事故

    703 :鬼女日記 2017/12/14(木) 12:02:23 ID:2Xb
    帰宅途中に他の児童の保護者が運転する車に跳ねられたこと
    当時わたしは小学生で、送り迎えの車が学校周辺に路駐することが問題視されている時の出来事だった
    その日もHRで送迎に車を使わないようにと再三の注意があり、幼心にも「これ(路駐)は悪いことなのだ」と強く感じていた
    帰路についたわたしは校門を出て早々に道端に停車した"悪い車"を見つけた
    放っておけばいいものを、子供特有の正義感に駆られたわたしは運転席に声をかけた
    「こんにちは、ここに車を置いたらいけないんだよ」
    窓から顔を覗かせた女性は最初ニコニコとしていた
    「ごめんね、でもおばちゃん子どもを待っているの」
    「先生もダメって言ってたよ」
    どれくらいの間押し問答を続けていたのかは覚えていないが、女性の顔から愛想笑いが剥がれ落ちる程度の時間は経っていたと思う
    険しい表情になった女性が怖くなったわたしは「バイバイ」と挨拶して踵を返した
    が、数メートルも進まない内にわたしは物凄い衝撃を受けて地面に転がった
    ここからは母からの伝聞になるが、女性と別れたわたしは女性の車に跳ねられたらしい
    背中を向けて歩くわたしに向かって車が急にバックしたそうだ
    幸いそうスピードが出ておらず、またランドセルがクッション代わりになったおかげでわたしは軽症で済んだ
    ただし念の為検査入院をすることになった
    女性と言えば、下校中の出来事であった為に目撃証言が多く、本人も認めたことから事故処理はスムーズに終わった
    「ちょっと驚かせようと思ったら車が下がり過ぎてしまった」と本人は語ったらしい
    そもそもわたしがこまっしゃくれた言動を取らなければ起きなかった事故だし、今思えばあの時の女性には悪いことをしてしまったと反省している

    515 :鬼女日記 2011/06/07(火) 00:22:11 ID:qWqpBxzo
    突然、深刻な顔して
    「言わなきゃいけないことがあるんだ…」
    と言い出した。
    「実は俺、傷跡があって…気持ち悪いと思われるかもしれないから、あらかじめ言っておく」
    「もし無理だと思ったら、悲しいけど別れてもいいから」
    と前置き。
    どんな酷い傷跡なんだろうと思って真剣に耳を傾けたら、膝を見せられた。

    傷なんか見当たらないから「え?どれ?」と2回ほど聞き返し、よ~~~~~~く見ると
    かなり薄れた、1cmにも満たない傷跡が…。


    その半年くらいまえに、事故って、アゴがかっぱり割れて12針縫っていて、
    まだそのショックから立ち直ってない(というか傷跡が気になって仕方なかった)こともあって
    かなりどん引きした。
    傷のことがなくてもどん引きしてたと思うけどw

    333 :鬼女日記 2014/11/16(日) 19:52:17 ID:trPCpA8Ks
    今さっき買い忘れがあって買い物に行ってきた。
    車で行ったんだけど、道が細いところがあって、結構飛び出しが多いから徐行で通ってたら子供が飛び出してきた。
    そんなスピード出てなかったからちゃんと止まれた。
    すると近くに居た親が「あんた!うちの子をコ□す気!?出てきて土下座しろ!」とドアを思いっきり叩かれた。
    おもわず私も降りて「飛び出してきてもちゃんと止まれる速度だったし、実際かなり前で停車してます。(出てきた路地より3メートルは前に止まった)ぶつかって怪我をさせたのなら謝りますが、転んでもないし怪我してませんよね?」と返したら「うるさい!車に乗るなんて人間じゃない!」と言われたところで気が付いた。
    「それならあなたも人間じゃないですね。三年前に私を車で引いたこと忘れたんですか?」
    「えっ…あっ…」
    「あの時保険に入ってないからって慰謝料もろくに払ってないのに。」

