事故

    618 :鬼女日記 2016/11/06(日) 21:08:21 ID:GWd
    愚痴です。
    横浜で起こった87歳のじいさんが運転してて児童の列にトラックで突っ込んだ件、
    旦那と意見が全く合わない。
    旦那の実家は田舎ではないが不便なところで、閑静な戸建住宅地で日常の買い物は
    徒歩だとかなり歩かなければいけない場所。
    おまけに高台なので自転車もキツイ。
    だからその地域ではあのじいさんぐらいの年齢の人が当り前に運転している。
    ちなみにそういう立地なせいか、その人たちの子供世代が居つかず空き家が増え
    最近ようやくその空き家を売却→更地に→若い世代が購入という流れから
    園児たちがいるところを後期高齢者がスピードも落とさずに走り回る危険地帯で
    何度も自治会で問題になってるが、認知症予備軍ばかりで話が通じない。
    年寄りの言い分は「車がないと生活できない」と。
    現実的にそうなんだろうとは思う。思うけどそれは各自がどうにか家族と考えてもらって
    とにかくせめて80歳過ぎたら国が免許証を取り上げてもいいんじゃないかと思う。
    認知症検査の結果関係なく、80過ぎたら運転止めようよって。
    本当は75歳ぐらいでいいと思うけど、とりあえず80歳ってことで。
    私も運転はするし、便利なの分かってるし、自分が住んでる場所の利便性にとっては
    車を手放せない気持ちも正直わかる。
    でも極端な話、自分が電柱にぶつかってタヒのうが、家族を轢きこ○そうが内輪の話だけど
    今回みたいに小さな余所様のお子さんをこ○したりしたらどうすんのよって思うのね。
    お金で解決できることでもないんだし。

    864 :鬼女日記 2022/02/04(金) 07:58:28 ID:leYMXEwf.net
    事故って一時的に記憶喪失になった事があった。いろんなたまたまが重なって(省略)身元不明状態。幸い他に大きな怪我はなく、身元が分かるのを待ってたときの話。
    施設の娯楽室?みたいなとこにあったピアノを弾いたら、なぜかスラスラと弾けた。ベートーベンの月光。職員さんに「ピアニストだったんだね!」って言われるくらいには弾けてた。自分でもきっとそうなんだキラキラと思った。
    んで、その後あっさり身元は分かったんだけど、自分ピアニストでも何でもなかったw音楽経験のないただの会社員。しかも歌は超音痴。ピアノなんて小学校の音楽室でちょっと触った事のある程度。周りにも音楽家はいない。月光は知っていたけど、絶対音感がある訳でもない。再現なんて出来ないはず。
    不完全ではあるけど、記憶はちょっとずつ戻って行った。記憶が戻るにつれピアノも弾けなくなり、十数年経った今では完全に弾けない。そもそも楽譜も読めないし。なんであの時だけ弾けたんだろう?って今でも不思議。
    自分のことが何も分からなかったあの時、ピアノだけは弾けて「記憶が無くても体は覚えてるんだ!」って強く感動し衝撃を受けた。そして身元が分かった時まさかの素人でさらに衝撃を受けた。

    206 :鬼女日記 2016/06/13(月) 17:46:49 0.net
    やっと義兄夫婦の離婚成立・・・ここ数年はほんとに怖かった
    義兄嫁、結婚後の事故(自損なので保険金もほぼ出ず)で子供が望めない身体になってる
    同居の家に義妹が子連れで出戻ってきたので、楺めるのを心配したんだけど優しく受け入れた
    ってそしてすごい勢いで義妹の再婚先を探してくる
    義妹は相手の有責で離婚したから、そんな気持ちじゃないって断わってるのに若いんだから大丈夫!ってごり押ししまくり、
    特に義兄嫁の遠縁の歯医者?は「こんないい縁ないから」と押しまくった

    正直なとこ、義兄嫁の腹は義妹母子が邪魔で、嫁に出して片付けたいんだろうな、と思っていた
    義妹もそう思ったらしく母子で暮らせるアパートに引っ越すと言ったら義兄嫁が自爆
    「出るなら子供置いて行きなさい、どっちか一人でもいいから!」と叫んだそうで義妹が我が家に逃げてきた
    その後何日も、昔話の幽霊みたいに義兄嫁が我が家の周りをぐるぐる回って「義妹ちゃーん、義弟嫁さーーん、開けて~」と呼んでたのは本当に恐ろしかった

