事故

    547 :鬼女日記 2015/08/10(月) 20:06:27 ID:pG0
    閲覧注意

    私の実家は田舎ではあるがとあるローカル線のよく見える山を所有している
    しかしそのよく見えるポイントにいくには山の裏からギリギリ車は通れる程度の長く険しい獣道みたいなところを通らなければならない
    その中でも危険なのが途中の澤にかかった築60年とも言われる最低限の支えをしただけのような木製の橋
    車は通れなくはないが、通るたびに嫌な揺れや音がするし、高さは5mはあるし、多分普通に落ちたら助からない
    この奥には地元のお祭りで重要な無人のお社があるため、昔はこの危険な橋を住民総出で使用していた
    が、ある時期に住民がお社までまっすぐいけるよう山の表に立派な階段をつくりその道は使われなくなった
    それからしばらくすると、先ほどのポイントを目指してたびたびある撮り鉄の一団が出現するようになった
    そいつらは撮り鉄のテンプレみたいな奴らで地域住民に様々な迷惑をかけてた地元の悩みの種だった
    撮るポイント自体は人がいないからいいのだが、ゴミを捨てるわ唾吐くわ畑車で横断するわ婆ちゃんひきかけて無視して逃げるわと住民の堪忍袋の緒が切れた
    奴らが行くポイントは山の裏の入り口からお社までの中腹にあり、そこにいくには先ほどの橋を通らねばならない
    なのでその橋を撤去、封鎖することにした
    すると車でポイントまで行くしかない奴らは車で登れず、表のお社からはかなりの距離を歩かねばならずあきらめるだろうという寸法だった
    どうせ誰ももう通らない道なので下手に残して危険なままにするよりも、と住民は誰も反対せず、持ち主の爺ちゃんもむしろ推進派なためすぐに工事が開始され、地元大工の手により午後2時になる頃には撤去が完了した
    あとは沢の手間と山の入り口に立ち入り禁止を置いて、これでいいだろうとなりその日は終了
    奴らが自分らだけの秘密のポイントとしていたのかはしらんが、果たして撮り鉄達はそいつら含めその日を境に見なくなった

    続く

    270 :鬼女日記 2018/04/27(金) 11:55:55 ID:cRb
    リアルじゃ言えないので愚痴らせて。
    父が一昨年亡くなった。交通事故で自損。完全に父の過失。他人をまきぞえにしなかったのが救い。
    父は穏やかで楽しい人で大好きだった。半年以上父のタヒをひきずった。
    母は私が子供の頃からヒスだった。
    でも今の母は別人だ。
    釣りあがってた眉と目が下がってむしろタレ目っぽくなった。
    太った。庭の手入れや、かわいい食器を集めるようになった。
    タレ目でぽっちゃりして食器にうきうきしてる母を見ると「誰?」って思う。
    父の存在が母にはストレスだったんだろうね。それはわかる。
    父は楽しいけど子供っぽい人だった。
    運転もするなって禁止されてた。事故ばっかり起こすから。タヒんだ日は隠してたキーを見つけてこっそり競馬に行こうとして、事故った。
    お金があるだけ使っちゃう人で、目の前に楽しいことがあると我慢できなくていつまでも小学生男子みたいな人だった。
    でも私は父が好きだったからガミガミ言う母が嫌いだった。
    母が怒って、私が泣いて、父が茶化して助けてくれて終わりが我が家のパターンだった。
    父がいなくなって穏やかになっていく母がイヤだったし
    母の気持ちもわかるーなんてどっかで思ってる自分もイヤだった。
    父の遺品を整理した。そしたら父浮気してた。
    父を好きって気持ちがスーっと半分以上消えた。
    私が子供のころから思ってた「おとーさん好き」ってなんだったんだろう。自分に都合のいい父だったから好きだったのかな。
    自己嫌悪とか父に対する思いとかグチャグチャで整理がつかない。浮気の証拠は捨てた。

