965 :鬼女日記 2018/03/16(金) 18:54:39 0.net
    サイコパス兄をあぼんさせかけたこと。
    ちょっと痛い系かも。

    実家は所謂長男教に近いけど、ちょっと違う感じ。
    兄が優秀で、しかも八方美人で周りに媚びる媚びる。
    私は人見知りで兄にイジメられて育ったもので暗かった
    それが兄妹差別を加速させた感じ。
    完全無欠くらいの祭り上げ方された兄の唯一の発散が、なにも言えない私への暴言暴力嫌がらせだったんだろうし
    家族の誰一人それをとめなかったし、外にももらさなかった。
    兄は外ではめっちゃ優しくて妹思いwのお兄ちゃんだった。

    兄は8つ上で、母に似たゴリラ体型。しかも鍛えてる。
    私は父ににてチビガリで体弱い。
    そんなある日兄が私に、普段無視して悪いな、遊んでやるよとプロレス技かけてきた。
    私はまだ小学校中学年くらいだったけど相手はもう体できかけてる感じ。
    やめてよ、の一言も息苦しくてやめ、や、くらいにしか音が出なくて泣いたら
    遊んでやってるのにうぜーと離れてから蹴られたのでその足を掴んでみた。
    何回もげしげしやって、踏みつけるように蹴ってたから。
    そしたら、驚いたのか転んだんだけど、角度が最悪だった。

    受け身も無しに後頭部テーブルに思い切りぶつけて、良くあるドラマみたいに動かなくなったから
    お腹を思いっきり蹴り倒して罵倒した後に近所のおばちゃん呼んだ。

    一応命は取り留めて数ヶ月入院後助かったけど、その間母親は兄に縋り付くことに必タヒで私の存在なんて目に入ってなくて
    それがものすごく辛かった修羅場。
    そのままタヒんじゃえばよかったのに。

    226 :鬼女日記 2017/07/26(水) 13:55:36 0.net
    今から15年前に亡くなった実兄の年齢を越えた(兄とは14歳違いだった)
    義母にその話をしていたら側にいた義兄嫁が
    「じゃああなたも今年タヒねば?」
    と言ってきた
    冗談のつもりだったと言い訳したけど本当にムカつく
    お前がなって言ってやればよかったと後悔してる

    309 :鬼女日記 2018/03/16(金) 14:07:49 ID:hhN
    独身の兄(24)が既婚の婆(78)と不倫した。
    それが原因で婆夫婦は離婚騒動になったんだがその最中に婆夫がぽっくり。
    離婚成立前だったので婆夫の財産は婆へ。
    その金で兄にマンションや車をプレゼントして半同棲のラブラブ生活を送っていたが兄が実祖母のお茶友である別の婆(76)と浮気。
    ショックで持病が悪化した婆(78)入院→数ヶ月後にぽっくり。
    浮気だと知らなかった婆(76)罪悪感にかられ車道に飛び出す→数週間後にぽっくり。
    孫の度重なる不貞&友人を失ったショックで血圧が上がり、頭の血管が切れた実祖母→入院後5日目にぽっくり。
    もともと持病で入院生活をしていた実祖父→実祖母のタヒを知ると目に見えて弱っていき後を追うようにぽっくり。

    約1年の間に怒涛のぽっくり連鎖でしんどかった。
    兄は残念ながら生きてる。

    896 :鬼女日記 2017/09/12(火) 09:31:23 ID:nnCicPDD0.net
    嫁と離婚が決まった
    これでいよいよど真ん中と、といきたいけど俺には無理なんだよね
    ど真ん中は俺の兄の嫁におさまってるから
    ど真ん中の気がひきたくって、嫁と親しくしてあてつけしてたんだけど
    今思えば当時からど真ん中は兄しか眼中になかったんだろう
    俺は嫁に押し切られたのと、ど真ん中が兄と結婚する前に俺が結婚するって変な見栄があったんだよね
    でも結局嫁との結婚生活はジ・エンド
    ど真ん中と兄は実家を継いで、家業も二人でうまく切り盛りしてるし
    いずれ子供もできるんだろうな
    なんか憂鬱になってくる

