修羅場

    571 :名無しさん@HOME 2014/03/28(金) 05:26:18.93 0.net
    こんな時間だからこそ書き逃げ

    修羅場って言うか、俺としてはホントに不可解な出来事
    オカルトとも悩んだが、一応家庭のことだからこっちに書いてみる
    違ってたらスマン

    かなり現実味のない話だし、俺自身も何でそうなったのか分からない
    だからネタに見えるだろうけど、俺だってネタだって思いたいし、最初はドッキリか何かかと思ったくらい
    だからこそ、俺にとっては超ド級の修羅場だった

    数年前、気が付けば俺は結婚してた

    209 :名無しさん@おーぷん
    前の結婚がダメになった時期の話。
    大学の同期生だった人と結婚し、子供も欲しいねと言ってたのに、ある時期から夜断られるようになり、それを話し合おうとするたび怒られ喧嘩になった。
    険悪な関係は長くなり、彼は仕事を理由に家を開ける時間が長くなった。

    そんな家庭のことを相談する相手がいた。
    高校時代からの友人の女性で、大学も同じだったので夫のことも知ってて、よく電話をくれて、私の夫婦関係の悩みも親身に聞いてくれた。

    ある日も彼女が水を向けてくれて悩みをこぼしてる時、気になったことがあった。
    夫が最近購入したブランドの高い腕時計のことで、私はその買い物を知ったのが電話したその日で、まだ彼女にその話はしてなかった。
    彼女は知ってた。
    その買い物が一ヶ月前なのも知ってそうな口ぶりだった。
    私が電話口で無言になってることに彼女は気づいてないようだった。

    試しにその電話で、「実は夫は不倫してる。最近、携帯を覗き見したら見たことない若い女と撮った写真があった。はめ撮りって言うの?頭おかしい写真」
    と言ってみた。
    電話がすぐ切れた。

    リビングで映画観てた旦那には「高校時代の知人から電話があって聞いたんだけど、○○(上記の友人)は最近なんか悩みがあってストレスで精神科通ってるんだって。妄想が止まらなくて、会社でもつまらないトラブルで暴力沙汰起こしたとか」
    と言ってみた。

    それから「実家の親から調子悪いって電話があったから少し実家帰るわ」と貴重品まとめて実家帰った。

    夫がボコられるのを期待したのに、結果は夫が彼女をボコって隣人に警察呼ばれ、連行された。
    色々反省はあるけど、今の結婚は幸せだし子供も三人産めたし悔いはない。
    友人に色々家庭の悩みをぶちまけることももうしてない。

    104 :名無しさん@おーぷん
    私の修羅場ではないというか人間の修羅場でもない

    実家は田舎で庭もそれなりに広い。
    なのでよく野良猫が来る。
    別に通りがかるだけならいいのだが排泄物とか迷惑だしガレージに居座られてはたまらない。
    犬を飼っていたが猫にとって犬は繋がれてるから怖くもなんともなくむしろ届かない範囲を堂々と通り挑発行為までするほど。

    最近実家帰ったら野良猫見なくなりどうしたのかきいたら
    「タロ飼ってから来なくなった」とのこと
    タロは迷い犬で縁あってうちに来た新入り。
    犬種はおそらくセッター。
    猟犬なので運動量が半端ないため広い敷地をドッグランのように走らせる。
    そこに現れた猫は獲物として好都合。
    今まで馬鹿にしてた犬に追い掛け回された結果来なくなったらしい。

    逃げ切ってるし本気で狩りしたこともないので無事だとは思うが猫からしたら修羅場だっただろう。

    373 :名無しさん@おーぷん
    新米の時期になると思い出す修羅場

    以前勤めていた会社で昼休憩の時、いつものメンバーでご飯を食べながら話していて
    新米の話になり、私が「うちの近所はもう稲刈り終わってましたよー」と何気なく言ったら
    先輩の一人(Aさん)が急に立ち上がって机越しに私に掴み掛ろうとしてきた
    Aさんの様はもうまさに発狂としか言えなくて、唾飛ばしながらフジコフジコ状態
    ほかの先輩や同僚がAさんを抑えようとしているのを呆然と見ていた
    結局Aさんはその日以降一度も会社に出てくることはなく、噂で入院することになったとは聞いた
    誰も私を責めたりしなかったし、むしろ同情的な言葉をかけられたけど
    私の一言がAさんを発狂させたきっかけになったんじゃないか、あの時あんなこと言わなければ…
    という考えが常に頭を占めていて、辛くなったので結局私も会社を辞めた

