伯父

    322 :鬼女日記 2017/01/09(月) 09:43:02 ID:???
    成人式が終わって親と家でのんびりお寿司食べてたら伯父がやってきて一気に気分悪くなった
    二度と来るなって二回ぐらい言われてるのに
    昔のこと忘れてるのかよっぽど恥知らずなのか、ヨダレが出てきそうな気持ち悪い笑顔だった
    40代独身。大学生でもないのに何故か未だに祖父から仕送り貰って生活してるクソ伯父
    父曰く「昔からクズだった」

    私が中学生になった辺りからこの伯父のセクハラが始まった。
    年に数回しか会わないから我慢してたけど、高二の夏休みの時に一気に吐き気が押し寄せてきて泣きながら親に相談した
    怒った父親に追い出されそうになって「セクハラじゃないよ。ただの世間話だよ。ねぇ○○ちゃん?」って問い掛けてきて、私が泣きながら否定すると「ちょっとは身の程を弁えろ!」って言い残して去っていった
    いやいや、親に隠れてやってたんだから悪いことだって自覚はあるでしょうよ
    高校卒業してから一度だけ会ったけど「もうJKじゃなくなっちゃったんだね」とか言って再び父親に叩き出された

    このクソ伯父がやってきて、もう父も母も臨戦態勢
    私も正直吐き気がした。
    でも祝いの言葉の一つでも寄越しにきたんだろうと思って、さっさと帰ってもらおうと思って、とりあえず当たり障りなく愛想よく対応したら
    「もう20かー。じゃあもう子供産めるね」
    だってさ

    なんというか怒りとか恐怖さえ感じられなかった
    自分の脳味噌の要領を越えるような出来事に直面すると情報の処理が追い付かなくて咄嗟に対応できないっていうやつ
    え?って言うのが精一杯だった
    しばらくポカーンってなって、気が付いた時には伯父は父親とフライパンを持った母に玄関に追い詰められていた
    なにか言うべきだったんだろうけど、私には立って眺めてることしかできなかった
    部屋着だったからドアを開けると風が冷たかった
    「20になったんだから大人になれ」
    「自動的に大人になれるんじゃないぞ」
    こう言い残して伯父は去っていった

    今朝に至るまで父と母の口から伯父の話題は出てこない
    私も伯父のことなんか話したくない
    なんであんな気持ち悪い人がこの世にいるんだろう

    5 :鬼女日記 2015/10/02(金) 15:16:46 ID:eFQ
    >>1さん乙でした。

    早速だけど、昨日、一ヵ月半前に無くなった父方祖父の遺産について
    放棄して欲しいと、突然、伯父の嫁に言われた。

    祖父の子は長男の伯父と次男の父、その下に長女の叔母が三人。
    父はもう鬼籍に入っているので、相続権はその子である私と弟に移っている。
    遺産の額に関しては詳しく判らないけど、
    あっても多分、多少の預金とド田舎の家土地くらいなので大した事は無い、と思う。

    一応、祖父の面倒を見ていたのは伯父であるし、遺産分配に関して主導的に
    進めてくれるだろうと便りを待っていたら、
    何の話も無く一ヶ月以上が経過してしまった。

    私が来月から仕事で海外へ数年行かねばならない為に、(葬儀の時にそれは伝えてある)
    とりあえず今後どうするか相談する場を持って欲しいとの電話をした所、開口一番この言葉。

    色々アレな人だと知ってはいたけど
    (ウチの母が専業主婦だった3年間、毎日の様に昼食をウチに食べにきてた。
    もちろん代金やお礼は一切無し。他にも、数々のセコケチエピを持つ)
    放棄するかしないかはこっちが決める事だし、
    伯父の妻であるこの方にはそもそも相続権も無いので、
    まさかここまでハッキリ言ってくると思ってなかった。

    別に何が何でも法定通り遺産配分して欲しいなどとこっちも思ってなかったけど、
    何がどれくらいあって、この部分に関して譲って欲しい、という話も一切無く、
    ただただ「こっちが送る書類にハンコ捺して終わりでいいから」
    という言い分にひたすら腹が立った。
    「放棄するにしても、どういったものに関して放棄するのか分からないまま了承はできません」
    と返したら
    「じゃあアンタはどうしたいの?お金なら無いからあげないよ!」というケンカごしの返事…
    もう頭の中、お金の事で一杯になってるんだろな。
    このあたりで、腹立たしさが呆れに変わって、もう関わりたくないという気持ちが湧き上がってきた。
    弟の手前、変に揉めてそちらに影響あると申し訳無いので、
    「貴方でなくて伯父と話がしたいので、ご在宅の時間を教えてください」
    と返答するに留まっているけど。

    相手の思う壺には成ってると思うけど、
    元々祖父や父方の親戚は大嫌いだったので、
    今後のお付き合いも含めて放棄するっていう意味で、もういいかなって思い始めてる。