    343 :鬼女日記 2017/03/21(火) 02:57:25 ID:Mf2RdxMV.net
    バイクで1人ツーリングしてた時、山道で雨が降って来て滑って転んでしまい、そのままバイクが谷底に落ちてしまった事がある
    ふもとまでおおよそ20kmぐらいの場所で12月。携帯の電池が切れてて途方に暮れ、とりあえず雨の中歩いたんだが、数時間ほど歩いて夜になってしまった
    暗過ぎて道が見えない、雨でずぶ濡れ、足が痛え、休憩したいが止まると寒くて堪らない、と限界を感じていたときに、車が通りかかった
    助けが来たと一生で1番喜んだかもしれない。有頂天になって立ち塞がって止めて、ふもとまで乗せてくれと頼んだんだが、急ぎますのでの一言で置いて行かれた
    断られるのを想定しておらず余りのショックで棒立ち。いや不審過ぎて当たり前、たぶん通報してくれてるだろうと歩いて、その後一本道を10時間歩きパトカー1台も車に出会わずに村役場到着
    あの車の中年夫婦はどうして放置を選択したのか。衝撃的だったわ

    192 :鬼女日記 2008/11/02(日) 20:45:40 ID:WHdwVQgM
    今日、作業中に指が飛んだ。
    切った瞬間は不思議と痛みが感じられないんだよな。
    一瞬寒気がしてそのあと体中が熱くなってじわじわと痛みが込み上げてきた。
    ボーッとしてたんだよ。なんか目の前が真っ白で、周りがぼやけて見えた。
    ふと現実に戻った瞬間、血の海で、ラインが止められ、悲鳴と怒号が飛び交ってた。


    今は病院から書き込んでる。傷口から入る細菌のせいで高熱が出るみたい。
    切断された指の縫合を望んだけど無理だったらしい。恐らくミンチ状に・・・。
    利き手じゃなかったのが不幸中の幸いかな。
    左手は包帯でぐるぐる巻き。左手全体を傷付けたみたいだけど、人差し指だけ第二関節から無いのがわかる。
    保険はちゃんと下りるかな。これからの人生が心配。
    指一本無くなっただけでかなり握力が落ちるって聞いた。
    見た目にも違和感あるだろうし。

    754 :鬼女日記 2016/01/31(日) 14:41:12 ID:JU4
    うちの父親は浮気性で借金はするはモラハラだわ口は悪いわ
    意地も悪く食い意地もはっててどうしようもないオッサンだった。
    こんなオッサンに持ちかけられてホイホイ付いてくる女なんてよっぽと同年代に相手にされないデブやブスとか問題児だと思ってた。

    年をとっても変わらずでうちら姉妹は男嫌いが加速した。
    ある日私が事故をして偶然電話かかってきた父に事故にあったと話したら飛んできた。
    んでもって被害者の方に私以上に謝ってくれてさらには「××ちゃんは怪我はない?病院は必ずいくんだよ?」みたいな感じですごく落ち着いた話し方で優しくて普段は怒号か
    キンキン声しか聞いたことがないからビックリした。
    もちろんちゃん付けなんて呼ばれてない。
    まぁ、うちにかえったら小突かれて「俺に手間かけさせんなパーヤー!」でいつものジジイだったけど。
    なんとなくひっかかる女の気持ちが分かったよ。

    まぁ二ヶ月後に被害者の女とジジイは不倫してババアに慰謝料請求されてたけど

    753 :鬼女日記 2007/03/23(金) 00:59:38 ID:pdNsTLa8O
    近所の人の話。

    痴呆+徘徊のおじいちゃんを放置(近所でもウワサになるくらい。変わりに保護したり、家に招き入れて話相手になってあげたりしてる人もいた。)フラフラしている所を自動車にひかれてお亡くなりに。
    「うちの大事なお爺さんになんて事をしてくれたんだ!」と言って、多額の賠償金をせしめて家を建て替え車を購入。
    数年後、息子が5才くらいの幼児を轢いてしまいタヒ亡させる。
    もちろん自分たちが頂戴した以上の賠償金を請求された…。どこかに引っ越してしまった。

