兄弟

    746 :鬼女日記 2015/03/15(日) 23:57:14 ID:K18
    私には一つ歳下の弟がいて姉弟間で著しい格差(弟>私)があるのですが、
    日々の生活などについて最近どうしても自分達夫婦と弟夫婦を比較してしまい
    気持ちの整理をするにはどういう方法があるのか、何をすれば良いのかわかりません。

    私自身が結婚するまでは「そうなんだ~」程度でさほど気にならかったのですが
    結婚してから現実的に差を体感して「うらやましい」「替わりたい」「私もそうなりたい」
    という気持ちが徐々に芽生え始めました。
    最近はまだ若干ではありますが自分でも自覚するぐらい妬みを感じる時があります。
    そして今日、気持ち悪いと思われるかもしれませんが(自分では気持ち悪いと思いました)
    「もしも私が弟の妻だったら…」と何も悪くない義妹さんにまで嫉妬心が出てしまいました。

    いくら身内とは言え「他所は他所」と頭ではわかっているつもりですが
    物理的な疎遠が弟夫婦とはできないため身内的関係は続けなければいけなく
    否応なしにその差が目についてしまいます。

    今はまだふとした瞬間ぐらいの間隔で収まっていますが、
    このままこじらせてしまえばノイローゼにもなってしまいそうですごく怖く、
    他所夫婦との比較、ましてそれが身内夫婦なため夫はもとより親にも相談ができません。
    今の段階でなんとかうまく気持ちを整理したいのですが、
    こういう場合どうしたら良いでしょうか。アドバイス頂けましたら幸いです。

    506 :鬼女日記 2017/08/18(金) 05:30:35 ID:SrUQ41xP.net
    子供の頃から親にも他人にも よく付け回される(気がする)
    まず親
    私が行くところ行くところによく親と兄弟が出没してた
    校門の前に親と兄弟が立ってたこともある
    就職しても職場の前に親と兄弟が立ってたし
    新婚旅行先にも親と兄弟がいた
    他人もそんな感じ
    大人になって結婚が決まった時、
    なぜか彼の友達がうちの実家に大勢 来たり職場にもやってきた
    どの人も軽い感じで「よっ!」と言って訪ねてきたけど
    直接友達でもないのに実家や仕事中に訪ねてくる意味がわからなかった
    逆に私はそんなことをしたことは一度もない
    人付き合いは悪い方だ
    嫁ぎ先が田舎だったので隣の市にパートに出たら
    そこで知り合っただけの人たちが家を探しに来るようになった
    それも軽く「休みの日にドライブがてら探しに行ったけど
    分からなかったわー」って感じ
    パート先を変わっても同じことが何度もあった
    知り合いにバイトを紹介したら仲良くなったわけでもないのに文句や愚痴の電話が一年間続いた
    近所の人も、私がどこで働いてるのかうちの子に聞きにきたり
    家の前で会社の制服を着てる時にバッタリ近所の人に会ったので
    社名の入った部分をさりげなく隠したら
    そこを引っ張ってでも見ようとする人がいた
    こういうことが本当に嫌で自分ことを人に話さなくなってしまったんだけど
    私がおかしいのかな

    528 :鬼女日記 2017/09/24(日) 09:53:51 0.net
    やっばいです
    今日、甥っ子たちが誕生日近いからお祝いにお昼でも食べようって言われてたのに何も用意してない
    もう現金一択です
    いくらくらいが一般的でしょう?
    兄と弟の甥っ子が両方10月誕生日で3歳になります
    どちらの奥さんも来ません、兄と弟、甥っ子たちが実家に集まる
    気楽な感じのお昼。甥っ子らに会うのは3回目くらい。

    648 :鬼女日記 2018/02/26(月) 14:50:39 ID:FMr
    私が後味悪い冷めを吐き出させてほしい。

    去年、彼の弟が事故で亡くなった。
    私も仲が良く、明るくて人懐っこい弟みたいな存在だったから驚いたし、本当に悲しくてショックを受けた。
    彼氏の落ち込みようは凄まじく、見ていて不安になるほどだった。しばらく気持ちが落ち着くまで会うのを控えたいと言われ了承。

