201 :鬼女日記 2010/09/17(金) 19:07:30 0
先月、夫が勝手にディーラー廻りをして400万とかする車を買うつもりに
なっていたんだけど、今お腹にいる子供の教育費とか、私が育休後に復帰
して頑張っても子供が小さい間は今ほど稼げないこと、将来マイホーム購
入する資金を貯めなきゃいけないこと等々を考えると、夫の年収を超える
ような値段の車はうちにとっては分不相応であることを説いて夫もそれで
納得したはずだった。

先週、夫方の法事があって、外で食事が終わったあとちょっと風情のある
温泉施設に行くことになった。当然男女分かれるんだけど、入浴後、私は
おばさま方の尽きることのない噂話に疲れて、トイレに行ったついでに
ロビーのベンチでお庭を眺めてた。近くに喫煙スペースがある。
そしたら聞こえてきたのが夫と夫従兄弟と夫兄の話。まずは車購入の件を
滅茶苦茶に自分に都合のいいように改変した話で同情を買う夫。
「自分の稼いだ金で自分の好きなものも買えないんだからほんと結婚は
男の人生の墓場だよ」
「男にとっては一生モノの不良債権を背負い込むような自杀殳行為」
「口ばっかり立つ生意気な女をもらうからだろw」
「女なんて最初に一発殴っておかないと言うことを聞かない生き物だ」
その他私の人格攻撃いろいろ。ここで再現するのも忌まわしい。スーっと
血の気が引いていくというか、いろんなものが冷めていくのを感じた。