    470 :鬼女日記 2017/09/01(金) 10:44:53 ID:O12tVRx4.net
    婚約直前の彼女と別れた話

    俺には兄がいて、海外の大学を卒業してそのままそっちで就職、ほとんど帰ってこない
    まあうちの両親は旅行好きだから何度か兄のいる国に遊びに行ってるし俺も何回か同伴してる
    兄は特別イケメンじゃないんだけど人好きするというか、
    話し上手の盛り上げ上手、誰とでもすぐ仲良くなるしいつも人に囲まれてる
    今はバーやったりイベントの企画会社みたいのやったりスキューバ(趣味)のツアーやったりいろいろ手広くしてるみたい
    俺は普通に大学卒業して就職して平凡なリーマンだから兄にはちょっと劣等感がある
    いい兄貴なんで基本は好きなんだけど

    彼女と結婚しようってなって、でも彼女の実家は飛行機乗り継がなきゃいけないような距離だから年末年始にでも行くかーって話してた
    そしたら兄貴が5年ぶりに日本に帰って来るってなって、
    じゃあ先に俺の親と兄に会おうってなったんだけど、実際会ったら彼女が兄に惚れた
    「お兄さんすごいね」「お兄さん格好いいね」くらいはまだ良いけど
    「あなたは平凡だね」「結婚したらあんなお兄さんを身近に見ながら平凡な生活を送らなきゃいけないんだね」
    「あなたは何か挑戦しようと思ったことはないの?向上心がないんだね」「お兄さんに先に会ってたら多分あなたとは付き合わなかった」と言いたい放題
    怒りよりも悲しくて、泣きながら結婚やめると言った
    彼女も「私もそう思ってた」と快諾

    でも兄が帰って現実に戻ったら後悔したらしく、
    マリッジブルーだったから大目に見て復縁しろみたいな手紙が来る
    あんなこと言っといて復縁できると思ってる神経がわからん

    266:名無しさん@おーぷん2016/10/18(火)18:00:04ID:eHu
    こないだの連休、昨年子供が生まれた兄夫婦が遊びに来て、
    赤ちゃん囲んで和気あいあいしてたんだけど。
    母が、一つお願いしたいことが、と兄嫁に話をした。

    「隣の家(と言っても超田舎なので数百メートル離れてる)
    の前を赤ちゃんとお散歩しないようにしてね。
    あそこのご夫婦、春に臨月で赤ちゃんタヒ産してしまって、
    お嫁さんは気丈にふるまっているけど、まだつらいだろうから・・・」という話。
    兄嫁さんは、ふうん、という顔をして、
    「じゃあ、お散歩に行ってきます」と赤ちゃんと外に出て行った。
    そのままなかなか帰ってこなくて、兄と探しに行こうとしたら戻って来たので、
    大丈夫ですか?道に迷ってました?て聞いてみたら。
    兄嫁さん、そのお隣に赤ちゃん連れて行ってきたんだって。

    母も兄も仰天して理由を聞いたら、
    「赤ちゃんがタヒんで寂しいだろうから、見せてあげようと思って」と。
    口が開いてふさがらないってこういうことかって思ったよ。(続きます)