    それから3ヶ月くらい経った先週。
    私が弟くんにお線香あげに家に行ってもいいかな?とメールすると、なんで?と返事。
    弟くんの話題はちょっと無神経だったかなぁと思いつつも、私も仲良くしてもらってたしご挨拶したいと思ったんだけど、無理にとは言わんよ、ごめんね。と返したら。

    ふつう、彼氏の弟がタヒんで彼女が線香あげに来る?
    仲良くしてもらってた?お前、そんなに弟と仲良しだったの?
    お袋はいないよ?前に遊びに来てた時いい子ちゃんぶって点数稼いでたからまたしたいのかもしれないけどさ
    そもそも、線香あげに行くとか言ってるけど俺に会いたいんでしょ?その為の口実としか思えないんだけど。

    という嫌味のようなことが長々と書いてあってびっくり。特に「俺に会いたい口実」とかこの状況で言えちゃう神経に氷点下まで冷めた。
    最終的に、弟くんとの浮気まで疑われたからカッとなって言い返しブロック着拒。

    1日経って落ち着いて考えると、彼は弟のタヒがつらすぎておかしくなっちゃったのかなと悲しくなったよ。兄弟を亡くす辛さはたしかに私には分からない。
    私が無神経だったのかもしれないけど冷めたものは冷めてしまった。

    313 :鬼女日記 2017/09/27(水) 07:40:23 ID:eIHa2TRe.net
    長いです。

    出先で色々あり子供を叱っていたら、少し離れた所からおばさんかおばあさんか位の年齢の人が「どうしたの?」と言って来た。聞こえなかったふりをして続けていたら「どうしたのって言ってるの!w」と近くに来た。

    良くない事をしたので叱っていると答えると 「良くない事って何をしたの?」 「こんな小さな子(ちなみに4歳)に言ってもわからない」「せっかくの楽しいお買い物なのにかわいそう」「男の子は神経質に育てたら駄目」「外で怒るとお出掛けが嫌いになる」
    等大きな声でブチブチブチブチ…
    締めに一際大きな声で「一人っ子だから良くないの!きょうだいを作ればママの怒りも分散されるからきょうだいを作ってあげなさいw」と言って満足げに去って行った。

    皆からジロジロ見られるし、そもそもこの子次男だし…と何とも言えない気持ちだったんだけど、帰ってから物凄く腹立った。

    193 :鬼女日記 2011/04/20(水) 22:06:20 O
    父が兄貴をぶっ飛ばした修羅場を良かったら聞いて下さい。
    長男、次男、自分、妹、男の5人兄弟の長男として我慢ばかりして育った兄貴、
    不良に憧れておかしくなった次男の兄貴、この二人は親元離れて別に住んでいた。
    兄貴二人は同居でそこに家族で遊びに行ったときのこと。

    父と母は久しぶりに会うからかとてもwktkしてカツカツで生活している兄貴達の為に
    一枚3000円くらいのステーキを買ってたまにはいいものを食わせてやるかとご機嫌だった。
    自分含め子ども三人は兄貴に会えるのを親同様に楽しみにしていて、
    それぞれのおこずかいからお菓子を買ってプレゼントするつもりだった。

    でも何回電話しても兄貴二人は電話に出なかった。

    109 :鬼女日記 2009/11/17(火) 12:03:57 0
    年の離れた兄が二人(長男8歳上・次男6歳上)いる夫は、長男にとってはいつまでも可愛い弟のようで、
    私たちが結婚して新生活が始まっても、時々イタ電みたいなことや、変なメールを送ったりしていた。
    三人兄弟の一番上である私は、義兄の末っ子を可愛く思う気持ちが分からないわけでもないので、
    まぁほほえましく思うようにしていたが、ところ構わず時々かかってくる電話に、やっぱり時々疎ましく思うこともあった。