    ここらへんで近所の人が出てきてざわざわ。思いのほか大きな声になってたらしい。
    そのまま親子は逃げ帰ったので、とりあえず近所の人に「ご迷惑をおかけしました」と謝って買い物行って別の道使って帰った。

    816 :鬼女日記 2013/09/24(火) 01:40:09 ID:uklILLxP0
    嫁が姉と母に石女っていびられ続けて数年
    いくら注意してもやめないので、ビンタ程度に手を出したこともあった。それでもやめない
    縁を切ろうとしても、むこうからすりよってくる。引越ししてもどっかからかぎつけてやってきた
    そのせいで、もう嫁がね、ちょっとやつれたのよ。

    やっとのことで、嫁が子供を授かって。なんの因果か同時期に姉の子が事故で亡くなった
    これは多分、嫉妬やら逆恨みされるだろうなと思ったらしく、せっかく授かったのに嫁が喜べずにびびってた
    だから、向こうから絶縁申し出るように葬式にはご祝儀新札で1000円だけもっていってやった
    もともと姉弟仲悪かったし、嫁いびりいくらいってもやめなかったし、粘着してきたからその仕返しもかねて

    当然姉も両親もキレたし親戚もキレた。姉と両親が絶縁申し出てきたので、喜んで受けた
    うるさいのがいなくなって、清々。まあ、嫁はさすがに良心の呵責とやらで自分個人であとから香典わたしたけど
    祝儀袋みたときのあっけにとられた顔と次の瞬間に顔真っ赤にしてわめき散らしたのには笑わせてもらった、まだ許さんけどな

    376 :鬼女日記 2016/06/27(月) 15:00:51 ID:xvI
    息子の修羅場

    子供と一緒に出かけているときに事故にあって救急車に乗せられた
    子供が私から離れたがらないので、一緒に救急車で病院へ
    処置中は看護師さんが面倒を見てくれて、私が意識を取り戻したところで
    病室につれてきてもらった

    「ママー!・・・ママ??」と泣き出す息子(2)

    汗やら何やらをぬぐわれた際に、私の顔から眉が消えていたらしい
    若気の至りですっかり眉が薄くなって、すっぴんだとほぼ無いに等しい
    家でもこまめに書くようにしていたし、お風呂のときはウォータープルーフで
    しっかり眉を作っていたので、息子が病院で見たのは初めてのママの素顔
    あまりに恐ろしかったのか、しばらく泣き止んでくれなかった・・・

    何があるかわからないと身をもって知ったので、退院してからアートメイクを入れましたorz
    息子よ、早く忘れておくれ

    463 :鬼女日記 2015/09/19(土) 20:10:43 ID:KIN
    娘が二階から転落した。命に別条はなかったけど頬にざっくり傷が入った。
    女の子だし目立つ場所に傷が残るとこれから生きていく上で苦労する。顔の傷を色々言われる娘を思うと涙が出てくる。
    そして旦那の過失を私のせいにされるのが辛い。
    2歳の娘なんだけど、私が買い物に出ている間、旦那に見てもらってた。
    そのあいだに娘は転落。
    帰ってきたら娘は病院に運ばれており、自宅周辺はご近所の方々で群がってた。
    私に連絡無し、しかも旦那は何故か自宅に残ったまま。
    何故一緒に救急車に乗らなかったかも謎だし、何故娘が二階にいたのかも謎。
    問い詰めたら、旦那の会社から電話がきて話し込んでいたらしい。二階にいた理由は近くの川を旦那と娘で見るため。
    電話しているあいだに娘は転落した。ベランダに出られないように転落防止の策をアレコレ施していたのに。