    近所では因果応報とはこの事だ。悪いことはするべきじゃないと語りつがれている。

    720 :鬼女日記 2010/01/07(木) 18:00:23 0
    全く記憶にない、悪意も悪気もないDQN返し。
    結婚して以来、非常に陰険に、見えない様にチマチマといびられてた。
    一回一回は大した事ないんだけど、積み重なると本当に辛い。
    でもウトも夫も分かってくれなくって、とにかくイライラしてた。
    そんな所に近所の雪道で県外ナンバーの車の起こしたスリップ事故に巻き込まれ、意識不明に。
    幸い命は助かったんだけど、目を覚ましたら夫から謝罪された。
    救急車で運ばれ、その時医者とか看護師さんが
    「大丈夫ですかー!」とか声をかけてたらしいんだけど、私はブツブツと返事をしていたらしい。
    そして「今日何日ですかー」「○日…」「好きな食べ物は何ですかー」「海老フライ…」
    という感じで返事をし、「嫌いな食べ物は何ですかー」と言われた時「姑」とw
    食べ物じゃないだろと思うんだけどもw
    うう~とうなりながら「イヤな人~…」「ヤダよ~…」「嫌い~…」「怖い~…」と呟き続け、
    医師も看護師も何も言えなくなったそうな。
    付添には第一発見者&通報者であるご近所さんが居てくれたんだけど、
    その人が泣きながら駆けつけてきた夫とウトメに抗議し、
    さらにその後近所さんの姑にも話が行き、近所で
    「生タヒの境をさまよってる時にまで姑を怖がる程の苛烈なイビリを受けたかわいそうな嫁子さん」
    という位置づけが確立した。
    駆けつけてきた家の両親も話を聞いて号泣し、離婚話を本人不在で勝手にすすめ、
    ウトと夫とコトメが頭を下げ、泣くトメに対して絶縁を言い渡したそうだ。
    夫もそれに追随し、退院後は誰かの助けが無いと生活できなかったため実家に戻った。
    実家に出禁を申し渡されていたトメは、電話で謝罪してきたが、
    私はイマイチ頭働かなくて「はあ…」とか言ってた感じ。
    あれから2年たつけど、一回もトメに会ってないし声も聞いてない。
    妊娠は出来るけど、出産は帝王切開らしく、負担がかかるので子無しだけど
    夫と一緒に居るのが幸せだと思う。
    事故前に「夫はこんなに優しくて大好き、トメが居なかったら完璧なのに…」
    と思ってた事が実現したw
    体にはガタは来たけど、すっごい仕返しができたし幸せに暮らしてるのでいい。

    226 :鬼女日記 2017/07/26(水) 13:55:36 0.net
    今から15年前に亡くなった実兄の年齢を越えた(兄とは14歳違いだった)
    義母にその話をしていたら側にいた義兄嫁が
    「じゃああなたも今年タヒねば?」
    と言ってきた
    冗談のつもりだったと言い訳したけど本当にムカつく
    お前がなって言ってやればよかったと後悔してる

    127: 名無しさん@HOME 2010/12/21(火) 01:54:20 0
    決意表明 

    ウトが運転中に事故を起こし、100%ウトが悪いのに逆ギレ、 
    相手に車を修理させようとしたらしい 
    当然相手はそれを拒否、そうしたらウトは相手の会社に乗り込んで 
    相手を灰皿で何度も殴りつけて杀殳人未遂で逮捕された 
    あと少しで定年だったのに懲戒解雇、退職金はパア 
    相手からは事故の賠償以外にも物凄い金額の慰謝料を要求されているそうだ 
    それにトメがキレて相手に抗議しようとウトの弁護士のところに行き 
    相手に謝罪したいと言ったが相手は拒否、 
    トメはそれにキレて隠し持っていた包丁を振り回し、
    弁護士事務所の人に怪我をさせて逮捕 


    550 :鬼女日記 2017/01/24(火) 01:40:25 0.net
    25歳の頃、繁華顔を普通に歩いていて転んだ
    「アイタタ」と思って目を開けたら病院のベッドで寝ていた
    気づいたら身体が動かないし声も出ない
    私はパニクってしまったが、どこかで「転んで気絶して病院」と思ってはいた
    看護師がきて「あ!」と一言だけ言って部屋を駆け足で去っていった
    5分もしないうちに医者や他の看護師も3人ほど駆けつけてきた
    医者の話だと私は2年意識がなく遷延性意識障害と診断され
    この病院に移されたそうです。そこは私が住むところから車で5時間かかるところでした