    あれから何年も経つけど、いまだにこの時期になると夢に見る修羅場

    199 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/10(月) 04:28:06.84 ID:5+yS94OF.net
    飛び降りであぼんした父親の不倫相手にその事実を知らせた時が修羅場だった。

    昔から不倫してた父。
    というか本気だったのかな?
    母に、子ども達連れて出てけ、今すぐじゃないけど。とか言っちゃう頭おかしい人。
    でも子ども3人も抱えて生活させていけるだけの経済力の無かった母は離婚せず、父も離婚を強行することなく、なんやかんや10数年家族やってた。

    で、ある時父がタヒんだ。
    飛び降りだった。
    その何年か前に不倫相手と別れてたみたいで、それと同時期に父の母(自分にとっては祖母)が亡くなった。
    それが父の心の支えをもぎとったらしく、会社での振るまいが問題視されて事実上のクビ勧告されたのがとどめになったみたい。
    いきなりだったから母はパニックだったし、弟たちなんかまだ中学生だった。
    自分は高校卒業する年だったんだけど父に対していい感情なんか持ってなかったし、ぶっちゃけタヒんでくれて清々してた。
    あーこれで家の中の重い空気がなくなるって。
    酷いやつでごめんね。

    父の葬儀とか四十九日とかその他もろもろが一段落ついた頃、パソコンのメール整理してると知らないアドレスから父のフォルダにメール。
    開けたら不倫相手からのメールだった。
    内容はまあ、お久しぶりです会いたいです的な感じ。
    なので自分が娘であることを最初に伝えて、父のタヒをご報告。
    最初は信じてくれなかったけど、事実ですとだけ返してた。
    そしたらどういう訳か自宅に電話がかかってきて、電話口で相手に泣き叫ばれたのがスレタイ。

    つーか不倫相手に家の電話番号教えるなよ。
    イライラしたけど、受話器からガンガンに漏れる程の金切り声で泣き叫ぶ相手への恐怖心というか、よくわかんない気持ち悪さの方が勝ってフリーズしてた。
    なんとか我に返ってうるせえよと怒鳴り返して、とにかく父はタヒんだから金輪際連絡を寄越さないように念を押して電話終了。
    即パソコンからメール消去してアドレスも変更。
    それから凸とかはない。
    ちなみにこれは母も知らないので墓場まで持ってく。

    長くなってすいませんでした。

    895 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 17:48:05.17 ID:UVDk2vtc.net
    私には持病があってあまり仕事ができなくて、
    家賃を滞納してしまってアパート追い出される寸前になってしまった。
    それを友人に相談したらポンと10万円借してくれた。
    友人は実家も裕福で仕事も人生も順調そのもの。
    会社作って社長してて、血統書付きの大型犬を複数飼ってて、
    犬のために庭付きの家を建ててるとか言ってた。
    仕事決まったら返すって約束したんだけど、
    持病で仕事は決まらないし、実家も貧乏でお金借りることができない。
    数ヶ月後、恥を忍んでまた友人に相談した。
    すると、貸してもいいが、前に貸した10万円を返すのが先だと言われた。
    必タヒで知人や親戚を頼って何とか10万円を用意して友人に振り込んだ。
    すると「振込確認しました。もう二度と連絡しないでください」というメールが来て、
    メールも電話も着信拒否されて連絡がとれなくなった…
    ここで初めて騙されたことに気付いた。お金貸す気なんて始めからなかったんだ。
    目の前が真っ暗になった。
    私も悪いけど、絶対返すつもりだったし、友情を信じてお金振り込んだのにこの仕打ちひどすぎる。
    遠距離だから直接行くことも出来ないし、手紙出してもなしのつぶて。
    結局アパートは追い出されたし、修羅場だった。

    968 :名無しさん@おーぷん
    色々とつもり重なった結果、マジキチ引きこもりニート化したという修羅場。

    (祖父母=私から見て祖父母の立場。母が成人のときに離婚するも祖父母間で交流あり)