    完全に旦那が悪いんだけど、親戚中から母親である私が悪いと物凄く責められた。ご近所さんにもちょくちょく旦那擁護派がいる。

    923 :鬼女日記 2017/09/22(金) 13:24:30 ID:3IW
    この間引っ越し荷物を片付けるのに祖父の軽トラを借りた。
    軽トラには老人マークが貼ってある。元は取り外せるものだった
    らしいがテープで止められているから外せなかった。
    なのでそのまま道路を走った。速度的にも周りに合わせているし
    合流や右左折でもたついたわけでもない。
    それでも何台かの車に煽られた。無理やり前に入られたり、幅寄せされたり
    した。
    DQNカーならまだしも相手は普通の軽自動車やコンパクトカー。
    煽る運転手をミラー越しに見ると女までいた。
    自分は普段国産のコンパクトカーに乗っている。これに乗ってる
    ときに煽られたり幅寄せされることは皆無。
    仕事では時々社用車に乗る。社名は出てないベンツ。これに乗ると
    すれ違う車はそんなによけなくてもどぶに落ちると心配になるほど
    だし周りがとても親切。
    しかしこの状態では老人の事故って老人が悪いときより周りの無謀
    な運転が原因なのも多いんじゃないかと思った。
    老人マーク、逆効果じゃん。

    994 :鬼女日記 2014/01/16(木) 18:24:41 ID:PeyASnOT
    スレも終わりなのでしょーもない修羅場を書くw

    JKだった頃のこと。
    学校の帰り道、ふと空を見上げると電線にびっしりモズが止まってた。
    さすがにあれだけみっちり止まってると気持ち悪いな~と思いながら眺めていたら
    直ぐ近くで衝突事故があった。
    その衝突の轟音で一斉にモズが飛び立った時、何が起こったのか最初分からなかった。
    気が付くと私の紺のセーラー服が水玉模様に。
    私の真っ黒なおかっぱ頭も水玉模様に。
    っていうか、あたり一面水玉模様になってた。
    モズの野郎、飛び立つときに一斉に脱糞しやがった。
    ひーん!って泣きながら走って帰宅。
    一生の中であの時が恐らく一番タイムは良かったと思う。
    制服のままお風呂に駆け込み頭からシャワーを浴びた。
    その日は父親からも弟からも「風呂がくせー!」と散々に言われた。
    モズ、許すまじ。

    516 :鬼女日記 2009/09/06(日) 09:58:36 ID:Ow6zPlKn0
    友人は、婚約していた男にサラッと浮気されて捨てられた。
    友人に会ってみれば激ヤセしていて薬で眠る毎日だという。
    浮気相手の女に嫌がらせも受けていたらしい。
    許せないと思った。

    数ヶ月後、浮気男と浮気相手の女の乗った車が壁に激突して大破。
    浮気男は半身不随で車椅子生活に。浮気相手の女は片足の大部分を切断した。

    私があいつらに呪いを施術した事は友人には内緒。
    あれから2年ほど経ちますが、友人の傷はだいぶ癒えています。

    657 :鬼女日記 2006/11/01(水) 09:56:05
    昨日のトメ

    朝収穫した野菜を持ってきてくれたトメ
    じゃ!と颯爽と自転車に乗っていく後姿を見ていたら車にはねられて吹っ飛んだwwww
    瞬時に救急車と思ったけどトメさんのもとへ近づくとすくっと立ち上がって自転車に跨ろうと。
    「ちょwお義母さん大丈夫ですか?病院行かなきゃ」という私に
    「お父さんご飯待ってるし。それにカブ貰ったのよ、漬けなきゃならんの」
    運転手はトメがタヒんだと思ったみたいで顔面蒼白。
    トメは生き生きとしたピンクのほっぺ。
    夫に言ってウトを呼んだりしてなんとか病院へ。全身くまなく検査してもらいましたが
    異常なし。内臓脂肪が少ないとか血圧がいいとか関係ないこと褒められてたw
    帰りは嫁子さんが大袈裟だからと笑われたり吹っ飛んだなんていいすぎとか
    夫に言われたけど、現場を見てみんな絶句。道路から落下地点まで10m弱はあった。
    今日も家庭菜園にせいを出す来年70のトメ。凄い。