    854: 名無しさん@おーぷん 2016/10/07(金)13:14:42 ID:Mg4
    一時同居してる兄嫁が被害妄想強くて疲れるんですが

    原因が言葉の違いかもしれないので出身と年齢を書いておくと
    兄嫁 30歳 関東育ち
    私と双子の妹 19歳 京都育ち

    どう被害妄想が強いか昨日の夜の出来事で書くと
    私がお店で見つけて買っておいたチロルチョコの
    さつまいも味の袋が開封されてた

    私「妹~チロルチョコ食べたん?どんな味やった?」
    妹「私やないよ~」
    私「そかぁ、誰か知っとる?」
    妹「わからへん」

    私「兄嫁さんチロルチョコ食べました?」
    兄嫁「私がチョコ盗んだっていうの!?どうして私を疑うの!
    私のこと手ぐせ悪いって思ってるの!?」


    653:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)22:58:40 ID:I7h
    以前児童相談所の職員が来た。
    私が子供を虐待してるって通報があったらしい。
    身に覚えが全くなかったから通報に腹が立ったし、
    児相なんかに来られてショックだった。
    だけど普段の躾の方法とか、叱る理由を話すと
    「お母さん、それは虐待です」て言われて頭を殴られたような衝撃だった。
    子供はしばらく児相に預けることになって、
    今は親子で児相に定期的に通いつつ一緒に暮らしてるけど、
    あれから自分の育児に自信がもてない。

    822 :鬼女日記 2016/12/17(土) 01:22:13 ID:HwT
    胸糞悪い話かも
    私の父は薄給のくせに家事育児一切せず趣味のために毎月給料の3割、6万を持っていくような人だった
    そのくせ母に「誰が食わせてやってんだ」と怒鳴りつけて奴隷のように扱ってた
    私には3歳年の離れた兄がいたんだけど、兄が小5の頃、友達に金持ちのボンボンの子がいた
    母も父もモデルやってるような有名人で、はっきり言って人は金で動くみたいな人だったのを覚えてる
    兄もよく「おもちゃやるぜ」と言われてノコノコついて行っては馬鹿にされてるのも気づかずに遊ばれてた
    そんなボンボンが誕生日を迎え、ホテルでそれは盛大な誕生日パーティーを開いたそう
    プレゼントは最新型のプレステとwiiだったかな
    そんな話を聞いて兄はたいそう羨ましがった
    翌月が兄の誕生日なんだけど、金は全部父が使うから誕生日に費やせるお金なんかない
    それでも私と母で一生懸命ケーキを作った
    別に今回だけではなくて、お祝い事には私と母でケーキを作るのが習慣だった
    でも兄はごねた
    ボンボンくんは盛大なパーティーを開いて皆にお祝いしてもらってプレゼントも新しいゲームだったんだ!
    なんで僕はケーキだけなの!僕もゲーム欲しい!
    こんなケーキいらない!こんなケーキまずい!
    母は兄を殴り飛ばして叱った
    母がこんな風に手を出すのを初めて見た
    でも兄は余計拗ねて、ケーキを投げ捨てた
    それからもずっと謝罪はなく、しかもその話をボンボンにしたらしく、ボンボンから
    「お前のママ、お前のこと好きじゃないんだ。大切じゃないからお金使ってプレゼントもく買ってくれないんだ」と吹き込まれたようで
    毎日のようにお金お金プレゼントプレゼントと言い続けた
    私がうんざりするくらいだから、直接言われてた母はもっとうんざりしてたと思う
    ある日母が「あんたの言う愛情ってお金なのね。お金あげるから勝手にしなさい」と兄に数万円握らせた
    それから母が出ていって帰って、夕飯の時間になっても帰ってこなかった
    兄はもらったお金で近所の店からゲームを買ってきてゲーム三昧
    母が帰ってこなくてもゲームに執着して何も言わなかった
    しばらくして父が帰ってきて泣きながら話したけど、あしらわれて父だけ外食に行った
    気づいたら泣きつかれて寝て、翌朝母が帰ってきた気配があった
    でも起きた頃には母はおらず、朝食もなかった
    夏休み期間だから家で泣いて過ごし、兄はやはり狂ったようにゲームしてた
    三日目も初日と同じで起きてる時間に母は帰ってなかった
    3日連続でインスタント食品を食べていたせいで、もうインスタントもなくなっていた
    兄もこの頃になるとゲームをやめて私に八つ当たりして殴ったり、泣いたりしてた
    その日母は帰ってきたけど、私のしどろもどろな喋りに「お金あげたでしょ」と言われた
    私は持ってないというと、1000円だけ渡された
    兄も無いと言ったけど無視された
    1000円でコンビニ弁当を買って過ごした
    その後は母はかえってくるようになったけど、ご飯の支度はなくなった
    洗濯物も畳まれずにグチャグチャになって、部屋も散らかってきた
    それから母は働くようになった
    家のことをせず、お金だけくれた
    代わりに知らないおばさんが家に来て掃除と洗濯だけはしてた
    兄が母に構ってもらおうとすると、お金を投げつけられてあしらわれた
    私は母が別人になったと思い込んでいて、それからまるで継母のように母と接するようになった
    明らかに小3の夏休みに消えない溝ができた

