事情聴取

    982 :鬼女日記 2010/05/25(火) 05:20:52 ID:Yf/EgHdn
    青信号で交差点内に侵入したら
    信号無視の車に突っ込まれて事故を起こした。
    とりあえず警察と保険屋に届け事情聴取。
    相手は、私が赤信号無視だと嘘をついて保険屋+警察に報告
    私は相手が赤信号無視だと主張、まさにカオスな状態になった。

    相手は普通の中年の夫婦で隣に乗ってた妻っぽいオバサンまで
    「旦那は青信号で進んで!あの子が信号無視して交差点内に入ってきた」と証言してきた。
    警察からは完全嘘つき的な目で「じゃあOOさん(私)、もう最初から一回説明いいですか?」だと、

    私が説明すると相手の中年が「若い子は嘘つきで嫌だねぇ~」って聞こえるように言ってくる。
    結局モメまくりで近くの警察署まで全員連れて行かれた。
    腹立たしかったんで「じゃあ私の車に車載カメラが付いてるんで確認しましょう」って事になった。

    相手の中年夫婦は相当動揺してたけど、そんなものハッタリでカメラ何て無いとふんでたらしく
    私の車から警察の方とカメラ持ってくるまで「また嘘が始まったwwwpgr」とか言ってた。
    当たり前だけどカメラの内容確認したら相手が嘘を言ってるのがバレた。
    相手は今度は「プライバシーの侵害」とか「カメラ積んでるなんてまともじゃない」とか怒鳴りつけてきた。
    最終的に「なんでカメラなんか積んでやがる!?」って言われたんで

    「私は結婚してこちらの県に来たんですけど、
    結婚する時に両親から【名古屋は嘘つきが多いから、
    証拠はいつでも取っておきなさい】って言われて付けたんですよ」

    って言ったら、私を疑ってた警察も相手の中年夫婦も押し黙って。
    先ほどのグダグダが嘘のようにスラスラと動画と私の証言で調書を取って帰宅した。
    保険屋にも動画を提出。7対3でまとめようときてきたけど、
    嘘をついてきたことが悪質だったので、私がゴネまくって9対1にしてもらった。

    本当は両親に【名古屋は嘘つきうんぬん】なんて言われてないし、
    車載カメラはつべにうpするためにつけてるので嘘つきは私なんだけどね。

    28 :鬼女日記 2015/12/05(土) 12:54:35 ID:unQ
    警察にマジギレされたくだりあたりで自分も似たようなことあったの思い出しちゃったな。

    自分が小6の時、下校中に近くにいた子がトラックにランドセルをかすられる感じで、当てられたとかはねられたとかいうよりかすられた弾みで転んだのを見た。
    ちなみに集団下校とかじゃなくて銘々で勝手に帰るスタイル。
    その子がたまたま自分ちのはす向かいの子で、相手は小1と自分とは年も違ったから名前もうろ覚えだけど顔は知ってるって感じの子。

    びっくりして、どうしようとあたりを見回したら、近くの家からおばさんが出てきて「ここはおばさんがみておくからね!子供は帰りなさい!」と帰らされた。

    なのに、後でパトカーでサイレン鳴らしまくって自宅前に横付けで警察が来て近所の人が集まる中、大声で「状況を聞かせてくれ」と言われ、パトカーに乗せられ現場に連れていかれた。
    かすられて転んだ近所の子は、救急車も呼ばれずにおばさんに家に帰され、泣きながら親に報告、その際に「近くに○○ちゃん(私)がいた」とも言ったらしい。その子の親が子供がトラックにひき逃げされたと警察に通報すると同時に「あの子が見ていたらしい」と報告。
    現場で事故の状況を説明した後、「おばさんが出てきて、おばさんが任せろと言い、帰りなさいと言われて帰らされた。大人がそう言うのだからと思って従った」ということもきっちり話したのに、警察のおっさんたちは終始
    「なんで通報しなかった!」「これだから最近の子供は恐ろしい」「人の命をなんとも思ってないんだろう」「こういうことは大人に報告するもんだ」
    などと、大人であるおばさんに帰れといわれた部分を無視してニヤニヤしながら子供のこちらに責任を追及するあてこすりを言いまくり。
    散々あてこすられた後、現場でそのまま「勝手に家に帰れ」と歩いて帰らされた。

    622 :鬼女日記 2013/07/18(木) 14:42:39 ID:vbv6O9gg
    職場(店)に露出狂が出たこと
    バイトの子に言われて見に行って通報、現行犯逮捕
    警察署で30代位の男性刑事さんに事情聴取されたんだけど、
    過去に男性の局部は見たことがありましたか?とか想定外なこと聞かれて顔真っ赤だった
    まさかエ□画像でのみ見たことがありますとも言えないしさ…

    このページのトップヘ