    私は転んで後頭部を打ち気絶
    脳内出血で手術をしたが意識戻らず
    3ヶ月目で遷延性意識障害と診断され親戚(両親は鬼籍)に延命処置か安楽タヒか選択したら
    みんなが諦めて安楽タヒを選択したら妹だけが猛反対し延命処置になった
    これを聞いた時が自分の中の修羅場だった

    そして2年間妹が婚約者との縁談を断り私の介護をし続けていた
    妹は会社を辞めこの病院の食堂と清掃婦として働いていた
    慰謝からはなしを聞いて妹が駆けつけてきて手を握って「よかった!よかった!」と
    何度も囁いていた
    それからリハビリ受けて半年で退院
    生活に多少師匠はあるが一人で生活できるレベルにはなっていた
    私は妹の元婚約者のところに謝罪しに行った
    元婚約者は「元気になって良かったです」と言うと
    そのあと信じられない事を言った
    「もう一度妹さんにプロポーズします。妹さんを僕に下さい」と
    婚約者はずっと妹を待っていた。影でも妹にわからないように助けていた

    私は即答で「もちろんだ!妹をよろしくお願いします」と返した
    気づいたら号泣していた

    そして先月妹が式を挙げた
    妹は世界一綺麗な花嫁になった

    454 :鬼女日記 2013/04/30(火) 19:09:18 ID:P/bfAIgP
    今思い出すと若干笑える話だけど

    彼女と彼女の地元にある山に登山に行った時の事。
    誰もいない山道を二人でどうでもいい話をしながら歩いていた。
    さっきから道中でチラチラと狸を見かけていたので動物の話をしていたら彼女が熊も出ると言い出して
    地元で昔キャンプ中の人達が熊に襲われた事件があったのを思い出してその話をしだしていたところ、
    突然数メートル先で横の斜面から土や落ち葉と共に何かが滑り落ちてきた。

    二人でびっくりして瞬間的にダッシュで逃げようとしたけど、落ち着いて見てみると
    落ちてきたのは何故かズボンがほとんど脱げてる40代くらいの女性だった。
    女性はピクリともしなくて、山中で襲われて逃げてきたのではないかとか別の恐さを感じながら彼女とゆっくり近づくと「プスーーー」と女性がオナラ(多分)をした。
    突然のオナラで笑いそうになったが、地面をよく見ると失禁しているのにも気づいてこれは非常事態だと確信した。
    とりあえず脱げかかっていたズボンを上げて仰向けに寝かせたが、全身傷だらけというか落ち葉だらけで気を失っているみたいだった。
    電話(共にvo○afone)が圏外で助けも呼べなくて困っていると、山道の先の方から男性が「無事ですかー!!」と叫びながら走ってきた。
    話を聞くと男性と女性は夫婦で俺らと同じく山登りに来ていたのだが奥さんが用を足しに道の端っこで座りこんだ瞬間に足元が崩れて下に転がっていったらしかった。

    旦那さんの方も数百メートルとはいえ山道を必タヒで駆け下りてきたので息が上がって座り込んで真っ青な顔で苦しいとか言い出したので、
    俺は助けを呼ぶために走って山道を引き返してたら途中で他の登山者に偶然会って、その人に事情を説明してその人の電話でレスキュー隊を呼んでもらった。
    幸い夫婦はどちらも命に別状はなかった(奥さんは数箇所の軽症の打撲、旦那さんは貧血)。その後お礼の手紙を頂いたり披露宴の時には電報まで頂いたりしたが
    奥さんが尻丸出しで俺らの前に現れた事は未だに秘密にしている。

    411: 本当にあった怖い名無し 2011/11/10(木) 20:45:55.80 ID:uNcH5mNg0
    狙って、というか偶然やってきた機会を復讐に使った話 
    身元バレ防止の為一部フェイク入れています。 
    またグロい表現が多少あり長文になります。読みにくかったらすいません。 

    自分の母親は10年ほど前の春の夜に父親と一緒散歩途中、
    飲酒運転のオッサンにひき逃げされて杀殳された。
    家で留守番していた私は父親の「母さんが目の前で轢かれた!」
    っていう絶叫にも近い電話で現場にかけつけた。 
    道路にブレーキ痕は全くなく車の進行方向とは逆のところに
    血痕と細かい無数のガラスの破片が散らばっていた。
    父と一緒に母を探した。

