不思議

    210 :鬼女日記 2014/04/29(火) 18:42:15 ID:H7J4WnZto
    流れ豚切り失礼しまする。
    こないだあった出来事。

    最初にスペック
    私 21歳
    彼 30歳
    同棲してます。

    私たちの家には猫が3匹居ます。
    三毛(4歳)とサバトラ(3歳)と真っ白(2歳)
    こないだ、ほんとにちょっとした事で喧嘩になった。
    猫は3匹で団子になって寝ていたのだが、私たちの口論している声で目が覚めたのか3匹引っ付いたままこっちを見ていた。
    しばらくすると彼がタバコを吸いに外に出て行き、私はそれを玄関まで追いかけていった。
    でも「一人にさせてくれ」と言われ玄関の扉が閉まった瞬間、リビングから声が。
    続きます。

    468 :鬼女日記 2017/08/25(金) 13:02:38 ID:RmSwVasb0.net
    不動産屋時代の話

    家を売りたいという話が来たので、査定がてら訪問にいった。
    玄関先にゴミが置いてあったり、庭木が好き放題になっていたりして
    一見して、手の入ってない荒れた家だった。

    呼び鈴を押すと、
    庭先から6才くらいの女の子が覗き込み、俺と目があうと急いで逃げ出した。

    中に入ると、外と同じようにあちこちにゴミや服が散乱していて、
    さらにキッチンには酒瓶がゴロゴロ転がっていたが
    そんな中で、出窓に置いてある真っ赤なラ/ンドセルと黄色い帽子だけやけに浮いていた。

    家の所有者の男性は30代後半くらいで酒臭く、風呂にも入っていないのか酷いにおいで
    話を聞いていると、どうも嫁さんに逃げられたらしく、嫁への愚痴が大半だった。
    了解をとり、各部屋を見るため二階の階段をあがろうとすると、2階からさっきの女の子が覗き込んで
    「パパ、大丈夫だった?」と聞いた。

    何が大丈夫なのかはわからなかったが、とりあえず「大丈夫だよ」と答えた。
    すると安心したように
    「よかった。パパ元気なかったから、心配だったの」とにっこり笑った。

    「お部屋見せてくれる?」と聞くと大きく頷いて、そのまま廊下をパタパタと走っていき、部屋に入った音がした。

    自分も二階にあがり、女の子が入った部屋をあけると、そこは他の部屋とは違い、
    いかにも「女の子の部屋」でゴミ一つなくきれいだった。
    あんな父親でも子供の部屋だけは汚さないんだな、と妙に感心した。
    その部屋ともう一つ繋がった部屋があり、そちらにはもっと小さな子供のものがおいてあった。

    あの父親が子供二人の世話してるのか?と不思議に思い女の子に話を聞こうとしたが
    さっきの女の子はその部屋から別の部屋へいったのか、姿が見えなかった。
    一通り見て、二階に戻りご主人と再度話をした。

    その時にふと「子どもさんは二人ですか?」と聞くと
    「ああ。下は嫁が連れて帰ったんです。
     上のは位牌を持っていかれたので、アレが位牌がわりです」と

    出窓に置いてあるランドセ/ルを指差した。

    その後少し話を聞いたんだが、小学校にあがる直前に娘さんが事故で亡くなり
    奥さんは精神を病んで下の子ごと実家に戻り、旦那は酒びたりになったらしい。

    女の子はそんな父親が心配で成仏できないんじゃないか、と思った。

    694 :鬼女日記 2017/12/31(日) 01:45:14 ID:QVNxYz7r.net
    兄の反抗期がめちゃくちゃ長かった
    中1から大学四年まで父とほぼ喋らなかった
    父だけじゃなくて自分たち弟妹ともほとんど話さなかった
    目も合わそうとしなくて嫌われてると思ってた
    ピリピリしてるから廊下ですれ違うだけでこっちはおっかなくて仕方ない
    何度も何度も両親と兄が声あげて喧嘩してて布団の中で怖くて泣いてたくらい
    兄が正しいなと言うこともたくさんあった
    鼻からダメだと決めつけてる親をみて兄が可哀想だと思ったこともたくさんある

    兄が大学を卒業して希望の職に就いたらケロッと嘘のように菩薩みたいになった
    誰に対しても優しいし親の面倒もみるし
    あれは何だったんだと思うくらい変わった
    今でも兄が一番頼りになる

    何なんだろうね、反抗期って

    803 :鬼女日記 2018/04/21(土) 20:41:33 ID:Zo8
    21で結婚して今年で結婚10年になる。

    最近旦那をまじめにしっかりみると一重だし、けつあごだし、歯並びもイマイチで
    もしかしたら、ブサイク?って思うことが増えた。
    特に白髪も目立つようになってきたし。

    でも匂いは好きだし、優しいし、ちゃんと養ってくれてるし、義両親の防波堤になってもくれる、家族の為に尽くしてもくれていて人間的には本当に好きなんだけど…何がきっかけで付き合い始めて結婚したのか思い出せない。
    若くして結婚したけどデキ婚じゃないの。
    娘3歳だし。
    この手の話をすると離婚しろ!マンがわくが、
    向こうはどうかわからないけど、私は離婚するほどじゃないと思ってる。
    養ってもらって楽だから、という気持ちでもない。
    実際ちょくちょくバイトする事あるし。

    お前だってババアだし、子持ちじゃん、いずれは劣化するだろうと叩かれるんだろうけど、そんなのわかってるからここで書くんだよ!