    939 :鬼女日記 2017/02/21(火) 18:43:10 ID:C12LIXzR0.net
    不倫発覚からゴタゴタ続きで旦那はそのままプリと住んで、私とは離婚しないまま約1年
    私の気持ちも落ち着いて、このスレからも遠ざかっていたんだけど再び出戻って書き込ませてもらいます

    私の友人がプリの友人と接点があるので聞いたんだけど、
    少し前にプリ、事故で大きな障害を負ったらしい
    詳しくは書けないけど、見た感じ外見ですぐに健常者じゃないとわかるくらいの
    故郷のプリ親には彼氏と同棲してるから生活は大丈夫だと言って様子を見に来たプリ親と旦那も対面したらしいけど、そこで既婚者ですとは紹介出来ず挨拶のみ
    旦那と住んでるからなんとか生活出来るけど、もし別れたらちょっと1人で暮らすには厳しい身体だそうです

    因果応報だね!とその友人に言われたけど、ちょっと不倫の因果にしては大きすぎるかな
    慰謝料ももらったし

    旦那とは別居後も週1程度で子供交えて食事して、旦那側の冠婚葬祭やらも出席してる(私側は私親から旦那が逃げているので来ないクズです)からわりと頻繁に会ってるけど
    旦那の口からはプリのその件は聞いていない
    少し前に2週間くらいバタバタとしてた様子だったので、多分それが事故の時だったんだろう

    プリもそんな身体になって落ち込み半端ないらしく、さらに旦那に逃げられたらどうしようとビクついてるみたいで、私に強気で攻撃してきてた頃の面影はもうなくなったらしい
    既婚者男と住んでる家には友人は呼べず、かといって今までのように出かけて楽しむこともままならず、これからの人生、また別の意味でも旦那が全てになるかと思われます

    私は婚費ももらってるし離婚も特にしたいとも言われず、したいとも思わず平和に暮らせているので、
    これからの旦那とプリの動向を友人経由で聞いて、まるで他人事の噂話のように楽しむつもりです
    本気の愛()ってやつを是非ずっと見せてもらいたいですね

    (障がいを持ってる方、家族などにいる方、不快な思いされたらごめんなさい)

    580 :鬼女日記 2014/01/19(日) 20:25:22 ID:47vSAmaY
    >>572
    どうぞあなたもお姉さまもお幸せに

    昔自転車でタクシーにひかれた時のプチ修羅場
    未だにガラゲーなので改行等おかしかったらごめんなさい

    大きな道路の自転車用路側帯を走っていたら、路地から出てきた一時停止無視のタクシーに左から突っ込まれた
    まだ若かったので咄嗟に右側に逃げ、自転車は廃車になったが自分はほぼ無傷で済んだ
    警察を呼び現場検証のあとすぐ近くの総合病院に連れていかれ、全治三週間程度の腰の打撲と診断される
    ただ10代の女だったので骨盤に異常が出たらまずいからと経過観察に何回か病院に通うように言われ、その後無事帰宅
    タクシー会社の上の人が菓子折り持って謝罪に来たが、運転手の人もタクシー会社もいい人でこちらが申し訳なくなるほど誠意のある対応をしてもらう

    ここまでは修羅場でもなんでもなかったんだが、後日所轄の警察署に呼ばれての事故処理の聴取が最悪だった

    まずおじさん警察官に何故何回も病院に通ってるのかを聞かれて、相手には家族もあるのに人身事故の届けを出して職を奪うつもりなのかと責められる
    他にもあんたがスピード出し過ぎてたんだろとか前方不注意だとか色々言われ放題。こんな小さな事故で仕事増やすなまで言われる始末
    自分はちびっこ童顔の小娘だったので舐められたんだと思うが、あまりの対応に怒りおじさん警察官と舌戦を繰り広げてしまった
    交通課に響き渡る互いの怒号に顔色を変える他警察官達
    そのうち女性警察官が慌てて飛んできて、おじさん警察官退場の上もう一度聴取やり直しされて結局3時間位かかったよ
    正直大した怪我じゃなかったので人身事故にするか迷ってたんだが警察のあまりの酷さに届けを出すことを決意した
    人生であんなに怒鳴ったことない位の修羅場でした
    運転手さんには悪いことしてしまったなと今でも思っているが、未だに高齢の交通課警察官を見ると仕事出来ない人だと偏見の目でみてしまうわ