    160 :鬼女日記 2015/09/24(木) 13:55:13 ID:U7I
    先月、お隣さんが自宅の建て替えのために神主さんを呼んで
    お祓いだかお清めだかしてもらったのだが
    「こういうのはどうせ気休めなんだから」と、
    礼は5円玉一枚だけ、それも神主さんの足元に放り投げて終わり
    神主さんは拾わず、その場で二度、音高く手を打って立ち去った
    翌日から、大雨が続いたり、重機のエンジンが火を噴いたり
    来ていた作業員も事故が続き、一週間で3人病院送りになったり
    挙げ句、立ち入り禁止と言われていたのに
    お隣のおばあちゃんが入って大怪我したりで大騒ぎ
    工事どころではなくなり、お隣さん体重は落ちたが白髪をだいぶ増やしていた
    神主さんをもう一度呼びつけて「お前、何をした!」と怒鳴りつけたが
    神主さんは「気休めじゃなかったんですか?」不思議そうに小首をかしげるばかり
    お隣さんがまだ何か言おうとすると、神主さんは両手を前に出して
    手を叩く素振りを見せつけたため、お隣さん何も言えず
    そのまま神主さんは帰っていった

    まったくの偶然なのかあの神主さんが何かしたのかは不明だが
    大雨でうちの庭に埋まっていた江戸時代の貨幣が出てきたり
    お隣でエンジンが火を噴いたせいか野良ネコが来なくなったり
    ボケてるお隣のおばあちゃんがうちに入ろうとしなくなったりで
    うちは大助かりしている

    354 :鬼女日記 2016/02/04(木) 23:27:28 .net
    嫁がは亡くなって今日で3年。
    後悔しかないなあー
    共働きだったけど、亡くなる前の日、20時頃に帰宅したら
    仕事終わって先に帰宅してた嫁が寝てて、ご飯の準備が出来てなくて
    俺がブチ切れして
    嫁は、うたた寝してしまったってひたすら謝ったけど
    無視して一人で外に食べに行って
    嫁は疲れてたんだろうな・・・
    帰宅したら寝てた。
    風呂入って自分に部屋でのんびりしてたら
    日付け変わって寝ようとしてるときに嫁がドアをノックしたけど
    「うぜー!ノックするな!」て怒鳴ったら「今日は本当にごめん。おやすみ」言った。
    翌日、朝起きて出勤の準備してたら嫁も起きてきて「おはよう」て言われたけど
    無視して出勤した。
    嫁は昼からの出勤だったけど、車通勤で通勤中に事故で亡くなった。
    疲れてたんだろうな。
    最後は「おはよう。」に対して無視だった・・・
    ずっと頭から離れない。
    後悔してもどうしようもないけど、やり直せるならずっと大切にしたい。
    亡くして初めて大切なものに気付いた。
    もう遅いけど

    703 :鬼女日記 2017/12/14(木) 12:02:23 ID:2Xb
    帰宅途中に他の児童の保護者が運転する車に跳ねられたこと
    当時わたしは小学生で、送り迎えの車が学校周辺に路駐することが問題視されている時の出来事だった
    その日もHRで送迎に車を使わないようにと再三の注意があり、幼心にも「これ(路駐)は悪いことなのだ」と強く感じていた
    帰路についたわたしは校門を出て早々に道端に停車した"悪い車"を見つけた
    放っておけばいいものを、子供特有の正義感に駆られたわたしは運転席に声をかけた
    「こんにちは、ここに車を置いたらいけないんだよ」
    窓から顔を覗かせた女性は最初ニコニコとしていた
    「ごめんね、でもおばちゃん子どもを待っているの」
    「先生もダメって言ってたよ」
    どれくらいの間押し問答を続けていたのかは覚えていないが、女性の顔から愛想笑いが剥がれ落ちる程度の時間は経っていたと思う
    険しい表情になった女性が怖くなったわたしは「バイバイ」と挨拶して踵を返した
    が、数メートルも進まない内にわたしは物凄い衝撃を受けて地面に転がった
    ここからは母からの伝聞になるが、女性と別れたわたしは女性の車に跳ねられたらしい
    背中を向けて歩くわたしに向かって車が急にバックしたそうだ
    幸いそうスピードが出ておらず、またランドセルがクッション代わりになったおかげでわたしは軽症で済んだ
    ただし念の為検査入院をすることになった
    女性と言えば、下校中の出来事であった為に目撃証言が多く、本人も認めたことから事故処理はスムーズに終わった
    「ちょっと驚かせようと思ったら車が下がり過ぎてしまった」と本人は語ったらしい
    そもそもわたしがこまっしゃくれた言動を取らなければ起きなかった事故だし、今思えばあの時の女性には悪いことをしてしまったと反省している