    366: 名無しさん@HOME 2011/06/02(木) 17:21:00.26
    何かホント凄いよな、エネって 
    ここのスレのまとめ読んで兄貴の元嫁もエネ?って思ったけど 
    軽いもんだったんだなあ… 
    エネ被害にあった人に幸あれというしかないや…


    524 :鬼女日記 2016/08/19(金) 09:45:17 ID:2Us
    不倫なんて事をする時点でスレタイなんだがそれに輪をかけて神経わからん話を
    兄夫婦は兄の不倫が原因で一度離婚騒ぎになった事があった。
    けど当時1歳にもならない姪っ子もいるし家も建てたばかりだってんで、兄の個人貯金から兄嫁に慰謝料を払うとか次やったら即離婚とかかなりいろんな条件を出した上で再構築の道に。
    ここまでで、普通の神経してる人間なら反省なりなんなりすると思うんだ。
    内心反省してなかったとしても、「嫁には逆らわないようにしよう…。」ぐらいは思うだろ。
    が、兄はクズだった。
    両家両親まで巻き込んでの話し合いから1週間も経たないうちに不倫関係を再開させやがった。
    ホテルのレシートが出しっ放しとか兄嫁の眼の前で不倫相手とラブラブ電話をやったりと、隠す気がさらさらなかったと兄嫁。
    再び両家両親揃って話し合い。何故かヘラヘラした兄に親父がとりあえず顔面に一発入れた。吹っ飛ぶ兄。
    すると兄嫁の方を向き、「あー親巻き込んで大騒ぎして、こんな事するなら離婚するしかないなーw」とニヤニヤ。
    それに対して「だから離婚するって言ってるでしょ。条件にしてたじゃない。」と淡々と兄嫁が言うと「え、え、え、えっ。」と何故か狼狽える。
    母が兄によくよく話を聞くと前回の話し合いを、子供を理由に嫁が離婚拒否→俺の方が立場が有利!いざとなったら離婚を脅しにすればいいwwwと謎解釈していたらしい。
    「子供がいるから嫁は意地でも別れられないはずだろ!?」と喚いてたが、前回の兄嫁の決断をよくもまぁあそこまで都合のいいように解釈出来たもんだよ。

    784 :鬼女日記 2015/05/12(火) 10:06:59 ID:NaCOEy1T.net
    オタク兄の結婚話はウケル!と知ったので調子に乗って私も書きますw
    武勇伝ではあるとおもうけど、スーよりヌーという感じです

    私の兄は創作系オタクでその上超絶コミュ症です
    今どきの自称コミュ症なんてただの甘えじゃん!と思えるくらいの超コミュ症で、家族に対しても、どもる、目をそらす、もごもご喋る、赤面する、という感じです
    私は慣れてるからいいけど、初対面の人は確実に、なんだコイツ?と思うレベルです
    しかも低身長で容姿も残念なレベル(私も顔は似てますが、女なので化粧でなんとかなりますw)
    幼少期には兄と遊ぶときは、会話の必要なままごとなどじゃなく兄の得意なイラストを描いてもらったりして遊んでいました
    普通に考えていじめられるタイプの兄でしたが、この絵を描く才能によってクラスでは一目置かれていて、(兄)君○○描いて~という感じで重宝されていたようです
    小中では学内ポスターなどで何度か兄の描いたものが採用されているのを見たことがあります