    毒祖母から逃げるために母デキ婚。
    うまくいかず父が浮気して離婚、親権は母(子供嫌い)に。
    私を連れて毒祖母の居る実家に帰る。

    家に住まわせる代金として、夜は毒祖母のスナックで無給で働き、昼は事務員、給料は全額祖母に搾取される生活。

    そんな生活に疲れた母、乳児の私を毒祖母実家に置いて、行き先を告げずにスナックで知り合った無職の恋人の実家(数県離れた地)へ家出。

    祖母、興信所を使って母の居場所を割り出し、私を母のいる無職恋人実家に置いて帰る。
    数ヶ月暮らし、母が無職恋人に嫌気がさしたので、無職恋人実家から離脱。
    (祖母は私と母が気になってたまに様子見に行ってた)

    実家に戻るも、またも上記と同じ搾取生活に疲れ、私が小学生に上がる頃に新しい男と結婚。
    反対されたので今度は私も連れて駆け落ち状態で家出。

    その男が×1子持ち酒乱DV男。
    DV男息子も憂さ晴らしに私に暴力、DV男のママも私を遊びと称してつねったり、私だけシカトしたりなどイビル。

    DV男からは低学年の頃は暴力、体が育つと暴力に合わせて軽度の性的虐待 (体を触られたり、向かい合って膝に座らされてディープキスされたり。正直暴力よりも、こっちの方が精神にきた)

    数年間そうやって暮らしていたが、口論が激化してDV父が私の前で母を杀殳そうとして、母が入院&警察沙汰になり祖母実家に離脱、離婚。

    流石に男に懲りた母はその情熱を仕事に向けた結果、営業職で大成功。
    高収入になり、祖母に高額の生活費を渡す事で母は容認される。

    母を諦めた毒祖母の執着(祖母の離婚+母がキチガイ化した根本原因)が私に向く。

    ちょうど中学生になり、自我が出始めた頃に祖母と母から人格否定や、私物を捨てられる、言うこと聞かない(朝ちゃんと起きないなど)と蹴られたりする生活。

    (中学生〜高校生まで続きメンタルの病みが悪化したので修羅場、何度か真剣に精神科にかかりたいとお願いするも「甘えるな」と断られた)

    結果、高校卒業後はマジキチ半引きこもりニート化。体重115キロの巨漢に。

    深夜に奇声をあげたり、暗いところにお化けが見えたり、幻覚の人間と会話したりして過ごす。

    きちんと人並みに過ごしたい、ツラい、なぜまともに出来ない、まともにな

    952 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 07:09:00.33 ID:96OWALD00.net
    20歳くらいの頃にガチストーカーだった。
    片思いしていた一人暮らし男性の家の合い鍵を作って数ヶ月勝手に住み着いた。
    友人期間が5年くらいあって絶対両思いだと思って告ったら断られて逆上してのこと。
    表札の裏に鍵を隠してるのを知ってたので勝手に合い鍵を作り、就職したばかりの研修で家を空けてる隙に入り込んだ。
    家では彼の服や布団にくるまってゴロゴロしたりテレビ見たりして普通に過ごしてた
    研修から帰ってきた彼の凍りついた顔が忘れられない。
    話せばわかると思ってくれたらしく警察こそ呼ばれなかったけど毎日彼の友人や兄弟姉妹が入れ替わり立ち替わり来て、出て行くよう説得されたけど、三角座りで黙り込んですすり泣いてやり過ごした。
    そこから1ヶ月くらいは無言の同居というか座敷わらしのように居続けてたんだけど、
    ある日説得にきた親に連れられて彼の姪っ子かなんかのJCが来たとき泣いて私に同情してくれて「私ちゃんの気持ちわかるよ!悲しいよね!諦められないよね!」って一緒に泣いてくれた
    しばらくその子と抱き合って泣き、流石にこんな幼い子に心配されて恥ずかしくなったのもあですり目が覚めて自分の家に帰った。
    ものすごくすっきりして憑き物が落ちたように彼のことは諦めて今は他の人と結婚し子持ちになった
    普段はドライで感情もあまり出さない冷たいタイプなので一旦振り切れた自分に収集が付かなかったわ。

    24 :名無しさん@おーぷん
    あまり面白くはないけど吐き出させて。
    十数年前、本屋で立ち読み中、手鏡での覗きにあった。
    警察で調書とってもらった際のやりとり
    警察「えー、『漫画雑誌を立ち読みしていたら、ふくらはぎに違和感を感じ…』
        雑誌のタイトルは?」
    私「『ほんとにあった怖い話』です」
    警察「はい。『本当にあった…プッww」
    と、リアルで吹かれた心情がプチ修羅場。
    内心、「この前に、「BE・LOVE」って、フツーの漫画読んでたんだから、
    その時覗けよ!」と、妙な逆ギレしたが、ほん怖読みながら、「次はBL雑誌読もう♪」と
    思っていたので、一歩間違えば、調書にBL雑誌のタイトル書かれることに気付いた瞬間がMAX修羅場。