    そっちの方面の気持ちの整理はついたけど、
    あの非常識なクソBBAに
    「可愛いムチュコタン(40代引き篭もり無職)のお世話も大変でしょうからお譲りしますね^^」
    って言ってやりたい衝動を抑えるのに必タヒな今。

    612 :鬼女日記 2013/10/27(日) 18:15:45 0
    ◆現在の状況 義実家本家から絶縁・借金の返済を要求されている
    ◆最終的にどうしたいか、どうなりたいか 何とか許してほしい
    ◆相談者の家族構成・年齢・職業、必要なら収入・借金額も 夫・30歳年収280万営業職、私・30歳年収100万パート、年長と年少の娘二人、借金は後述
    ◆義実家の家族構成・年齢・職業、必要なら収入・借金額も 大ウトメとウト兄夫婦、敷地内にウトメが別居、コトメは一人暮らしで仕事してます
    ◆実親・義両親と同居かどうか 双方とも近距離別居
    ◆悩みの原因・背景(長くなっても書ける限り全て書いて下さい)

    夫がウト兄=伯父夫婦の娘さん。つまり夫の従妹に暴言を吐いた為、大ウトメと伯父夫婦が激怒、一昨年マイホームを建てる時に貸してくれた1000万強を
    普通の返済にしろと言われました。現在は月6万の返済で、ほぼ無利子(金利1~2%くらいです)で借りてます。
    大ウトメから借用書を書いて借りたお金ですが、借用証明書は作成し、その計画通りに返済しています。

    夫も暴言を深く反省し、謝罪したいと言っていますが、伯父夫婦が「金輪際うちの敷居をまたぐな」と言い、絶縁されかかっています。
    また、大ウトメはウトメに「その家(ウトメ家)をリフォームするから出て行け」とまで言われています。
    ウトメも大ウトメや伯父に謝罪してくれているのですが、顔も見たくない声も聞きたくないと…

    銀行にも借り換えを相談しましたが、伯父が保証人になってくれそうもない状態で、もうすぐ定年のウトが保証人では
    ローン審査が厳しいと言われました。
    土下座でも何でもするから許してほしいのです。夫も本当に反省しています。冗談のつもりだったと言うので、私も
    冗談で済むようなことじゃないと叱りました。

    485 :名無しさん@おーぷん
    寿司を手で食べるか箸で食べるかの話を見て過去の嫌な思い出がよみがえった。

    私は東京の下町出身。父は地元で母は東北出身。
    近所の幼馴染の家が寿司屋で、私が子供の頃は近所に回転寿司も配達寿司もなく、
    寿司を食べようと思ったらそこのお店一択。
    カウンターの江戸前寿司の店で手で食べていた。
    箸は出されるけど小鉢に使うだけで、親も周りの大人もそれで食べていたのでそれが普通だと思っていた。

    小学生の頃、1人で遠くに出掛けたい願望に駆られて親に頼んだところ、
    母方の伯父夫婦が大阪にいるので話をつけてもらって1泊で出掛けることになった。
    新幹線のホームまで送迎してもらって、少し観光したあとに行きつけの寿司屋に連れて行ってもらった。
    当然のように手で食べる私を見てカウンター越しの板前に「お嬢ちゃん、箸使わんの?」と言われ、
    「東京の子だから」という伯父の説明に「はー、さすが東京の人だねぇ」と大袈裟に驚かれた。
    そのあともことあるごとに「江戸っ子は違うなぁ」「東京の人は子供まで粋だねぇ」と言われ続け、
    子供心に居た堪れなくなって箸で食べようとしたら「無理に箸使わなくてもいいんだよ江戸っ子は」と笑われた。
    再現難しいので標準語で書いたけど実際はコテコテの関西弁。
    子供心に、こんなの悪意以外にどう受け止めろというんだ?とすっかり食欲もなくなり、食事は断ってお茶だけ飲んでた。
    伯父は笑っているだけで私そっちのけで板前とおしゃべり。
    伯父の家に着いたところで落ち込んでいるところを伯母に悟られて問われたけど、
    寿司屋のおっちゃんムカついたとも言えずにいると、伯父が寿司屋での一件を伯母に話した。
    そして「そうやってイジるのが大阪だからw東京の人は心が狭いw」と笑われて
    伯父にも伯母にも嫌悪感しか抱けなくなった(伯母は関西人)。

    それがきっかけで大学進学して各地方の人たちと接するようになるまでは大阪出身と聞くだけで毛嫌いしていた。
    さすがに今では「一言に大阪出身と言ってもいろんな人がいる」とわかってはいるけど、
    元々そんなに好きじゃなかったこともあり、寿司はいまだに食べようと思わない。

    このページのトップヘ