    そんな兄ですが、コツコツやるタイプなので、大成しない代わりに失敗もしない中庸な人生を歩み、今では社会人となりました
    職場でのコミュニケーションは、チャット?スカイプ?を使った文字でのやりとりがメインなため特に不便は無いと言ってました
    兄は文字だと饒舌なのです
    両親はポジティブな性格で、そんな兄の習性を個性と捉えて私の心配を笑い飛ばしていました
    今思えばそんな両親だからこそ兄も私も幸せに成長できたのでしょうね

    私は当時、高校時代から付き合っていた彼氏との結婚話もチラホラ出ていたころでしたが、私自身がちょっと古風な考え方に囚われていて
    兄より先に結婚しちゃいけないんじゃないだろうか?
    と思い込んでいました

    そこで私は家で両親に、このままじゃ兄は絶対に彼女もできないし結婚もできないだろうからお見合い話を持って来てくれ、と頼みました
    両親は、そのうちなんとかなるよ、(私)ちゃんは好きな時に結婚すればいいじゃないか、といつものように笑い飛ばしました
    兄はちょっと硬い表情をしてましたが、いつものように何も言いませんでした
    けどそれは兄の決意の顔だったようです

    559 :鬼女日記 2013/10/06(日) 05:14:42 0
    母39才、兄21才、私17才、父46才。

    兄「実は僕、男の人が好きなんです」
    私「!?」
    父「!?」
    母「そんなことより私、3人目できたんだけど」
    父「!!」
    兄「!?」
    私「!?!?」

    527 :鬼女日記 2015/03/03(火) 10:33:03 ID:npX
    結果的に復讐を継続してできているんじゃないか、って進行形の話。
    よくある話だと思う。

    俺には8歳上の兄がいるんだが、幼い頃からひどく暴力を受けていた。
    自分が親父に叱られた腹いせはもちろん、俺に関係ないことでも、何か気にくわないことがあったら動けなくなるまで殴られ、蹴られた。
    顔が青アザだらけで学校で心配されることもあった。
    俺はずっと、ひとつ屋根の下で暮らす兄に怯えて暮らしていた。
    「兄弟のこと」と軽く思われるかもしれないが、逃げ場もなく徹底的にボコボコにされる恐怖と憎しみを想像して欲しい。
    親父は、兄が武器を持って殴ってきた時だけ兄を叱りつけたが、それ以外は兄弟喧嘩として扱われた。
    父母に恨みはないが、高圧的で俺をサンドバッグ&パシリにしていた兄が大嫌いだった。

    そんな兄は二度の結婚をし、2人目の奥さんとの間に2人の子どもがいる。女の子と男の子。
    40過ぎてできた子どもだから、兄はそれはそれは溺愛している。
    子ども達の為にタバコをやめ、ビールは第三のビールに変えて、ローンで家と車を買った。
    仕事を休んでまで習い事の送り迎えもしているらしい。
    溺愛はしているが、言うことを聞かなかったり失敗したりすると手をあげるのが気にかかった。
    「子どもを叩くのはやめなよ」と言うと「何だと!?」と俺が殴られた。

    一方俺はアラフォーになっても結婚できず、盆や正月に実家に集まると兄に
    「結婚できないなんてクズだ」
    「まぁお前にはムリだ」
    「子どもの顔を見せないなんて親不孝しやがって」
    とニヤニヤ言われ続けた。
    俺は、歯向かっても殴られるだけだと分かっているからスルーし続けた。

    24: 名無しさん@HOME 2016/06/10(金) 21:50:14.83 0
    兄が元兄嫁に問題があって離婚。 
    親権もとったけど、兄は心を病んで休職中。 

    1歳の子供は、母がメインで面倒を見てたけど 
    母の実母の状態が良くなくて実家に帰ることも多くなったから 
    この半年間、近くに住む従兄夫妻に育児を手伝ってもらってた。