    728 :鬼女日記 2016/11/30(水) 21:39:52 ID:KTu
    最近高齢者の事故が多く報道されてるけど、田舎在住の自分には「当たり前」の事のように感じる・・・

    自分が19歳の頃、バイト代やお年玉、不意なお小遣いなんかを貯めてた貯金から車を買ったんよ
    当時凄く好きだったホンダのシビックという車で、結構状態のいいものを知り合いの車屋さんに紹介してもらった
    休みの日は毎回色々なところへ出かけた
    友達や家族を連れてコスモス見に行ったりおいしいもの食べに行ったり

    ある日、ちょっと大きな道路で信号待ちをしている時、左前方の駐車場から物凄い勢いでバックしながらセルシオが飛び出してきた
    一切ブレーキをかけることもなく、そのままの勢いで自分の車のフロントに突っ込んで停車
    その後もなぜかガツンガツンとバックを繰り返し、既にグチャグチャになった左フロントが更にゆがんでいった
    2~3分そんなことを繰り返し、急に助手席のドアが開いておばあさんが恐る恐るといった感じで出てきた
    セルシオはそのまま出てきた駐車場に入っていったけど、自分の車は自走が難しく道路を空けて広めの路肩に移動するので精一杯だった
    降りて携帯片手に相手の車の方に歩いていくと、運転席から80くらいのジイサンが出てきて俺の車を見ながら「当たったか?」と言う
    ボケてんのかコイツと思って「当たりましたよ。見たら分かるでしょう」と言うと自分の車の後ろを見て「けどこっちにはあんまり傷ないから」と
    埒が明かないと思って警察と保険屋に電話したらものの数分でパトカーが到着、目撃者の若い学生が名乗り出てくれて彼と一緒に警察に事情を説明する
    警官は2人のパトカーが一台、3人のパトカーが1台きていた

    結局ジイサンは自分の非を認めず、相手側が突っ込んできたんだろと言い張る
    おばあさんは「はぁ・・」としか答えず話にならない
    周りのお店の人も「ジイサンがいきなりバックして道路に飛び出した」と証言してくれて明らかにオレに非はないという結論になった
    警官が申し訳なさそうに「こちらの書類に、まぁなんて書いていいか分からんと思いますが、その、あなたが気をつけるべきだったと思うことを書いて頂けますか?」と調書を出してきた
    一応「危険な老人がいないか周りに気をつける」と書いて出したら苦笑いされた

    931 :鬼女日記 2013/01/25(金) 20:15:30 ID:3KAN41FU
    事故タヒした嫁さんの幽霊が出て来た事
    それが透けてもなくてごく普通に生きてる人間みたいだった事
    こういう幻覚を数ヶ月も見つつ普通に暮らしてた事
    病院に行ったら見れなくなると思って必タヒで隠してた事

    271 :鬼女日記 2010/06/27(日) 09:24:47 0
    エネスレでいいのかなと思ったけど。先日夫に離婚を叩き付けた。
    もともと自分勝手で実家大好きな面は見えてたけど、我慢はしてた。
    義実家詣でも日帰りだから、嫌味満載も流せたし。

    ただ私が事故にあったとき、枕元でトメと私の保険金の使い道について談笑。
    医者の説明があるからとうながされても同席せず。トメはその間に見舞いの品を物色して帰る。
    もう大丈夫ですよと言われて「え!助かるんですか!」と一言。
    家のテーブルには車と海外旅行のカタログ。嫁のタンスは荒らされまくった後(トメが証書探したらしい)
    意識が戻って妹と母に泣かれて何事かと思ったわ。