    227 :鬼女日記 2015/06/14(日) 10:08:22 ID:1cK
    修羅場……とは違うかもしれないけれど、今とても混乱している。

    幼稚園のときに、祖父と旅行した記憶がある。
    昨日両親と食事したときに、その話になったんだけど、父親は1回しか行っていないという。
    私は最低2回は行ったと思うんだけど、お金を出した父親曰く1回だけ。
    祖母にも確認してみたが、1度じゃないかな?という。
    肝心の祖父は痴呆の上耳が遠くなっていて確認不可。

    2回行った、と思ってる理由は、泊まったホテルが違うところだったから。
    2回とも熱海に行ったんだけど、
    2回目(これがみんな覚えている方)はウオミサキホテルに泊まった。
    ググると出るけど、ガラス張りの外が見えるエレベーターで、
    当時の私が「1回目のホテルじゃないけれど、このエレベーターは素敵だ」と思ったのも覚えている。

    誰も覚えていない1回目のときに泊まったのは、
    ピンク色で壁面が塗られている「たまやホテル」。
    しかも、10年くらい前に友達と熱海に旅行したときにまだ建物があって(裏を素通りしたので営業中かは不明)、「まだあるんだ!」と思ったのも覚えている。
    ウオミサキホテルの近くにあって、1回目のときにたまやホテルからウオミサキホテルを見た映像も覚えている。
    ……なんだけど、誰も覚えていないんだよね。
    ググったけど、たまやホテルって名前のホテル、熱海にないし。

    多分私の記憶違いなんだろうけど、幼稚園の当時、2回目の旅行のときに「またおじいちゃんと旅行だ!」って興奮した記憶もあるし、
    「また熱海か」って思ったのも覚えているし、
    帰りの電車が1回目と違った帰り方だったのも覚えているんだけど。

    あの旅行の記憶はなんだったんだろう。

    322 :鬼女日記 2013/07/18(木) 14:37:39 ID:MxrnHC9Z
    私は一人暮らしなんだけど
    洗濯もの畳んでたら洗濯籠に何やら白い小石がはいってた
    取り出して見たら人間の奥歯だった
    小さいから乳歯っぽいんだけどむっちゃビビって捨てた

    いったいどこから紛れ込んだってんだろう?
    階下の人が「ネズミの歯と替えてくれ」って放り投げたのかな・・・

    510 :鬼女日記 2015/08/09(日) 07:40:55 ID:YWi
    夏休みが取れたので地元に戻ってきているんだけど、最寄り駅についた頃から知らない人達に話しかけられた。
    「こんにちは」とか挨拶程度のものから「旦那さんお元気?」(私は未婚)とか訳がわからないものまで。

    誰と勘違いしているんだろうと思いつつも実家に帰って目を疑った。
    私と瓜二つの人がお母さんと一緒にお茶飲んでた。
    玄関から来た私を見て向こうも不思議に思ったのか、暫く三人共固まってた。
    沈黙に耐えかねた母が私に向かって「・・・○○なの?」(○○は私の知らない名前)と言うと
    私に似た人の顔が酷く歪んだように見えた。

    怖くなった私は自宅から飛び出してしまった。
    え?誰?なんで私が?とパニックになって気付いたら自宅から2キロ近く離れた地元の中学校まで走ってた。
    近くの公園のベンチで休んでいるとまた怖くなって震えてた。
    地元ではぼっちだった私に頼れる人なんかいないし、どうすればいいかわからなくなった。

    1時間位経ってからふと携帯が震えたのに気付いて携帯をバッグから取り出すと昔使ってたアドレスからメールが1通届いてた。
    何気なくメールを開いたら文字がなくて画像が添付されてた。
    中学の時の集合写真。当時の私は集合写真が嫌いで私は左上に別撮りのものが使用されててたはずだった。
    でも、送られてきたその写真にはその枠はなくて普通に並んで写っていた。

    ここで記憶がなくなってて、次に気付いたら自宅(実家ではない)のベッドで寝てた。

    817 :鬼女日記 2014/12/18(木) 15:50:31 ID:bKN
    昨日大寒波の中出かけてたんだけど
    やっぱり寒いからスタバに寄って
    あったかいの注文して待ってたら
    お化粧ばっちり、制服のスカートはミニ、
    綺麗な脚を惜しげもなく出した女子高生が
    フラペチーノ注文してたわ…。
    首にマフラーは巻いてたけどコートは無しで
    ブレザーにカーデのみ、
    寒い、寒いわソレ…。
    私なんてコートやらニット帽、
    ムートンブーツの中は
    足の冷えない不思議な靴下とかいう靴下よ。
    なんだろう、女子高生の制服って
    もはや戦闘服みたいな。無敵状態?
    見えないバリアとかあるわけ?
    あまつさえフラペチーノとか冷えっ冷えやないか。
    女の子は身体冷やしたらアカンて
    お母ちゃんいつも言うてるやろ!

    ちょっとわけわかんなくなったけど
    寒さにも負けない女子高生パワー、
    羨ましいわ。

    598 :鬼女日記 2017/11/11(土) 10:57:39 ID:F+bieaKD.net
    NHKから封書が来ておよそ14万の振込用紙とお知らせの紙が入ってて、振り込まないとやむを得ず裁判所に~て書いてあった。契約してないし見てもないのになんで払わないといけないんだ。14万なんて払えるわけない

    298 :鬼女日記 2017/03/20(月) 00:18:10 ID:AEXRgi1y.net
    先日起こった衝撃的なこと。

    高校時代の恩師のうち二人が、昨年中にそれぞれ亡くなっていたことをつい最近知った
    (高校卒業以来地元を離れてしまっていたし、担任でもなかったので最近会った地元の友達から聞いた。お二人は全然別のタヒ因で、亡くなった時期も違う。)
    お二人ともまだまだ若く(とくにお一人はまだ在職中でらした)、早すぎるタヒだった。

    それ自体もまあ十分にショックではあったのだけど、私にとって衝撃的だったのは、それによって思い起こされた、あること。

    このページのトップヘ