仕返し

    627 :鬼女日記 2013/11/30(土) 19:11:56 ID:8pqb+RF9
    エテ公の託児を拒否ったら仕返しに赤ん坊虐待で通報されたよ…
    両隣の家と懇意だったから事実無根で済んだけどさ。

    虐待関係で警察や児相がピリピリしてるの逆手に取る狡いヤツも居るから皆気をつけてね?

    871 :鬼女日記 2011/06/09(木) 19:22:48 ID:Oa4YL5cD0
    高校に入ってまだ間もないころ、
    友人に「A子が○○(有名コミュニティーサイト)であなたの悪口書いてるよ」と教えてくれた。

    A子はブスな上シミだらけで、性格も最低な子だった。
    そして人の悪口を言うことが好きでたまらないらしく
    毎日派手なグループの子たちと一緒に、冴えない男子に嫌なあだ名をつけて騒いでいた。
    しかし、顔がカバに似ていたため
    裏では男子にからかわれている… そういう子だった。

    私はA子に嫌われるようなことをした覚えはないし
    A子に悪口を言われていることがイマイチ信じられなかった。
    だが確かに、A子に注目してみると
    私が前を通り過ぎたあと笑っていたり
    たまたま手が触れてしまったあと、まるで汚いものを触ったかのように手をタオルで拭いたり
    私が授業中に指名されたとき、口パクで「気持ち悪い」と友人に話しかけたり
    私のことを嫌っていると確信できる場面が何度もあった。

    608 :鬼女日記 2012/08/11(土) 11:07:03 ID:fmT0ht8oO
    大学時代1つ上の先輩に惚れた。
    当時ど田舎から都会に来てボソボソとなまっててみんなに馬鹿にされていた俺にも普通にしゃべってくれる某アイドル似の彼女は女神に見えた。
    一生懸命のプッシュでなんとか付き合ってもらえる事に。
    だが彼女はとんでもない女だった。
    彼女のおかげで彼女のグループに入れていろんなとこに行けたのだが、常に俺をパシりや笑い者にした。
    荷物持ちや買い物はいつも当然のように俺。
    「いいよ。いいよ。こいつにやらしておけばいいじゃん。」
    人を迎えに行って増えた分全員が車に乗りきれなくなって俺だけが下ろされた事もあった。
    酔って寝てる間に俺の顔に落書きした上、ボールペンで腕をブスブス刺したり頭を蹴って起こされた事もあった。
    俺のしゃべり方を真似してみんなで笑ったり、
    無理矢理化粧されてその顔で外歩かされて馬鹿にされた事もあった。
    それから20数年後、俺は某二流会社に就職し一応課長と呼ばれる立場になった。
    ある年に入って来た新入社員がその時の女に顔も声もそっくりだった。
    話しを聞くと俺と同じ大学出身。
    「母もその大学出てるんです。」
    旧姓と名前を聞くとまぎれもなくあの女だった。
    新入社員は自分の母親に俺の事を話したらしい。
    「課長は母に憧れていたそうですね。」
    「母は課長は田舎から出て来たばかりで頼りなくてかわいそうだからかわいがってやったと懐かしがってましたよ。」

    459 :鬼女日記 2010/08/27(金) 13:22:50 0
    風邪ひいてる私の看病に来てくれたトメさんに暴言吐いたクソに言ってみた。

    「ウトさんはトメさんより価値ないですよね
     私はトメさんがいて嬉しいと思ったことはありますが、ウトさんがいてよかったと思ったことがありません」

    269 :鬼女日記 2017/09/11(月) 15:18:04 ID:5/n41x7C0.net
    23才の時に33才の人を好きになり、私からアタックし、付き合う事に。
    でも彼から「年齢差あるし、結婚は無理と思う」と言われてた。
    私も若かったからそれでいいと思ってた。
    ある日、彼、彼友達、私の3人で飲んでいると、友達が「結婚はいつ?」と聞いてきた。
    彼はふざけた様子で「ないない!結婚はもっと大人な女性がいい~」と。
    その友達が「彼女の前で失礼すぎ!」と怒った事もあり、彼は自分の言動を後悔したようだったが謝罪はなし。
    私は、無神経な事を言う彼を許すまいと思った。彼の前では気にしてないフリをしながら。

    743 :鬼女日記 2012/08/28(火) 15:35:21 ID:z63hk7MO0
    あまり復讐っぽくないですが、こういう例もあるという事で。

    中途で入社して配属されたチームにAというモンスター上司がいた。
    最初の頃は大人しかったけど、徐々に本性を現すタイプだった。
    そのチームは私・A・Bの3人編成。Aはアラフィフのピザ喪女だった。
    年功序列な世界で育ったらしく、年配者は無条件で敬われるべきという考えを持ち、
    若い男性が嫌い、自分より優秀な人が嫌い、自分に意見する様な人が嫌い、
    でも、権力のある人には弱い、という典型的なクズだった。

