのあまりの旨さに、ことあるごとに上司に贈り物(お中元とか)をしては
    奥様のケーキをお返しにください!と言っていたところ、上司にモーションかけてると勘違いされて
    ある日突然会社にやってきた奥様に平手打ちされ髪掴まれて蹴られ泥棒猫呼ばわりされた。

    319: ◆W/gSwczTMg 2014/08/27(水)18:42:39 ID:1n7rysPIO
    浮気発覚して3年の贖罪生活で何とか許してもらった
    天罰って本当に存在する
    目には見えない何かに監視されていて悪行には天罰が下るようになってる
    私はそう確信した
    何であんなことをしちゃったんだろう、って今更言っても後の祭だけど

    何かのTV番組で女は精神的に追い詰められると
    反射的に自分に不都合な情報を脳内から消去して
    都合の良い物語に作り変えて信じ込む習性があるってやってたけど、あれ本当
    見つかった瞬間不都合な情報が頭からスパッと消えた
    あれ?何で私はこんなに怒られなくちゃならないの?
    私今迄家庭の為に頑張ってきたのにってなる
    自己防衛本能が働く
    危ない


    452: :2016/04/10(日) 01:13:27.50 ID:
    嫁が太田イオンのコムサで働いてる時、店長とキスしてたのを目撃した事。
    妊娠中だった嫁を迎えに行ったらら、搬入口から出てくる時にキスしてた。
    見てみぬフリしたけど、一生許さない。




    143 :鬼女日記 2010/10/29(金) 14:12:22 ID:qUBF8TEx0
    セクハラって言葉がなかった20年くらい前
    働いていた職場の同僚(アメ人)にセクハラされた
    最初は英語のわけわからんメッセージカードをこっそり
    引出しの中に入れる
    当時学校卒業したばかりでウブだった自分恐怖で上司にも相談できず

    しばらくすると○月○日○○公園で一緒に星を見よう待ってる
    みたいな手紙をこっそり机の引出しに入れる
    バカジャネーノと握りつぶしてゴミ箱行き
    指定日の翌日オフィスの陰に呼び出された
    怒った顔で「何故昨日こなかった?待ってたのに」と
    「ハァ?なにふざけてんの?こっちは彼氏もいるのになに考えてるわけ?ヤメロゴラァ」
    っていくら言ってもこっちは本気だの一点張り
    歳の近いイケメンならちょっと考えたかもしれんが
    相手は50過ぎたチビのおっさんだった
    もちろん妻子(子は成人)あり
    ものすごく気持ち悪くなってしばらくして会社辞めた
    そしたら実家にバラの花束と封筒が
    中を開けるとゴルフプレーする自分を望遠レンズで撮影した写真数枚
    辞める半年前に行った会社の慰安旅行でゴルフやったんだけど盗撮してたらしい
    それと汚い字で書かれた英語のポエム
    住所をどうやって調べたのかもう、ただただぞっとして叩き捨てた
    私の留守中差出人をろくに確認せず受け取った母と大喧嘩
    (母にはこの男の話は知ってた)

    その後何度か手紙が来たが封を切らずにゴミ箱行き
    何年か経って風の便りに奥さんと離婚したと聞いた
    どうも理由が私にポエム書いたり写真現像してたのがバレたみたい

    469 :鬼女日記 2012/07/28(土) 15:06:21 ID:JVYi9Eby0
    結婚して3年目。
    当時の上司が渋くてモロタイプ。向こうもまんざらでもない感じ。
    ある日、上司の車で出張した帰りにキスされて完全に「どうにでもして」モード。
    忘れもしない、ラブホ手前の交差点で赤信号。
    あーん、一目につかないようにサラッと駐車場に入りたかった、などと思ってたらドッカーン!
    わき見運転の四輪駆動車の思いっきり追突された。
    キーン!と頭の中に大きな音がした感じがして、気がついたら救急車に載せられるところ。

    病院に駆け込んできた旦那の心配そうな顔を見たとたん涙がでた。
    もちろん、旦那はラブホに入るところだったなんて知るよしもない。
    しばらく軽い後遺症が残って痺れとかでたけど、旦那が優しくしてくれて、後遺症の辛さよりも良心の呵責に苛まれる毎日だった。