    余談ですがタクシー会社からは慰謝料治療費がしっかり払われ、怪我が治るまでタクシー乗り放題になったのでなんだか申し訳なかったです

    以上、長文失礼しました

    479 :名無しさん@おーぷん
    無人のようなのでまったり書き込みます。

    高校生のとき、ひと月の間に両親を相次いで亡くして喪主二回やったのが修羅場。

    母親は先天的な心臓の欠陥からくる虚弱で、入退院を繰り返している人だった。
    普通のサラリーマン家庭で育ったが、友達のように「じーちゃん」と「ばーちゃん」はいなかった。

    推薦で大学が決まってボチボチ車の免許を取ろうとしていた時期に父が車の事故で他界した。
    訃報を聞くなり母が卒倒。救急車で病院に運ばれそのまま入院した。
    「祖父母」という存在がいなかったように、「親戚」もいなかったから自動的に喪主をやることに。

    父の勤め先をはじめとした周辺への連絡、火葬の許可など、何から着手していいのかわからないままご近所さんたちの知恵と手を借りてどうにか通夜にこぎつけた。
    喪主の席で坊さんの背中を見ながら思ったのは、「坊さんもタダじゃ経をあげてくれないんだなー」ということ。

    預金の名義が父になっていたことから、父が亡くなったことで凍結。
    相続の手続(?)が住むまで下せなくなっていて、葬式代の工面に大わらわした。
    (大学進学を機に一人暮らしする予定だったので、両親があらかじめ私名義で積立をしてくれていたので、そこから支払った)

    ここまでが第一の修羅場。

    263 :名無しさん@おーぷん
    通勤路で見かける自転車のお母さんがすごかった。
    多分、保育園か幼稚園のお迎えなんだと思うんだけど、子載せ自転車で
    後ろに1人、前に1人、背中に1人おんぶ、前にスリングで1人(この子は乳児)

    これがまた、路側帯もロクに整備されてない、狭くて傾斜がきつい、カーブしてる道を
    よろよろゆっくり行くんだ。
    車にひっかけられなくても、側溝の蓋に引っかかって横に倒れるだけで
    大惨事だと思うんだけど。
    これが数年前の話で、特に事故のニュースも聞かなかったから
    あの子たちはみんな無事に大きくなったんだと思う。

    あの人は無茶だったと今でも思うけど、実際、無茶をしなくちゃ複数の子供なんて
    育てられないよね・・・と
    うちは子ども一人だけど、よそんちを見て思う。

    341 :名無しさん@おーぷん
    自サツの瞬間を3回も見たことが衝撃だなぁ。
    というか電車への飛び込みは本当にやめてほしいわ。
    特にホームへ飛んで来るのは勘弁願いたい。

    そんな衝撃的なシーンの中でさらに衝撃的だったのがスマホ弄ってたサラリーマンが飛んできた自サツ者を華麗に避けたこと。
    どこに目が付いてるのかわからんが電車に吹っ飛ばされた自サツ者をジャンプで避けた。
    一瞬もそっちを見ることなくスマホイジイジしてたのにロックマンかよっていう勢いでジャンプ。
    自サツ者が柱に激突してからそっちに目を向けたと思ったらスマホに視線戻すしいろいろ凄すぎた。

    さらにその電車に飛び込んだ自サツ者もすごい勢いで吹っ飛んで柱にぶつかったにも関わらずタヒななかったみたい。
    いろいろ凄いのをいっぺんに見た。

    713 :名無しさん@おーぷん

    双子を妊娠中に、夫が出張先の事故に遭ったと聞かされて子供をひとり亡くした。

    はじめに。
    実際に多くの方が亡くなっている乗り物の事故で、テレビでも連日報道されました。
    (何年前の何の事故と言うだけで殆どの方がわかると思います)
    詳細に書くと、万一ご遺族や関係者の方の目に触れた場合、大変不快に感じられると思うので事故の概要は省きます。