    302 :鬼女日記 2008/03/29(土) 12:10:07 0
    ちょいグロ注意。お食事中&お昼カレーの方は特に注意。


    人の作った朝飯を「不味そう」と言って食わず、先ほどから腹が減った
    とトメが騒いでるので、「じゃあ何なら食べるのか?」とお伺いしたら
    「貴方が作ったんじゃないカレー」と言うので、娘用のポケモンカレー
    を温めた。

    ご飯をよそって、温めたカレーを持ってトメ部屋へ。
    トメの目の前で「ウ○コブリブリー!ブシュ!ビチャビチャ!」と言い
    華麗にカレーをかけてあげた。

    色々震えながら何か言ってたけど、ご所望の品への感謝の言葉だと思う
    ので、「遠慮せず食べてください。美味しいですよ。このウ○コ」と
    ニッコリ笑っておいた。あ、最後の一言間違ってるか。

    さて私と娘はこれからママ友達とお昼に出かけてきます。

    512 :鬼女日記 2016/02/28(日) 15:50:06 ID:UtC
    かれこれ3年ぐらい前の話かな。弟の結婚式で会って以来だった弟の奥さんから相談を受けた
    相談の内容は簡単にまとめると弟によるモラハラと軽い暴力
    奥さんは弟と結婚した後に我々の実家の近くに引っ越してきた人。この辺に友人がいなくて頼れる人がいないから実家の近辺に住んでいた私に相談したらしい
    「お義母さんの受けてきた嫁イビりを(弟)から聞かされていました。この人なら痛みが分かるから大丈夫だろうと思ってたんですが…」
    みたいなこと言われた

    242 :鬼女日記 2016/08/04(木) 22:13:55 ID:gIs
    俺は高校時代に秋田犬を飼っていた
    名前はヤタロウといった
    少々ヤンチャでよく吠えるが、その分人懐っこくて夜寝る時なんかは
    家にいるとたまに俺の布団に潜りこもうとするかわいいヤツだった

    当時の俺はイタズラ好きで、散歩中にワザと軽くヤタロウを人にけしかける事があった
    ヤタロウの方も犬嫌いな人間がわかる様で、噛むか噛まないかギリギリのところまでリードを伸ばし
    キャンキャン吠えさせると、相手によっては怯えたりワザと気にしてないように強がったり
    大の男が本気でビビって悲鳴を上げたり、といった反応が面白くてやっていた

    そんなある日の事、夜散歩していた時、仕事帰りの大人しそうなサラリーマンが通りかかった
    俺が連れている犬を見て一瞬だがキョドったのを俺とヤタロウは見逃さなかった
    少しリードを緩めてヤタロウをサラリーマンの方にけしかけた
    ヤタロウは犬嫌いな人間が嫌いなので当然吠えまくる
    ただでさえビビりかけていたサラリーマンは「ひゃっ!」と悲鳴を上げてビビリまくっていた

    そこで俺が「すみませ~ん、ウチの犬が…」と半笑いで謝って終わる話、だったのだが
    突然サラリーマンがヤタロウの脇腹を蹴り上げた
    短い悲鳴を上げて吹き飛ばされ、そのままピクピクと痙攣するヤタロウ

    「ヤタロウ!しっかりしろー!!」
    サラリーマンを思わず全力で蹴り飛ばした後、すぐさま俺はヤタロウにかけよって抱きかかえた
    痙攣しながらひゅーひゅーと苦しそうに息と血を吐くヤタロウは明らかに尋常じゃない様子だった

    すぐさま家に戻って家族と一緒に病院に向かった
    その時俺の頭にはサラリーマンの事がすっかり頭から飛んでいた…

    575 :鬼女日記 2016/03/11(金) 17:28:56 ID:NJy
    ここでいいかな。個人的には悪ノリした仕返しだと思ってる。長いから分けます。
    苦手な人はスルーしてね。

    (1/2)
    昔幼馴染に仲間外れにされる、物盗まれる、虫のそばに放置される、ボール顔面に投げてくる等の今となっては子どもっぽいいじめのようなことをされていた。
    縁切れば良かったんだけど家族ぐるみで付き合いあったし家も目の前だし、親たちの見えるとこではなにもしてこなかったのもあり、ずっと耐えていた。
    まぁ学校に行けば他にも友達いるし部活もやってたしね。
    そんな彼女も中学あがる頃には引っ越していき、平和になり、月日は流れて大学生。

    いろいろあって出会った人(以下Sさん)がめちゃめちゃ羽振りが良かった。
    理由を聞くと付き合っている体で風嬢に貢がせているらしかった。
    御察しの通り幼馴染。世界は狭いですね。
    なんか全然気にしてなかった昔のことがフツフツ来て、面白くなったのでSさんに便乗した。

    まずSNSで偶然を装いフォロー。近況をヲチ。一方で個人ブログと風嬢の日記見つけたのでブクマ。個人ブログにはSさんとの出会いとかケンカとか出張寂しい><とかあった。まぁその出張の日私とお前稼いだ金で遊んでたけどな。
    出張のお土産って渡したのは百貨店の物産展で買ったやつだから。
    で、ご飯の約束もしたので会うことに。
    私ももう昔の私ではないので何かあっても大丈夫だろうと軽い気持ちで会った。

    このページのトップヘ