    それ以来20年ちょっと。旦那には操を立てているよ。

    227 :鬼女日記 2013/11/23(土) 10:56:17 ID:8BWkxcG70
    同じく職場絡みの復讐ですが。

    大手企業のある事業部で事務のパートとして働いていたとき、
    他県から異動してきた上司(マネージャー)が糞だった。
    ケチケチしてて経費すら払い渋るような人。
    それまでパートも社員もそれなりに仲良くやっていたのが
    そのマネージャー一人のせいで一気に関係悪化した。

    いろいろ嫌になって私は転職を決めた。
    で、退職する前日に、それまでに時々休憩室で一緒になっていた、
    同じビルのフロアは違う事業部のお偉いさんにこそっとチクッておいた。
    お偉いさんは私のいる事業部を統括管理する立場の人。
    すぐに私の名前は絶対に出さずに、調べるといってくれた。
    私が退職する日もパートさん達は私を白けた態度で見送った。

    私が退職したあと、職場に偉い人がやってきたそうだ。
    糞マネージャーは一気に吊るし上げられた。
    チクった犯人探しも行われたらしいんだけど、偉い人もパートさんも
    私の名前はだれも出さなかった。
    糞マネージャーは私のことを
    皆に嫌われて辞めていったと思ってるから、そんなことをする訳がないと思い込んでいたのだろう。
    結局犯人もわからないまま、また他県に飛ばされて行ったそうだ。

    何故知っているかって?
    辞めると決まった後にパートさん達で話し合って、
    私と他のパートさんの仲が悪いように見せかけていただけだからだ。
    転職のために引っ越す前々日、パートさんと、来ることができた社員が集まって祝杯をあげたからだ。
    泣いたり笑ったり大忙しの夜だった。

    もう10年近く前の話。
    あのときの偉い人は今、役員に名を連ねるほどの出世を遂げている。

    298 :鬼女日記 2014/02/27(木) 18:21:00 ID:cZObQtdl
    勘助:推定60歳(上司、既婚、孫もいる)
    私子:28歳(既婚、パート)
    零細企業で、面接をしたのが勘助(万年平社員だったが、前任が退職したため現在は名ばかり所長)。

    入社後一ヶ月はごく普通だったが、顔を合わせれば簡単な世間話に付き合わされてた。
    二ヶ月目くらいから、持ち物や貴金属自慢が始まり(ブランド鞄、10万くらいの腕時計、デスクに何故かプラチナの男物指輪や喜平ネックレスを入れている)
    その手の品に一切興味が無かったので、「へーすごいですねー」と棒読みで適当に合わせた。
    その発言で何故か俺に気があると勘違いされ。
    よく風イ谷なんかでお金をちらつかせてなびかせようとするアレです。

    以降私を自分の専属秘書と勘違い&俺は玉に真珠入れているんだなんだと下ネタオンパレード、しまいには社用車で取引先に向かう際に「今日早めに終わらせよう。(ホテル)いいだろ?」と!

    503 :鬼女日記 2007/08/22(水) 01:26:34
    長文になりますが失礼します。

    もう十年になるけれど、父方の従兄弟の披露宴に出席した。
    元々私は招待されていなかったけど、丁度翌年私も結婚する予定で
    「出席させてもらったら?参考になるかもよ」と勧められ、向こうのご好意もあり
    出席させてもらう事に。
    その従兄弟は本家の長男で、また大企業のエリートでもあったので、出席者は会社関係も大勢いて総勢300人は越えていたと思う。
    披露宴は超高級有名ホテルで、大ホールぶち抜きのそれは盛大なものだった。

    私はあまりの規模が違いに「こりゃ参考にならないなあ~w」なんて思いながら、
    入場してきた花嫁さんの綺麗な姿にうっとりしていた。
    そして流れるような司会者の進行で披露宴はおごそかに始まり、
    まず挨拶や新郎新婦の紹介等を経て、出席者の前にオードブルと乾杯のシャンパンが配られた。