    まあ、見舞いにきてもたいていトメと一緒で、なにをしたわけでもない。
    着替えや諸々は妹や母がやってくれてたわけで。
    無職wを言い訳にして金も出さないし、愛情ゲージは一気に枯渇。
    「おまえ、俺を見捨てるのかよ」って泣いてるけど見捨てるよ、知らねえよ。
    年金生活で見栄っ張りなトメと無職の僕ちゃんで生きてけよ。
    出てけほら出てけおまえは光熱費も家賃も入れて無いんだから私が一番偉いんだよ!
    って怒鳴って追い出しちゃった。ああすっきりした。

    317 :鬼女日記 2019/03/04(月) 19:25:39 ID:dLqbJgR2.net
    いまだに飲酒運転する奴が信じられん。
    関連会社の事故報告書聞いたけど相手子供が全盲になる可能忄生があるらしい。
    20代の奴だがこの時点で一千万以上の借金持ち。
    最悪億単位の賠償金を払わないといけない。
    支店長が奴の両親と何人かで父親に謝罪に行ったがもちろん激怒。
    家族四人で乗ってていきなり二人が入院。
    しかも地元では受け入れが出来なく数十キロ離れた街に転院。
    母親と幼児が入院して残された父親と㲗児だけじゃどうもならんわな。
    泣きながら謝罪は要らないから子供はどうしてくれるのか、生活はどうしてくれるのかと
    言われたら金でなんとかなる物は全て払いますとしか言えないよな。
    親はともかく支店長なんて雇用関係もない関係会社の末端でプライベートの時間だからほぼ関係無い。
    新聞の片隅に書かれた事故でもこれだけ周りの人を不幸のどん底に陥れると知って欲しい。

    969 :鬼女日記 2021/06/20(日) 13:00:22 ID:eT.sk.L1
    頭おかしいと言われるの承知で書く。
    私は今33歳なんだけど、私の中の時間が27歳の新婚時代で止まってる。
    ていうか、27歳から現在までの記憶が殆ど抜け落ちててない。ビッ理するくらい何もない。

    例えばこの前職場で同僚が結婚してすっごい祝われて新婚旅行のために2週間休みを取ったんだけど、
    「私も新婚だから新婚旅行とか考えなきゃ、どこいこう」とかナチュラルに考えてて、
    「いやいや、私新婚じゃないし、もう結婚して6年目じゃん」と冷静になって理解する。
    原因として思い当たるのは、

    1、入籍して3ヶ月で実父が時速100キロ超の大型バイクに轢かれて瀕タヒ
    2、父、一命をとりとめたせいで介護必須に
    3、加害者の男忄生は瞬きしかできない重度障碍者になり、幼い息子と生まれたばかりの娘がいたため、奥さんが「幼い子から父親を奪いやがって」と逆恨み凸
    4、息子の変わり果てた姿を見て祖父がショックでボケて二重介護に
    5、母が介護に疲れて倒れる
    6、全部私にのしかかる&父の件で裁判も始まる
    7、コロナで職場が潰れる
    8、祖父を施設にぶち込み体調崩した父と母が入院してる間になんとか転職して現在に至る

    このままじゃ私がタヒぬと思って全員が施設や病院いる合間に県外に逃げた。夜逃げ状態。
    夫は私の生活費だけは出してくれたけど、当然だがもう私に見向きもしない。

    私の中で1から8が全部ごちゃまぜに圧縮されて、時間の感覚がまるで無い。
    多分多くの人には私の感覚なんて理解できないんだろうけど、私の中で結婚から3ヶ月目以降が人生の中から存在を消されてる。
    全部捨ててから県外に逃げて半年たつんだけど、もう何年も前から今の家に住んでる感覚だし、実家で介護生活してたときにどんな生活してたかさえ思い出せない。
    今日夢の中で介護生活のころに戻ってたんだけど、自分の部屋で朝を迎えるところから始まってさ、
    一日やることを考えたとき、何をしなきゃならないのか全くわからなくて驚いたんだよ。
    とりあえず部屋を出なきゃと思って扉をあけたら、その先が真っ暗な闇しか無くて、そこで目が覚めた。
    最初自分がどこにいるのか思い出せなくて、とにかく介護しなきゃ、なにするんだっけと必タヒに頭働かせてさ、
    それでも思い出せなくて、だんだん冷静になって全部捨てて逃げたことを思い出したよ。
    未だに前の私がどんな一日を送ってたのか、6年間何をして過ごしてたのか思い出せない。
    介護もスト乚スも怖いね。
    今の生活はすごく楽だし仕事も楽しいのに、休日になるとふと消えた6年間と一緒に私の存在も消えてしまえばいいのにと思う。
    よくタヒんで自分の存在が消えるのが怖いって人がいるけど、私は逆だよ。消えて全部私の存在が消えてほしいよ。タヒ体さえ残ってほしくない。
    疲れてるのかな。