    先日、警察特番系の番組で、BLコミックを万引きした女性が出て、ボーイズラブを
    解説してるシーン見て思い出した。

    704 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 13:36:23.34 ID:KhHSHBgr.net
    小学5年の夏休みにキャンプがあった。二泊三日だったと思う。
    1日目の早朝、まだみんな寝ているのに私だけ起こされ、
    分かる範囲でいいから荷物をまとめなさいと言われた。
    荷物をまとめると、車に乗せられそのまま出発した。
    理由を聞いても何も話してくれない先生達。
    何か悪いことしたんだろうかと脳内パニック。
    そのまま車を走らせ、着いた先は地元警察署。
    婦警さんに「お家が火事になって、あなたのご家族と連絡がとれない。誰か親戚の大人の人と連絡がとれないかな」みたいなこと言われたと思う。
    母方の祖父母と、叔父さん夫婦が来てくれた所までは覚えてる。
    極度の緊張と貧血で倒れてて、気が付くと病院で側には叔母さんが付き添っててくれた。
    家が火事でみんな焼けタヒんだんだ、これからどうなるんだろ。
    と不安になっていたら

    「お母さん達ね、○○の温泉に居て今こっちに帰って来てるから」

    緊張の糸が切れたのか、それから2日間眠りっぱなしだったらしい。

    253 :名無しさん@おーぷん
    今までいろんなことはあったのですが、最大の修羅場だと思ったので投下させてください。
    病気に関する修羅場です。

    1/2

    当時社会人として働いていたが仕事が激務で体調を崩しそのまま仕事をやめた、まではよくある話
    だと思う。だけどそれからどんどん運が悪くなったみたいに家族中に問題が出始めた。
    仕事をやめてからずーっと病院通いが続いていた私。
    親は体が弱いというわけではないが、家柄的に遺伝なのかなりやすい病気があった。
    なので検査とかでよく病院にいっていた。

    ところがその検査で片親が引っかかった。
    検査の結果癌だということ、ただ本当に初期だったので手術すれば問題ないだろうと。
    ただ本人たちにとっても家族にとってもショックな出来事だった。
    手術が怖いといってなかなか手術を決められなかった両親。

    再発もありえるし手術しないor手術しなきゃ治すものも治らないともめたこと。
    癌で亡くなった有名人がかなりいた時期だったので、癌の話題とかが流れるたびに
    なんともいえない空気がすごかった。

    そんな中でただひたすらに病気のことで忙しい親に代わって家事をやってたこと
    子供として親には病気を手術して欲しいと必タヒに説得してた日々が修羅場。
    やっと親が手術を決めて落ち着いたところに第2の修羅場。
    続きます。

    189 :名無しさん@おーぷん
    俺がし掛けた嫁の修羅場。
    流行遅れのちょい悪親父もどきが暴走したので利用して、嫁と別居した。
    結婚して2年目だったのだが、嫁の上から目線と自覚したメシマズよる家事放棄にも辟易し始めて
    惚れた見た目の良さよりも欠点が目に付くようになっていた。

    この親父は、嫁の同僚で嫁の年上なのに部下というと
    その仕事ぶりと人物も察しが出来るもの。
    思い込みと見栄で生きているような30半ばの独身。
    嫁はこの親父を使い走りにくらいしか思っていなかったが
    お互い頼まれるとノリでやってしまうような関係。

    嫁が出かけている時に、揉めているメールを何気なく見た嫁のノートパソコンで見つけた。
    親父がアップした写真のモザイクが薄すぎて元嫁と断定できるのでダメだししてた。
    この親父が何を思ったか、ちょい悪親父を気取り始めて空想ブログも開設。
    そのブログで、架空の愛人と甘い生活を綴り始める。
    嫁と居酒屋で飲んでいるのツーショットやラウンジで昼食している所を
    モザイク入りの写真をちょい悪生活の証拠としてブログに載せはじめた。
    嫁もノリで合せてみたいで、俺が見つけた時にはラブホから出てくるところの写真やら
    親父の頬にキスしているところなどエスカレートしていった様だった。
    親父「ラブホの部屋の中でツーショット写真を撮りたい」
    嫁「旦那と離婚したくないからタヒんでもいやだ、そんな事言うのなら二度と協力しない。」
    親父のブログを見たら、架空の女との行為の詳細記事と元嫁の写真を載せていた。
    嫁は家ではつけないような真っ赤なルージュやマニキュアを付けて、胸まで開いた服を着て
    薄いモザイクで載っていた。
    過去のメールで、親父から生写真とそのモザイク写真の添付メールがあったので全てコピーした。