    ある日、次男夫婦と外で食事をしていたら、長男からまた変なメールの後に電話が来た。
    「ヒエェェェ~!また兄貴だ!!」と思わず夫が声を上げたら、
    次男の奥さんが「ねぇねぇ、私が出る!」と夫の携帯を手に取った。
    奥さんは、変化球で物事を返す人で、長男にとってちょっと扱いにくい存在。
    夫にかけたのに「もしもし?次男奥よ♪」なんて奥さんが出たら、
    お義兄さんビックリするぞキシシシシ…と夫婦でニヤニヤしていたら、

    奥さん『ニイハオ?』

    “ニイハオって出るのかよっ!!”
    すぐネタバレしてあげればいいのに、ずっとニイハオニイハオシェイシェイシェイシェイ言っている。
    長男はかなり動揺してしまったらしく、途中で長男の奥さんに電話を代わってしまっていたwwwナサケナスwww

    それから、長男から必要以上に夫にイタ電や意味のない変なメールを送ってくることは無くなった。
    次男の奥さんは個性の強さから、頭の固い義実家に批判される事が最初は多かったらしいけど、
    私たち末っ子夫婦にとっては新しい道を切り開いてくれる開拓者だ。
    今回のことも、糸交られてしまったかもしれないけど、私たちにはとってもGJな出来事だった。

    673 :鬼女日記 2014/10/18(土) 11:58:17 ID:uApFOVNAw
    近所であった話。現在進行形なのでちょこっとフェイク入れてる。
    そこの家の家族構成は、父、祖母(父の母)、叔母(父の妹・出戻り)、中学生の兄弟。
    母親はタヒ別らしい。嫁いびりでタヒんだとかいう噂もあるが真偽不明。
    父と祖母がなぜか兄弟のうち兄だけをひいきして、弟を放置していた。
    虐待とかごはん食べさせないとかはなくて、単にほったらかし。
    弟が小学生の頃から夜中まで公園で遊んでるのをよく見た。でも誰も迎えに来ない。
    兄は弁当あるのに(うちの中学は給食なし)弟はいつも昼パンで
    PTAとか授業参観も兄のほうだけ行って弟は放置とか、噂をよく聞いた。
    弟はグレる気力もないらしく、学校は行ったり行かなかったりだけど粗暴になることもなく
    無気力にダラっと生きているようだった。

    ある日、兄が事故に巻きこまれてタヒんだ。
    そしたらその家が家庭崩壊した。
    祖母は「兄がかわいかったけど、タヒんだんだからしょうがない、弟を代わりに跡取りとしてかわいがろう」とした。
    叔母は「弟じゃ兄の代わりにならない。かわいいのはタヒんだあの子だけ」と祖母の言い分を拒否。
    それを聞いていた父「おまえら何を言ってるんだ」とキョトン。
    「いらない子のほうがタヒんだんじゃないか、あの子はかわいそうだが弟がタヒななくてよかった」と。
    かわいい長男のタヒでちょっとおかしくなっちゃったのか、父は
    生き残った弟のほうを「もともとかわいがってた」と脳内認定してしまっていた。
    過去の記憶も全部、兄と弟が逆になった。

    でも現実には無気力ななつかない弟がいるわけで、タヒんだ兄命だった叔母(父妹)は
    弟に父がなにかしてやろうとするとギャンギャンわめく。
    祖母は「叔母の気持ちがわかるけど、今は生き残った弟をかわいがるしか…」と、ある意味一番まとも。
    まともでもないけど。
    結局父と叔母(父妹)が刃物を持ち出す喧嘩騒ぎになり、タヒ人は出なかったが叔母が怪我。
    祖母はこりゃ手におえんと親類の家に逃げ、
    父は警察の取り調べでいわゆる「意味不明な供述」をしたらしく糖質と診断されて病院へ。
    弟は誰も育ててくれる人がいなくなったので施設へ送られた。
    最後まで無気力でドヨンとしていた。