    272 :鬼女日記 2016/08/15(月) 15:15:03 ID:40a7X0xr.net
    お盆のなので投下
    結婚してから夫の家族と同居したけど姑と出戻りの義理妹に嫁いびりされた。
    私の両親は私が結婚する2年前に事故で亡くなったので
    「味方してくれる人もういないね」とばかりに両親の残した遺産は
    夫の家のために使えと強要されたり(分割して通帳に入れてあったので
    少ない額の通帳だけ見せたら取り上げられ、なんだこれっぽっちか貧乏人の娘と罵られた)
    母の形見の着物は汚されたり(タンスに入れて置いたらジュースかけられてた)
    指輪もいつのまにか売り払われてた(失くしたと探してたら
    義理妹に「○○円の価値しか無かった安物じゃん」とニヤニヤしてたから売り払われたみたい)
    夫は最初はかばってくれてたけどめんどくさくなったのか
    「母さんも妹も悪気はない」→「お前が心を開けばかわいがってもらえる」
    →「悪口は気のせいただの家族間の軽口 お前が彼らを嫌ってるから悪く受け取ってるだけ」
    →「お前さえ我慢すれば済む話」→「お前がこの家の雰囲気を悪くしてるだけ」・・・に変わった。
    舅は息子の嫁は家政婦くらいにしか思ってなくて、一連の出来事は知ってるけどスルー。
    一度だけ「飯食わせてもらってるんだから我慢は必要だ」とだけ吐き捨てたことあり。

    333 :鬼女日記 2019/07/19(金) 12:16:00 ID:orNMCHih.net
    もう10年近く前の事だけど思い出すと今だに悔しくなる。
    うちの母が朝、犬の散歩をしてたら目の前で車同士の交通事故があり飛んだきた車の部品を避ける時に転んでリードを離してしまい、音にビックリした犬が逃げてしまった。
    急いで家に戻って来て「ラン(犬)が逃げた!」と言われて父と探しに行ったけど、私はその時ケーキ屋で働いていて、その日は12/23で1年で1番忙しい時期だった。
    父に「後は俺たちで探すから仕事に行きなさい」と言われ泣きながら出勤して、笑顔でお客さんにケーキ売っている時も「今頃ランが車にはねられてたら…」とか「山とかに迷い込んで動物に襲われてたら…」と思うと泣きそうになっていた。

    昼休みにFBに「今日の朝、こういう事情でランが逃げた。見かけた人がいたら連絡下さい。拡散してくたまさい。今は仕事中なので私は電話には出れない」と写真を載せたら
    友達A子から「ランがいなくなったのに何で仕事してるの?!私なら絶対無理!私なら絶対休んで探しに行く!」とコメントがきた。
    「私もそうしたいんだけど捜索は父母に任せてる。私はどうしても今日はケーキ屋を休めないから」と返すと「信じられない。私だったら絶対に仕事より犬だよ。ありえないよ、ランが可哀想すぎるよ…」と返事がきた。

    そのコメントを見て「私だってそうしたいよ!!でも特設販売所の責任者を任されてるし、1年で1番忙しい時期にドタキャン休みなんて出来ないんだよ!!」と思うと涙が止まらなくなり事務所で号泣してしまった。
    4日後にランを保護してくれてる人が張り紙を見て連絡をくれて無事に見つかったのでFBにも「見つかりました」と書いたらA子から「良かったね。これに懲りて今後はランをもっと大事にしなきゃダメだよ?」とコメントが来た。
    A子の考え方は間違ってないのかもしれない。でも、もう私は無理だと思ってCOした。
    今でもこの事を思い出すと悔しくて仕方ない。

    このページのトップヘ