    事故の様子がテレビで慌ただしく放送され始めた頃、出張中の夫の会社から連絡が入った。
    事故の直後から夫と連絡が取れないこと、夫が会議のため向かっていた取引先がその現場近くにあったこと、時間的にそこにいる可能性が高いことを知らされた。
    知らせを受けた私はショックのあまり倒れた。
    ちょうどその時私は8カ月で、出産前の一時帰宅で病院から自宅(義実家に同居)に戻っていた。義父母が呼んでくれた救急車で意識のなかった私は病院に運ばれた。
    その後三日意識が戻らなくて、意識が戻った時夫と義父母が泣いていたのを覚えている。

    106 :名無しさん@おーぷん
    数年前バイクの旦那が出勤途中左から来た自動車と衝突した。
    幸いお互い怪我はなく、その場で連絡先だけ交換して別れた。
    その後相手の保険屋から連絡が来て、相手4:旦那6で旦那の過失割合が高かった。
    旦那は任意保険未加入。粘ったようだが弁護士から連絡が来て結局修理費を支払った。

    それからなにかに付けて相手の愚痴ばかり言う。自動車持ちの私からしたら、事故に遭ったら保険屋を通してしか連絡しないのは当然のこと。
    相手を責めるのは筋違い。その為に保険料を払っているのだから。
    でも旦那は、事故の場では低姿勢だった相手がその後手のひら返しをしたように感じているようで物騒なことまで言い出す。
    私は上記の事をやんわりとは言うのだが、実際私も同じように事故相手から対応されたこともあり強くは言えず、困ってしまう。
    正直、こんな旦那は嫌だ。いつまでもグチグチ言うなと思う。いい加減割り切れと。

    もっと親身になって聞いてあげれたら良いのかな?愚痴くらいだし
    でも相手の対応は間違ってないし…所詮その場での口約束なんてあとからいくらでも覆るもんだし
    なんか入ってる保険屋使って対応したことが気に入らないみたい。直接相手に電話してたみたいorz
    カッコ悪い旦那見たくないよー

    267 :名無しさん@おーぷん
    弁償問題で思い出した。
    高校生時代3年のときの修羅場。

    当時学校が終わって自転車で帰ったとき、
    駐車場から出てきた車2台が歩道のところで道路に出るために待っていた。
    私は早く帰りたくて2台の間をすばやく突っ切ることにした。
    今思えばその2台が道路に出るのを待ていればよかったんだけど
    当時見たい番組があったから一分一秒でも早く家に帰りたかった。
    そうしたら運の悪い事に車の流れが途切れて□の車が道路へ。
    そうすると反対側しか見ていなかった■が私の自転車に気付かずに突っ込んできた。

     | 道 |  歩 |駐
     |   |    |
     | 路 |  道 |車
     |   |    |
     |   |□ ■ |場
     |   |    |
     |   |    |
     |   | ↑私 |

    私は自転車とともに■の車に引きずられた。

    862 :名無しさん@おーぷん
    小学校の5年生の時に、近所の公園でブランコに乗って遊んでいたら
    赤ちゃん抱いたお母さん(多分)がジャングルジムの天辺に上って
    そこに腰かけてたばこを吸い始めた。
    子供心に嫌悪感を抱いて見ていたら、そのお母さんが何かを探してポケットを探ってて
    その時赤ちゃんを落としてしまった。
    赤ちゃんはジャングルジムに頭をガンガンガンガンって絵のように打ち付けながらドサッと落ちた。
    泣くでもなくグッタリして、救急車がきて、お母さんは泣きながら乗って行った。

    ・・・という光景をさっきふいに思い出してサブイボが立った。

    このページのトップヘ