    父親は長く入院してられるわけじゃなく、半年くらいで出てくるらしいと知り
    今、近所の住人がパニクってて修羅場。

    572 :鬼女日記 2017/10/02(月) 19:55:25 ID:rQU
    もはやありふれた出来事になりそうだけど、実家にオレオレ詐欺がきた。
    「もしもしお父さん。私、○○」と私の名前を騙った電話だ。
    しかし犯人にとっての誤算は、その時でたのは父ではなく兄。
    更に私の声は低い。しかしかかってきた電話の声は高い。
    この時点で兄は「妹の名前を騙ったオレオレ詐欺だこれ」と気づいたそう。
    兄は妹(仮)に対し「○○か。久しぶりだなどうした?」と話し始めた。
    内容は案の定お金が必要なので助けてほしいとのこと。
    そうかそうかと頷いて、兄は続けた。
    「ところで、お前が本当に○○なら仮面ライダーの歴代主人公の名前全部言ってみろ。本郷猛からな」

    電話は切れた。
    確かにそれなら間違えようがないだろうがこいつ本当に性格悪い(笑)

    65 :鬼女日記 2014/09/11(木) 22:58:05 ID:gYvt99EVy
    私の亡き父親が猛毒親だった。
    それについていた母も父より幾分かマイルドだが毒親だった。
    父は仕事で障害者になり、生活保護を受給しながら私は子供時代を過ごした。
    四人兄妹の末に生まれた私。
    小さい頃は何にも解ってなかった。
    大人になるにつれ、親の素行の悪さが目につく。
    兄貴達が学校卒業して就職すると、家に給料の半額ずつ入れさせた。
    その頃には父の障害がだいぶ改善され働けるようになってた。
    長男は工業高校卒業後就職。
    次男は定時制高校に行きながらコツコツ働く。
    三男は中卒で大工。
    私が厨房の頃はこんなだった。
    兄貴達から色々聞いたら、長男・次男の名義を借りて街金から金を借りてた。
    母はアホみたいにリボ払いで買い物をしてはローンを返す毎日。
    父は仕事で工具がいるからと湯水のように金を使って工具を買い漁る。
    次男が私に「オカンから名義貸せって言われても絶対に貸すな。この地獄は俺らだけで充分。」と言った。
    当時の親父や兄貴達の給料は合算しても結構な額だった。
    親父は月30~60万
    長男は約25万
    次男は約20万
    三男は約18万
    兄貴達のを半額ずつ貰っても充分生活やっていけて、貯蓄する位の金があった筈だったのに、うちには借金しかなかった。

    理由は両親ともパチンカスに成り下がったからだ。
    次男は大人しい性格だった。故に毎日のように父から言葉の暴力を受けていた。
    「お前の髪型が気に食わん。坊主にしろ。」
    「いっつもぼーっとして、人の話聞いてんのか」
    「お前は出来損ないの愚図だ」
    食事の席で毎回毎回そんな言葉を次男に浴びせていた。
    次男は黙って耐えている。
    一度、勇気を振り糸交って父に注意をした。
    「毎日クタクタになるまで仕事頑張って帰って来てるのに、ご飯くらい落ち着いて食べたいと思う。だから父さん、少し静かにしていてもらえませんか。」と。
    父は烈火の如く怒り出し、私に口撃の先をシフト。
    口汚く「女は黙って男の言う事をハイハイ聞いてればいい。」
    「横から口を挟みやがってこのバカが」
    「お前が庇うからこいつは成長せんのだ」
    「見てみろ、こいつは人の話なんか聞いてない」
    この時、生まれて初めて父に抵抗をした。
    「父さんの言い分もあるだろうけど、毎回毎回ご飯の時間帯に言う事じゃないでしょ。ご飯終わって一息ついた時にでも言える事を何でご飯の時を狙って言うのか。折角出されたご馳走でも叱られて食べてたら味もしないし美味しく感じれない」

    このページのトップヘ