    566 :鬼女日記 2017/03/30(木) 00:13:45 ID:Gx9
    我が家は父が社長、母が役員、兄が主任で従業員10人未満の零細。
    資金繰りにいつも困っていて、兄の彼女がいつも色んな意味で助けてくれてた。
    兄は彼女さんに「この山場を乗り越えたら結婚しよう」っていつも言ってたみたい。
    言い続けること12年。
    このたび兄が結婚相手を家に連れて来た。
    彼女さんとは全然違う人で、風イ谷で働いてる21歳w
    兄は36歳、彼女さん同い年。
    母は兄に「何てことをするのか、彼女さんはどうするんだ恩知らず」と怒り
    父は「若い方がいいに決まってるよなw」
    と言い放って母に置物投げられてた。
    母がポロっと洩らしたけど中絶させたこともあったみたいだ。

    兄がここまでクズと思わなくて修羅場。
    父にも幻滅。

    374 :鬼女日記 2012/08/29(水) 06:28:37 ID:ou6+217L
    20年以上前大阪の祖父が亡くなって両親と私が葬儀で大阪に行った。
    兄は大学の中間試験期間に入るため家に残った。
    夜10時ぐらいに兄が2階で勉強中、下で雨戸がガタガタしたのでそっと上からのぞくと
    人の気配がして雨戸を動かしているようだった。
    兄は2階の電話で110番通報して数分後パトカーがきて捕まえると、
    兄の小中学校の時の同級生の母親だった。
    どうやら新聞のタヒ亡欄を見てうちの家族全員大阪行ったって思って
    泥棒に入ろうとしたようだったけどまさか兄がいるとは思わなかったらしい。
    その泥母は未遂だったが聴取されて釈放されたけど家族&実家から見放されて
    どこかに行ってしまった。
    ときどき新聞のタヒ亡欄に載っているのを見て葬儀の時間に泥棒に入られた記事を
    みるけど、現実にあると怖いです。

    泥母は兄と泥母息子が小学生の時になにかの拍子で祖父のことを知ったらしく、
    新聞で名前をみて思いだして泥棒に入ろうとしたのが動機そうです。

    187 :鬼女日記 2013/04/04(木) 15:21:46 ID:QPiXl+AY
    流れは読まない。


    俺は実兄を見杀殳しにした。
    母が亡くなって、やがて俺が結婚して家を出て、実家は70過ぎの父と30代の兄の二人暮らしとなった。

    兄は今まで一度も就職したことがない、筋金入りの引きこもり気味のニートだった。

    953 :鬼女日記 2011/11/18(金) 14:44:34 0
     流れを無視してカキコ
    現在進行形の修羅場

    私は夫の浮気で離婚、子梨。
    離婚して旧姓→母方の祖父母と養子縁組して、母の旧姓になった。

    母から「兄が結婚する」と連絡があり、両家の顔合わせの食事会の日。
    仕事の都合で1時間遅れて参加した私だったが、ドアを開け
    「遅くなって申し訳ありません。私、妹の…」と挨拶しかけて修羅場に発展。

    世間って、広いようで狭い。

    233 :名無しさん@おーぷん
    実家に帰省した時の夏の夜なにやらリビングで母の叫び声が聞こえたんで
    行ってみるとGが出たらしく母が何故かテーブルに乗ってシコ踏むみたいな形で
    立ち叫びながら床に向かって無差別にGジェット噴射しまくってて部屋が白くなってた。
    なんか面白くて兄ちゃんとげらげら笑いながら観戦してたら
    『あんたらみてるだけかぁ!G探してや!げほげほ』言われて
    息苦しい中床探してたらGが父の寝てる辺に(夏は時々父は本を枕にしてフローリングに直に寝る習性がある)
    ササーーっと逃げ込んだ時躊躇なく
    『おとーさぁん!!!おきてぇぇえ!!!』
    言いながら父に噴射してた事


    このページのトップヘ