    651 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 10:41:49.38 ID:ZfkD8Ukf.net
    弟が中2の時、イジメグループにいて女の子を虐めてしまい
    学校から呼び出しがあり、父が当時は海外で仕事だった為に母が一人で行った。
    その女の子は転入生で、弟はリーダー格男子に言われて
    髪の毛を引っ張る、給食を棄てるなどしていた。
    ある日リーダー格男子が、女の子のスカートを強く引っ張った為に脱げてしまい
    女の子の両親からも抗議され母はその両親に謝り、泣きながら帰宅し
    同居の祖父(温厚)に相談していた。祖父は徐に立ち上がり金ヅチを持ち出すと(元大工)
    自室に籠る弟部屋のドアを破壊して弟を引き摺りだし
    先生や両親から聞いた話を弟に確認し、弟が
    認めると、
    「おまえ、楽しかったか?」と聞いた。弟が
    「○○(リーダー格)がやれって言ったんだ、、ふざけただけだし」と言い
    「たから楽しかったかどうか聞いてるんだ」
    「……別に。オレ見てた時のが多いし」と弟が言うと祖父は「だから何だ」と聞いた。
    「ほとんど見てただけだよ!オレはやってない!」と言い訳した瞬間、祖父激昂
    「どっちの手でお嬢さんの髪引っ張ったか言え!」
    「え……右」
    すると祖父は弟の右手を掴み、「その右手じいちゃんが潰しちゃる!この腐れ外道が!」
    母が慌てて割って入り、私が「じいちゃん止めて!
    止めんと警察呼ぶけん」と叫ぶと祖父は
    「ああ電話せい!ワシは懲役でもなんでも行っちゃるけえ!」
    と怒鳴り、弟号泣「オレが悪いんじゃ、やらんとオレが虐められる思うて!」と
    腰を抜かしつつ、ごめんなさい!ごめんなさい!と繰り返した。
    祖父は真顔になり「ここで謝ったって遅いんじゃ」と金ヅチを下ろし
    離れ(祖父の部屋がある)に戻って行った。
    結局、父が急いで帰国し、両親と弟で女の子の家に謝罪に行った。
    父もすごく怒ったんだけど、祖父の怒りがすごくてあまり覚えていない。

    452 :名無しさん@おーぷん
    従兄弟に車盗まれて事故タヒされた
    しかも不倫相手を乗せて温泉街に不倫旅行中に
    雪が積もってる道で不慣れなのにノーマルタイヤで走って川に突入
    病院に運ばれたけどそのままタヒ亡

    車は俺のじゃなくて海外出張中の友人から預かったもの
    月一でエンジンだけかけて基本、敷地から出すことなく1年以上たってるもの
    エンジン掛けて車庫から出して、ほこり飛ばして軽く洗ってバックで車庫に戻すだけだからちゃんと走るかどうかも怪しい状態だった

    盗まれたんじゃなくて貸したんじゃないのかって責められて
    不倫のこと知ってたんじゃないのかって責められて
    ちゃんと整備してないから事故ったんじゃないのかって責められて
    盗まれないようにきちんと管理してないのが悪いと責められて

    ちょっと洒落にならん状態で精神的にどうにかなりそうだったのに
    叔父が我が家まで突撃してきて暴れまわって器物破損と恐喝、脅迫をしてくれたので
    防犯カメラの映像のおかげで無事に乗り切れました

    なんだかんだであちこちから慰謝料その他入手できたので家を売って引っ越しできました
    文句さえ言って来なければこちらからは請求する気はまったくなかったのに
    関係者一同、皆揃ってうちにいちゃもん付けて請求してきたので
    逆に搾り取れた

    すっごい不便な土地だっただけに結果オーライになったが
    正直、途中はもうタヒぬことばっかり考えてた
    叔父が突撃して来なかったら俺の方がタヒんでたかもしれん叔父、ナイス自爆だ