    司会者「乾杯の音頭は新郎の直属の上司でいらっしゃいますAさんにお願い致します。
       皆様、グラスを手にその場でご起立をお願い致します!」

    その場で新郎新婦を含め、全員がグラスを片手に直立。
    ここまでは本当に滞りなく普通の披露宴。
    ところがこのAさんとやらがとんでもない人だった。

    1 :鬼女日記 2016/09/25(日) 09:05:39 0.net
    勝手に書くので聞いてください。

    私 28歳 社員
    既彼 30 社員
    奥さん 30 現在専業主婦
    子   8カ月

    1カ月に精神不安定なまま地雷してしまいました。
    奥さんの携帯に電話しました。

    61 :名無しさん
    20数年前、当時まだ20代前半の独身でOLやってた。
    新しく異動してきた上司が当時うちの会社では珍しい女性所長だったんだけど
    色んな意味で注目されてたのもあって気張り過ぎてたようで、とにかく女性社員に対して厳しかった。
    その上司が着任した当日、母が急に倒れて病院に付き添った為に会社への連絡が遅れ
    始業時間を15分ほど過ぎてから遅刻しますって電話を入れたんだ。
    それがこの上司の逆鱗に触れた。
    いい年をしてママ・ママって甘えんな、会社員は会社優先!みたいな説教をされた。
    係長が横で聞いてて「私子さんは母一人子一人だから、
    お母様が倒れられたら私子さんが病院に連れて行くのは仕方のないことですよ」ってフォローしてくれた。
    それが余計に火に油を注ぐ結果になった。
    男は若い女性社員には甘い!私が来たからにはそういうことは許しません!って感じ。
    本当に絵に描いたようなヒステリックな上司だった。
    最初にそんなふうだったから完全に嫌われてしまって、その後は今で言うパワハラを毎日受け続けて鬱になりそうだった。
    なんとか踏みこたえていたのは、母に心配を掛けたくないという一念だった。
    だけど“その日”は会社に向かう通勤途中で(マイカー通勤だった)、
    前日に怒鳴られた上司の声が耳から離れなくて、どうしても出社したくない気持ちになって
    もうダメだと思って一旦家に帰ろうと路地を左折した。
    左折して200mか300mか走った時に後方から爆音が聞こえた。
    すごく大きい音だったけど、私の頭の中はそれどころじゃなかったのでそのまま走って
    ファミレスで気持ちを落ち着けてから帰宅したら、自宅療養中だった母が私の顔を見た途端に号泣。
    私が聞いた爆音は橋げた落下事故(広島の)の音だったんだ。
    生まれて初めて腰が抜けた。
    あのまま左折しなかったらタヒんでたかも知れない。
    この一件があって、人生なんていつプツンと終わってしまうか分からないと思うと
    あんな上司にびくびくしながらこの一瞬を生きるのがアホらしくなって、母に全てを話して退職を決めた。
    母には「隠し事はするな」とこっぴどく叱られた。
    その後、専門学校に通い今の夫と知り合って結婚。
    夫婦で店をオープンすることを目標に頑張って働いているところ。

    134 :名無しさん@おーぷん
    旦那は元同僚。他部署の社員だった。
    旦那の中では、私が旦那に一目ぼれ、お節介な上司が仲を取り持ち、
    交際から結婚にという話になってる。
    大筋では間違ってないのだが、本当は私が一目ぼれした相手は旦那ではなかった。

    ある社内会合で司会をしてた人に一目ぼれして、上司にその人の名前を尋ねて、
    お節介してくれて忘年会のパーテイーで紹介されたが、会ったら違う人だった。
    恋に落ちてて全く気づかなかったのだが、檀上に司会者は二人いたらしい。

    「私が一目ぼれした」という情報ももう相手に伝わってるらしく、なんだかモジモジとされ、
    正直「うあああああああ」という感じだったのだが、「人違いです」とも言えず、
    とりあえずちょっと付き合ったらイメージ違いましたのていでお断りしようと思って、一度
    デートしたら大変気が合って、そのまま付き合い、結婚した。

    人違いだったと何度か話そうと思ったのだが、旦那は私と付き合うまで喪で、一目ぼれされて
    結婚したというのをどうも心の大事な柱にしているらしく、「君と結婚出来て良かった、神は僕のことを
    忘れてなかったんだ」と度々感謝されていて、なんとなく言い出せずにいる。

    元の一目ぼれの相手はもうどうしてるのかわからない。気になるといえばなるけど、まあその程度。

    旦那が今日ちゃんと傘持って行ったかの方が気になる。

    573: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/14(火) 01:12:38.68
    この空気で自分のサレ体験を投下してもいいんですかね?
    正直、なんか皆さんの大事な議論の時間を奪うのが忍びないんですが

    このページのトップヘ