    515 :鬼女日記 2011/06/07(火) 00:22:11 ID:qWqpBxzo
    突然、深刻な顔して
    「言わなきゃいけないことがあるんだ…」
    と言い出した。
    「実は俺、傷跡があって…気持ち悪いと思われるかもしれないから、あらかじめ言っておく」
    「もし無理だと思ったら、悲しいけど別れてもいいから」
    と前置き。
    どんな酷い傷跡なんだろうと思って真剣に耳を傾けたら、膝を見せられた。

    傷なんか見当たらないから「え?どれ?」と2回ほど聞き返し、よ~~~~~~く見ると
    かなり薄れた、1cmにも満たない傷跡が…。


    その半年くらいまえに、事故って、アゴがかっぱり割れて12針縫っていて、
    まだそのショックから立ち直ってない(というか傷跡が気になって仕方なかった)こともあって
    かなりどん引きした。
    傷のことがなくてもどん引きしてたと思うけどw

    333 :鬼女日記 2014/11/16(日) 19:52:17 ID:trPCpA8Ks
    今さっき買い忘れがあって買い物に行ってきた。
    車で行ったんだけど、道が細いところがあって、結構飛び出しが多いから徐行で通ってたら子供が飛び出してきた。
    そんなスピード出てなかったからちゃんと止まれた。
    すると近くに居た親が「あんた!うちの子をコ□す気!?出てきて土下座しろ!」とドアを思いっきり叩かれた。
    おもわず私も降りて「飛び出してきてもちゃんと止まれる速度だったし、実際かなり前で停車してます。(出てきた路地より3メートルは前に止まった)ぶつかって怪我をさせたのなら謝りますが、転んでもないし怪我してませんよね?」と返したら「うるさい!車に乗るなんて人間じゃない!」と言われたところで気が付いた。
    「それならあなたも人間じゃないですね。三年前に私を車で引いたこと忘れたんですか?」
    「えっ…あっ…」
    「あの時保険に入ってないからって慰謝料もろくに払ってないのに。」

    ここらへんで近所の人が出てきてざわざわ。思いのほか大きな声になってたらしい。
    そのまま親子は逃げ帰ったので、とりあえず近所の人に「ご迷惑をおかけしました」と謝って買い物行って別の道使って帰った。

    816 :鬼女日記 2013/09/24(火) 01:40:09 ID:uklILLxP0
    嫁が姉と母に石女っていびられ続けて数年
    いくら注意してもやめないので、ビンタ程度に手を出したこともあった。それでもやめない
    縁を切ろうとしても、むこうからすりよってくる。引越ししてもどっかからかぎつけてやってきた
    そのせいで、もう嫁がね、ちょっとやつれたのよ。

    やっとのことで、嫁が子供を授かって。なんの因果か同時期に姉の子が事故で亡くなった
    これは多分、嫉妬やら逆恨みされるだろうなと思ったらしく、せっかく授かったのに嫁が喜べずにびびってた
    だから、向こうから絶縁申し出るように葬式にはご祝儀新札で1000円だけもっていってやった
    もともと姉弟仲悪かったし、嫁いびりいくらいってもやめなかったし、粘着してきたからその仕返しもかねて

    当然姉も両親もキレたし親戚もキレた。姉と両親が絶縁申し出てきたので、喜んで受けた
    うるさいのがいなくなって、清々。まあ、嫁はさすがに良心の呵責とやらで自分個人であとから香典わたしたけど
    祝儀袋みたときのあっけにとられた顔と次の瞬間に顔真っ赤にしてわめき散らしたのには笑わせてもらった、まだ許さんけどな

    このページのトップヘ