    283 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/07(日) 21:24:32.70 ID:er+al+WP.net
    モールで働いていた時のこと。休日に職場近くのドトールでお茶をしながらのんびり読書をしていた。すると友人からメールが。モールで買い物中に変な男が「待ってたよ。お嫁さん」と言って、道を塞いで来たらしい
    慌てて女子トイレに逃げ込み、混乱の中、思い出したのはそこが私の職場だったこと
    メールすればうまく行けば助かるかも、と必タヒにメールをしてきたようだ
    その内容に急いで職場の事務所に連絡し、私も心配なので職場に行った。
    すると目がイッチャているとはあんな感じなんだろうな、という男性が警備員に腕を捕まれて連れていかれるところに出くわした
    「お嫁さんが待ってる。お嫁さんがいるんだ」
    と叫ぶのを「はいはい。こちらへどうぞ」と言うのを見てもしや、と思い、友人が籠っているとメールして来たトイレの入り口で
    「来たよ。いるならノックして」
    とメールした
    すると並んでいる個室の1つからノックの音が
    その前に立ち、他のお客のことも考えて
    「気持ち悪いの治った?」
    と尋ねた
    すると怯えた様子で顔だけ扉から出す友人
    「連絡したから。もう誰もいないよ」
    そう言った瞬間、友人は座り込んでしまった
    「床は汚いから」と支えながら近くの多目的ルームに入り、とりあえず友人が落ち着くまで傍にいた
    「仕事中にごめんね」
    とあやまる彼女に
    「休みだったから。仕事してたらメール気づかなかったよ。よかった。休みで」それにうなずく友人は安心したのか涙があふれて止まらなかった。
    黙って見守っていたら事務所から「男は警察に持っていってもらった」とメールがあった
    了解のメールを送り、しかし男のことは話題に出さず落ち着くまで黙って傍にいた

    友人の恐怖を考えるとどれくらいか
    女子トイレに入ってくるほどの変なやつじゃなくてよかったのか

    267 :名無しさん@おーぷん
    弁償問題で思い出した。
    高校生時代3年のときの修羅場。

    当時学校が終わって自転車で帰ったとき、
    駐車場から出てきた車2台が歩道のところで道路に出るために待っていた。
    私は早く帰りたくて2台の間をすばやく突っ切ることにした。
    今思えばその2台が道路に出るのを待ていればよかったんだけど
    当時見たい番組があったから一分一秒でも早く家に帰りたかった。
    そうしたら運の悪い事に車の流れが途切れて□の車が道路へ。
    そうすると反対側しか見ていなかった■が私の自転車に気付かずに突っ込んできた。

     | 道 |  歩 |駐
     |   |    |
     | 路 |  道 |車
     |   |    |
     |   |□ ■ |場
     |   |    |
     |   |    |
     |   | ↑私 |

    私は自転車とともに■の車に引きずられた。

    978 :名無しさん@おーぷん
    娘が私の誕生日に手作りの人形をくれた。フェルトやボタンや糸を使った猫の人形。
    私が誕生日当日の仕事帰りまで秘密にしていたかったらしく、影でコソコソ作っていたみたい。
    材料費からラッピングに至るまで自分の小遣いで集めていた。
    娘の計画では、ラッピング済みのプレゼントを玄関に置いて私がそれを見つけて、サプライズ大成功!としたかったらしい。
    しかし旦那が私が帰宅する前にゴミ箱に捨ててしまった・・・
    わざわざラッピングを開封して捨ててしまい、しかもその後に醤油ボトルを捨てたから人形には黒いシミが・・・
    (旦那はなぜか燃えないゴミの方に捨てていた)
    娘が怒り狂って旦那に抗議している最中で私が帰宅。
    旦那は最初こそは謝っていたが、でも〜おまえだって〜と言い訳を続けたので私も怒った。娘にはプレゼントを用意してくれた事に対して感謝し、ケアをしながらシミがついた人形をゴミ箱から取り出してできる限りでシミ取りと臭い取りをした。
    旦那はゴミにしか見えなかった、娘が学校から持ち帰ったゴミを玄関に放置していたかと思ったと言っていた。
    小3の娘が作る人形やラッピングのやり方は確かに拙いし見ようによってはゴミに見えてしまったのかもしれない。
    でも娘が言うには、このサプライズの件は旦那は把握していた(材料やラッピングの買い物に同行、作っている過程、ラッピングの過程を見ていた )。

    853 :名無しさん@おーぷん
    嫁は「冷房=害悪」という思考の持ち主で、とにかくエアコンをつけたがらない。
    マンションの部屋が南西向きで、今の季節は部屋が地獄のように
    暑くなるんだけど、それでも「電気代がかかるから」と言って、
    冷房をつけようもんなら烈火のごとくキレる。
    別段生活がカツカツってわけでもないんだけど、
    とにかく冷房にかかる電気代を嫌がる。

    嫁が暑さに我慢できなくなった場合のみエアコンをつけて、
    10分ほど経ったら消す。その繰り返し。
    「頻繁に電源を入り切りするほうが電気代がかかる」と言ってもきかない。
    一台しかない扇風機は嫁が占有。
    もう一台買おうと言っても一台で十分だと却下。

    仕方がないので残業を増やしたり、夜ジョギングにかこつけて近所のコンビニや
    ブックオフで立ち読みしたりして、不快指数が高い家にいる時間を少しでも減らすようにした。

    で、ある日の週末。湿度も気温もやたら高い日だったけど、
    嫁が「仕事が休みなら掃除でもして」と言うので、部屋に掃除機をかけることに。
    冷房をつけられないのでテーブルどかして掃除機を持ってきた時点で汗だく。

    終わったら風呂入って、涼しいブックオフでも行くかーとか考えながら掃除機かけてたら
    急に貧血みたいな感じでめまいがして、目の前が真っ暗になった。

    立ってるのが辛くなってきたので部屋の隅に座り込んだら、
    今度はだんだんと意識がもうろうとしてきた。

    夢うつつに嫁が「ちょっとどうしたの!!」とヒステリックに叫んでるのが聞こえた。

    続きます

    721 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 01:23:17.54 ID:GUa4NLeo.net
    2DKのアパートに妹と暮らしてた時。
    引っ越して数週間の、夜に帰宅したとある日。妹はまだ帰宅してなかった。
    玄関入って左手にトイレや洗面があって、真正面に風呂の扉と電気のスイッチがあった。
    雨の日で靴下がびしょびしょで帰宅して玄関で靴下を脱いで絞って丸めて風呂の方に投げたらたまたま風呂のスイッチに当たって風呂の電気がついたんだ。
    スイッチが最近主流の大きめなタイプだったんだよね。
    そうしたら風呂の中から真っネ果の男が出てきた。
    咄嗟の時って声って出ない。
    え?は?みたいな感じで私停止。
    でも、男もスイッチのそばに私がいるはずと思っていたのか、玄関にいる私を見て停止。
    男がこっちに踏み出した瞬間玄関開けて外に逃げた。
    3階だったから階段をダッシュで駆け下りるときに後ろから真っネ果の男が追いかけて来る恐怖は今でも忘れられない。
    未だに後ろに気配があるとゾワゾワして電車とかに乗れない。

    799 :名無しさん@おーぷん
    10年位前の話。
    妹が家に来た時が最大の修羅場。

    人間関係がややこしいんですが、自分の母は実父と離婚、のち再婚。
    継父、母、自分で当時生活していました。

    で実父の方も再婚していたらしく、離婚後も面会していたある日に幼稚園くらいの女の子と一緒に来て妹だと紹介されました。
    つまり異母妹ということなんですが、「いきなり紹介されても……」と思った(再婚していたことすら知らなかった)し、
    異母妹もよく分からない感じだったし微妙な雰囲気のまま。
    で、しばらくしたら「ちょっと面倒見ていてくれ」といって席を立つ実父。
    その時は飲み物かタバコでも買い行ったのかと思ったんですが、いつまで待っても戻らず。
    いい加減に自分も家に帰らないといけないのにと思いつつ待ち続けても戻らず。

    妹が泣き始めて自分も軽くパニックになって家へ電話。
    休日だったので継父に迎えに来てもらい、経緯をパニクりながら説明して継父が警察へ連絡。
    もしかしたら事故にあったかもとその時は考えたらしいですが。
    そのうちKの人が来て周囲を捜索するも実父らしき人はいないし、交通事故等の報告もない。
    母から連絡用の番号を聞いてかけてみるも出ず。

    妹は帰り方もわからないし大泣きするし。
    継父がKの人と相談した結果、とりあえず家で預かることに。
    Kの方で受け入れ準備と調査をするからということでその日は解散。

    このページのトップヘ